闇金・ヤミ金とは、法律の外で貸金を行う業者の総称です。闇金・ヤミ金の実態を知り、ヤミ金被害から脱出するための解決策をさぐりましょう。




ヤミ金の摘発状況


ヤミ金融事犯の取り締まり状況 (2003年〜2008年)
2003年2004年2005年2006年2007年2008年
検挙事件数556432339323484437
検挙人数1,246919706710995860
被害人数321,841279,389173.399154,511148,543141,394
被害額等322億3639万348億2775万237億7804万199億7536万303億8998万293億3378万


上記の表は、ヤミ金に対する2003年〜2008年までの過去6年間の資料ですが、およそ毎年400件前後の摘発状況となっています。
全国で1日あたり、約1、2件の摘発が行われていることになります。

ヤミ金の被害者数は、検挙数に比べて明らかに多いです。
被害人数を検挙数で割れば、約400人前後になりますので、1つのヤミ金から約400人の被害者がいる計算になります。

2008年のデータを元に被害額を平均すれば、293億÷14万1千人となり、一人当たりの被害額は約20万円となります。


これらのヤミ金被害をまとめると、
  • 被害人数は約400人
  • 1業者あたりの被害総額は6700万円
  • 一人当たりの被害金額は約20万円
となります。

闇金業者 検挙状況(2008年度)

以下の表が、検挙に至ったかの内訳を表したものです。

事犯事件数検挙人数被害人数被害額等
無登録(高金利)25049889,866116億6180万
無登録(高金利以外)59974,43813億3411万
高金利(登録あり)8920745,698161億9791万
その他39631,3921億3995万
総数437860141,394293億3378万


この表を見ると、高金利で摘発されている無登録業者が約6割と、もっとも多いことが分かります。
次に多いのが、全体の約2割を占める、登録あり(一般の消費者金融業)の高金利です。
無登録・登録ありの両方をあわせた、高金利で摘発された事件は約8割となり、ヤミ金 = 高金利の金貸しというのは、やはり実情のようです。

それ以外の事件はどのようなものかというと、書面の不交付、取立て行為の規制などの貸金業法違反、詐欺、恐喝等が挙げられます。



















.

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

闇金業者一覧

闇金融関連用語集

AD


ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

メンバーのみ編集できます