アメリカンwiki内カテゴリ
最近更新したページ

見た事件

みたじけん

2005-8/20(土)に発覚した、アメワシ犯罪史上最も凶悪な事件。
奈良県ぐるにより遂行された。


事件概要


2005年8月20日、第7シーズンキングとの晩餐集合ドライブ中にニッシーがスクープし、その後、奈良県ぐるによりアメワシリスナーの投稿内容が大量に「見られていた」ことが相次いで発覚する。
アメリカン地検特捜部は、すぐさま奈良県ぐるキングを起訴、同年10月、有罪が確定した。


経緯


事件発覚前日までのあらすじ

第2シーズン頃から積極的にアメワシ参戦していた奈良県ぐるは、第3シーズンを終えた頃からキングとの晩餐等をきっかけとして急激にアメリカンに接近する。人なつっこい性格の彼は特にニッシーに可愛がられ、電話番号の交換から始まった関係はついにニッシー家に上がりこむまでに発展。ニッシー家に遊びに来た際には僕ちゃんを単独で風呂に入れる事もあり、ニッシーの嫁にも信頼され、まさに「家族ぐるみのお付き合い」にまで発展する。そんな中、職業柄PC関係に強く、日頃からニッシーのパソコン先生であった彼は、当時ニッシーが抱えていた「レンタルサーバーが高くて辛い」という嘆きに対しひとつの提案をする。その提案とは「奈良県ぐるが当時既に運用していた個人サーバーの領域の無料貸し出し」という、ニッシーにとっては天の恵みとも言えるすばらしいものであった。ニッシーは迷う事無くその提案を受け、サーバー領域を譲り受ける事となった。後の奈良県ぐるさん宅のありがた〜い高性能高速サーバー誕生の瞬間である。

ぐるサーバーを得てニッシーが特に重宝した事は「自宅と職場のファイルの共有」であった。有料サーバーと違い膨大なメモリ量を誇るため、ニッシーは「第三のバックアップPC」としてあらゆるデータを「ぐるサーバー」に置き、活用を始める。そして同時に一点だけ
  • 「オレの持ってるファイルなんて殆どが機密性の無いモンばっかだからコピるなり見るなり好きにしていいよ。ただ、会社関係とか家族のプライベート写真とかアメワシ関係のやつはマズイからさ、信用してない訳じゃないけど、見ないでほしいってすぐ解るような名前のフォルダに入れとくんで、それ以外を見てね。」
と釘を刺す。こうして「ぐる見るな。見たら殺す」というタイトルのフォルダがぐるサーバーの中に登場する。
※この時の奈良県ぐるのリアクションは
  • 「ちょっとニッシーさーん、あのフォルダタイトルは何なんですかぁ!僕がそんな男に見えますかぁ?見ませんてぇ。見る訳無いじゃないですかぁ!」
といったような内容だった。

一旦は奈良県ぐるを信用したニッシーだったが、奈良県ぐるとの交流や会話が進むにつれ、彼の「ノリが良くサービス精神旺盛だが決してストイックではない性格」が気になり始める。しかし決定的な不安にも結びつかないまま、時折
  • 「オマエ本当はあのフォルダの中見てんじゃねーだろうな?オマエが絶対見ないって言うから信用して使わせてもらってるけど…」
程度のジャブを撃つくらいであったが、その度に奈良県ぐるから繰り出される完全否定の嵐によって「まぁ、ここまで言ってんだから見てるって事は無いか…」とタカかをくくっていた。
そんな「ニッシー疑う」→「ぐる完全否定」の周期は少しずつのんびりとしたものになり、二人の関係は穏やかに過ぎて行った。


2005年8月19日金曜日・キングとの晩餐前日


深夜


翌20日の第7シーズンキングとの晩餐参加のため、奈良県ぐる福井入り。


2005年8月20日土曜日・キングとの晩餐当日


13:00 昼食


キングとの晩餐を夜に控え、その前のプチイベントとしてアメリカン奈良県ぐるミスファーが合流し、「やっこ(そば&定食屋)」で昼食。「ソースカツ丼」と大量の「ファミリー天ざる」にガツガツ挑み続ける男性陣とは対照的に、この日初めての御対面だったミスファーは「親子丼・並」に悪戦苦闘しその殆どを残していた。残すくらいならオレが食おうとニッシーは思ったものの、ミスファーが丼全体をかき回して残していたためビジュアル的に耐え切れず断念する。店内のテレビには甲子園決勝戦の模様が映し出されていた。暑い夏の日だった。
※ちなみにこの合流以降は奈良県ぐる運転のエルグランド的な車に全員が乗り込んでの移動となった。

14:30 デザート


食後のデザートとして「松岡軒」でかき氷を食う。

15:00 ノープランタイム


各自コレと言った提案を出せないままエルグランド的な車に揺られながら早くも彷徨う。とりあえず「奈良県ぐるさんに今の福井を感じてほしい」という理由から「足羽山公園西墓地大規模陥没事故現場」へ向かうが、当然入口が封鎖されており現場には近づけず断念。その後は市街地周辺をダラダラと回遊するドライブが続く。

16:00 目的地決定


「福井の今シリーズ」として当時話題だった「福井県がオークションで落札(2300万円)した五箇条の御誓文草稿」を見に行こうという事になる。目的地は公開展示中だった「県立図書館」に決定する。

16:30 ■運命の瞬間■


県立図書館まであと少しとなり、車内での会話も和気藹々と弾む中、ミスファーが話の流れの中で
  • 「私、弟にちよっとナメられていて、よくバカにされるんですよぉ」
といったような内容の話をする。
次の瞬間、奈良県ぐるが何か閃いたかのように会話に割って入った。

  • 「あっ、そういえば先週のアメワシでもそんなネタ読まれとったなぁ。なんや『もう潮時だって弟に言われた』みたいなやつなぁ。アレ笑ったわぁ。」

びくんっ! …ニッシーの体に強烈な電流が走り抜けた。
「な、なんだ… この違和感は?」
刹那「ある記憶」が蘇り、ニッシー奈良県ぐるに確信に満ちた一言を投げかける。
↓以下その時の会話

ニ■「オマエ、それって明日放送のワシデラで流れる予定の『じんのすけのネタ』じゃねぇの?なんでオマエがまだ放送されてない番組の内容知ってんだよ?」
ぐ■「え?いや、あの、そんなん偶然ですよぉ。前にそんなネタ有りませんでしたっけ?なぁ、ミスファー?」
ミ■「いえ、わたしそんなネタ送ってないと思いますけど」
ぐ■「・・・・・」
ニ■「オマエ、『ぐる見るな。見たら殺すフォルダ』の中見ただろ。あの中にはアメワシの録音本番用の原稿が入ってて、それ見ない限り『じんのすけのネタ』を知り得るはずないんだから。」
ぐ■「いやいや、見・て・な・い・ですよっ!偶然ですって!前にそんなネタがあって勘違いしただけですよ!ニッシーさん疑い過ぎですって!」
ニ■「じゃあその勘違いした『前にあったネタ』って誰のどんなネタだよ?」
ぐ■「そ、そんな細かい事は憶えてないですけどぉ、とにかくなんやそんなんありましたって!」
ニ■「オマエさっき『先週読まれた』的な事言ってたよな。オマエってオレも太鼓判押すくらいのアメワシマニアでしょ?そんなオマエが思い出せないようなネタを『先週』って付けてまで引用すんのおかしくね?」
ぐ■「いやいや、僕だって細かいトコ思い出せないネタはありますよぉ。ニッシーさん疑いすぎですよぉ。」
ニ■「でもオマエ『潮時』って具体的な表現も使ってただろ?そんな偶然あるか?あっちゃうか?」
ぐ■「だ・か・ら、偶然ですって!もうニッシーさん、僕の事疑って見てるから僕が何言ってもそういう目でしか見なくなってるじゃないですかぁ!やらしいわぁ。」
ニ■「へぇ〜。ふぅ〜ん。」
ぐ■「やめてくださいよぉ、そんなリアクション。」
ニ■「ミスファー、そんな訳だから、今後さぁ、『あれ?みんなあの話忘れちゃったのかな?』って空気感じたら、『見たでしょ』とか『見たんでしょ?』とかぐるに言ってね。」
ミ■「はい!わかりました。任せてください!」
ぐ■「ちょ、ちょっともぉぉぉぉぉ、勘弁してくださいよぉ。見てないっちゅうねん…」
ミ■「でも見たんでしょ?」
ぐ■「見ぃーーーてぇーーーなぁーーーいぃーーーーーー!」

実際「見たか見ていないか」については証拠が無いため、これ以上追求しても「見ただろ」「見てません」の繰り返しになりそうな気配は充分にあり、この時点でニッシーは長期戦を覚悟した。冤罪の可能性もほんの一瞬よぎったが、「ぐるの性格」・「ぐるの挙動」・「『先週』『潮時』というキーワード」等から総合的に計算すると迷いは無消えた。
「こいつは絶対に黒だ…」
ニッシーは確信していた。

16:35 おかしな行動


上記会話の直後、県立図書館が目の前に迫った時、ぐるは左折入館ポイントを間違え、突然手前のあぜ道に車を突っ込んでしまう。そして「おいおい大丈夫か?」という車内の声にも耳を貸さず、わざわざ切り返しが難しい突き当たりまで突っ込んで非難を浴びた。そう、明らかに挙動がおかしかった。

16:40 図書館


図書館に到着してからのぐるは一見落ち着いているように見えたが、極端に口数が減っていた。10分前までの、それなりにノリも良く、ウキウキしたムードを醸し出していた奈良県ぐるはもうどこにも居なかった。
※館内をブラブラ彷徨っている間、ミスファーは2度ほど「見たんでしょ」を繰り出していた。タイミングといい、しつこすぎない程度の間隔といい、本当に良い仕事をする女狐だ。

17:30 ドトール


18:00の待ち合わせに多少時間を余らせて福井駅付近に到着してしまった昼組御一行はとりあえず時間調整のため駅前のドトールコーヒーに入る。ミスファー仕事有り。

18:10 男達との合流


じんのすけ笑々村田と合流するため、待ち合わせ場所の福井駅改札前に到着。物陰からこっそり様子を伺うと、それらしき人物が数人おり判別が付かない。ニッシーが交互に二人の携帯を鳴らし、ちょっとおもしろい感じになる。

18:40 清八


合流後6人でトモハルの大親友がCEOを務める焼き鳥店「清八」に。相変わらず「ヒネ」が旨い。

19:00 更にむすめ二人


かおりんぐジャストフィッツが「清八」に合流。8人となる。ここから人見知りなトモハルは面識があり慣れている合流娘二人を隣に座らせ、その狭い範囲で盛り上がるようになる。ニッシーは必然的に「男担当」的な役回りとなり、困る。ぎこちないながらもジワジワ進む腹の探り合いの中で、本当に忘れた頃にミスファーが仕事をする。有能な女狐である。

22:00 戦士の離脱


清八」を後にし、カラオケ店に入店。しかしここで今回の事件の関係者であり糾弾者でもあった戦士ミスファーが記念撮影にだけ参加して帰宅。7人でのカラオケが始まる。其々が様々な曲を歌う中、容疑者ぐるはひたすら「マキシマム ザ ホルモン」のみを歌い続けていた。
※ちなみにニッシーミスファーにそっとタクシー代を渡している。

23:20 解散


カラオケも終了し、解散となる。
アメリカンの二人は最初からぐるの車に乗って来た為、帰りも彼の車で送ってもらう事に。
※ちなみにニッシーかおりんぐにそっとタクシー代を渡したが、かおりんぐはその金を棚の上に放置し、ジャストフィッツと楽しそうに雑談を始めた。かおりんぐの足を「アトム足」と形容した事を根に持たれているようだった。

23:40 選択肢


宴も終り、心地良い満足感が車内を包んでいた。ぐるの運転するエルグランド的な車は夜の町をゆっくりと進んでいた。「見たのかどうかについての追及」もここ2時間は鳴りを潜めている。ニッシーはさり気なく切り出した。
  • ぐる、どうする?このまま解散する?それともファミレスでも寄って雑談タイムでまったりする?」
  • 「いいですねぇ。雑談タイムにしましょうか。」
こうして意図してか否かは別として奈良県ぐるは釣れた。
トモハルはただやさしく微笑んでいた…。

23:50 トマオニ最終決戦


トマオニ(トマトアンドオニオン)に入店し席に座るなりニッシー
  • 「で、見たのか?」
と、追求を再開させた。正直なところ、もはや「見てても見てなくてもどうでもいい」感は有ったが、なんとなくおもしろくて蒸し返してみた。
  • 「もぅぅ、まだその話うたがってるんですかぁ?いい加減にしてくださいよぉ!」
当然ぐるは全面否定の姿勢を崩さない。しかし、あまりにも強気なぐるの姿勢にニッシーが燃えてしまった。
  • 「よぉーし、じゃ最初っから一個一個行くぞ。」
長い取調べが始まったのだった。


2005年8月21日日曜日・キングとの晩餐明けの深夜


01:20 最後の聖戦


連邦捜査官ニッシーの取調べは2時間近くに渡って続いていたが、容疑者奈良県ぐるは頑なに身の潔白を訴え続けていた。ぐるはとにかく頑固だった。
一向に新しい展開を見せない状況にトモハルが飽きているのも明白だった。(実際、飽きてました:トモハル)
  • 「時間が無い… ここまでか…」
ニッシーは心の中で呟き、今回の事件を不起訴処分とする腹を括り始めていた。そして最後の作戦として用意していた「情に訴える」を発動させたのだった。
  • 「なぁ、ぐる、そこまで言い張るんならオレが間違ってたのかも知れん。オマエは本当に見てないのかも知れん。だとしたら疑って悪かったよ。ごめんな。だけど、もし、もしオマエが見ていたとしたらの仮の話していいか?もしオマエが嘘をついたまま今晩解散したとしてさ、これから先、オマエはその秘密をずっと持ったままでオレや青木と付き合っていく事になるんだぞ。そんな未来は楽しいか?もし万が一見たんだったらさ、とっとと白状してこの場でスッキリしてさ、あとはネタにでもしておもしろくできるんじゃないか?一生嘘を抱えて嘘に嘘を重ねて生きるよりさ、一瞬の痛みに耐えてネタにボケを重ねて生きる方が…シャキン……ステキやん? …あ、ご、ごめんごめん。オマエ見てないんだったもんな。今日は色々疑ってごめんな。車とか出してくれてほんと助かったよ、ありがとう。」
ニッシーにとっては「取り調べ終了の挨拶」に等しい言葉だった。
もう何も言う事は残っていない…。
もう、ニッシーは空っぽだった…。
そしてニッシーが「さあ、そろそろ帰りますか」と言いかけたその時、ぐるの口が一瞬だけ早く開いた。
  • 「ちょっとトイレ行ってきます。」
何杯目になるのかもわからないコーヒーと二人の男を残して、奈良県ぐるは席を離れた。

01:25 残された男達


ぐるがトイレに消えたのを確認してから、ニッシートモハルにひとつの質問を投げかけた。
  • 「なぁ青木、ぶっちゃけどう思ってる?」
トモハルは少し考えてからゆっくりと語った。
  • 「オレは、多分、ニッシーの勘違いだと思う。ぐるは本当に見てないんじゃないかなぁ。だってもし本当に見てたとしたらさ、今日一日ずっとあんだけ言われ続けてさ、オレだったら面倒臭くなってすぐ自白すると思うもん。」
ニッシーはこの日初めて心が大きく揺らいだ。そしてトモハルの言葉に妙に納得してしまったのだ。
【言われてみると確かにそうかも知れない。あんなに頑なに無実を訴え続けるという事はぐるにそれ相応の自信が有るからとも言える。ひょっとしたらオレはとんでもない間違いを犯してしまっているのかもしれない。ぐるがトイレから帰ってきたらまず、やさしくもう一度だけ訊いてみよう。そしてぐるがやっぱり否定したら、それを素直に信じて今日これまであった無礼を謝ろう。そして全てを忘れよう…。】
ニッシーは心の中で覚悟を決めた。
丁度その時、通路の奥からぐるがゆっくりと歩いて来る姿が見えた。

01:30 大団円


ぐるが席に近づいて来る。
ニッシーは歳がいも無く緊張していた。
トモハルは「ニッシー、ちゃんと謝んなよ」と言いたげなやさしい表情を浮かべている。
「ドックン…ドックン…ドックン…ドックン…」
ぐるが席に着く。
ニッシーが一呼吸置こうとしたその瞬間、
ぐるが席に着いたその瞬間、
ぐるは言った。

  • 「すんません。見ました。」

  • 「…えっ?」
  • 「…えっ?」
あまりの衝撃にアメリカンはハモってしまっていた。
2005年8月21日午前1時30分、奈良県ぐる逮捕(自白)の瞬間だった。
容疑をかけられてから9時間ほどが経過した頃であった。
「人生っておもしろい」
ニッシーはこの時、改めて痛感し、改めて詳細な取調べに着手するのだった。


裁判の経緯


奈良県ぐるは、2005年8月、アメリカン地裁で初公判が開始。同年9月、アメリカン地裁はぐる被告に「禊ぎイベント無条件積極参加」の有罪判決、ぐる被告側上告。同年10月、アメリカン最高裁がぐる被告側の上告を棄却・有罪確定。


副産物


ミスファーへのメール

逮捕直後にニッシーミスファーに送ったメールがミスファーによって保管されており、この度御提供頂けたので一部文字を伏せて公開いたします。

ミスファーは事情を知っているので報告しておきます。20日は24時頃解散して、ニッシー・青木・ぐるの3人になりました。実はその後にトマオニで、例の「見ただろ?」について「ぐる裁判」が開催されました。1時間くらいかけてじっくりジワジワ責めて行ったら…
25:30、ぐる、・・・・・・・ゲロりました。
あいつは見てました。オレが「このフォルダだけは見ないでね」と言っていた中身を隅から隅まで全部見ていやがりました。本当に○○で○○で○○い男でした。バレなかったら○○でも○○でも何でもやる男だと判りました。でもぐるは、とっても○○で○○○男なので、バレました。笑いました。オレと青木はかなりウケました。そんな訳でかなり楽しかった解散後の2時間でした。これから暫くあいつは「見た男」と呼ぶ事にします。ミスファーも「見たでしょ」仕事お疲れ様でした。んじゃーねー。


禊ぎイベント

2005年10月の裁判によって確定した奈良県ぐるの刑。
ぐるの罪を水に流す事を目的として、リスナー参加型で何か面白い罰ゲームをやってもらおう、という趣旨のイベント。当時リスナーからのアイディアも含め10人以上の大人がプランニングに参加するも、奈良県ぐるの「マジ引き」により関係者全員のテンションが急降下。底にまで達し、以後誰も本気で考えなくなってしまった。結果として、刑が執行されないままダラダラと放置されたこの状態を未来永久に継続していく事が「刑」、という事で収まっている。もちろんぐるが死ぬまで執行中の状態であるため、いつ「見た事件」を蒸し返しても問題は無い。


結局、奈良県ぐるが見たものとは


アメワシ関係

■全投稿リスナーのストックネタを含めたニッシー予選通過ネタ全部。
※本人による自白有り
その内読もうとしていたネタも含めると奈良県ぐるはかなり有利にアメワシライフを送っていた事になる。

ニッシー関係

ニッシーのプライベートデジカメの画像全部。
※本人による自白有り
中にはニッシーの嫁や娘が、他人に見られる事を想定せずにニッシー撮影だからこそ気を許して写させた「変な顔の写真」や「入浴中の写真」も含まれていた。

地球関係

■7万枚に及ぶ核関係の最高機密文書全部。
※本人による自白取れず
ニッシーの推測だが、多分見ている。


事件の影響


この事件以降、世界中でテンションの低い子供達が急増している。


外部リンク


なし




 
2006年06月08日(木) 00:22:13 Modified by usa_nissy




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。