闇金・ヤミ金とは、法律の外で貸金を行う業者の総称です。闇金・ヤミ金の実態を知り、ヤミ金被害から脱出するための解決策をさぐりましょう。




ヤミ金とは


ヤミ金とは、法外な利息を要求する悪質で違法な金融業者のことです。金貨金融やクレジットカード現金化をはじめ、その手口は巧妙化しています。ヤミ金業者には貸金業として登録をしている者もいますが、闇金の名を表すように登録していない者も数多くいます。

ヤミ金業者は、破産手続をした人や多重債務者のような、もうこれ以上は消費者金融等から借入ができないような人をターゲットにしています。ダイレクトメールや雑誌広告などで、低利、無担保で誰にでも融資するという宣伝をし、電話をすればお金を貸してくれるという利便性の高さを謳っています。

また、主に電機メーカー、自動車メーカー、都市銀行などの大手企業や上場企業に酷似した商号やロゴを使用し、あたかもグループ会社であるかのように詐称し、「○○のグループ会社なら安心」と誤認させ、営業するのが手口です。実際には、これらの企業とは全く無関係です。

しかし、その実体は、5万円ほどを貸し付け、毎週、1〜2万円という高利な利息を支払わせるというものです。それも脅迫、恐喝の手段を用い、時には関係のない債務者の周囲の人まで巻き込んで支払いを強要し、わずかな期間に元金の10倍、20倍という金額を支払わされることになり、いつまで返済しても元金は減らないというもので、年利にすると1,000%以上という途方もない高利の金銭消費貸借です。

出資法(平成22年(2010年)6月に貸金業法等の改正が完全施行)により20%以上の利息は禁止されており、刑事罰の対象となるため、本来ならヤミ金業者全員が逮捕されてもおかしくありません。

ヤミ金業者の手口

ヤミ金業者が、支払能力の無い破産した人や多重債務者を狙う理由は、貸したお金の回収には自信があるからです。ヤミ金は、法律を守って貸金業をやっている業者とは違い、貸したお金の回収には手段を選びません。

ヤミ金業者は、債務者の弱みをよく理解しているため、債務者が一番困る方法を行ってきます。
ヤミ金から借り入れた本人ではなく、その本人の家族や友人、近所の住民、会社の人間など、周りの人々に迷惑がかかるように嫌がらせ・迷惑行為を行ってきます。

なぜなら、多くの人にとって、自分が返済しないことで他人に迷惑が及ぶことは一番避けたいと考えるからです。

そして、ヤミ金から融資を受けた人は、他者に迷惑をかけないようにとお金を工面し支払うことになるのです。



















.
タグ

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

闇金業者一覧

闇金融関連用語集

AD


ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

メンバーのみ編集できます