AcademyCraft日本語Wiki - スキルを使えるようになるまで
※削除

最初の能力取得と使うまでの流れ

1 必要な素材を集める

いつものマイクラと同じように材料を集める。
  • 板ガラス ←ガラス6
  • 金塊 ←金
  • レッドストーン
  • グロウストーンダスト

以下はAcademyCraftで追加される素材
  • 虚能クリスタル鉱石
  • 束能メタル鉱石
  • 虚能シリコン鉱石
  • 共振クリスタル
  • 虚相位液体 
  ※地下で壁越しでもキラキラして見える黒い水。バケツで汲んでも水になってしまうので場所を覚えておこう。


2 主要中間素材をクラフト

主要となる中間素材。多めに作っておくとよい。
※印のものはほかにほぼ使い道がないので、すべて錬成orクラフトしてOK。
  • 低純度虚能クリスタル ←(錬成)虚能クリスタル鉱石※
  • 束能メタルインゴット ←(錬成)束能メタル鉱石※
  • 虚能シリコンインゴット ←(錬成)虚能シリコン鉱石※
  • 束能メタルプレート ←束能メタルインゴット3※
  • 虚能シリコンインウェイファー ←虚能シリコンインゴット※
  • 虚能シリコンピース ←虚能シリコンインウェイファー※数枚程度は残しておく
  • 強化鉄板 ←鉄インゴット3
  • マシンフレーム ←レッドストーン1+強化鉄板4 
  • エンプティユニット ←束能メタルプレート4+ガラス
  • データチップ ←レッドストーン3+虚能シリコンピース(強化鉄板でも作れるが、お勧めしない。)
  • 演算チップ ←データチップ+共振クリスタルorネザー水晶2

その他重要中間素材 
今後、他の物をクラフトするときに必要になる
  • 情報処理装置 ←グロウストーンダスト+データチップ
  • エネルギーユニット ←束能メタルプレート3+低純度虚能クリスタル+データチップ
  • エネルギーコンバータ ←演算チップ+エネルギーユニット+共振クリスタル
  • 脳波分析装置 ←金塊2+レッドストーン2+演算チップ

3 能力開発準備の完成

  • 虚相位発電機 ←エンプティユニット2+低純度虚能クリスタル2+マシンフレーム1
  • 携行性能力開発機 ←データチップ+板ガラス+演算チップ+脳波分析装置+情報処理装置+エネルギーコンバータ+低純度虚能クリスタル+束能メタルプレート2
  • 虚相位液体ユニット (エンプティユニット持った状態で虚相位液体を右クリックして回収)

虚相位発電機の左上のマスに虚相位液体ユニットを配置。エネルギーが発生し、右のマスにエンプティユニットとなって戻ってくる。
携行性能力開発機を左下のマスに配置すると充電開始。満タンにするには虚相位液体ユニット20個分必要だが14個分もあれば足りるはず。

4 能力開発と使い方

  • 携行性能力開発機を手に持ち右クリック。「OS >」の表示が出たら「learn」と打ち込む。
  • 4系統の中からランダムで能力者になるので、習得するスキルを選んで開発。
  • 習得したらEscキーで画面を抜け、Nキーでプリセット画面を出して設定。
  ※上から左クリック、右クリック、Rキー、Fキー。プリセットの切り替えはCキーF4キーで各種情報を表示できる。(データ端末を作れば設定変更可。)
  • セット後はVキーを押すと能力が発動できる状態になり、プリセットで設定したボタンで発動。

お疲れさまでした!