クロスメディア企画「横町ファンタジア」についての公式まとめWikiです。企画の内容についてぽつぽつとまとめていきます。ご質問はQ&Aのコメントからよろしくお願い致します。

【辰ノ杜町の人々】


辰ノ杜町に住む人間たちは商店街周辺、駅近郊と生活圏が分かれている。
商店街周辺に住んでいる人間たちは特異な力を持つファンタジックたちを、同じ人間として暖かく迎えており、
町内会、デミウルゴス別け隔てなく、手を取り合って生きていきたいと考えている者がほとんど。
また、商店街には多様な店があり、ファンタジックが経営していたり、人間と共同で切り盛りをしている商店などもある。

一方で、駅近郊に住む人間たちは、県外から移住してきた者たちが多い。
そのため、ファンタジックと共存し、辰ノ杜町を盛りたてるという意識はさほどなく、ファンタジックを利用したいと考えている者も多少いるほど。
(無闇に波風を立てようとはしていない)
また、蠱ぅ療両事と取引している会社などもあって、駅周辺は発展(特に近頃は蠱ぅ療両事の影響で凄まじく)しているが、
商店街と手を取り合おうという意識は、今のところない様子。

【辰ノ杜町以外の人々】


辰ノ杜の外でファンタジックという存在が認知されるようになったのは、40年ほど前に起きた、ある出来事からであった。
日本人も全体として、ファンタジックが特異な存在であることは理解しており、「好奇心を抱く者」、「警戒心を抱く者」、
「わざと気にしないようにしている者」などが様々にいる。
残念ながら、辰ノ杜の者達よりも、多少、ファンタジック達への偏見がある。

【国外の人々】


海外でファンタジックが転生することは、(何故か)全く確認がされていない、そのため、ファンタジック達を正しく理解している者もわずかであることが現状。
人外としての特徴が大きな者たちが海外に出てしまうことは、いまだ危険であり、町長たちは海外への渡航の自粛をファンタジック達に願っている。
だが、知識欲が高いファンタジックはどうにかして海外へ出ようとしているようだ。
ファンタジックを海外に渡航させるために手引きをしている存在がいるとかいないとか…そのような噂も、また存在している。

【ピリオズに興味を持つ事が出来る人間たち】


ピリオズは本来、創作世界からの転生者であるファンタジックにしか興味を持たれない存在である。
しかし、そのピリオズ達を正しく認識し、興味を持つ事が出来る人間たちがいる、という噂がある。
詳細は■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です