インタフェース/ポート操作

インターフェース/ポート操作



インタフェース/ポートを無効にする


hostname(config)#interface gi0/1 [Enter] ← 無効にしたいインタフェース/ポートを指定する;
hostname(config-if)#shutdown [Enter]        


インタフェース/ポートを有効にする(shutdownコマンドを削除する)


hostname(config)#interface gi0/1 [Enter] ← 有効にしたいインタフェース/ポートを指定する;
hostname(config-if)#no shutdown [Enter]

  • 上記のように、ある特定の設定を削除したい(取り消したい)場合は、該当設定コマンドの前に no を挿入して実行する。;


インタフェース/ポートにコメントを記述する


hostname(config)#interface gi0/1 [Enter] ← コメントを記述したいインタフェース/ポートを指定する;
hostname(config-if)#description xxxxxxxx [Enter] ← xxxxxxxxは接続先など任意のコメントを記述;



インタフェース/ポートの物理接続を確認する


hostname#show interface status [Enter]

実行例


hostname#show interface status

Port  Name   Status   Vlan   Duplex   Speed Type
Gi1/0/1  To_Gi1  connected   routed   a-full   a-1000   1000BaseTX
Gi1/0/2  To_Gi1  connected   routed   a-full   a-1000   1000BaseTX
Gi1/0/3   To_Fa0  connected    trunk   a-full  a-100    1000BaseTX
Gi1/0/4   To_Fa0  connected    trunk   a-full  a-100    1000BaseTX
Gi1/0/5   To_Gi0  connected    trunk   a-full   a-1000   1000BaseTX
(表示省略)
Gi1/0/51      disabled   1   auto  auto  Not Present
Gi1/0/52      disabled  1   auto  auto  Not Present




インタフェース/ポートのspeed/duplexを設定する


hostname(config)#interface gi0/1 [Enter] ← speed/duplexを設定するインタフェース/ポートを指定する;
hostname(config-if)#speed 1000 [Enter] ← speedを1000Mbps固定に設定する(デフォルトはAuto);
hostname(config-if)#duplex full [Enter] ← duplexを全二重固定に設定する(デフォルトはAuto);

  • RJ45とSFPどちらも使用できるポート(Catalyst2960G-48TC、Catalyst3750G-24/48TSなどの老番4ポート分)の場合は、「media-type rj45」インタフェースコンフィグレーションコマンドを事前に使用する必要がある
2008年02月06日(水) 10:33:12 Modified by ynm48538




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。