アイデアは掲示板へお願いしますb

<半額勇者王:あらすじ>
モナーク王国は、交易によって栄えている。
しかしここ数年、物価が上がり、人々の生活が苦しくなっていた。
そこでクンシュ王は一計を案じ、新たな人材を求めることにした。
執事ジーヤから、全く価値観の異なる者が良いという助言を受け
召喚士ミコーの力を借り、異世界から人材を呼び集めることにした。

主人公のアルジ=ヒーロは、ごく普通の貧乏学生である。
学業以外の時間は、時給650円のアルバイトで生計を立てていた。
働きづめのある日、アルジは意識を失い、気付くと城の中に居た。

クンシュ王からの依頼を受け、王国の立て直しに向けて
まずは庶民の暮らしに馴染むことから試みるアルジ。
食事(闇鍋)の席で基本給の話題になり、隣国の情報を得る。

アジョイン王国の王、リンゴク王は、貧しい祖国のために
数々の交易を打ち立てた英雄である。
彼は、自国の最大の武器である人件費を戦術に組み入れ
近隣諸国の優れた商品を買っては研究し、技術を手に入れた。
そして同じような商品を低価格で提供することに成功した。
現在の標的は、モナーク王国である。

モナーク王国に、アジョイン王国製の商品が出回るようになり
人々の暮らしは一時豊かになるが、自国の商品が売れなくなり
次第に困窮していった。このからくりに気付いたアルジだが
既にモナーク王国は吸収されつつあった。

しかし、リンゴク王の勝利が確定したかと思った矢先
アジョイン王国で暴動が発生する。

なんと、アルジから時給の話を聞いた闇鍋の仲間を通じて
アジョイン王国の国民が、人件費の値上げを要求したのであった。

飼い犬に手を噛まれる形で、リンゴク王は吸収を諦める。
アルジから、互いの技術を高め合う交易が提案され
この争いは和解を迎える。

役割を終えたアルジは、召喚士ミコーから船のチケットをもらい
元の世界に返される。

何で船?と思って尋ねると、意外な事実が判明する。
なんと、ミコーはアジョイン王国のスパイで、
しかも密入国の手助けをしていたのだ。

これは王様には内緒ね、と念を押され
アルジは複雑な気持ちでバイト先に戻るのだった。〜完〜
タグ

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます