なんか怪獣イラスト/怪獣の話などのてきとうwiki

   

なんかabout-16.9-2からの続き






●2016.9.25 暗くて何も見えん

なんかコイのパン釣りは暗くなってからが本番では、という話だけど。
いや〜ホントに暗くなるとなーんも見えませんね、ウキも餌も。

今日は昨日までの長雨の影響か、多摩川も流れが早くて、宿河原堰があるからいつもは流れゆっくりで、ほとんど湖なんですが、フツーに流れる感じに。
透明度も低いし、夕まずめだとゆうに鯉の姿も見えず、じゃあ夜釣りを試すかと待ってみたんだけど。
ま、多摩川で夜釣りって違法ゆうか違反なんだけど、証拠写真とかあるわけでもなし。

その前に、今日は三度もヒットしたのに二度、針を外されたということがあり。
ちょっとファイトして、逃げられるんだよね・・かといって前にも言ったが、スレ針が原因ではないかと。 なんか餌の食いが浅い日なんだよきっと。
今回から本格的に焼き麩を餌にしてるんでよもやパン釣りではないが、めんどいのでこれまで通りパン釣りと呼称します。
結論からいうと釣れましたよ今日も。
けっこー活きのいいのがきて嬉しい限り。 ちょい大きい感じがしたんでメジャーをあててみたが、70オーバーはしていないっぽい。
太り気味の鯉だったんでしょうね。

流れがあるとけっこうやっかいだなー思った通りのところに餌が行かなくて、というのは大した問題でもなく。
暗くなってからどうなるのか、という課題です。
今回は、やっぱり暗くなってから来ました、複数の鯉が周回している模様。
試しにパンをまいてみると(サーチパンというらしい)ガンガン食うし。
少なくとも日が落ちてから2時間くらいはまだ起きてうろついている様子。

うん思った通り、釣り放題・・というわけにもいきませんね、二度逃げられたせいか、岸にコイが寄ってこない。
じゃあ投げてみるかなと、20メートルほど飛ばしたら、よもや完全に何も見えず。 意外とラインは見えるんですわ、夕方はぜんぜん見えない緑色の3号なんですが。
しかしラインの方向に餌が流れたとは限らないし、とにかくみてみると、遠くでバシャッと音がしてヒット。
これが、先述したちょいとファイトして外されたというヤツで・・でも面白かった。


明らかに、昼間より餌に食いつきやすい。
数も多くなってるし、コイにしても真っ暗じゃ警戒のしようもないし。
だから遠投用のでかいウキを使っても寄ってきます。 それでも蛍光色は発光するわけじゃないんで見えにくい。

そんなこんなで、8時まで楽しみましたが、餌切れで納竿。
いやパン釣りはホント面白い。

ちな余談。
高価なアイテムは買いたくないというかパン釣りなんて釣り師ではなくフィッシンガーの手法なんで、安上がりが似合うんですが。
それでも、海釣り用の中通し円錐ウキ買いました。
高いんだよねあれ、千円から千五百円は当たり前で、だから客寄せ用と思われる上州屋の格安三百円ウキを買いました。
2Bとか書いてあるが、重さなのか浮力なのか・・これがうまくいかなかった。
あとで知ったが、円錐ウキはフカセ釣りとかに使うがオモリ内蔵でほとんどが沈み、上面だけが見える仕組みなんですと。 たぶん磯釣りなんかで上から見るとわかりやすいのだろう。
しかしギリギリ沈むんで流れのある川では翻弄されて、ぶっちゃけ沈みます。
餌は浮いているんですけどね。 とにかく視認性に問題アリ。


ちな、仕掛けはスゴいシンプルですみますし、なんつても投げればけっこう飛ぶのは魅力。
でも単体じゃ使えず。

やっぱオリジナルなシステムを考案するほうが良さげみたいな。
あ、瀬釣りウキも買いました、こちらは三個で110円とリーズナブル。 オモリ内蔵ではないので飛ばないと思うけど、コレで何かしら仕掛けを組んだほうがマシだろう。

その他、取り込みについての話もあるが後にします。

最近観た映画

●グリム・アベンジャーズ

HULUにあったのを、タイトルのバカバカしさに惹かれて視聴。
これはけっこう面白かったわ、むろんB級好きという前提で話すんだけど。

まず視聴して最初に目についたのがアサイラムという文字で、それでもう「やった!! 当たりクジを引いた!!」と盛り上がりましたひとりで。
内容的にもなかなか、ヒーロー映画をうまく調理し、流行りの童話映画テイストで仕上げた、魅力的な構成。

ホント童話の試練を越えた姫ばかりを四人集めて、誇張された能力でヒーローリーグ組んでいるという・・美女軍団というのもいいが、ヒーロー物としてツボをおさえてるのが素晴らしい。 ヒーローの歪さとかヒーローの悲哀とか。
なおかつ、姫ではないため孤立したアウトロー、赤ずきんちゃんのキャラ造形がサイコー。
トラブルメーカーでなおかつ腕利きで、ちょい気難しい・・・ルパン三世の五右衛門が本来そうだよね、いつもは別行動で雰囲気的には助っ人みたいな。
やたらとオオカミを殺したがる性格だが、お前が一匹狼じゃん、とツッコみたくなる。

さらに素晴らしいのがストーリー。
最初おとぎの国ではじまり、そこだけケッコー立派な絵を用意するのはアサイラムらしいのだが、その後どうなるのだろう、森を探索して小さな集落をいくつか訪ねて・・というスケールダウンを予想していたのだが、イキナリ我々のすむ現実世界に飛んだッ!!
これ、こーゆーのが好きなんです! 例えば「マスターズ 超空の覇者」みたいな。
ファンタジー世界を描ききる予算はない、でも映画を作りたい! という都合のいいパッションでどうにかしてしまう手腕、しびれます。

自分でもコブラ・・・アニメ版だと「スペース・コブラ」というタイトルですが、アレの実写版でそんなストーリーを勝手に考えた事があります。 タヨト社がレース開催のために用意した時空転移装置「ウサギ」が盗まれ、前半は豪雪で閉じ込められた密室ロッジで緊迫した犯人探し、後半は現代の地球に飛んでウサギの争奪戦をすれば、けっこう低予算でコブラの実写映画化がっ! みたいな。

話をグリム・アベンジャーズにもどすと。
オオカミやアイアンジョンなど、キャラも安っぽいがけっこう魅力で、ヒーロー物のパロディとしても及第点ではないだろうか。
ラスボスもまあそれなりにいい感じで、アベンジャーズのロキよりは風格あるかもしれんよ、もしかすると。
いやかようなバカ映画、もっともっと造ってもらいたい、できれば日本でも。


●ウルトラセブン

もう何度も観た作品ではあるが、HULUでHD画質見れるんで作業の合間に。

何度も観たゆうのはVHSレンタルをダビングしたからだが、高画質で観ると違う物語にみえるもんですね。
あいやストーリーは知ったとおりだが、絵が違ってみえるんで印象がかわるということ。
ウルトラマンAでも言ったけど、内容的にはそんな立派なもんじゃないです、今の基準だと。
ただ当時、こんだけのデザインと設定でドラマってスゲえことなんです、一流のデザイナーをおさえとくという、現代では当たり前の発想ができてますから。

まあ昔トクサツなんで、とにかくピントが甘いのが難ですが、ウルトラセブンはまだいいほうなのかも。
だから海外特撮ドラマはミニチュアが大きめなんですよ、造形技術は日本が上かもだが、結果的に向こうが立派にみえるという。

あとは・・語ることがとくに浮かんでこない。
最近は釣りに行くために日々準備するんで体力温存、なおかつ次に釣りに行くための仕掛けをつくったり忙しい。
よって映画はあまり観てないです。

先述したように作業の合間に観るのは知ってるストーリーがイチバン。 テレビも映画も本来は正座して瞬きもしない気構えで観るべきだと思うんで。
というわけで「最近観た映画」項目がこんだけになりましたとさ。

日記など




●2016.9.26 取り込みの軽量化

できないかな〜、軽量化。
とにかく荷物が多くて多くて・・・。


なんでこんな大荷物になるんでしょうね、限りなく激安コンパクトロッドのリール&糸付きセットに近い竿なのに。
とりま最初に考えるべきは椅子でしょうか、それなりに気に入ってるんですが、もっとコンパクトなのが一般的みたいですし。

次に考えるのは、何度か言ってるけどタモ網。
コレに関しては、磯玉網の部品を組んで鯉釣りにふさわしいものを組む、というのが最善なんですが、とにかく高い!
オマケにコンパクト化に成功しても、重さの方はどうなんでしょうね。

そこで。
鯉釣りを見直してみると・・・タモ網はもちろん、取り込みに使うもんですが、基本的にサイズ測ったりするわけでもなく。
釣ったら針を外してリリース、というのが普通。 ま、針がよほど飲み込まれていたら陸揚げして針外し突っ込む、ゆうこともありますが。
あいや今では普通に陸揚げしてます、かがんで水の中に手を突っ込んで貼り外すのは難しいとわかったんで。

しかし、フィッシュグリップがあればカンタンに針を外せるんでないかと、勝手に思ったりします。

これがフィッシュグリップ↑

ま、ゆうてもやっぱり陸揚げして針外しが基本になるかもしれませんが、とにかく取り込みに使う道具を最小限にできるのは魅力。
ちな、魚のダメージが・・とかはあまり気にしません、釣りをしている時点で動物に損傷を与えるハンター行為ですから今更。 むろん、必要以上に傷つけることはしないですが、コイはもともと徹底的に弱るまで引き回します、取り込みで暴れてライン切れても気の毒ですから。
つか冬に釣りすれば、上げた魚は冷たい外気に触れてHPが急減すること請け合い。
フィッシュグリップで魚の口を掴むくらいはまあ許容範囲・・なのではないかと。

魚からすれば別な言い分がありそですが。

しかし、コイにフィッシュグリップなど、あまり見かけないなYoutube釣り動画でも。
ないわけでもないですけどね。
コイの下唇を挟んで持ち上げる? ピンとこないな〜ブラックバスでは当たり前にやるようですけどね、アレはもともと手で口を掴むのが当たり前っぽいし。
だいたい、パン釣りで釣れちゃうコイってどいつもこいつも60オーバー、水面パクパク習性はあるていど年季の入ったコイなんでしょうね、たぶん。
さすがに十キロの大物はいないと思うけどかなりのモン。
それをフィッシュグリップで持ち上げるのか、想像すらうまくできない。

しかし、取り込み道具がコンパクトで軽量になるのはホント魅力。
だいたいタモ網は使うたびに魚臭くなって困っていたところだし。

うーむ、欲しいなあ・・・。
今月、バイクの保険料とかもあるし、節約したいのだが・・やっぱ欲しいわ。
それも、プラスチック製の水に浮く奴はとくに魅力。 それほど軽いなら持ち運び楽で、マブナ釣りにも使えそう。
マブナ釣りは軽装で臨みたいですからね。
買っちゃおうかな〜。


ただ、いろんな製品を検索したんだけど、長いのはないね。
要は釣り場を選ぶわけ。
水に手を突っ込めるほど足場のいい所でないと使えないのは残念。

うーむ、決して高いものではないし。
買っとこうかな、使えれば重畳みたいなノリで。

上州屋ではプラスチック製のはなかったゆうか、バイスグリップ型のはないですね、ハサミ型はあるけど、魚をまるごと掴むタイプらしい。
あー手持ちのバイスグリップを使って挟むのはダメか、魚の口が切れそうだし。


実を言うとここ二、三日で急に思いついたことで、情報が足りないのかもしれない。
とりまググったところ鯉の場合、下唇の中央ふきんを掴む、とあるが・・むろん魚が暴れて捻りが加わればダメージとなる。 難しいかな?
そーゆー意味では良いランディングではないのかも。

うーん、ギリギリサイズのタモ網でも、いまんとこ失敗はないし、魚臭いのはハッカ油でなんとか誤魔化せるし、現行がいいかやっぱり。
ま、現行の改造タモ網だって上等とは言えませんがね、持ち運べる安い製品がないんで仕方なく使ってるだけ。

さて、どうするか。
ちょい悩みどころです。

 PS:さらにググったが、あまり鯉には向かないランディングの模様。
けっきょくブラックバスは口が堅いから挟んで持ち上げられるわけで・・コイに使うのはやめたほうが良さげ。
でもマブナ釣りには欲しいな〜。
マブナもコイみたいに口が伸びる魚ですけどね、コイよりは口硬いであろうと想像されるわけで。
ホント、尺ブナが来たときだけの出番となるでしょうが。




●2016.9.26 ちょい余談

なんかまた釣りの話だけど。

針外し、もちっと進歩したのないのかなと。

先がリングというか、螺旋になってればカンタンに外せそうな気もするんだが・・。
あとはアレ、パイプの上にスリットがあればそこからハリスを辿って針を外せるんでないかと。


長い画像で申し訳ない。
なんかね、長い針外しがあって、なおかつ確実に外せる仕組みがあるなら、タモ網もいらないような気がして。
針金の先が螺旋かリングになっているようなのはありそうですが。


↑Amazonリンクは「針外し」でヒットしたプレビューからそれっぽいのをチョイス。


とまあ、そんなことをふと思った、という話。





●2016.9.27 全く釣れない日もある

久しぶりにボウズでした。
まあけっこういい感じに楽しみましたけどね、やっぱ釣りたいっちゃ釣りたい。

出遅れたのもそうだけど、明るいうちはカモが寄ってきて、釣りできないという。
つがいなのかわからんが鴨はいつも2羽組ですね。
まあ寄ってきた以上、サーチパンがわりに持ってきたホットケーキをやりましたが、どんだけ食うねん。 だいぶん減ってしまったので自分用のエサに用意してきたホットケーキも半分投げました。


鴨は縁起がいいんですがね・・・連中はコイを引き連れてきますから。
じっさいカモのまわりにコイが複数いたっぽいし。
でもカモがいると釣れないというジレンマ。

じゃあ暗くなってからが勝負、と思いきや・・・。
コイが出てこない。
夏の間、暗くなるまで釣り糸たれてましたが、日が落ちればコイがスパスパはじめる、といういつもの風景が今日に限ってない。
そんな日もあるんだ・・魚がいなけりゃ釣りようがない、ということで7時半くらいで納竿。
多摩川は芝刈りの季節ですが川崎側の岸辺もだいぶん進行しているようで、なんか快適でした。
なんつか夜釣り特有の孤独感がぜんぜんなくなって・・まー都会の川なんですぐ近くに道路や橋があってもともと寂しくもないですがね、やたら生い茂ったススキや雑草で釣り場が分断されることがないんで。


あ、ちなみに魚がまったくいないわけではなく、でもどうやら焼き麩は食いつき悪いっぽくて。
カモに餌を投げていたときに気づいたんですがね、ホットケーキと違ってすぐに食いつかない。 しばらくしてから仕方なく食うみたいな・・・コイも同じようで、だいぶん岸に流れ着いた焼き麩が余ってました。 小魚は貪り食うんですが。
じゃあ次からやっぱり食パンを使うかな・・焼き麩は浮力といい、針もちといい、理想的なウキ餌なんですが、美味しくないのでは仕方ない。

まあそんなことは些細というもの、なんか暖かくていい休日に。
だから釣り終わって、フツーに川辺で川ベラーらしくくつろいでました。
ところで毎度毎度、180センチの投げ竿でパン釣りというのもワンパターンで、趣向を変えてみようかと思ったり。
昔使っていた、4.5メートルの万能竿があるじゃないですか、コレでじっさい、パン釣りの釣果もあったことだし。
思って伸ばしてみたら、まあでかいでかい。 けっこう重いし・・。
4.5メートルの投げ竿使ってコイ釣る人ってたいしたもんだ、取り回したいへんそう。
とりま5号ラインと瀬釣りウキでシンプルな仕掛けを作って、かつてそうだったように仕掛け巻きを太い輪ゴムで竿につけときます。
最高に単純な釣り装備、こういうのが本来的なんですが。


果たして持っていくことがあるのやら。
そして手竿で5号ラインとか、大丈夫かいなと気になります、7号くらい欲しいが手持ちがない。 ハリスは3号だし。

そしてコレは余談というか、ある意味では根源的な問題ですが。
ネットで釣りブログをみてると、どーもパン釣りは見え鯉を探して歩く釣り、らしい。 へーそうなんだ、と思った。
しかし釣り歩くゆうても、けっこう荷物ですよ釣りって。
まず椅子はナシで決行、ネットは必須でしょうが、あとはコンパクトにまとめて背負い歩くんでしょうね。

自分的にはパン釣りって、見え鯉を釣るんじゃなくて餌を放って待つ、いうやり方でしたが、まあ多摩川ロケーションではそれもやむなしか。
あと、どうもパン釣りが本来的な釣りと違う、と考えている人もいるようで・・・・・もしかしたらコイが水面をパクパクやるのは、人間が餌をやるようになってから身についた偽りの習性、とでも思っているのかも。 いやあ、それは違うと思うよ、だったらフナもオイカワも、みーんな水面をパクパクしてますがな、さらに言えば小さな小ゴイだって年中、水面に現れるはず。
多摩川でも水面を回遊するのは50センチ以上のコイと相場が決まっていて、そういうもんじゃないかな元々。
逆に考えて、大きなコイが水面をスパスパやる習性から、人間側のほうが池の鯉に浮き餌を与える習慣になったと自分は思います。


あとはアレ、見え魚を狙って釣るのは釣りじゃない・・・とか思っている人は、まさかいないよなと。
ま、どうでもいいですけどね。



●2016.9.27 キャリアアップデート

先ほど言ったように、暗くなるまで釣り場でくつろいでましたが。
その間に、OCNのプリモバイル容量追加パッケージが届けられたようです。
あーそうだった! 自宅に届くんだヨドバシで買ったから。 Amazonが品切れたせいで。

Amazonで買うならコンビニ受け取りするんで無問題なのだが・・。
次にどーすりゃいいんだ、再配達ったっていつ?

めんどうなことに。

それはそうと、時々キャリアアップデートというのがiPhone通知で来るんですが、なにがどうアップデートなのやら。
しかも今日のアップデートで「不正SIM」表示が出てモバイル通信ができないトラブル。
やべえ、五年前の機種だからサポート外になったか、と焦ってしまう。
構成プロファイルを更新してもダメで・・・結論からいうとネットで調べた方法「SIMをいったん抜いてまたさす」で治りました。

 ↑ちな使ってる下駄はたぶんこれ

そんなんでいいのか・・。
とりま将来またあるかもなんで念のためここに記す。


●2016.9.28 しばらく使うわ

なんかiPhone4s、もうしばらく使うことにした。
Amazonで交換バッテリーを物色、ヨドバシでの買い物に懲りてコンビニ受け取りできる商品を選んでポチった次第。

余談になるが、2000円で送料無料というところでずいぶん手間取った。
うーむあと350円くらいか・・・送料と同じくらいの価格でなんか買えるのか、迷うな〜。
日頃からそーゆーアイデア準備してないので、考えあぐねてけっきょく電気ウキにした。 Amazonでしか安く買えないアイテムって必ずあるんだけど、今は本より釣り優先で、なおかつ自動ハリス止めでもオモリでも針でも、店頭でサイズを見ながら買うのが正解なんで、そうなると絞られてきて電気ウキに行き着いた。
今後も夜釣り(あるいは早朝釣り)するとなると、有り難いだろうから発光するウキは。 まあすでに百円均一でサイリウムライト五本入り買いましたが。

ま、あとで「アレにすれば良かった!」とか気づくんだろうね、こういう場合。

 ↑たぶん買ったのはコレ


 ↑と、コレか

しかしバッテリーを自分で交換とか冒険だな、失敗したら目も当てられない。
同等のiPhone4sは今、かなり安いけどそれでもHARD OFFで一万円以上はする。
ちな動作はスゲえ遅いですよ、4sともなると。 iOSが9まで進んでいるからだろうけど、日本語入力で検索とかなると一分以上かかると思っていい。 キーボードが起動するまで十秒から二十秒はかかるのではないかと。 そして動作はカクカクだし。
それでも、当時はコンパクトデジカメ要らずと言われたカメラ性能は、今でもブログ写真とかにはじゅうぶんすぎ。
動画もフルHD撮れるし、入力は遅いけど立ち止まって地図とか天気予報を見るくらいの用途であれば、なんら困ることなし。


いちおうこれからAmazonに入金して買い求め、交換する予定なんだけど。
そうでなくても、やっぱ電気は節約しないといかんと思った。
つてもすでに緊急速報とFacebook以外の通知はオフにしているし、アプリのバックグラウンド動作も最小限、画面効果もオフだし、あとは位置情報を切るしかないか。
交換がうまくいって、位置情報をオフにしたとして、どのくらい電池もつやら。

とまあそんな話。


●2016.9.29 バッテリーを注文

コンビニで支払ってきました。
来月に入るころには届くでしょうたぶん。

ところでバッテリーライフというアプリを入れてチェックしてみました。
コレがまた数値変動するんですよね頻繁に。

でも大雑把に25%から30%の損失で、思ったほど減ってないですな、半分くらいになってるかと心配してた。
気になるのは放電電流の項目で、よくわからんが200から500mAって多くね? また電圧は4ボルト以上が常で、それまた高いような。
じっさい通常の数値を知らないからなんともだけど、本来1400以上あるバッテリー容量が1000mAh前後ってやっぱ心もとない。


ちな電気の節約の件ですが、執念深くチェックしたら東京アメッシュの位置情報サービスが常にオン状態で・・・これを切ったらずいぶんもちが良くなりました。
あとはDropboxのバックグラウンド動作を停止したけど、関係あるのかなコレ、写真アップロードには便利そうなんだけど。
じっさい設定のバッテリー消費項目をみても、なんで減りが速かったのか原因がよくわからん。
つかPCの情報を回覧、天気予報や緊急速報など必要なものを利用するくらいで、そんな使ってないのに。

ともあれ昨日までは半日で30パーセントとかスゲえ疲労具合だったのに今じゃ何もしなければ一日以上、余裕ですが・・それは本来的ではない。

スマートフォンの機能であるBluetooth、位置情報サービス、通知、アプリのバックグラウンド動作をほとんど切って使うなど、まったくもって本来的ではないとしか。
これら全てを開放して3日ぐらい電池がもつというのが当たり前ではないかと。
ま今の技術じゃ難しいんだろけど。
余談ながら国産スマートフォンの多くがバッテリ容量3000mAhくらいになって久しい気がするが(以前はiPhoneより電池の減りが早いとけなされていたが即改善)、じっさい一般的なユーザーの使い方はどうなんだろうね、やっぱりいろんな機能をカットして電池の保全しなくちゃいかんのか?


やっぱりモバイルバッテリー↑は必要なのか。
それがスマートフォンの現状、現実なのか。

それはそうと、Amazonで買ったバッテリーと自分のiPhone4sの話にもどると。
はてさて、電池の減り具合が速いのはバッテリーが古いからなのか、iOSの機能が増えたからなのか。
前者ならまあバッテリー交換で直る可能性高いが、後者ならなんかね。

まあ三割減った容量が交換で戻るならそれはそれで助かるが。

とまそんなつぶやき。




キリがいいので次のページに移動。
次はabout-16.10となります。
タグ

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

てきとう情報など

てきとうリンク


ウヅラヤ商店
なんか管理人のホームページ。
てきとう怪獣
なんか本来こっちがメインだった、てきとう怪獣のブログ。


 
↑Poser5で作ったてきとうアバター。
余り似てないかも。

てきとう広告

なんかアフィリエイトは
やめました。
重いしめんどうなので。
以下、単なる広告。


夢ひよこ


Shade10


Vue6


SketchBook Pro2