Wiki内検索
メニューバーB

目次


ギルドの棚(新企画)

育成方針例の棚

用語集

狩りの棚(情報収集中)

アクセサリーの棚

武器防具の棚

スキルの棚

小ネタ部屋(試験運用中)

詐欺の棚(情報収集中)

各種DATA

アイテム合成の棚。

補正効果の棚。

ボスキャラの倒し方

サイトマップ(随時更新)

計算式の棚。

クロノス地域ガイド
〜 めにゅう 〜

 掲示板


ご意見・ご感想はこちらまで。

●誹謗・中傷・迷惑行為は禁止。
●広告も禁止。
●RMT・取引・これに準じる行為は禁止。

●あくまでも情報提供、情報に間する指摘、投稿したいけどやり方が分からない人用。
最新コメント
狩りの基本 by まん
攻撃パラ by そのへんの支援(後編
攻撃パラ by その辺の支援(中篇
攻撃パラ by その辺の支援(前編
支援パラ by 管理人
支援パラ by とある支援
FrontPage by suz45
フリーエリア





2007/5/16 ファンサイト登録記念
17:50頃 初期設定0スタート
5/15のライブドアカウンタ
アクセス数1268、過去一週間のアクセス数8605(2重カウント無し)
5/16設置までのアクセス数、1343。過去一週間のアクセス数9171(2重カウント無し)

ウォリアー

 攻撃職の専門化。(のはず)
 通称「肉」。
 管理人のメインキャラ。
 

項目 片手ウォーリアー ●片手ウォリアーステータス振り ●片手ウォリアースキル振り ●支援ヲリ
    両手ウォーリアー ●両手ウォリアーステータス振り ●両手ウォリアースキル振り
    特殊ウォリアー
    ウォリアーのUW
    

 題 未定


 最後にアクセサリーについて述べておく。
 序〜中盤はアヴァロンペンダント及びリング、ネックレスが最上である。
 攻撃・命中・STA・クリティカル率を補完する事で、悪魔的な破壊力を周囲のプレイヤーに見せつけることができる。
 中盤以降、Lv60に達した時、ヴェプレスネックレスとシェードリングにつけ替える事で、飛躍的な防御力の向上とスキルの補正(全スキル+4)を得て、狩りが非常に楽になるはずである。

 Lv80以降ペチュニアペンダントが使えるようになるが、ここでクリティカルヒット発生率が不足する(*9)事態が発生する。
 パターンとしてはリングを合成アクセサリーにしてペンダントをアヴァロンペンダントで揃える。もしくはその逆である。不足分はディバイン武器のセクリィスアックスとスタウトハンマーでカバーするのが一般的である。
 無論、この時点で成長武器を持っているプレイヤーは全く違うアクセ構成になるはずだ。

 アメイラ以降、制限レベルぎりぎりの時はひたすら防御とHPの上昇に務め、死なないヲリ、PBシャウトを上手く使うヲリ、この2点を目指すことで組むPTに不自由はしないと思われる。
 制限レベルをある程度(5〜10)越え、装備が充実してくると攻撃職としての活躍の場ができない事もないが、入手できる経験値が極々・・・ほんとにわずかであるため、エンタイスで死にながらPTしているほうが成長しやすいという現象がおきる。
 
 しかし、ウォリアーの和訳は「戦士」。
 これを忘れてはいけない。
 エンタイスにソロで行っても、比較的安全に狩りをする事のできる職種である。(*10)
 アメイラ以降のヲリのコンセプトで、筆者としての見解を述べておく。
 〇爐覆覆せ、■丕促轡礇Ε箸鯔困譴覆ぁ↓やっかいなのはスタンで牽制、い任るようであれば、エナスト(*11)かシャッター(*12)で敵を排除(する手伝い:タゲ取りのほうが正しいかもしれないw)。
 これを守れば、狩をしていてやるべき事に困る事はないはずだ。
 もしこれでも不満が残る場合、片手両手の両方であえて触れなかったスキル、ウィンドプレイド(*14)を1振りしておくといいだろう。
 厄介な敵のタゲ(*13)を自分に向けることができるし、移動速度が遅くなる追加効果もある。エンタイスではサキュバスを隔離・誘導するのに使える。
 以外と有用なスキルだが、これも攻撃力がないのがネック。

*9  狩りに必要なのは最低70と言われている。(あくまでも噂の定説)
*10 効率は非常に悪い。高値の素材がでなければ破壊的なまでの赤字確定。
*11 エナジーストライク(クラススキル)の通称。
*12 シャッターモンスター(オプションスキル)の通称。
*13 ターゲットの略。モンスターは自分に攻撃を当てたキャラへ攻撃目標を移す習性があることから、狩りに応用することで安全性の確保を考える場合の基本的な思考法になった。
*14 マジの氷かヴァルのウェイルと効果が重複すると敵の足が止まるので、使用には注意が必要。

 アメ・エンタ以降の両手ヲリの選択について


 両手ヲリがアメイラ↑のマップにて戸惑うのは、一部の高品質装備を持つ方意外は両手の防御力では死にすぎて狩りにならないところである。
 そのため、アメ↑狩り用にワンハン1・シルマス1振りを用意する方も多い。
 しかし、ここでヲリのPTでの役目を考えて欲しい。
 アメイラ↑でのヲリの役目はPBをしてモンスターの攻撃からPTを守り、シャウトで殲滅力をバックアップする。この2点に絞られるのである。(←3/14以降、攻撃職の選択肢も出てきています。
 要するに支援と同じく、ヲリも死んだ段階でPTの動きが止まるケースが生まれてくる。
 ここで一つ管理人の実験結果を報告しておく。
   両手ヲリ:ストーンスキンMAX、シルマス1振り
   片手ヲリ:ストーンスキン1振り、シルマスMAX振り
 以上の条件下でホーリーアーマーがかかった場合、片手ヲリのほうが防御が高くなるのである。
 この発想はヲリのストーンスキンはホーリーアーマーと重複しないが、シルマスの効果は重複する点にヒントを得た。
 もっともこの場合は両手の狩り時ストーンスキン1振りになる為、ソロで狩るなら狩り場を落とさざるを得なくなる。
 ちなみに管理人は元々片手ヲリで一時期の両手時代を経て現在は片手に戻っているわけであるが、現状片手ヲリのスキル振りをメインにツーハンを1振りしている。
 驚くなかれ攻撃力は、ツーハン1振りトール(LV45)>ワンハンMAXタムファー(LV48)なのである。
 もっともトールはベースでタムはクラスという差もあるから一概には言えないと思うが、トールの最低攻撃力にタムの最高攻撃力が届いていないあたりはベースとクラスの差だけでは済まされない問題である。

   支援メインの両刀パラと2人でスレ攻略できる。
   アメイラはストーンスキン1振りのMPトールでも充分狩れる。(KPP無し時)
   頑張ればマタリエルトールで最後までいける。
   マナ吸収トールなので、イベント時楽。
 
 上記の4点と攻撃数値の5点をもって、管理人のヲリは現状ツーハン1振りでも充分としている。

※ 現状管理人はツーハンメインのワンハン1振りシルマスそこそこ振りにしています。火炎でもそれなりに死なない程度の防御力を確保し、ある程度命中して削れる事を確認した上での選択です。
  尚、追記としてタムファーはHP吸収であるからこの選択ができたことを付け加えておきます。

注)ブラウザの戻るボタンで戻る。
2007年05月07日(月) 09:04:13 Modified by ID:dUgoyKcmpg




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。