架空の地方都市『横田市』を舞台とした、各種創作の実験を試みるwikiです。

四凶(しきょう)

 四凶とは、旧きより東西南北にて武名勇名悪名を馳せた古流武術の一派を指す。
 古来より人に有らざる業を用いて人に仇為すと恐れられており、また「互ヒ二向カヒ合ハセル事相成ラヌ」と伝えられている。
 その修練の厳しさ、習得の困難さから殆どが一子相伝と化し、現代日本においては多く伝える者の無い、消え行く武術の一派である。
 しかしながらその異質を極める技法と、体系化されていない武術として一目置かれてはおり、世間的には忌避されている。


東:四方田流神道按摩術(よもだりゅう・しんとうあんまじゅつ)

四凶の東方、『点』にて心技を極める技。指打などを使い、強化・封殺など自在の身体操作を旨とする秘技を使う。
元来、心身を癒し賦活化させる風呂の神を崇める独自の一派が時流と共に変化し、それらを守護する目的を持った兵となり、それらがさらに変化してきたものの末裔である。
かつてはいくつかの流派が存在したが、現在はほぼ絶滅しており、"仙湯"『不如帰』を守る罐守の一族、四方田一族のみが伝えている。
柔術・棒術など刃を持たない長柄武器を使う技術がルーツにあるとされているが定かではない。

 特注デッキブラシ『村正』
  四方田家先祖伝来の妖刀を鋳溶かし芯棒として精錬、デッキブラシの軸とした罐守専用の『戦闘用』デッキブラシ。
  さらに錘の入ったブラシヘッドには殴打用の棘を仕込んでおり、全長約140cm、総重量2.5kgに達する長柄武器である。
  非常に破壊力に優れる武器であるが、酷く扱いが難しく扱うには非凡な腕力とバランスセンスを求められる。
  先代・六代目『罐守』であった百舌九十九の時に作り上げられ、『罐守』のシンボルのようなものとして現在は伝えられている。

 技法・技
 『火眼金睛』(かがんきんせい)
  『罐守』の中でも罐の神に愛された者のみに発現する、炎の力を操る能力。発現中は眼が紅くなり、金色の光を帯びる。
  炎と熱を操ることができるようになるが、代償として『火』と『煙』を傍に置いておく事が必要となる。

 神道四方田流
  身体賦活化を目的として風呂神信仰からの技術発祥が起きた四方田流、その中から古武術流派として編纂されたものの便宜上の呼び名。
  大きく身体操作術『十干』と口伝のみにて伝わる奥義『十二支』にて構成されている。

 口伝按摩術『十二支』
  四方田の罐守に口伝でのみ伝えられる、子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥に対応した十二通り存在する身体操作術の奥義。
  その技は『十二支』に由来しているが、いずれも意図的に分かたれ、断片的なものであり初代罐守を除き、全てを知る人間はいない。
  なお、東風湯の文献に伝わる『十二支』は以下四法のみ。
   ・口伝"申"『活法・狒々之湯浴』(ひひのゆあみ) - 四肢五体を活性化させ、強靭な運動能力を得る。
   ・口伝"巳"『捕法・大蛇蔓』(おろちかずら) - 当身投げ。当身にて相手を捕らえ、地に組み伏せる。
   ・口伝"寅"『禁法・五黄之寅噤』(ごおうのとらつぐみ) - 熊手のように開いた手による、無数の指打にて相手を封殺する。
   ・口伝"辰"『禊法・画竜点睛』(がりょうてんせい) - 奥義とされるが、委細は不明。
  一合歓によれば、紐解かれた文献の資料によってさらに2つの口伝"子"・"酉"が明らかになっている。
   ・口伝"子"『眩法・鐵鼠』(てっそ) - 委細不明。
   ・口伝"酉"『鳴法・東天紅』(とうてんこう) - 自身の声帯を弄り声色を自在に操る他、対象の鼓膜を刺激する音を作り出して感知範囲を狂わせる。

 身体操作術『十干(躰術)』
  四方田一族に伝わる身体操作法、転じてそれを利用した格闘術の便宜上の呼び名。
  甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の基礎十箇条が存在し、さらにそこから枝分かれするように各応用法に分かれている。
  継承者不足によって歴史に埋もれてしまう事を懸念した一族の若者・冽によって、外部への解放と研究が進められており、
  現在は横田市にある轟流忍術総本山にて新しい技術の修練と習得が行われている。
   ・丙『熱旋』(ひのえ・つむじ) - 相手の部位を掴んでいなし、一回転して叩きつける柔技。鵺は煙管を引っ掛けるだけで投げ飛ばす事ができる。
   ・壬『巖戸通』(みずのえ・いわとおし) - 『水を叩く』という、掌を重ねるように叩き込む打撃技。衝撃は身体を伝播し身体の先端から弾けるように炸裂する。
   ・辛『雷切』(きのと・らいきり) - 全身の筋肉を駆使して繰り出す、神速の手刀突き。その破壊力は雷すら切ったと伝えられている。

 主な関係者・関連人物
  ・『傾國』四方田鵺
     五代目『罐守』、現・四方田一族頭首。本名は(読み方は同じ)。年齢不詳(外見は30歳ぐらいに見えるが実年齢は100歳に近い)で愛煙家の女性。
     半纏にもんぺ、ぼさぼさ髪に咥え煙管という風体だが、かつては『傾國』と呼ばれた絶世の美女で歴代『罐守』の中でも比類する者無しと謳われた実力者である。
     豪放磊落・天衣無縫で知られた『東風湯』5代目主人、四方田巌の妻。『湯煙戦禍』に登場した同名人物と同一人物。
  ・『天衣無縫』四方田巌
     四方田鵺の夫で、伝説の『天岩戸事変』で知られる5代目の『東風湯』主人。故人。
     その荒々しい性格と伝法な口調とはうって変わった人格者で、四方田家に婿入りした人間でありながらも一族内でも屈指の傑物と呼ばれていた。
  ・百舌九十九
     六代目『罐守』(女性)。偽名であり、本名は不明。重度のチェーンスモーカー。高い身体能力を誇り、その実力は五代目に継ぐとされていた。
     『湯煙戦禍』において最後の戦いにて消息不明となってからは現在も行方は知れず。『湯煙戦禍』に登場した同名人物と同一人物。
  ・一檸檬
     七代目にして現・『罐守』(女性)。本名は四方田檸檬だが、亡父の名前を継いでこの苗字を名乗っている。
     『湯煙戦禍』に登場した同名人物と同一人物。
  ・一冽
     檸檬の息子。双子の兄。高校を卒業して、現在は横田市にある轟流忍術総本山にて修行中。
  ・一合歓
     檸檬の娘。双子の妹。次代『罐守』最有力候補。現在は横田大学に通学中。




西:霊鷲流呟刀居合術(たまわしりゅう・げんとういあいじゅつ)

四凶の西方、『線』にて相手を斬り滅ぼす技。呪詞を呟く事で言霊を斬撃に乗せる『呟刀居合』を使う古流剣術。
伝える者が現存せず、滅び行く幻の剣術と呼ばれている。

 業物『高綱白木拵・真打』(たかつなしらきのこしらえ・しんうち)
  室町時代に刀匠・高綱に鍛えられたとされる霊鷲流に代々伝わる打刀。
  『呟刀居合術』に耐えうる唯一の刀。全長約87cm、重量約1.5kg。柾目肌・重花丁子。
  その斬れ味と、独特な鍔の刻印が納刀の際に派手な鍔鳴りの音が響かせる事から別名『鉄斬り(かなきり)』とも呼ばれる。

 『高綱白木拵・影打』(たかつなしらきのこしらえ・かげうち)
  高綱白木拵・真打のために造られ、真打になれなかった数本の兄弟刀。
  そのうちの一本が名も無き神社へと祀られていたが、戦争時に接収され、軍刀として改良された。
  ある士官が持っていたが軍事中にアメリカに渡り、軍人であったハートマンに渡る。
  勝利を呼び寄せる不思議な力を持っているとされ、『勝利を囁く剣(The Whisperer)』としてハートマン家のお守りとされている。

 呟刀居合術
  『言霊を斬撃に乗せる』という物理外の法則を求められる異能の業であり、正式には剣術にも分類されていない。
  『言霊』とは言葉に宿る力であり、唱える事で己に眠る力を十二分に引き出し、ただの斬撃を非常に強力な一撃と化す。
  故に一刀必殺を旨とし、ただの一振りで多大な成果を引き出す事に全てを捧げた異端の剣術である。
  大戦中には爆撃機を一振りで落としたという逸話が伝わっているが、真偽の程は定かではない。

 技法・技
  開祖曰く「『葉』は『刃』に通じる」とし、流儀内で専門的に使われる用語・技名には植物や花の名前が多く使われている。
  ・(げん)
     『呪詞(のりと)』を唱える行為を指す。これにより『言霊(ことだま)』を紡いで斬撃に乗せる事ができる。
     「呟を紡ぐ」「呟を切る」「呟を重ねる」「呟がとぶ」などの使い方をする。
     二呟・三呟〜と呪詞を重ねる事で破壊的に威力を増すが、相互干渉する言霊の力に引き摺られるために過剰に重ねる事は出来ない。
  ・破軍『連ね鬼灯』(はぐん・つらねほおずき)
     『破軍(はぐん)』とは一対多数を想定した斬型を指す。
     無心にて歩きながら居合い斬撃を連撃にて繰り出す。     
  ・骨斬『枝垂れ椿』(ほねきり・しだれつばき)
     『骨斬(ほねきり)』とは人体の直径に対して8割以上の斬傷を負わせる必殺の大技を指す。
     言霊を乗せる事で居合いの斬撃を飛ばし、首を叩き斬る。
  ・刃曳『片葉の葦』(はびき・かたはのあし)
     『刃曳(はびき)』とは相手の武器を無効化する技法を指す。
     刀身で攻撃を受け流しながら一撃を見舞うカウンターの一撃。
  ・輪断『烏羽玉の百合』(わだち・ぬばたまのゆり)
     『輪断(わだち)』とは体を捻りながら抜刀する『縦の居合い』を指す。
     "百合(笠、あるいは帽子に類する、頭に被るものを指す霊鷲流での呼び名)"で視界を完全に塞いだ後の上空からの斬撃。
  ・三呟・"鉄斬"『曼珠沙華』(さんげん・かなきり・まんじゅしゃげ)
     流派の代名詞・真骨頂とされる霊鷲流呟刀居合術最速の奥技、神速の居合い。
     駆けながら抜刀し左脇から右肩に向けて斜めに斬り抜き残心、後に納刀する。
     その威力は著しく斬鉄すら体現すると謳われ、旧くは"かなきり"と恐れられた。
  ・四弦(死呟)・『千本櫻』(しげん・せんぼんざくら)
     霊鷲流呟刀居合術の歴史の中にて只一度のみ、衆目にて披露された秘奥義中の秘奥義。
     実際に見た人間がすでに此の世にいないため、技の詳細を知る者は霊鷲流の人間を除いて存在しない。
     読みを同じく『戰叛櫻』とも書かれる。

 主な関係者・関連人物
  ・『剣鬼』十一代目霊鷲呟刀斎高綱
     霊鷲流の最後の正統継承者。非常に高齢であり、現在では殆ど隠棲し余生を暮らしている。
     全盛期の技は振るえないものの、現在でも刀を持たせると人が変わったように殺気を放つ。なお、本名は児玉兼良。
  ・児玉響子
     霊鷲流を継承者する児玉家の孫娘。
     本来は十二代目を告ぐ予定だったが、個人的な理由(嫌)で拒否、現在は市立安須間第一高等学校で教鞭を取っている。
  ・デイジー・ハートマン
     未完成ながら簡易的に霊鷲流の剣技(居合術)を学んだ人間の一人。
     戦争で尉官准士官指揮刀に改装され、米軍に渡っていた『高綱白木拵・影打』を持っていた。    
  ・漁火蛟
     理を学んだ弟子の一人。正式な弟子とはならなかった。『湯煙戦禍』に登場した同名人物と同一人物。
  ・児玉真壱朗
     霊鷲流九代目継承者。当時の日本政府に憲兵(准士官)として仕え、『玄狗(くろいぬ)』と仇名された。
     とある事情から已む無く同胞10名を斬殺、後に本部に捕縛され銃殺されている。



南:喜屋武流喧嘩空手(きやんりゅう・けんかからて)

四凶の南方、相手を『面』に見立て破壊する技。本土から伝わった古流武術をアレンジし、古流唐手『喜屋武流』をベースにより実践的に練り上げられた格闘技。
人体を流れる不可視の『氣』の力を込めた、鍛え抜いた己の四肢を用い、破壊力抜群の打撃技を使う。
空手と名を冠しているものの、あくまでもベースとしているものが空手であり、実戦で相手を打倒する事に特化した技術はあらゆる拳法に通じる柔軟性を備える。
四凶の中では最も若い歴史を持つが、常に新しいものを取り込み進化し続けている。

 技法・技
  空手=無手勝流である事を身上としており、表道具と呼ばれる武器類の一切を使用しない。
  一定の難易度以上の技には『星』の名前を冠されている。
  ・『衝き』(つき)
     喜屋武流の正拳突き。変形技『天(あまつ)』はカチ上げるようなショートアッパー、『穿(うがち)』はコークスクリュー。
     掌底で当て破壊の衝撃を全体に伝播させる手型を"阿形"、拳骨で当て物理的に削り砕く手型を"吽形"と呼ぶ。
  ・『戯れ鉈』(ざれなた)
     後ろ回し蹴り。シンプルに言えばソバット。
     体の回転速度を速くする為、体の振りを大きく取り、鎖骨辺りに斜めから打ち下ろすように当てる。
     角度を変え、相手の体を貫くように蹴り抜く技は"戯れ矛"、と呼ばれる。
  ・『鬼喝破』(おにがっぱ)
     大きな声で吼え、戦意を喪失させる。
  ・『音越』(おとごえ)
     手首と肩の捻りで対象の顎を正面から射抜く、喜屋武流の高等スクリュー・ジャブ。正確に入ると相手を昏倒させる効果がある。
  ・秘技『星礫』(ほしつぶて)
     震脚で地面を踏み砕き、撥ねた石(破片)を相手に向けて飛ばすという離れ業。
     割った破片を足先で蹴り飛ばすタイプ、踏み砕いたまま散らすタイプなど方法が幾らか存在する。
     足先で割った破片を目の前に蹴り上げ、掌打(あるいは拳打)で砕いて目潰しを兼ねるやり方が正伝であり、火神はこのやり方。
     礫を細かく砕いて目潰しのみを目的とした"星霞(ほしがすみ)"もある。
  ・奥技『星闢』(ほしびらき)
     ジャンプから全体重を乗せて裂帛の気合で打ち下ろす渾身の超チョップ。鍛え上げた四肢で叩き込むその破壊力は4ドアセダンですら両断する。
     文字通りの必殺技であり、放った後の隙を埋める技術を各々が創意工夫する事で進化していく奥技でもある。
  ・禁手・凶ツ星『"羅猴"』(らごう)
     『凶ツ星(まがつぼし)』とは一度放てばその凶悪な破壊力から殺人技として、実戦以外では封印とする禁じ手の奥技。
     連続技であり大きくしゃがんでからの『衝き・天』(ショートアッパー)→
      震脚(相手の足を踏み砕き地面に縫い止める)→鳩尾への『衝き・穿』(崩拳に近いショートタイプ)を叩き込む。 
  ・禁手・凶ツ星『"天狼"』(てんろう)
     連続技。懐に踏み込み『衝き・天』→翻身して脚で放つ『星闢』。超反応でカウンターに見舞う高速のカカト落とし。
  ・裏手『波布』(うらて・はぶ)
     喜屋武流喧嘩空手の技でなく、そのルーツとなった古流武術である『喜屋武流』の技。
     「邪道である」として御嶽が一切使用を禁じている実質的な禁じ手で、『裏手』の名を冠する。
     武器術であるとされるが、詳細を知る者は極僅かである。

 主な関係者・関連人物
  ・『闘神』喜屋武御嶽
     現・喜屋武流頭首、喜屋武一家の大黒柱。立ち合い以外は温和な男性で、普段は役所仕事に精を出している。
     立ち合いになると人が変わったように伝法な口調となり、その本性を明らかにする。
     若い頃は黒い空手道着にざんばら髪という風体で『鬼神』と呼ばれており、武者修行に全国行脚を行っていた。
     その際に北の『悪鬼』、羆王と激突し左目の視力が弱くなっている。
  ・『青鬼』喜屋武霆介
     現在の喜屋武流師範代、喜屋武一家の次男。
     鋭い三白眼に大きな口、威圧的な長身と逆立てた金髪と右耳のピアス3つがトレードマーク。
     かつては武闘派不良の筆頭であり、『赤鬼』火神と共に『青鬼』と呼ばれていた。(現在はある程度更生)
     荒くれ者気質は変わらず喧嘩っ早く、手っ取り早く殴り合いで決着をつけようとしたがる悪癖がある。
  ・『赤鬼』喜屋武火神
     全てを凌駕する、規格外の戦闘スペックを備える最強の不良女子高生。現在は横田市で活動中。
  ・川満靖司
     霆介の舎弟で喜屋武流門下生。痩身で背が高い事から『ヒョロ』と呼ばれている。
     普段は荒れがちな霆介の抑え役に徹しているが、キレると手段を選ばないために非常に恐れられている。




北:????

四凶の北方、謎に包まれた流派名不明の『域』の技。
 主な関係者・関連人物
  ・『羆王』
     四凶で最も謎とされる北の『悪鬼』。咆えるような高笑いと共に現れるという。
     一度だけ禁忌を破った南の『闘神』喜屋武御嶽と立ち合い、雪原を焦土に変えるほどの激戦となったが八日八晩闘い決着はつかず。
     『無明大熊手』という技で御嶽に手傷を負わせるものの、猛吹雪と共に行方を晦まし、その後の行方はわかっていない。
  ・稲府結衣
     『神殺し』と呼ばれる女生徒。特定の人物達を『シン』と呼び付け狙う。
     かつての『羆王』の技を使ったところを目撃されているが、その正体一切に関しては不明である。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

横田市観光案内

横田市の人々

横田市立安須間第一高校

私立鳳遊田学園

私立横田大学

轟流忍群総本山

菖蒲荘

下千波商店街

新興開発地域

CRAZY PACKAGE

千獄山

龍馬組

『名も無き集団』

横田警察署

横田市議会

市内の人々

?????

横田市の流行

テレビ・ラジオ番組

アニメ・漫画

ゲーム

タウンガイド

お買い物

娯楽

生活

その他

?????

用語かな?と思ったら

50音順

横田市LO@DED

  • Coming soon...

横田市fl@gments

流行について

【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます