主に5ちゃんねる(アニメ2板・難民板・数字板)にて ユーリ!!! on ice の公式関係者への凸撃を奨励し、関係企業や制作会社に向けメールや電話を繰り返す一部過激派。彼女らのこれまでの言動・行動のまとめ 詳しくはトップページを参照してください。Extremists are those who are attacking official affiliates of "Yuri !!! on ICE" by Twitter's reply and e-mail.Please read about "top page", "background", "official is wrong?" about them.

こちらは2ちゃんねる(現:5ちゃんねる-アニメ2板・難民板・数字板)などで ユーリ!!! on ice の公式関係者への誹謗中傷を繰り返し、関連企業や制作会社、またはTwitterの公式アカウントに凸撃を繰り返す一部過激派のこれまでの言動・行動をまとめたwikiです。

They are attacking the official to say that Yuri Katsuki has been wronged.

We call them, "extremists".

過激派の基本的なスタンスは
・自分たちは言論統制の被害者である
・自分たちは「消費者」であるので、ヴィク勇、特に勝生勇利が優遇されるまでどんな誹謗中傷をしてもかまわない
主にこの二つです。これを念頭に入れておくと彼女たちの過激な行動も理解できないまでも、何を原理としているかはわかるだろうと思われます。

The basic mental of extremists
· They regard themselves as victims of speech control.
· Because they are "consumers", they believes that there is the right to attack the official until they use the preferential treatment of Viku-Yu, especially Yuri Katsuki.
These are mainly two of them. With this in mind, you can understand what they are doing in principle, even though you can not understand extreme behavior.

【9月末現在】これまで、過激派は自分たちの凸撃行為を「熱意ある善良なファンの公式に対する意見や改善要求」と定義づけてきました。
しかし、ここへ来てその凸撃が自分たちの偏愛する「ヴィクトル×勇利」を公式に承認させ、コントロールするための「攻撃」であることを隠さなくなっています。
現在、映像版権元企業と作品コラボ先企業が攻撃の矛先となっており、個人的な嗜好よる理不尽な批判メールが横行しているようです。




↑過激派スレとTwitterアカウントのツイートより。最大の攻撃対象は映像版権元(過激派は「べ糞」と呼んでいる)であり、自分たち(「ワラビー」というのはここでは過激派のこと)が偏愛する「銀黒=ヴィク勇」のために、逆CPである「黒銀=勇ヴィク」っぽく見える絵柄のグッズ展開をした企業(過激派が「プレカス」と呼んでいる企業)を叩くと話し合う。グッズ販売元企業に関して言えば、実際は過激派の偏った目にそう見えるというだけ。
詳細は
「今後先回りしてコラボ先に凸」という過激派の方針【動向】
新作スマホケースへの反応
をご参照ください。

※このまとめは、その性質上、主に2ちゃんねるとTwitter公式アカウントへの凸撃・企業各社へのクレームメールの関連性を主軸にまとめています。そのせいか、8月現在各関連スレッドには大量のコピペ等の荒らしが出没しています。ご容赦ください。

※このまとめはあくまで一部の「過激派固定厨」の問題行動を対象としたものです。
作品を愛する大多数のファンやキャラクター・コンビファン、又はヴィクトルと勇利のカップリングを愛好しているヴィク勇ファンには一切関係がありません。

This is what only targeted the problem behavior of "extremists" of the part.Therefore, many fans do not have a relationship at all.


「なぜ公式凸するのか」

本格フィギュアスケートアニメを謳う本作には国内外を問わずたくさんの女性ファンがいます。
その中にはヴィク勇と呼ばれる本作主人公のコーチと主人公の関係を二次妄想的な括りで捉えるファンが数多く存在します。
二次妄想的な視点で作品を楽しむことや腐女子的な嗜好それ自体はあくまで個人の自由であり、頭ごなしに否定されるべきではないでしょう。
しかし、ヴィク勇という所謂カップリングにハマるファンの中の一部には放送中から
「ヴィク勇は公式」
と言って憚らない空気がありました。
放送終了後から現在までの本作のBD販売、また商品展開などから必ずしも公式が「ヴィク勇」というカップリングを基準にして動いているわけではないという事例が見られることが多々あり、前記のような一部の過激ファンは
「公式が解釈違い」
と考えるに至ったようです。そこから公式関係者や企業に対する凸、誹謗中傷が始まりました。(【公式が解釈違い】-official is wrong?-参照)

この傾向は本作に限ったことではなく、ここ最近様々な作品で所謂「腐女子」と呼ばれるファンが公式に批判メールを送ったりTwitterの公式アカウントに批判のリプライをしたりして創作者や制作側を意のままに動かそうとする例が散見されます。
しかし、一般作品の場合、公式から明確な表明が無い限り、カップリング妄想はあくまで「二次的な妄想」です。一次である公式を二次妄想が意のままに動かしたがるのはいかがなものでしょう。
アニメは一般生活必需品とは違いますし、アミューズメントツールであり創作物です。
ファンが自分たちの二次的妄想に公式を添わせようという動きは創作側のオリジナリティを否定することともなりかねません。
普通にアニメを楽しんでいるファン、ひっそりと二次的なifを楽しんでいるファンがこのようなオリジナリティの危機に際して割を食わないことを願ってやみません。

Why do they attack officials?
This animation has the motif of the figure skating.And There are a lot of fans in Japan and abroad. Among them there are many women who love Victor x Yuri* the fan art.
Not that it is bad to enjoy the fan art. However, some fans claimed that "Victor×Yuri are official couple"
*Victor×Yuri is one of the Japanese fan art. Victor x Yuri represents a sexual role. In other words, Victor is top, Yuri is bottom, this relationship will never be reversed. It is a stubborn rule.

However, since the end of the telecast, the above fans began to think that what the official announced destroys the possibilities of Victor x Yuri.

Then stubborn fans like those mentioned above became extremist.
They thought.
"The official is wrong"
In this way a relentless attack on extremists' officials began.

Animation is different from ordinary necessities. It is an entertainment tool and creation.
The movements of fans trying to make official fan art deny the originality of the official's creative side.
Because of this crisis of originality, We hope that fans enjoying regular animation and fans who enjoy secretly fan art will not be sacrificed.

Menu

4DX上映に関するまとめ

Link

※このwikiの管理人がまとめたものではありませんが、Twitterに特化して過激派の言動・行動がまとめられています。

管理人のみ編集できます