FacebookグループTPPって何?に集まった情報をまとめるサイトです。http://ja-jp.facebook.com/groups/whatTPP/


このページの短縮URL

普通の国民がこの状況で出来ることはないのでしょうか?

最近ニュースでも頻繁に取り上げられているTPP協議参加は、メディアの各種アンケートでも、国民への説明不足だという声が圧倒的で、多くの懸念、不安が国民の間から噴出しています。
APECでの、野田総理がTPP協議参加表明については、国会議員の半数以上が、慎重・反対でした。
インターネットで話題のSNS、Facebookで生まれたグループ「TPPって何?」では、2011年10月発足以来、表題どおりTPPとは何かを参加者同士で勉強し、議論してきました。情報が足りない中、政府や各省庁から少しずつ出てくる情報や、同じような国際条約であるNAFTA(北米自由貿易協定)によって発生した数々の不具合を振り返り、このTPP条約には重大な問題点があることを参加者の多くが知りました。そこでTPP交渉参加に反対の意思を普通の国民として行動で示すために、有志が以下の活動を行ってきました。
1.緊急FAX企画「TPP交渉参加に対し反対を求める要請文」を呼びかけ、3日間で5千人余の署名を集め、その署名簿付き要請文を民主党・経済連携PTの長尾敬衆議院議員に託し、民主党経済連携PT鉢呂座長に提出。
2.代表者署名付き「国民の生活を守れなくなる」TPP参加に反対する陳情書を提出しながら、APEC直前の2011年11月9日に、衆議院議員会館にて100名以上の議員事務所へ伺い、陳情を決行。  
3.my日本さん主催のTPP反対デモや、やまと新聞さん主催TPP特集号外配布プロジェクトなどをFacebook「TPPって何?」上で告知、参加。
4.計3回行った【TPP断固阻止】ホワイトハウス宛署名企画。 
5.★TPP反対・地元国会議員事務所へ陳情に行こう!★プロジェクトは2011年12月17日より9月まで実行中!   
6.2012/5/12 TPP反対ビラ配布プロジェクト 

陳情について

請願、陳情はいずれも、憲法で保障された国民の権利です。

陳情する方の制限、陳情内容の制限は特にありません。一般国民が出来る最も有効な手段の一つです。あなたが日本全国どこにお住まいでも、一人でも空いた時間に出来ます。
お近くの地元選出の国会議員の地元事務所に出向き、秘書の方、事務所の方などに、TPP反対の署名入りの陳情書を持参し、TPP反対の旨、お伝えするという行動です。

※社会の基本ルール遵守を怠ったり、真心の儀礼を欠くと、逆効果になる恐れがあります。 ただし難しいノウハウはいりません。当たり前の常識・行動で結構です。

 この行動によって、最終目標は国会にて、TPP批准反対法案の可決を目指します。 国会で否定されれば、政府はTPPを進めようがありません。

この陳情プロジェクトは、
Facebook「TPPって何?」主催、mixi「TPP参加に反対します!」共催による合同プロジェクトとします。

私たちの用意した陳情書は、
著名な気鋭の経済評論家 廣宮孝信氏監修のオリジナルの陳情書です。著作権はSNS-FreeJapanにあり、陳情プロジェクトでの使用許可をいただいています。
上記の理由により、内容の改変、転載は禁止とさせていただきます。

このプロジェクトは、2012年12月17日より、2012年9月末の期間とします。このプロジェクトは、皆さんのお力が必要です。そして、プロジェクトがもたらす効果が、絶大なものになるよう、ご協力お願いします。

★TPP反対・地元国会議員事務所へ陳情に行こう!★プロジェクト 訪問マニュアル

本プロジェクトの陳情は、次の手順で行って下さい。読んだ上で、不明点・不安があるという方は、本ウィキの掲示板でご質問いただければ更に詳しく説明します。

【事前準備】

・本ページ、wiki「TPPって何?」(以下ウィキと略します)の訪問マニュアル、陳情書、FAQのセットを印刷するなどして事前によく読んで下さい。

・次のURLから、陳情書本体、陳情書署名簿 のPDFファイルをあなたのPCにダウンロードして、必要枚数を印刷して下さい。
 陳情書本体)http://sns-freejapan.jp/date/chinjou-TPP.pdf
 陳情書署名簿)http://sns-freejapan.jp/date/chinjou-TPP11.pdf

・陳情書の代表署名欄に、訪問するあなたが自筆署名をして下さい。
 なお、代表者署名欄のあなたの署名だけでも陳情が成立します。より多くの方の署名をいただいた方が効果的です。
 署名は自筆にして下さい。 コピーは法律上効力がないそうです。

・署名簿の取り扱いに注意して下さい。 【重要】本目的以外の使用は署名者本人の了解が無い限り、禁止とします。
 直筆署名の原本提出ですので、コピーは取らず、個人情報の取り扱いになりますので、提出までいつも持ち歩くなど、充分注意して下さい。

・地元国会議員については、『http://senkyomae.com/pref.htm』や、議員の公式サイトで確認、政治理念、訪問先住所、電話番号を確認下さい。

・あなたが訪問できる日、時間の候補を決めて下さい。

・訪問する国会議員のかたが、本プロジェクトメンバーが既に訪問していないか、ウィキの国会議員一覧表、及びこのページのコメント欄で確認願います。
 □衆議院議員一覧表短縮URL http://jump.cx/syuugiin
 □参議院議員一覧表短縮URL http://jump.cx/sangiin

・訪問していないのを確認したら、あなたのハンドル名、訪問する国会議員の名前、事務所住所、大まかにいつ頃いくか?
 をこのページのコメント欄に書き込むか、専用メールアドレス、notpp2011@g-mail.comにメール下さい。(これを、事前表明と称します。)

・個人情報の取り扱いには十分注意します。要望があればメールに一言沿えて下さい。

・国会議員地元事務所へ電話。
 「こんにちは。○×市に住む□□□というものです。先生のご活躍を願い、日頃より応援しています。
  実は陳情書を持参して、先生に陳情したいのですが。
  秘書の方でも結構です。事務所にお邪魔します。 10分〜30分のお時間いただくと思います。
  ○日、×日、□日の午後(午前)のいづれかで、ご都合よろしい時間ございますか?」

・おそらく陳情内容聞かれるので、そのときの受け答え例。
 「はい、陳情内容は、TPP反対の件です。私は普通の会社員(主婦、学生など職業などを言う)ですが、
  ネットのフェイスブック(または)で、陳情プロジェクトを知りまして、主旨に賛同して、陳情に伺おうと思った次第です。」

・アポが取れた時点で
 このページのコメント欄に、陳情する訪問日時を書き込む。その日に行ける参加者を募る。
 後は参加者同士でコメント欄上でやりとりして下さい。
 ※事務所前で時間を決めて待ち合わせする、遅れたときの連絡先、連絡方法等。

【訪問当日】

・服 装    少しフォーマル、スーツじゃなくても構いませんが、ジャケットなどが望ましいと思います。
・訪問時間   約束時間の5分前に事務所に入りましょう。
・滞在時間   最大で30分を心がけて下さい。
・持参する物  1.陳情書(代表者にあなたの名前を記入)
        2.陳情書署名簿(署名が一人の場合はなくても可)
        3.議員事務所への手みやげは禁止とします。
・話題     TPP反対、世間話以外の陳情めいた話題は避けて下さい。このTPP反対陳情プロジェクト全体に影響します。
        皆さん、未来の日本のために、無償で動いてくれています。
        TPP反対陳情プロジェクトに、他の思惑がある、他の団体が影にいるなどという評判が立つと、全国的に、全て台無しになります。くれぐれもお願いします。
・切り出し方  国民の権利ですので、堂々と。
        ◎社会人の方は、ご自分の名刺を10枚程度用意します。
        ◎学生、主婦の方など、名刺がない方は、アポを取る際に、共通の知人がいる、住所を細かく伝えるなど、詳しく名乗れば問題ありません。

 「はじめまして。○×市に住む、○○○に勤務する会社員の□□□です。
  実は、フェイスブック(又はミクシー)で、TPPについて議論するコミュニティで議論していて、内容を知れば知るほど大変な問題だと危機感を感じました。
  そこで、経済評論家の廣宮さんの論考をまとめた陳情書を持って、地元の国会議員さんに陳情しよう、というプロジェクトがあるのをコミュニティで知り、陳情にお邪魔した次第です。」

・帰り際「本日は時間をとっていただきありがとうございました。先生にも宜しくお伝え下さい。」
 と礼をよく言って、退出して下さい。

・必ず聞いてくること
 対応していただいた方に、議員は、TPPについてどういう意見を持っているか。賛成/反対/慎重を選んでもらって下さい。
 またその理由、TPPに関する特筆する実績もあれば聞いて下さい。

・雑談で様々な面白い話が聞けるかも知れません。行った分だけ、気づきや人脈が築けます。
 自分の支持政党以外でもかまいません。
 全国会議員対象です。 ※自分の選挙区全て回らなくても結構です。

・陳情書内容は、経済評論家の廣宮氏が作成、陳情書制作はSNS-FreeJapanで、著作権があります。切り張りなど改変したりブログなどに内容転載は出来ません。

【行ったあと】

・このページのコメント欄、またはメールnotpp2011@g-mail.comにて、賛成反対慎重、TPPの特筆すべき活動、訪問感想などを、アップして下さい。
 自分と意見の違う議員事務所を訪問した際のコメントも、誹謗・中傷の類に当たるような乱暴は発言はお控えください。
 どうしても気持ちが収まらない場合は、専用メールnotpp2011@g-mail.com宛にメールをお願いします。情報を共有させてください。


お疲れさまでした。

Facebook「TPPって何?」    http://www.facebook.com/groups/whatTPP/
mixi「TPP参加に反対します」  http://mixi.jp/view_community.pl?id=5463557

よくある質問(FAQ

陳情とは?

国(中央)や地方の公的機関、または政治家などに、実情を訴えて、何かを依頼したり要望したりすることすべてを言います。
特に定められたルールや書式などはありません。極端な例をあげれば、偶然議員さんと町で出会ったときに、政治についてちょっとした意見を伝えるだけでも陳情になります。
一般に、組合などの団体が国会開催中に議員会館を訪れ、政策などについて要望を伝えることがよく知られていますが、陳情は個人で行うことも可能で、議員の地方事務所へ陳情することも可能です。

地元の国会議員が判らない?

自分の選挙区が何所かは、以下のサイトで調べることができます。
選挙前.com http://senkyomae.com/pref.htm
政治家個人の簡単な政治理念もこのサイトで知ることができます。

陳情するための条件ってあるの?

陳情する議員と、同じ選挙区でなくてもかまいません。しかし、同じ選挙区の方が、地元陳情という事で親しみをもたれる事があります。陳情するかたの、年齢制限、国籍制限はありません。

訪問時の服装は?

男性はスーツでなければならないとは限りませんが、普段よりちょっとフォーマルでお願いします。

手みやげは必要?

本プロジェクトでは、手みやげ等禁止とします。

陳情して、後でにらまれない?

心配ありません。国会議員の方は普段から様々な団体、有権者からの様々な陳情を受けています。
社会人としての礼儀、言葉使い、相手へのリスペクトを忘れない態度であれば、例え陳情の内容が議員の政治理念と違っても、問題ありません。

国会議員の地元事務所がわかりません。

議員個人の公式ホームページには必ず記載されていますので、参照下さい。
(わからないときは、このページのコメント欄またはメールにてシェアして下さい。)

陳情書の署名欄は、コピーでも可能?

陳情書に添付する署名欄は、全て自筆でお願いします。
複数の国会議員(衆議院、参議院、比例区)の方に提出する場合、それぞれ署名をもらって下さい。

もし国会議員が地元入りされて、会って行かれますかと言われたら?

30分以内を目安に、長居は極力避けて、簡潔に伝えましょう。
TPP以外の陳情は一切禁止です。
討論をしに行くのではありません。こちらの意思を伝えることが重要です。

ぞんざいに扱われませんか?

憲法で定められている権利ですので、議員が陳情書を読まずに捨てることはありません。
地元秘書以外の事務員の方や留守番の方だと、状況が良くわかっていない場合があります。
その場合も含めて、どういう状況だったかこのページのコメント欄でシェアしましょう。(メールnotpp2011@g-mail.comにて個別に報告いただいても結構です)

国会議員のTPPへの態度を伺いたい?

TPPに対して賛成・反対・慎重 どれかを率直に聞いて下さい。時間があれば、TPPに対する取り組み活動をうかがって見ましょう。態度表明が無いようでしたら、その旨このページのコメント欄、またはメールnotpp2011@g-mail.comでシェアして下さい。それもまた貴重なデータになります。

地元議員に、既に同じ陳情書を持って訪問した人がいたと言われたら?

(応答例)
リーダーのいる組織だった運動ではなく、ネットの呼びかけに、個人が共鳴して参加している為に、ネット上の掲示板で確認し、気をつけてはいたが、だぶってしまい煩わせてすみません。私たちはお互い知りませんが、私たち(わたし)と同じようにネットで知り、訪問してきたんだと思います。もし、ネットのルールを無視してこられたのなら問題ですので、差し支えない範囲で結構ですが、その方々はTPP反対以外に陳情されましたか?

※他にも同じ様な陳情グループがあるかも知れないので、誤解がないか確認して下さい。
 その場合は、資料が違うのでわかると思いますが・・・


拡散文

以下の文章は、参加コミュや自分の日記(mixi)、ウォールや参加グループ、Facebookページ(Facebook)、その他ブログなどにコピー&張り付けして下さい。
  
====================< キ リ ト リ >====================
Facebook「TPPって何?」 mixi「TPP参加に反対します!」による合同企画
★TPP反対・地元国会議員事務所へ陳情に行こう!★プロジェクト<http://jump.cx/notpp>

【TPP阻止はまだ間に合う】

Facebookで2011年10月に生まれたグループ「TPPって何?」では、TPPとは何かを勉強し、議論してきました。
このTPPに重大な問題点があることを知った有志により発足した、
【TPP断固阻止】ホワイトハウス宛署名プロジェクト<http://jump.cx/whitehouse>に加え、
★TPP反対・地元国会議員事務所へ陳情に行こう!★プロジェクト<http://jump.cx/notpp>を、2011年12月、発足しました。
私たちが用意した陳情書は、著名な気鋭の経済評論家 廣宮孝信氏監修のオリジナルの陳情書です。著作権はSNS-FreeJapanにあり、本陳情プロジェクトのみ使用できます。
プロジェクト終了期限は2012年4月末日に設定しましたが、TPPの締結は晩夏〜秋を予定していますので、締結前の国会決議まで、充分間に合います。

【陳情とは?、その効果】

陳情とは、国(中央)や政党、国会議員に、実情を訴えて、何かを依頼したり要望したりすることをいいます。国民は誰でも陳情できる権利を有し、陳情は一人でも可能です。
といっても永田町まで陳情に行かなくてもよいのです。
あなたのお住まいの地元国会議員事務所へ、わずかな時間で(訪問時間30分)、署名付き陳情書を携えて陳情に行くこと、それを全国で行うことで、大きな効果を生み出します。
陳情受けた議員は、賛成反対にかかわらず、陳情書の内容を知っているという前提になります。これでTPP問題の核心に近づくことが出来ます。
この地元陳情作戦に、あなたも参加してみませんか?

【三橋貴明氏ブログから】

(引用)最も効果的だったのは、国民一人ひとりが「地元の政治家」にコンタクトを取り、TPPの危険性を訴えることではないかと思います。政治家にとって、地元の有権者からの声ほど影響を受けるものはありません。(引用終わり)

【陳情方法】

1.「TPPって何?」まとめウィキ 陳情プロジェクト公式ページ<http://jump.cx/notpp>(以下、陳情公式ページ)をよく読む。
2.訪問表明、報告、一緒に陳情いくひと募集は、陳情公式ページのコメント欄にて必ずシェアする。
  (事情がある方はメールnotpp2011@g-mail.comでも結構です)
3.地元の国会議員事務所に電話し、訪問日時のアポイントをとる。
4.陳情公式ページに示す陳情文をダウンロードし、印刷する。
5.陳情文の陳情代表者欄に、訪問代表者が直筆で署名する。
6.国会議員の地元秘書(又は事務員)に陳情書を直接渡して誠意を持って説明する。

☆TPPって何?まとめウィキURL    http://w.livedoor.jp/whattpp/
☆Facebook「TPPって何?」     http://www.facebook.com/groups/whatTPP/
☆mixi「TPP参加に反対します」    http://mixi.jp/view_community.pl?id=5463557

====================< キ リ ト リ >====================



三橋貴明氏ブログより


http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-110780036...
(引用)最も効果的だったのは、国民一人ひとりが「地元の政治家」にコンタクトを取り、TPPの危険性を訴えることではないかと思います。政治家にとって、地元の有権者からの声ほど影響を受けるものはありません。(引用終わり)

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-110982355...
(引用)彼らとの「議論」を一般の日本国民に見せることが、極めて重要になります。そして、同時に皆様はご地元の政治家(民主党でも可)に、是非、ご自身の意見を送ってください。(引用終わり)

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-111005429...
(引用)具体的には、日本国民一人ひとりが「地元の」国会議員、すなわち、皆様の代議士のところに行くなり、あるいは電話やFAX、メールでも構いませんので、「有権者」として消費税に反対する旨を伝えることです。何しろ、現在の日本が消費税をアップした日には、間違いなく名目GDPが下がり、税収は減ります。すなわち、財政が悪化することになるのです。
 TPPに反対しているある民主党議員の方が、
「自分の手元にTPP反対のFAXが3000通以上も来た。私は、そのFAXの束を『武器』にして戦った。今後も戦う」
 と仰っていました。政治家にとって、リアルな「国民の声」ほど「武器」になるものはないのです。
 結局のところ、現在の日本の混迷は、日本国民が「政治」を忘れ、「政治」を甘く見た結果、生じているのです。政治とは、実のところ恐るべしパワーを持ち合わせています。そうであるならば、なおのこと日本の主権者たる国民一人一人が、政治を「自分たちのために」用いるように自ら動かなければならないのです。まさしくそれこそが、国民主権の国である日本の有権者、すなわち主権者一人一人の「義務」なのです。(引用終わり)

★この、ある民主党議員の方とは、長尾たかし議員です。そして、3000通以上のFAXは、私たち、Facebook「TPPって何?」グループが中心となって行いました。
 1.緊急FAX企画「TPP交渉参加に対し反対を求める要請文」を呼びかけ、3日間で5千人余の署名を集め、その署名簿付き要請文を民主党・経済連携PTの長尾敬衆議院議員に託し、民主党経済連携PT鉢呂座長に提出しました。
タグ

このページへのコメント

iOYDps I appreciate you sharing this blog article.Thanks Again. Awesome.

Posted by stunning seo guys 2014年01月21日(火) 04:50:22

n8saHi Major thankies for the article.Really looking forward to read more. Fantastic.

Posted by check it out 2014年01月20日(月) 06:18:35

つづき
年末から、がんばってきた署名運動、陳情ここでやっとできたので、少しすっきりしました。
とにかく民主党の対応すべてにおいて、こんな地方の陳情さえ、オープンでないので、とんだとばっちりを受けました。
陳情のとき、政治的背景や組織のことを聞かれましたがただ、インターネットで市民が横につながっているだけですという返答しました。これだけネットで盛り上がっているのを秘書さんはピンとこないようでした。これからも連携してがんばりましょう。

Posted by 三重のお花畑の住人 2012年04月19日(木) 15:35:11

陳情行ってきました。選挙区にTPP反対議員がいないので、三重支部のまとめ役議員の秘書さんに話を聞いてもらいました。朝一番で時間をとって下さり、1時間も話しました。自民党はTPPのことよくわかっているので話が早かったです。TPPに至る背景、米国と日本の関係など、踏み込んで解説もしていただき、有意義な時間でした。民主党選挙区の議員は、嘆願書の係りは別の人とたらいまわしにされ、その係りも、民主党の書式をダウンロードして出せと言われたので、混乱してしまい、おまけにトロイの木馬に感染してしまいPCがダウンして、今まであつめたTPPのリンクや私的な写真など復元不能になってしまいました

Posted by 三重のお花畑の住人 2012年04月19日(木) 15:29:32

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます