442 :名無しさん@ピンキー:2007/03/29(木) 21:57:17 ID:p5EOX6ZC
「素股の『ショーツィ』」
「足コキの『スティッキン』」
「パイずり『ブラージャ』」
「我ら『激萌えランジェリーズ』、三幹部!!」
「お前たちの命貰いに来た」
「さあ、あたしたちの音をお聞き、そして悶絶死するのよ」

「え、何、止めて」
「裂ける、裂けちゃうー」
「嘘でしょ、ショーツィとスティッキンなら分かるけどなんで私まで…」
ボン、ボン、ボン



443 :ジョボボのジョー!:2007/03/29(木) 22:00:09 ID:Ifx3t6lg
「私のエッチな音聞いてぇ〜!」
「うあぁぁ!」
『ニュース速報です! 突如都会の真ん中に湧いて出た下着が眩しい女の軍団が! それはやらしいポーズで
オナニーの音を・・・ああ♪』
男アナウンサー倒れる。ランジェリー姿の女達が出すやらしい悩殺音が男を天国に送ったのだ。
「何だこりゃ!? よぉし! やらしい染みだらけの下着が弱点臭いから破くぞ!」
それを見ていたカメラマン『自称:下着破りのジョー』はカメラを投げ捨てて女達に飛び掛る。
「クリゃぁぁぁぁ!」
「へ? 何こいつぅ? 私のオマンコの音で天国に逝きなさいよ!」
ブチャア!グチャァアアアアアアアアア!
「ぬぉ!? だが負けん!」
「あ、ひぃんっ!」
ビリィィィィィィィィィ!
女が股間を指でまさぐり、衝撃波のような音がジョーに襲い掛かるが、一瞬早くジョーの指が
ランジェリーに突き刺る。
「あはぁん、指感じる…え? 私のパンティーに穴?」
パンティーの穴の奥にある穴に、ジョーの指が突き刺さっていた。それを見て女が真っ青になる。
「ぬ、抜かないでぇ! 塞ぐ物がなくなったら爆発しちゃうぅぅ!」
「処女か…悪は滅するのみ! スクリューハンド!」
「あきゃぁぁ!」
ジョボボボッ!
ジョーの指が更に下着の穴を広げ、中の穴が広がる。快楽と恐怖で女の股間から大量の赤色の尿が流れだす。
「もう…らめぇ…」
「決まった…スクリューアッパー!」
グリュ…ズボッッッンッ!
「ひぃぃぃぃぃぃん!」
女がアッパーカット気味にジョーに打ち上げられ、大量の尿を螺旋状に撒き散らして宙を飛んだっ!
「天に昇る気分だわぁ〜」
ボォォォォォォォン。
最後に天に昇った女の股間が太陽光線を放ち、その体が爆発する。
「滅!」
濡れた右手を肩と水平にして真横に振ると、爆発した女を背にジョーは格好良くポーズを決める。

自称改め…下着破りのジョーが誕生した瞬間だっ!!

想像しとったら久し振りに書いてもたorz 参加する気ゼロやったんやが…。じゃあなおまいらw 
タイツ早く帰ってこんかなぁ…。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます