2009年夏 横浜の片隅に生まれた小さな森がありました。 つながりの森は、人と人とのつながりの中で新しいものを生み出そうとする人たちが暮らす場所。 人々はその場所を「Y150ヒルサイド・つながりの森」と呼び、 歌い、作り、育て、奏で、走り、語り、そして笑いました。 このページは、そんな「つながりの森」の住民達の語りを後世に残し、 新たなつながりの森へとつなげていくために作られました。

開国・開港Y150を主催した(財)横浜開港150周年協会のスタッフとして、
ヒルサイドの市民創発プロジェクトにおけるワークショップのファシリテーターや
プロジェクトリーダー(出展者)の伴走役(担当者)を務め、裏方として準備段階から催事を支えました。

―沼田さんは、Y150ヒルサイドの市民創発にどのような経緯で参加されたのですか。

元々、小川プロデューサーと一緒に、2005年の愛・地球博での市民参加プログラムに携わっていました。
その愛・地球博で横浜から声が掛かった小川さんに連れられて、
2006年夏ごろ、開港150周年・創造都市事業本部に打ち合わせに行ったのが、始まりでしょうか。
個人的には、愛・地球博では心身ともに疲労したこともあり・・・
同じ苦しみ、もしくはそれ以上に大変なことが予想される横浜でのヒルサイド市民創発に、
このまま仕事として取り組むかどうか悩んでいた時期でもありました。
ただ、横浜じゃなければできないスケール感を自分で体感したいという思いと、
万博でできなかったことを実現したいという思いから、ヒルサイド市民創発に関わることに決めました。

―万博でできなかったこと…ですか。具体的にどのようなことだったのでしょうか。

市民創発にあたっての、
.錙璽ショップの設計(プロジェクトインキュベーションを行う仕組み)、
∋臆端圓集える拠点を市民創発のプロセスの中で具体的に作ること(今回でいえば、廃校となった学校などの利用)、
情報共有及び、送受信の仕組みを構築すること(SNSのような)、
せ毀吋廛蹈献Дトへの伴走体制の確立(ファシリテーターが入って調整を行いながら出展を作り上げていく)
の4つです。
これは、その後の市民創発の過程において、かなり議論を繰り返し、設計を練り、実施していきました。
中でも、ヒルサイドの市民創発では、企画、制作、運営のうち、企画段階からの市民の参加を大切にしていました。
そこで、2007年1月から、市民キックオフと市民ダイアログという2つの検討委員会のようなものを行い、
ヒルサイド市民創発の基本計画・実施計画を作り上げていったのです。

―準備段階で、他にも印象的だったことはありますか。

サポートスタッフとして、市役所の職員からボランティアを集めるという試みは、
ヒルサイド市民創発が初めてでした。
当初私は失礼ながら、あまり集まらないのではないのではないかと予想していたのですが、フタを開けてびっくり。
かなりの人数が、しかも若い職員が集まったのです。横浜のポテンシャルを感じましたね。

―そして、2008年1月、旧若葉台西中学校で、いよいよ市民創発支援プログラムがスタートしたわけですね。

そうですね。市民創発支援プログラムの最初の6回は、相当練って設計していました。
もちろん、参加者の方は色々な感想を持たれていると思いますが、設計者としては合格点には達していると思います。
200人を超える多様な参加者に、どのようなプロジェクトを実施するかということや、
横浜について、自分について再検討しながら構築していくプロセスは、相当手をかけたところですね。
6回のプログラムの後、改めて出展登録を行った創発メンバーに対して伴走体制を組み、
出展の具体化を行っていきました。
この伴走役というのは、愛・地球博での反省でもあるのです。
愛・地球博では、「ディレクター」という、市民のプロジェクトに対して
アイディア出しや時には決定権も持つ事務局スタッフが、市民プロジェクトの担当として関わっていました。
この二元論の構造では、どうしても「市民対事務局」という対立構造が出来上がってしまうのです。
今回のヒルサイドでは、市民と事務局の間に「ファシリテーター(伴走役)」という中間的存在をおくことにより、
その対立構造を乗り越えようと試みました。

―伴走役として多くのプロジェクトに関わっていた沼田さんですが、
市民創発を振り返ってみて、印象的だったことや得たものなどはありますか。

伴走役として出展者の相談にのるのですが、
やはり自分としては「出展者の方に無理をさせてはいけない」という思いが先にたつので、
抑えるようなアドバイスをするのですね。
でも、出展者の方は、多少リスクが大きくても、「実現したい」という強い思いで突き通していく。
あえて茨の道を選び、大変な思いをし、傷つきながらも、
ちゃんと「形」にし、自分の求めていたものを獲得していくのです。
本当に素晴らしいパワーだと感動しました。
あと、当たり前のことなのですが、100人いれば100通りの考え方があるのだな、ということですね。
例えば、「Aというルールがあります」と提示すると、
そのルール通りに行動しようとする人も入れば、ルールを独自に解釈する人、
ルール自体を変えようとする人、ルールを完全無視する人など、本当に様々な反応がありました。
その人その人に応じてカスタマイズした対応をせざるえないことに苦労もありましたね。
それは創発メンバー自身もそうだと思いますけど。
また、当初目標としていた、愛・地球博でできなかった4つのことについては、一定の成果を得られたと思います。
といっても、完璧にはほど遠かったですが。
一方で、ハードの作り方、広報展開の仕方など、今回着手できなかったこともありますので、今後の課題です。

―それでは最後に、今後の展望をお聞かせください。

市民創発の展開は、3年1周期だな、と思っています。
「参加者募集−出展準備−出展本番」で1サイクル。
3年経つと市民参加をしたいと思う市民層も変わってきますし、
市民参加ではよく「途中参加しづらい」という声が聞かれますが、
3年に一度の周期で回せば、そういう新しい人も参加することができる。これは今後実現していきたいですね。
また、個人的には、「まちづくり」がしたくて、イベントはその手法として携わるようになったのですが、
愛・地球博やヒルサイドに関わる中で、
自分の中では「まちづくりのためのイベント」だったはずが、
いつのまにか「イベントはまちづくりにもなる」というふうに説明している逆転現象に陥り、悩むようになりました。
同時に、ゼロからバーチャルな空間を作り出し、イベントを仕掛けるよりも、
もっと日常的な街の中…生活空間にイベントの構造を組み込むことがしたい、と思うようになったのです。
そこで、2010年1月、小川さんの会社から暖簾分けという形で独立し、自分の会社を立ち上げました。
まだまだ立ち上がったばかりですが、
私は「<まちづくり>というよりは<ものがたりづくり>」がしたいと思っています。
「このまちであの人とこんなことをした思い出がある」など、
人と人、人とまちがつながることで、そこに小さな物語が生まれる。
そして、そこからまちを大切にしたいと思うだろうし、
もっと、こうなって欲しい、ああなって欲しいとまちづくりに参加してくれると思うのです。
まちづくりとは、本来的には人づくりで、そこに住む人が自ら物語を作ることだし、
そのお手伝いが自分のできる、やるべきことだと思うのです。
もうひとつは、イベントで起こったことを言語化し、まちづくりの世界の人たちに伝えていきたい。
イベントでは、つながりの醸成等、効果的で社会に必要とされていることが数多く起こっているのですが、
なかなかそれが第3者には理解されていない。
人に伝えられる言葉を持つ、知識を持つ、そのために、研究者として発表していきたいと思っています。
ヒルサイド市民創発についても論文にまとめる予定ですので、完成の際はぜひご覧ください。


<了>

【ふくまめ】

フリーエリア

フリーエリア

メンバーのみ編集できます