大海戦;要塞攻略戦

大海戦要塞攻略戦


※注意
長いんで、とりあえず太字部分の前後だけ気をつけてください。
構築や工作で使用する交易品やアイテム、構築&工作司令NPCの位置は 資料 へ。
こちらのページでは基本的な仕様部分について扱います。Tipsなどは 考察 へ。

※現在リリースされている公的な関連ソース
   Tierra Americana ワールドガイド第4回
   大海戦 ルール
   大海戦 FAQ

※他ワールド・他国wikiの要塞戦関連ページ
   Z - PORWiki - 要塞攻防戦

※募集したい情報
  • 王立艦隊の所属司令部に対応する指令を受けたときのボーナス?とか。
・工作時に発生すると発表されている、要塞の状態異常について。 → 攻略本に掲載


目次


【重要】アップデートやパッチにおける機能追加や仕様変更

──基本的に公式の転載
  • 2012/01/17
    • ●スペシャルスキル「要塞破壊力上昇」の効果を強化
    • ●王立艦隊の艦隊総司令部に所属しているときの要塞攻撃の効果を調整
      • 上2件は、陥落しやすすぎた要塞を陥落しにくくしすぎた問題の調整と思われる。バランス(笑)は不明。
  • 2011/12/06
    • ●大海戦の要塞に対する工作の実行可能条件を変更
      • ※耐久度が一定以上あれば工作が出来るように変更しました
      • いずれかの能力値が閾値を下回った場合、他の能力値に対する工作活動ができなくなる仕様だった
      • これを利用し、攻撃力を上げないことで工作を封殺するという方法が他ワールドで行われていたらしい。
    • ●大海戦におけるNPCの出現数を調整
      • ※「要塞の維持による勝利ポイントの加算」により、両陣営のNPCの出現数に大きな差が生じる場合の調整
  • 2011/11/08
  • 投票
    • 王立艦隊に所属しているキャラクターの大海戦への投票の重みを、階級に応じて変更
      • 対象港と連名投票ともに尉官3票、佐官4票、将官5票相当
  • 要塞
    • ●要塞攻撃(艦砲射撃)のダメージを調整し、要塞が陥落しにくくなるよう調整
    • ●要塞構築・工作活動で獲得できる大海戦戦功を調整
      • 構築は、開戦前が1、会戦中が2になったとの説。
  • 要塞の防衛と陥落
    • ●自分の陣営の要塞を維持したままその日の会戦を終了した際、勝利ポイントにボーナスを加算
      • 要塞1つにつき100ポイントが勝利ポイントに加算された状態で開戦する。
      • 陥落した要塞の分のポイントはゼロになる(ボーナスを剥奪される)。
      • 維持するとボーナスが加算されるというより、陥落すると勝利ポイントを失うと捉える方が適切。
      • 両陣営の要塞の数に差がある場合、勝利ポイントにも大差がつき、出現するNPCの陣営が開幕から偏る。
      • そこはちゃんとバランスを考えた(笑)」結果かどうかは不明ですが、とりあえずN専の方はご注意を。
      • 2011/12/06アップデートでの調整によって、問題のないレベルまで緩和された模様。
    • ●相手陣営の要塞を陥落させたことで獲得する勝利ポイントを増加
      • 30ポイントから50ポイントへ。
    • 要塞が陥落した回数に応じて、対象の街の投資禁止期間が変動するよう調整
      • 陥落した要塞が領地の場合は、主戦国・連盟国・陥落回数を問わず8日間。
      • 同盟港の場合、1回→主・連とも2日間、2回→主5日間・連3日間、3回→主8日間・連4日間
  • 構築と工作の許可取得条件の追加
    • ●工作活動、または会戦中に要塞構築の指令を受ける際に「艦隊員全てが同じ海域にいる」必要がある
      • (受令後に艦隊を解散、または艦隊員を除名すると、要塞構築や工作は行えなくなる)
  • ワールドチャット
    • ●「大海戦」チャンネルを追加
      • 主催国と連盟国を併せた陣営間でチャットが可能
      • 使用可能期間は、連盟投票終了時から大海戦終了の1時間後まで
      • 「大海戦終了の1時間後」は、3日目(通常は日曜日)の24時を指す模様。

要塞攻略戦

概要(基本的な仕様について)

  • 大海戦の会戦海域にある、攻撃国と防衛国同盟港および領地自動的に出現する
    • 連盟国の同盟港と領地にも設置される(主戦国だけではない)。
    • 参照→ 大商戦Eurosカラカス(ヴェネツィア領地)
    • 本拠地は対象外。
    • 防衛国の攻略港だけが要塞化するのではない。両陣営とも、要塞があれば互いに構築と工作が可能である。
    • プレイヤーが任意で設置するものではない(要塞の出現と構築活動は無関係)。
      • 会戦海域に同盟港や領地が存在しないため、構築か工作の出番がなくなる場合もあり得る。
      • 海域内に要塞が存在するか否かを問わず、司令NPCは両陣営とも出現する。
  • 初期状態では耐久度が低く、設備も整っていないので陥落しやすい。
  • 陥落した要塞は、当日中は構築できなくなる。また、翌日14時まで復活しない。
  • 一度陥落した要塞は、構築時に能力値が上昇しにくくなる。
    • 再構築しても、陥落状態を解消することはできない(陥落という状態異常)。
  • 敵陣営の要塞がある街でも、補給や入港は通常通り行える。
    • 攻略港の要塞を陥落させても、補給や入港が可能になるような効果はない。

【一読推奨】備蓄物資

  • とりあえず引き出すのは損。理由は 考察 で。
  • 要塞構築で提供された物資が一定量を超えると、”備蓄物資”を引き出せるようになる。
    • 具体的には[要塞構築]ウィンドウでのバーが水色で表示されているとき。
    • 大海戦クエストを受注した状態で、自陣営の街や領地の出港所役人に話しかけ、コマンドを実行する。
    • 備蓄物資は、弾薬、資材、水食料の3種があり、アイテムとして使用すると補給物資が獲得できる。
    • 3種の備蓄物資は、それぞれ1つずつ引き出すことができる。
      • 獲得できる補給物資は1個につき100。船倉の空きが100未満の場合は一杯になるまで。
    • 備蓄物資を引き出すと、対応した要塞の能力値が低下する。
    • 備蓄物資の引き出しは実時間で20時〜23時の間に1日1回まで(回数は全街共通)。

要塞の攻略方法

  • 艦砲射撃、または工作活動によって要塞を攻撃し、耐久度をゼロにする。
    • 工作では耐久をゼロにできない。※耐久度が一定値未満の場合はあらゆる工作が不能になる(はず)。
    • 大海戦クエストを受けている時、敵味方問わず、要塞が艦砲射撃を受けている場合、ログに表示される。
    • 大海戦クエストを受けている時、敵味方問わず、要塞が陥落した場合、ログに表示される。
    • 陥落しているか否かは、大海戦クエストを受けていなくても入港許可マップで確認できる。

要塞攻略のメリット

  • 要塞を1つ陥落させるごとに勝利ポイント 30 50が加算される。→2011/11/08パッチで変更
    • 失陥した側は要塞維持ボーナスを剥奪されるので、1要塞の陥落は都合150ポイントのアドバンテージとなる。
    • 要塞は一度陥落しても翌日自動的に復活するので、再度陥落させれば勝利ポイントを獲得できる。
  • 要塞があった街に対して、一定期間、要塞を失陥した側からの投資を禁止できる
    • 戦勝国であっても、自国同盟港の要塞が陥落していた場合、その港への投資は禁止される
    • 期間は、陥落回数で変化(大海戦終了日を含む)主戦国が8日間、連盟国が3日間で固定。→2011/11/08パッチで変更
      • 陥落した要塞が領地の場合は、主戦国・連盟国・回数を問わず8日間。
      • 同盟港の場合、1回→主・連とも2日間、2回→主5日間・連3日間、3回→主8日間・連4日間
      • 勝率で変化するのは「攻略対象港に対する投資禁止期間」(詳細は後述)。
  • 要塞があった街が領地だったとしても、一定期間、投資できるようになる。
    • 投資によって影響度が変動しても、領地の所属国が変わることはない。
  • 投資禁止期間の設定と、領地への投資許可については、「陥落」という状態異常に付随する効果。
    • 陥落後、翌日以降に再構築を行っても、この状態異常を回復することはできない。
  • 「攻略対象港に対する投資禁止期間」というものが、要塞陥落に対するペナルティとは別に存在する。
    • 戦勝国の勝率によって期間が変化するのはこちら。要塞陥落の方は上述の通り固定。
    • 戦闘結果が「引き分け」の場合、投資禁止期間は設定されない。
      • 本来、要塞攻略とは直接関係がない(大海戦本体の仕様)ことだが、まぎらわしいので念のため記載。

要塞に対する3つのアプローチ

※要塞構築、工作活動、要塞攻撃は、大海戦クエストを受けていれば王立艦隊に所属していなくても行える
司令部に所属している場合は、対応した活動で有利になることができる。
(ソース→http://cgi2.gamecity.ne.jp/dol/start/manual/mnl_10...
各アプローチの詳細については、後述する各項目を参照のこと。

  • 要塞構築
    • アイテムや交易品を消費することにより、自陣営の要塞の能力値を上げ、陥落しにくくする。
      • 対応する司令部は海上輸送司令部。構築を行うには、洋上の司令NPCから指令を受ける必要がある。
  • 工作活動
    • アイテムを消費することにより、敵陣営の要塞の能力値を下げ、陥落しやすくする。
      • 対応する司令部は海上輸送司令部。工作を行うには、洋上の司令NPCから指令を受ける必要がある。
  • 要塞攻撃(艦砲射撃)
    • 敵陣営の要塞を艦砲で攻撃することにより、敵陣営の要塞の耐久度を下げ、陥落に至らしめる。
      • 対応する司令部は艦隊総司令部。攻撃のみNPCなどから指令を受ける必要はない

要塞構築

概要

  • 要塞に様々な物資を提供し、攻撃力、防御力、耐久度を高める。
    • 要塞の能力値が上昇することにより、要塞が陥落しにくくなる。
    • 会戦中、敵の工作活動や艦砲射撃によって発生した損傷を回復し、陥落を阻止するのも構築の役割。
  • 大海戦クエストの達成条件のひとつとなる。
    • 会戦前(14時から20時まで)にも受注と実行が可能なので、時間的に参加しやすい。
    • 少ないながらも洋上戦をせずに戦功を得られる可能性があるため、戦闘が苦手な人向けの参戦。
      • 洋上戦を完全に回避できる保証はない(危険海域、会戦中など)。
      • 非戦キャラでの受注には注意が必要。理由は後述。
    • 対NPC専門の艦隊にも、戦功を得る機会を増やす選択肢になる。
      • 出港→N狩り→構築受令→N狩り→帰港→納品→補給→出港、というサイクルを組むと有効。
  • 構築に使用可能なアイテムの詳細は 資料 を参照のこと。

構築方法

  • 構築は大海戦クエストを受注可能な時間帯に実行できる(会戦前でも実行可能)。
  • 会戦中は会戦前より受注条件が多くなるので要注意。
  • 1回の構築で提供可能な物資はアイテムと交易品を併せて5スロット分まで。

会戦前(14時〜20時)

  • 構築の手順は以下の通り。
    • 1.大海戦クエストを受注する。
    • 2.会戦海域にいる自陣営のNPC“海上輸送司令部隊”に話し掛け、指示を受ける。
    • 3.要塞を構築したい街の出航所役人に話し掛け、[要塞構築]コマンドを実行する。
    • 4.一部の大砲や追加装甲、食料に転用可能なアイテムなどを提供する。
      • さらに構築を行いたい場合は、2から繰り返す。
  • 会戦前の構築には、船のサイズと艦隊に関する制限が課されない。
  • 危険海域の場合、会戦時間外でも海賊による襲撃が予想される。対策を講じたい。

会戦中(20時〜23時)

  • 会戦中に実行するには、洋上で単独になるか否かを問わず、艦隊を組む必要がある。
  • 会戦中に構築を行うには、会戦に参加できるサイズの船に乗る必要がある。
    • 序盤戦なら小型船、中盤戦なら中型船、終盤戦なら大型船。
  • 構築の手順は以下の通り。
    • 1.大海戦クエストを受注する。
    • 2.会戦海域にいる自陣営のNPC“海上輸送司令部隊”に話し掛け、指示を受ける。
    • (指示を受けると、国旗の左の大海戦アイコン形状が「塔と柵」に変化する)
    • 3.要塞を構築したい街の出航所役人に話し掛け、[要塞構築]コマンドを実行する。
    • 4.一部の大砲や追加装甲、食料に転用可能なアイテムなどを提供する。
      • さらに構築を行いたい場合は、2から繰り返す。
  • サイズの異なる船で編成された艦隊では指示を受注できない。
  • 連盟国以外の航海者と艦隊を組んでいる場合、構築を実行できない。
    • 「要塞構築を実行できる条件を満たしていません」とシステムメッセージが表示される。
  • あらかじめ会戦前に指示を受けてあり、構築コマンドの実行が会戦中になる場合、船のサイズは問われない。
    • 指示を受ける際の船サイズで判断されるため。
  • 司令NPC(海上輸送司令部隊)は、各会戦海域ごとに1隻出現する場合がほとんど。
    • ただし、2隻出現したり、出現しない場合もある。
    • 船型は商用大型ガレオン。

注意

  • 構築指示を受けている間は、単艦でも敵陣営から攻撃される。
    • 「単艦でも」の解釈については、構築方法の項目で記述したとおり。
      • 2011/11/08での仕様変更によって、「指示を受けた単艦」という状態は存在しなくなったと思われる。
  • 次の場合は、再度NPCから指示を受け直す必要がある。
    • 一度要塞構築を実行した場合。
    • 指示を受けた後、要塞構築を実行する前に洋上戦闘で航行不能になった場合。
    • 会戦中、指示を受けている状態で乗船のサイズを変更した場合。
  • 陥落した要塞は、当日中は構築できない。翌日14時から再構築が可能になる。
    • 陥落は状態異常と見なす。一度付与されると、再構築しても消去することはできない。
  • 非戦キャラでは基本的に構築を実行してはならない。
    • 構築を行うと大海戦クエストの達成条件を満たし、報告時に戦闘経験を獲得してしまうため。
      • 会戦終了前にクエストを破棄すれば回避できるが、うっかり忘れた日には泣くに泣けないので…。
  • 要塞の各ステータスには上限がある。(おそらく要塞構築ウィンドウのバー)
    • 上限値は、攻撃力と防御力が200、耐久度が30,000と思われる。準備する物資量の目安に。
    • 上限値を超える構築でも実行可能。ただし、超過分はプールされたりせずに消滅すると思われる。
      • 構築本来の目的では無意味だが、限られた時間内でどうしても戦功を獲得しておきたい場合などに。


工作活動

概要

  • 要塞の能力値が一定以上ある時に実行可能。
    • 会戦中に工作活動に必要なアイテムを持って、敵勢力の要塞がある街に入港すると工作が可能。
    • 工作を達成すると、要塞の能力値が減少する。
    • 能力値の高い要塞に艦砲射撃を行うと強力な反撃を受けるので、工作で弱体化させると損失を抑えられる。
      • 要塞砲のダメージについては艦砲射撃の項目に記述するが、一線級の戦闘艦以外は一撃で航行不能。
    • 工作だけで要塞を陥落させることはできないが、砲撃だけで要塞を陥落させるのは非常に困難。
      • 入念に繰り返された工作と、機に応じた砲撃が合わさって初めて陥落への道が開けると思われる。
  • 状態異常の発生率は冒険スキルに影響される。
  • 大海戦クエストの達成条件のひとつとなる。
  • 工作できない要塞は能力値が低い、あるいは低下したということになる。
    • 余裕があれば、弱い要塞、陥落間近の要塞としてアナウンスしても良いかもしれない。
  • 工作に使用可能なアイテムの詳細は 資料 を参照のこと。

工作方法

洋上で単独になるか否かを問わず、『艦隊を組んでいる必要がある』。
  • 工作は、会戦中のみ実行できる。
  • 1度の工作で使用可能なアイテムは1人1種1個。
    • 後述のコンボ(組み合わせによるボーナス)は、艦隊で行うことになる。
  • 工作の手順は以下の通り。
    • 1.大海戦クエストを受注する。
    • 2.会戦に参加できるサイズの船に乗る(序盤戦なら小型船etc.)。
    • 3.会戦海域にいる自陣営のNPC“特殊作戦司令部隊”に話し掛け、指示を受ける。
    • (指示を受けると、国旗の左の大海戦アイコン形状が「塔とツルハシ」に変化する)
    • 4.工作対象の要塞がある街に入港する。
    • 5.出港所で工作に使用するアイテムを選び、使用する。
      • さらに工作を実行したい場合は、3から繰り返す。
  • 艦隊で工作を実行することも可能。その場合、ステップ5以降は以下のように変わる。
    • 5.出港所で艦隊員が工作に使用するアイテムを選択する。
    • 6.提督が[工作準備を完了する]を選択する。
      • この場合、アイテムの組み合わせにより効果量が増加したり、要塞が状態異常に陥る。
      • さらに工作を実行したい場合は、3から繰り返す。
  • 司令NPC(特殊工作司令部隊)は各会戦海域に1隻出現する。
    • 海上輸送司令部隊の近くに出現する。
    • 船型は大型フリゲート。
    • 出現は会戦中のみ(輸送司令と異なり、会戦前には出現しない)。

注意

  • 工作指示を受けている間は、単艦でも敵陣営から攻撃される。
    • 「単艦でも」の解釈については工作方法の項目で記述した通り。
      • 2011/11/08での仕様変更によって、「指示を受けた単艦」という状態は存在しなくなったと思われる。
  • 次の場合は、再度NPCから指示を受け直す必要がある。
    • 一度工作活動を実行した場合。
    • 指示を受けた後、工作活動を実行する前に洋上戦闘で航行不能になった場合。
    • 会戦中、指示を受けている状態で乗船のサイズを変更した場合。


要塞攻撃(艦砲射撃)

概要

  • 要塞に対して艦砲射撃による攻撃を行う。
    • 主に耐久度を減少させる。攻撃力と防御力はわずかに減少する。
    • 要塞を陥落に至らしめる唯一の手段(のはず。工作は能力値が低下すると実行できないため)。

攻撃方法

艦砲射撃に対応する司令NPCは存在しない
(構築・工作と異なり、実行に際して指令などを受ける必要はない)
  • 攻撃は、会戦時間中のみ実行できる。
  • 攻撃の手順は以下の通り。
    • 1.大海戦クエストを受注する。
    • 2.会戦に参加できるサイズの船(序盤戦なら小型船etc.)に乗る。
    • 3.艦隊を組む。
    • 4.敵陣営の街から一定の距離を置いて停船する。
    • 5.要塞をターゲットすると出現する[要塞攻撃]コマンドを実行する。
      • 要塞攻撃コマンドは提督のみ表示される。
      • 艦隊メンバーは提督に追従していれば自動的に要塞攻撃に参加する。
      • 攻撃中の艦隊は、国旗の左の大海戦アイコン形状が「城門と大砲」に変化する。

注意

  • 要塞をターゲットすると、洋上戦のように交戦可能範囲のドーナツが表示される。
    • 内側(要塞側)の空白は、入港が可能になる距離と等しい。
  • 要塞攻撃は自動的に行われ、要塞からの反撃を常に受ける。
    • 要塞砲のダメージは会戦中の船のサイズによって変わる模様。
      • 細かい計算式は不明だが、攻撃力MAXの要塞砲によるダメージは小型400、中型800、大型1200±10%前後。
      • 船の装甲値などで軽減されるとは思われるが、いかんせん基本ダメージが非常に大きい。
      • 十分に強化されていなかったり、装甲が薄い船で挑むと一撃で沈む可能性が高いので要注意。
  • 要塞攻撃中は、青ゾーン(街周辺に設定される対人戦闘禁止区域)が適用されない。
    • 要塞攻撃中の艦隊に対しては、青ゾーン内でも宣戦可能ということ。それによって攻撃を妨害できる。
    • 要塞攻撃中の艦隊は、旗の左の大海戦アイコンが塔と大砲に変化する。
    • 敵艦隊との交戦中は、要塞からの攻撃は中断される。
  • 要塞攻撃に参加可能な艦隊数は5まで。既に5艦隊が攻撃を行っている場合は参加できない。


資料

※構築や工作の司令NPC出現座標履歴、使用するアイテムなどの情報。
長くなってきたので 資料 にお引っ越し。

考察

※要塞攻略戦の仕様を個人的に読み解いてみたもの。
長くなってきたので 考察 にお引っ越し。



author ; 英国初心者模擬PR
2012年01月21日(土) 11:45:56 Modified by risa2008




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。