589 :名無しさん@ピンキー:2007/06/26(火) 02:41:43 ID:iPfaPbdu
「やめっ、やめなさい、イヤァッ、やめてぇぇっ」
ビキニと見間違うばかりの露出の激しい戦闘服に身を包んだ女が、
肉感的な身体をブルブル震わせながら泣き叫んでいる。
彼女は世界征服を企む悪の秘密結社の戦闘員である。
「女であろうと悪に加担したヤツを生かしておくほど俺は甘くない」
対峙するのは敵をその肉体一つで叩き潰してきた男。彼はそうつぶやくと一瞬の後、女戦闘員の視界から消える。
「えっ」
男は背後から女戦闘員の豊かな両乳房を強く握りしめると、そのまま勢いよく身体を後ろに反らせ、彼女の頭を地面に叩きつけた。

自慢のオッパイがちぎれとぶような痛み、それが女戦闘員が感じた最期のものとなった……彼女の意識は闇へと消える……

ダラリと、女戦闘員のいやらしい肉体から力が抜けた。しかし、彼女は倒れない。
そう、首から上が固い土の中に深く埋まっていたのだ……
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます