アメリカのFX業者

アメリカには、日本と同様、外国為替証拠金取引(FX)業者があります。FXCMやGFTのシステムは日本のFX業者でも多く利用されています。数年前までは、アメリカのFX業者は手数料無料だったのに対し、日本のFX業者は有料だったため、英語や外国送金などの手間を考えても、アメリカのFX業者を利用する価値がありました。しかし、今では日本でも手数料無料のFX業者が多いため、とりたててアメリカのFX業者を利用するまでもないと思われます。

アメリカのFX業者

  • OANDA
    • スプレッド最小、1ドル単位で取引できます。
  • FXCM
    • 日本でもFXCMジャパン(資本関係はありますが、完全子会社ではないです)など、FXCMの「トレーディングステーション」というシステムを利用しているFX業者が多いです。
  • FX Solutions
    • 1000ドル単位で取引できます。
  • GFT
  • CMS

FX取引可能なアメリカの証券会社

  • Interactive Brokers
    • FX取引は25000ドル単位です。スプレッドは狭く、手数料は1取引2.5ドルです。
    • 口座内の両替も手数料2.5ドルで可能です。

海外FX関連リンク

2007年02月21日(水) 13:48:25 Modified by us_stock_trader




スマートフォン版で見る