さかのぼること400年江戸時代 吉原遊郭の誕生から現代の吉原 特殊浴場 通称ソープランド街へ至る謎深き快楽の園のバックグラウンドに迫る。

吉原遊郭Wikiにようこそ!

吉原遊郭Wikiは、吉原の特殊浴場(ソープランド)におけるプレイ内容以外の側面にスポットを当てたコンテンツです。
構成としては、まず沿革にて歴史地理を軽くさらった後、映像書籍伝統芸能といったメディア作品の紹介を通してさまざまに描かれる吉原の表情に触れ、それから一種不可思議さを伴う領域である吉原遊郭の人間模様(遊女、遊郭の構造、商売)、そして幾多の愛欲が渦を巻く吉原ならではの事件記録江戸時代明治以降)を時代ごとに振り返るという流れを取ります。

新着更新情報

項目のご案内

吉原遊郭Wikiのサイドバー構成について解説します。
吉原遊郭の沿革
  • 歴史:江戸時代に産声を上げた後、さまざまな変遷を経て現代に至るまでを年表形式で振り返ります。
  • 地理:現在「吉原」という行政上の地名が存在せず、住宅街の一角にて軒を連ねている秘密を探ります。
吉原遊郭の構造
  • 遊女:遊郭の華、遊女。その呼び名から階級、境遇、一生までに触れます。
  • 妓楼:遊郭のメインステージ、妓楼。その物理的な構造から働く人々までを分析します。
  • 各種商売:登楼する際のガイド役となる引手茶屋をはじめ、遊郭の陰で暗躍する商売などを解説。
メディアから見る吉原遊郭
吉原遊郭を舞台に描かれた、各メディア作品を紹介します。
  • 映像:今に蘇る吉原遊郭の神秘。豪華絢爛、魑魅魍魎の迫力の映像美。
  • 書籍:小説や解説書など過去から現在までの吉原を題材とした書籍の紹介。
  • 伝統芸能:歌舞伎、落語など吉原遊郭を題材にした伝統芸能を紹介します。
吉原遊郭事件簿
吉原遊郭にて発生した事件を江戸時代明治以降に分けて紹介します。

吉原の謎

いまや日本一の特殊浴場街として大いに名を馳せている吉原。江戸幕府成立間もない1617年に誕生したという長い歴史もさることながら、その背景には世間一般が思い浮かべる風俗業界とは一線を画した“謎”が秘められています。
  • なぜ交通の不便な陸の孤島にあるのか?
  • なぜ鉄道の吉原駅が存在しないのか?
  • なぜ周りに歓楽街が存在しないのか?
  • なぜ管轄が警察ではなく保健所なのか?
といったように、明らかに集客に不利と思われる事象が積み重なっていながらも成立しているのが吉原なのです。吉原遊郭Wikiでは、吉原の本質を暴いていくことでこれらの“謎”に迫り、徐々に外堀を埋めていくスタンスで真相へとアプローチしていきたいと思います。

吉原遊郭Wikiを立ち上げた経緯

「特殊浴場」という響きからは、一般的なファッションヘルスでは味わうことのできない超絶テクニックのほかに、10万円近い高額料金であったり国賓並みの接客姿勢が連想されます。吉原関連の各ポータルサイトもこうした面を追い求める傾向があり、各店舗の入浴料や総額料金をはじめ、エリア内マップ、注目コンパニオンの出勤状況、グラビアといった卑近な情報のみが掲載されており、最終的には店舗のバナーを通してオフィシャルホームページにリンクを飛ばすものがほとんど。好意的なサイトとして、用語集やプレイ前の心構えといったうんちくを提供するものがあるくらいです。
こうしたポータルサイトの意義として、格安店から高級店に分類された料金帯カテゴリやロケーション、AV嬢の有無などの情報を得られることで、店舗探しをする上での一助となるということが挙げられるでしょう。たしかに、それはそれでポータルサイトとしての本来の役割を果たしており、通い慣れた常連客にとっては各店舗を比較対象できる格好のコンテンツとなっておりますが、初心者、特に特殊浴場の「と」の字も知らない人にとって親切とは言いがたい構成であることに変わりありません。「特殊浴場のことはよく知らない。でも存分に楽しみたい」と言う方なら、まずは自らの知識を掘り下げようとするのではないでしょうか。
かく言う管理人自身も、特殊浴場に行ったことはないのはもちろん、それに関する知識はほぼ皆無です。そこで、吉原エリアで覇を競い合っている各店舗の詳細はポータルサイトやオフィシャルホームページに譲ることとし、特殊浴場自体の成り立ちや実態、派生事象などを調査し編纂することで認識を深め、以後のお遊びが何倍も楽めるものとすべくこの吉原遊郭Wikiを立ち上げました。レコードで言うところのB面的なトリビアに迫るという切り口ではありますが、これを機に吉原特殊浴場に対して少しでも距離を縮めてくれたなら、管理人としてこれに勝る喜びはありません。

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

吉原遊郭事件簿

おすすめ作品

吉原ものの金字塔。これを見ずして吉原遊郭を語るべからず。



リアリティーは敢えて追及せずビジュアル面を楽みましょう。



知識は問わずに世界観に浸れる、ミステリー構成の妙は圧巻。



概論としても細部を知るための資料としても必読の入門書。



引手茶屋「松葉屋」の女将であった筆者が綴る衝撃の証言集。


メンバーのみ編集できます