2009年夏 横浜の片隅に生まれた小さな森がありました。 つながりの森は、人と人とのつながりの中で新しいものを生み出そうとする人たちが暮らす場所。 人々はその場所を「Y150ヒルサイド・つながりの森」と呼び、 歌い、作り、育て、奏で、走り、語り、そして笑いました。 このページは、そんな「つながりの森」の住民達の語りを後世に残し、 新たなつながりの森へとつなげていくために作られました。

開国博Y150の総合プロデューサーをされていた小川さん。
2005年愛・地球博の市民参加事業から生まれた「市民創発」の概念をもとに、
Y150ヒルサイドエリアにおいて、史上初の「市民創発事業」を展開しました。


―どうして横浜で「市民創発」を行うことになったのですか?

もともとのきっかけは、2005年に開催された世界博「愛・地球博」です。
当時、私は愛・地球博の市民参加プロデューサーでした。
21世紀初の博覧会であった愛・地球博では、万博史上初の「市民パビリオン」がありました。
その市民パビリオンに当時の横浜市長がお越しになり、
「こういうものをぜひ横浜でやりたい。横浜市民なのだから、ぜひ横浜で働いて欲しい」
という言葉をいただき、横浜との関わりが始まりました。

愛・地球博の時には、「市民創発」という言葉はなく、「市民参加事業」と呼んでいました。
ただ、「市民参加」、というと、ボランティア・パブリックコメントなども含まれ、その概念が広すぎて誤解をまねきます。
私が大切にしたいのは、「個々人が時代に関わっていくこと、特に、時代の課題の解決に関わっていくこと。」
私はそれを「市民参加」と呼び、
21世紀の時代のエンジンとして、現実に見せる、現実に引き出して持って行くことを、万博の場で目指しました。
「市民創発」という言葉は、愛・地球博の後に生まれた言葉です。
そして、横浜のヒルサイドエリアでは、この「市民創発」の言葉を掲げ、「史上初の市民創発事業」を行いました。

―市民参加と市民創発は違うのですね。「市民創発」について、もう少し詳しくお聞かせいただけますか。

「市民創発」の設計にあたっては、次の3つ視点を大切にしています。
〇臆辰亮臑里「個人」であるということ
個人が「フラット」な関係性をつくるということ
N匹ぁ屮廛蹈札后廚鮴犬爐海箸鮟纏襪垢襪海

まず参加の主体は「個人」、一人称単数の「私」です。
「個人」は多様性の起点でもあり、他人とつながるノリシロを持っています。
「個人」として立つほど、人は「他者」を必要とするようになり、本当のつながりが生まれます。
この「つながる力」をつけることが、とても大切だと考えました。
そして、その個人がフラットにつながっていき、そこから生み出すプロセスを大切にすること。
これを重視しているのが「市民創発」です。

―「個人が起点となる」ことが大切なのですね。このような発想はどこから生まれたのですか。

私は、万博を「時代のエンジンをみせるショールーム」だと考えています。
ロンドン博が始まった19世紀、時代のエンジンは「国家」でした。当時の万博は「国家の力」を見せる場でした。
それが、20世紀には時代のエンジンが「企業」になった。
1970年の大阪万博でもみられるように、この時代の万博の中心は企業です。
そして21世紀。時代のエンジンは何かと考えたときに、私は「市民」だと考えました。
このような市民参加を仕掛けたのは愛・地球博で市民参加を行う前、早稲田エージングメッセでの経験によるところでもありました。
早稲田のまちづくりを行ったのですが、最初は主体としてNPOやNGOが集まりました。
しかし、お金が無いということになると、そういう組織は引いていくのです。
最後には「個人」が残りました。
そして残った個人たちは、お互いにどんどん横につながっていったのです。
水平な関係でつながり、そしてそれが思いもよらないパワーを生む、という場面を目の当たりにしました。

「組織」から「個人」へ、「ピラミッド」から「フラット」へ、「プロダクツ」から「プロセス」へという考え方。
20世紀、企業に代表される「組織」の「ピラミッド型」の構造の中で、「成果」を追い続けたことが、
様々な関係性を破壊し、環境問題をはじめとした多くの社会的な問題を引き起こしてきました。
21世紀の今、人は「個人」に立ち返り、「フラット」につながりながら「良いプロセス」を生み出す必要がある。
この「プロセス」を大切にすることが、
小さな物語、持続可能な物語、多様な物語を生み、社会をすこしづつ変えていくと考えています。
またこの中で、「市民創発」を起こすプロセスとして、
「コ」「ココ」「ココロ」「ココロミ」という対話型のワークショップが重要です。
「コ」=個人が参加し、「ココ」=この場の問題を考え、
「ココロ」=自分に何ができるかを考え、「ココロミ」=実際に実践していくことです。

―ヒルサイドエリアと愛・地球博では、何か違った点はありましたか?

「地域性」と「時代性」でしょうか。
愛・地球博から4年が経った2009年は、「時代のエンジンが市民である」ということが、より現実に明確化してきていたと感じます。
それはヒルサイドに若い人が多く参加するという現象となって現れていました。
実は、愛・地球博では参加者の平均年齢は50代。
(若者の参加に苦慮し、ユースダイアログなど若者向けに舞台を用意もしました。)
一方で、ヒルサイドで最も多く参加したのは30代。
続いて40代や20代と、若い人が多く参加していたのです。
自分の生活だけでなく、公共にも寄与したいと思っている人が、若い世代に増えたことを示しているのでしょう。
そしてこういう世代を「新しい公共」に取り込まなくてどうするのでしょうか。
ヒルサイドこそ、「新しい公共」への挑戦の場となっていました。

―なるほど。時代にあった、先進的な挑戦だったのですね。
ところで、ヒルサイドでは、なんだか特別な雰囲気というか…
慣習にとらわれず、やっちゃえ!という雰囲気、安心してやっていいんだ!という雰囲気がありましたね。

そうですね。それが「イベント」であることの大切さだと思います。
それぞれが自分の思いを実験できる場所。それも、非日常の空間の中で実験できること。
イベントには、「非日常」で「今やらなきゃ次はない」(ある人はそれを「聖なる1回性」と呼んでいます)という特徴があります。
スペシャルで濃密な時間の中なので、
普段は「できなさそうだな」、「大変だな」と思ってあきらめてしまうことも、
「この空間ならできるかもしれない」、「もう次はない!」と取り組むので、自分の思いを形にできてしまう。
成功体験を得ることはとても大きいと思います。
イベントを通して実践して力をつけて自信をつけた個人が、
非日常のイベントが終わったあとに、今度は「日常」の中で自分の力を発揮していく。

―「イベント」という空間をつくることは、ほかにはどんな意味があるのでしょうか。

ヒルサイドは、「つながる力」を身につけるプロセスであったとも思います。
現代、日常生活で無防備に他者つながることは、時には危険性をはらみますが、
「イベント」では、ある一定の安全性を担保した空間の中で「つながる力」を身につけていくことができます。
OECDの調査によると、血縁以外とのつながりが一番薄いのが日本人だそうです。
「困ったときに最後に頼る相手は」との質問に、日本人は「夫婦」と答える。
ヨーロッパなどでは「子ども」です。
終身雇用が崩れ、家族という枠組みが変容している中で、次第に「個人」を担保するものがなくなってきています。
だからこそ、「自分からはじまる関係づくり」が必要なのです。
つながりを作ることは、今や人の生存の問題にもつながっているのです。

高齢社会の問題から考えてみましょう。リタイヤしてからの時間は約20年。
眠っている意外の自由に使える時間を換算すると、9万時間ほどになると言われています。
これは、大学を卒業してから仕事をする時間と同じだけの時間数があります。
この9万時間が、実は高齢者にとっては恐怖の時間。
人から、社会から必要とされないと、人は劣化していくのです。
逆に言うと、自分の生きがいを見出すことこそが最高の福祉。
誤解を恐れずに言えば、「地域のお荷物」になるか「地域の活力」になるかの分岐点です。
これは若者にも言えるかもしれませんね。引きこもりの人たちが、イベントの楽しそうな空間に誘われてなんとなくやってくる。
つながりの中へシフトしていくうちに、外にいるのが当たり前になっていく。
実際、愛・地球博でもヒルサイドでも若者に関するこの現象は起こっていました。
若い世代へのセーフティネットと言えるでしょう。
ヒルサイドでは、参加した若者が、今度は自分自身で「場」を作りはじめていますね。

―市民創発は今後どのような展開をしていくのでしょうか。

実は、愛・地球博で市民プロジェクトは「海上の森」というところで行っていましたが、
これは上海万博につなげる布石でもあったのです。
「海上」から「上海」へ。
ただ、残念なことに、市民創発は、中国側に引き取ってもらえませんでした。
2012年には韓国のヨスでも万博があり、そこに市民創発の理念を持っていきたいと考えています。
日本と韓国、中国は、海を挟んで列島、半島、大陸という関係性です。
この列島、半島、大陸のリングの中で、市民創発を展開することで大きなパワーが生まれるのではないかと思うのです。
市民創発は、「世界」に展開し、市民創発が行われた「地域」でもつながっていく。
「世界」と「地域」での展開がされていくことを夢見ています。



<了>

【ふくまめ】

フリーエリア

フリーエリア

メンバーのみ編集できます