489 :名無しさん@ピンキー:2006/10/21(土) 01:08:12 ID:97VsXAo1
「女の子が描けなくてむしゃくしゃするから女戦闘員をレイプする」
夕焼けを見ながらそんなこと考えてた。

とは言え女戦闘員なんてそこらにいるはずがなくて、ますますむしゃくしゃしてきた。
「女戦闘員のバカヤロー、上手いこと女の子が描けないのも、就職活動に失敗したのも全てお前らの所為だー」
誰もいないはずの河原で叫んでみた。

「誰がバカヤロウですって?」「ひぃー(そうだ)」「ひぃー(そうだ)」
後ろから声がするので振り返ってみる。
そこには黒を基調としたボディアーマーに身を包んだ女を先頭に、エロゼンタイの女たちがいた。
(説明しよう…エロゼンタイとはエロい体つきを全身タイツに包んだ女のことである。
…もちろんゼンタイの下に下着をつけるような無粋なまねをするような奴は天が許しても許さない人はいるはずだ…)

「むかつくわねー、あんたたち、あいつをやっちゃいなさい!!」
「ひぃー」「ひぃー」
「お前らは」 戦闘員たちの攻撃をかわしつつ聞いてみる。
「通りすがりの秘密結社の女幹部と戦闘員たちよ、堤防をランニングしてた柔道部員にでも見えた?」

 )ノ 先生…こんな感じですか…
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます