闇金・ヤミ金とは、法律の外で貸金を行う業者の総称です。闇金・ヤミ金の実態を知り、ヤミ金被害から脱出するための解決策をさぐりましょう。




ヤミ金を利用してしまったら


ヤミ金に手を出してしまい、彼らと手を切るには専門家(弁護士、司法書士)に手伝ってもらうほかはありません。
しかし、専門家にお願いして全て任せておけば勝手に解決してくれるというものではありません。解決するのは利用者自信ですので、まず自分がヤミ金と闘うという覚悟が必要になります。

そして、ヤミ金に対し、どんなことがあっても今後は支払を拒絶するという固い決意がなければ、根本的な問題は解決しません。闇金の請求に対して、はっきりと「もう支払はしません。」と断る勇気を持って、自分自身で闇金業者と対峙することができれば専門家もバックアップしてくれます。

そもそも、ヤミ金との金銭消費貸借契約は違法な超高利息を定めた契約であり不法行為なので、借りた金額を一銭も返さなくても闇金は返還請求できないのです。そのため、専門家は、闇金業者に対し、電話あるいは内容証明等で「以後支払は致しません。請求が有れば裁判で請求して下さい。」というような内容を通知します。この専門家が介入した通知により9割の闇金業者は請求をしてこなくなります。

しかし、残り1割のさらに悪質な闇金業者は、それでも違法な取立を止ることはありません。
この様な場合はすぐに警察に被害届、または告訴状を提出し、闇金業者と闘わなければいけません。

電話があっても「弁護士に任せています。」とか、「違法な金利は払いません。払えというなら告訴します。連絡も二度としないで下さい。」といって一方的に電話を切りましょう。メールも完全に無視してください。可能であれば、ヤミ金に知られてしまった電話番号やメールアドレス、口座番号も変更しましょう。そのような対応をして大丈夫かと心配される方もいらっしゃるでしょうが、ヤミ金業者の行為は違法行為です。毅然とした態度をとらないと、どんどん付け込まれてしまい、もっと大変な目に遭うことになります。

また、本人だけでなく悪質な闇金業者から親、兄弟、会社等に対し、執拗な電話攻撃がありますが、これに対しても屈したのではいつまでたってもヤミ金と手を切ることは出来ません。親、兄弟、会社等にはきちんと現状を説明した上で、協力をお願いし、闇金業者が電話料金の無駄だと思い諦めるまで引き下がらないようにしましょう。色々なことを言って脅してきますが、実際に実行した闇金業者はいません。彼らが行うのは言葉の暴力だけなのです。
闇金業者にしても数万円のことで警察に逮捕されるのは馬鹿らしいので、リスクを考えてよほどのことはしません。


闇金業者には、くれぐれも個人で対応するのではなく、闇金の対処に長けた闇金業者に依頼することが、問題解決の近道です。
いち早い対応で被害金が返ってくる可能性があります。ただし、期間内に申請をする必要があるので注意してください。


















.
タグ

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

闇金業者一覧

闇金融関連用語集

AD


ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

メンバーのみ編集できます