FBSR会のページ

FBSR会について


 FBSR会は東北の音響技術者が中心となって始めた音響技術者の自己研鑽と親睦のための会である。毎回でき上がり会費制を取り他の研修会と一線を画する実践主体の大変に勉強になる会である。原則2月の初旬から中旬、音響業者が平均的にもっとも仕事が少なくなる時期を選んで現在(開始当初は山形市民会館)は福島県喜多方市の喜多方プラザ文化センターを会場に技術研修会を開催している。また、国家資格である舞台機構調整技能士(音響機構調整)の受験啓蒙も行っている。

 かくいう私も第1回目から不慮の事故による一回の不参加を除いてはすべて参加しており、多くの同業の友人知人、そして師匠を得ることが出来たと思う。

 会長は元東京音研の技術部長であり、故郷の喜多方に喜多方プラザ文化センターが開設されるのを機に帰郷・赴任した現喜多方プラザ館長 薄崇雄氏である。多くの音響機材の開発にも参加しており、その卓越した音響センスや理論的正攻法のアプローチは学ぶべき多くのものを持っていると思う。

 講師は第2回以降、レコーディング部門が尚美学園学科長(元ソニーミュージックエンターティメント)の半田健一氏、そしてPA部門がいわき芸術文化交流館 Aliosの音響チーフ(元東京音響通信研究所技術部長)の岡田辰夫氏である。

 半田健一先生は私がオーディオ小僧を始めた中学生の頃、すでにオーディオ雑誌で気を吐く卓越したレコーディングエンジニアでありました。まさかこのように親しくお話をさせていただくとは思いもしませんでした。とくにクラシック・邦楽系の収音に関しては現在の技法のスタンダードを築き上げてきた人達の一人であり、ピアニストの中村紘子氏などは半田講師が管理職業務に従事している今でも他の人の録音では納得されないと言うほどである。明解な江戸っ子言葉で切れの良い説明をされる。近年は学生を引き連れての参加です。

 岡田辰夫先生は東京音研の技術部長をされていた。つまり薄会長の後輩にあたる。いくつかの音響機器の販社をへて、現在はいわき芸術文化交流館 Aliosの音響部門のチーフをされている。今は更新を育てつつ現場を受け持ち新しい施設の気風を作りつつあるところ。教条的な音響理論を振り回すことなく、常に現場の中で出来ること、しなければ成らないことを峻厳された仕事をする方で、あたりまえの音響理論の中に潜む本質を、現場感覚の中からあぶり出される優れた嗅覚と経験を積んでおられる。世代的にも近いことから音楽的な部分でも参考になる経験談を伺うことが出来、過去ずいぶん実践で応用させていただいた。近年、仕事絡みでもお世話になることが多く、FBSR会を越えてお付き合いさせていただいている。

 さて、なんでこんなにFBSR会についてページを裂くか・・何を隠そう私も運営委員の末席を汚すようになり、FBSR会実験メーリングリストの管理などをするようにあったからである。

 SRという業は徒弟的な技術伝達が今なお多く、系統だった学習が出来る環境がそろっているとは言いかねる。また技術の蓄積並びにシェアのシステムが未熟で、なかなか共通理解の技術レベルが引き上げられるに至っていないと、幾人かの同業者と話したことがある。
 つまり、最高の技術及び感性を必要とする部分はともかく、業をなすにあたってどのみち覚えなくては成らないことなどに関しあまりに資料が不足し、また勉強のチャンスも少ないと感じたわけだ。もちろん舞台機構調整技能士(音響機構調整)という国家資格も存在するのだ、がいまだ社会的認知とまではいかなく、また受験のためのシステマチックな学習機会があるとも言いかねる。

 そこで、優れた講師陣と出会うことによって惜しげもなくシェアしていただいた技術や技法をまた、後進のために系統だってシェアできるよう蓄積していくことが私たちの務めであるように思う。

 ということで、ささやかながら、私の積み上げてきた技法を当サイトで公開し、また、FBSR会の仲間の協力ももらいつつ少しずつ技術資料の蓄積を図りたいと思う。

 FBSR会実験メーリングリストは、会員用であるため原則公開はしていない。

 FBSR会に関する問い合わせは、事務局あてメール fbsr.official@gmail.com で直接お問い合わせいただきたい。
2009年01月19日(月) 10:40:29 Modified by yasuhisa_n




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。