架空の地方都市『横田市』を舞台とした、各種創作の実験を試みるwikiです。

神煎 最歌(しんぜん もか) 


21歳・女
横田市下千波町にあるコーヒー屋「蒸気煎」の店主。旨いコーヒーを淹れる。
身長164cm やや明るい茶色に染めた腰の上くらいまでのストレートロングヘア
店に立つときは、後ろ髪を大きく一つのみつ編でまとめている。
バストは平均からすると豊かなほうである。ヒップが大きいのがややコンプレックス。

「うん。今日の焙煎はなかなかの出来だわ。」
 
短大卒業後、地元である横田市下仙波に戻り、夢だったコーヒー豆店を開業する。
自宅の一階部分を自力で改装して店舗スペースとして利用している。
一般的な喫茶店ではなく店内にイートインスペースは設けていない。豆専門店といったところ。
ただしテイクアウトのコーヒーは販売しており、店先にあるベンチで軽い休憩がてらコーヒーを楽しむことは出来る。
テイクアウトのコーヒーは最歌のオリジナルブレンドとそれを使ったカフェオレの二種類がある。

この改装の際、親同士の交流があった火乃坂紫煙が父親に半ば強制的に作業の手伝いに駆り出される。
紫煙が深淵と知り合うことになったのもこの時である。
深淵は神煎宅を改装する際の木材の調達先となり、最歌と知り合う。
ほとんど外界と交流がなかった深淵だが、風の噂をつてに最歌が自力で深淵の住まいを探し出し
頼み込んで助力を得た。
深淵が最歌のコーヒーに惚れ込むことになったのもこの時である。

豆を焙煎している時の最歌は、鬼気迫る集中力であり何人たりともその作業を中断させうる行為は許されない。
以前、焙煎中に愚かにも話しかけてしまった男がいたそうだが、
彼は熱々のフライパンで顔面を殴られるという手厚い歓迎を受けた。
もちろんその際、豆をこぼすような失態はやらかしていない。
隣で見ていた狐那は中に舞う豆を華麗に掬い取る最歌を見て
「あんな機敏に動くお姉ちゃんは始めてみた。」と後に語る。
ちなみに、攻撃は無意識であり本人に自覚はない。
その噂が広まって以降、焙煎中に店に立ち寄った者は、焙煎の出来を告げる彼女の声が聞えるまで
外のベンチで流れ行く雲をただ黙して見つめるようになった。

Menu

横田市観光案内

横田市の人々

横田市立安須間第一高校

私立鳳遊田学園

私立横田大学

轟流忍群総本山

菖蒲荘

下千波商店街

新興開発地域

CRAZY PACKAGE

千獄山

龍馬組

『名も無き集団』

横田警察署

横田市議会

市内の人々

?????

横田市の流行

テレビ・ラジオ番組

アニメ・漫画

ゲーム

タウンガイド

お買い物

娯楽

生活

その他

?????

用語かな?と思ったら

50音順

横田市LO@DED

  • Coming soon...

横田市fl@gments

流行について

【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます