License
Creative Commons License
この 作品は、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。当ページはリンクフリーです。
Wiki内検索
最近更新したページ
最新コメント
FrontPage by awesome things!
FrontPage by awesome things!
Viva! Ubuntu Magazine vo.6 by stunning seo guys
FrontPage by check it out
タグ
access

Viva! Ubuntu Magazine vol.8 VMware



Ubuntuの中でWindowsを動かす:VMware Server


皆さん、Ubuntuの世界、楽しんでらっしゃいますか?
Viva! Ubuntuマガジン、編集発行人のu-bon(うーぼん)です。

vol.6 2007.4.27号では、Wineを用いて、Ubuntu上でWindowsのアプリケーションの稼働にチャレンジしてみました。

今回の目標は、次の通りです。

1、Ubuntu上で、WindowsのOSそのものとして、WindowsXPを稼働させてみます。
  おまけとして、WindowsXPをVista風に味付けしてみましょう。

2、1台のマシンの中に共存するUbutnuとWindowsXPとで、ファイルのやりとりを行えるようにします。

以上を実現するのがエミュレータというもの。おなじみvine_userさんによる「独学Linux」さんでは、「Virtual Box」をご紹介なさっていますので、こちらでは、エミュレータの世界では老舗とも言える「VMware」をご紹介していきたいと思います。

結論から申し上げますと、VMware上で稼働するWindowsXPは充分に実用に耐えうるという印象です。

Berylによる3Dデスクトップのキューブの右側の面が、VMwareで稼働させている「ナンチャッテVista」です。
DivXの動画が、ちゃんと再生されています。こうすることによって、キューブの面を切り替えることで、UbuntuとWindowsを一瞬で切り替えることもできます。

普通、エミュレーターはソフト的な命令を変換したりして対応するので、いろいろ制約が多いですよね。
vol.6でご紹介したWineもそうでした。
VMwareは、1台のマシン上に複数台の仮想マシンを稼動して、WindowsやLinuxなど複数のOSを同時に実行するソフトウェアです。可能な限りネイティブのCPU上でOS&アプリケーションを稼働させる為、実際に使ってみると、実行速度が速く、軽い動作に驚かされます。

OSを共存させる場合、デュアルブートにする方法が一般的です。これについては回を改めて特集したいと思いますが、実際に2つのOSを使いわけるには、いちいちマシンを立ち上げ直さなければなりません。

今回の方法ですと、環境の許す限り、いくつものOSを同時に稼働させて切り替えながら使う、ということが可能となる点が便利です。
例えば、Windowsでしか出来ない作業、Linuxでしか出来ない作業をそれぞれ1台のマシンで並行して行い、ファイルのやりとりを行うことで、連系が図れるわけです。

ちなみに、VMware自体を動作させているUbuntu7.04を「ホストOS」と呼び、VMware上で新たにインストールするWindowsXPは「ゲストOS」と呼ばれています。

それでは、早速、準備を初めて行きましょう。

Ubuntuの中でWindowsXPを手玉にとる感触、、、ワクワクしませんか?
それでは、Ubuntuの新たな世界をお楽しみください。

Viva! Ubuntu!!

(1)VMwareのインストール&設定編


1、下準備:シリアルキーの獲得と、「vmware-server」のインストール


VMware Serverは、Ubuntu 7.04のリポジトリからダウンロード&インストールが可能ですが、インストールの際にシリアルナンバーを要求されます。このシリアルナンバーは、VMwareのホームページで登録をすることで、メールで送付してもらうことができます。
これにより、VMwareのフル機能を期間の制限なく使用することができます。



こちらが、VMwareを日本で取り扱っているヴイエムウェア株式会社のホームページです。

メンバーサイト「http://www.vmware.jp/member/」のページで「新規メンバー登録」を行います。
個人情報は正しく入力を。
ここで登録したメールアドレス宛にシリアルナンバーが届きますので、メールアドレスを間違えないにようにしましょう。

シリアルナンバーは登録後、すぐにメールで届きます。
アプリケーションは、このサイトでダウンロードする必要はありません。

次に、Ubuntuのパネルメニューから、「システム」-「システム管理」、「Synapticパッケージ・マネージャ」を開きます。「検索」で、「vmware-server」と入力し、リストに現れた「vmware-server」の行をダブルクリックし、「インストール指定」します。
「適用」ボタンをクリックすれば、ダウンロード&インストールが開始します。


'検索をしてもvmware-serverが現れない場合、リポジトリの追加が必要です。'
「Synapticパッケージ・マネージャ」の「設定(S)」-「リポジトリ(R)」で「サードパーティのソフトウェア」のタブを選び、「+Add..」をクリック、「APT Line」の所に下記をペーストして、「ソースを追加(A)」ボタンをクリック。以上で商用アプリが検索の対象となります。

deb http://archive.canonical.com/ubuntu feisty-commercial main
(この情報は、hyperballadさんからいただいた情報により、追記させていただきました。御礼申し上げます。)


インストール段階になると、次の画面がでます。ライセンスに同意しないと、先に進めませんので、チェックボックスにチェックすることでライセンスに同意し、「進む」をクリックします。


次の画面が出たら、先ほどのメールで送付されたシリアル・ナンバーをコピー&ペーストで入力します。
あとはしばらく待てば、インストールが終了します。


インストールされた「vmware-server」は、プルダウンメニューから起動できます。
「アプリケーション」」-「システムツール」に入っています。


起動すると、次の画面が現れます。今回は、ローカルのUbuntuがホストOSとなりますので、そのまま「Connect」ボタンをクリックします。


次に、新たにWindowsXPをインストールする領域(バーチャル・マシン)を作成します。
「Create a new virtual machine」をクリック。


すると、ウィザードが開始されます。「Next」をクリック。


次はバーチャル・マシンの設定についてです。
Customを選ぶと設定が面倒なので、典型的ということで選ばれている「Typical」のまま「Next」をクリック。


「Name」欄が空白になっていますので、好きな名称を入れて、「Next」をクリック。
ここでは、「Wndows XP Home Edition」と入れてみました。


こちらは、「ネットワーク接続設定」です。選択されている「ブリッジ接続を用いる」のまま「Next」をクリック。
これにより、ネットワーク上では、独立したIPを保有した1台のマシンとして認識されます。


次の「ディスクサイズの設定」が思案のしどころです。
「Allocate all disk space now」にチェックを入れて、ディスクサイズをGB単位で入力し指定すると、それで容量が固定されてしまいます。しかし、そうする事によって、パフォーマンスは上がります。
ディスクスペースに余裕がない場合、ここにチェックを入れないことによって、ゲストOSが使った分だけ、徐々にディスク領域が増えていくことになります。
私の場合には、パフォーマンスを優先し、明確に領域を分けたいのと、制限を設けるという意味で、チェックを入れて、領域を40GBだけにしてみました。

以上で、VMwareの設定の第1段階は終わりです。「Finish」をクリックします。


ゲストOS用のディスク領域を作成しています。この処理には時間がかかります。


(2)ゲストOSを稼働させる為の仮想マシン環境を整える


さきほどの設定中に名前を付けた「Wndows XP Home Edition」という名称のタブが新たに作成されています。
右側に「Devices」として、仮想マシンに搭載されるデバイス類のリストがあります。
ここで、足りないのがUSBポートです。
また、本体にフロッピーを載せていない場合、後で「フロッピーが見つからない!」としつこく言われるので削除しておきましょう。
そして、DVDを搭載の場合には、デフォルトのCD-ROMと入れ替えておく必要があります。
「Edit virtual machine settings」をクリック。


まずは、USBポートを追加しましょう。「Add」ボタンをクリック。


一覧から「USB Controller」を選びます。「Next」をクリック。


USBは2ポート使えます。USBのデバイスを実際に使う時には、ゲストOSの稼働時に、プルダウンメニューの「VM」-「Removable Devices」-「USB Devices menu」からデバイスを選択可能である旨が書かれています。


実機にDVDを搭載していても、デフォルトのままではCD-ROMとしてしか認識しません。
一旦CD-ROMを削除して、新たに「DVD/CD-ROM Drive」を追加します。
また、実機にフロッピーが搭載されていない場合、「Floppy 1」は削除しておきましょう。


実際のDVDドライブを搭載しているならば、選ばれている「Use phisical drive」のままでOKです。


こちらの画面はディスクを自動で認識する設定です。このままでOKです。


最後に、ゲストOSに割り当てるメモリの設定です。

黄色い△は、これが最低線を表しています。
緑の△は、推奨値です。
青の△が、最高ギリギリのメモリ容量を表しています。

このマシンでは、実メモリとして1GBを搭載しています。
私の場合には、半分の512MBを割り当てることにしました。

以上で第二段階の設定は終わりです。

(3)ゲストOSとしてWindowsXPをインストールする


それでは、いよいよ最終段階です。WindowsXPを入れていきましょう。
WindowsXPのインストールディスクをドライブに挿入しておきます。
「Power on this virtual machine」をクリックして、仮想マシンの電源を入れましょう。


仮想マシンの起動画面です。ちなみに、この時にF2を押すと、BIOSの設定画面がでます。本格的なマシン構成ですよね?

起動順位は、CD-ROM/DVDが1番目になっていますので、インストールCDからちゃんと立ち上がるようになっています。


ああ、なつかしいセットアップ画面。
どうかブルースクリーンになりませんように(^_^;


インストールは快調に進んでいきます。40分ほどで終わりました。


はい、早速、Internet Explorerを立ち上げてみると、ネットワークにもちゃんとつながっています。
ここで、左下に黄色い△でアラートが出ています。
「まだVMwareツールがインストールされていません」と言っています。

この、「VMwareツール」ですが、マウスとグラフィックスの機能を高めるドライバの働きをします。
このツールをインストールしておかないと、マウスの挙動がおかしくて安定しません。必ずインストールしましょう。

インストールはゲストOS(Windows)が立ち上がっている時にしかできません。
Windowsが立ち上がった状態で、プルダウンメニューから「VM」-「Install VMware tools」を選びます。


この画面が出たら、Installをクリック。


あとはウィザードに従えばOKです。


以上で、Ubuntu上に仮想マシンを作成し、WindowsXPを稼働させるまでをご紹介しました。
ムービー、DVDを始めとして、いくつかアプリケーションを動作させてみましたが、思った以上に早い動作に驚いています。

さて、1台のマシンの中に共存するUbutnuとWindowsXPとで、ファイルのやりとりを行えるようにしてみたいと思います。
それでは、次号でまたお会いいたしましょう!

Viva! Ubuntu!!

| トップへ戻る |

2007年05月06日(日) 23:36:45 Modified by ubun2

添付ファイル一覧(全31件)
61f98580f6b6ab5b.png (146.13KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月30日(月) 01:11:22
7cd30611889884b9.png (377.71KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:43:21
b5c68e3cfe81c380.png (236.25KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:12:43
3f487ec1feb1c4d5.png (214.30KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:06:47
0b61dc58c39be31a.png (32.49KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:06:47
92efdb329a9645c0.png (389.05KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:06:46
72b47ec556638ac9.png (157.43KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:06:21
b0aa188cfaf19344.png (81.53KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:06:20
46d22c1a139aab6d.png (68.17KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:06:20
1c58683f70bd743d.png (119.67KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:06:19
7adb5c472e471ee8.png (74.83KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:06:19
48807f044265db20.png (95.92KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:03:55
3973b7751ba7f042.png (108.81KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:03:55
752c95bf4f381409.png (78.37KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:03:54
9042a72407fd732e.png (116.14KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:03:54
a7d2d3e48ec133f1.png (81.77KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:03:53
3996aadc3b141204.png (88.35KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:03:24
d2e3df90bf2b1311.png (115.57KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:03:24
c277bcd8d2939d5b.png (15.93KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:03:23
4791e4a9bc873d17.png (120.39KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:03:23
f38413ce2942416f.png (109.21KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:03:22
e108729bb73417fd.png (80.82KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:02:51
c6c9ee9338967697.png (88.56KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:02:51
ff84b3ae3d783e22.png (101.62KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:02:50
e0e4fe87cc6b3a7c.png (73.05KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:02:50
edda38c22489ee73.png (88.41KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:02:49
c40f8ce80625605b.png (46.33KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:02:24
281d8d18621617b3.png (101.20KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:02:24
cb77a834a79bee37.png (27.62KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:02:24
836eb436fb4fda94.png (90.19KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:02:23
fdb1b0f839984529.png (243.30KB)
Uploaded by ubun2 2007年04月29日(日) 22:02:23



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。