DMM.comでサービス中の18禁タワーディフェンスゲーム、「千年戦争アイギス」のwikiです。詰まった時の攻略糸口探し、嫁探し、情報交換にお役立て下さい。

【注意】
このページに記載された情報は各編集者の主観に基づいたものであり、王子の環境によっては整合性や実用性に乏しい可能性があります。
ページ内の参考にされた事により生じたいかなる結果も当wikiでは責任は負いません。



カリスマとスタミナ・プレイヤーランクについて

カリスマ・スタミナはそれぞれミッションに入る際に消費される。
プレイヤーランクとともに最大値が上昇する。
詳細はプレイヤーランク経験値テーブルのページをご覧ください。

王子について詳しく知りたい

主人公ユニットでプレイヤーランクとユニットレベルが連動している。
詳細は王子のページをご覧ください。

コストダウンとスキルLvアップ

同じユニットを合成すると一定確率で出撃コストを減少させる事が出来る。
同じスキルを持つユニットを合成すると一定確率でスキルレベルが上がる。
(※同じユニットでもスキルが違う事もある。その場合はコストダウンするがスキルレベルは上がらない)
詳細は合成のページをご覧ください。

男性ユニットと女性ユニットの違い

基本的に女性ユニットメインのゲームだが、男性も普通に使える。
  • 女性
    • 原則としてシルバー以上
    • 基礎ステータスが低く好感度ボーナスが高い。
  • 男性
    • 基礎ステータスが高く信頼度ボーナスが低い。
    • 合成に用いた際の経験値が多い。*1

レアリティごとの簡易説明

アイアン・・・序盤の繋ぎで以降は合成餌、CC素材に使う
ブロンズ・・・序盤の繋ぎで以降は合成餌、素材にはならない
シルバー・・・CCできる。中盤まで使えるので育てても損はない。上位ユニットのCC覚醒素材になり貴重なので無駄遣いしてはいけない
ゴールド・・・覚醒できる。全体的にはそこそこの能力だが上位レアリティと遜色ない強ユニットもいる
プラチナ・・・全ユニの半分近くを占めるメインレアリティ。強さは千差万別。基本的にはこれを育成
ブラック・・・スキルの即時発動が可能な最高レア。強いが育成コストは重たい
サファイア・・書籍購入などの特典キャラ専用。ゲーム的にはゴールドとプラチナの中間扱い

詳しく

神聖結晶の使いみち

神聖結晶は課金しなくても、☆3クリアの報酬やキャンペーンイベント、ログインボーナス、不具合のお詫びで入手できる。
毎日ログインし、イベントミッションをきちんと☆3取って行けるようになれば、月におよそ30個前後貰える。
ガチャりまくったりイベントでのドロップを狙って一日に何十回も周回しない限り、あまり困る事は無い。
初心者にオススメできる使い道は以下の通り。
  • 獲得EXP1.2倍を購入してストーリーミッションを周回してランク上げをする
  • ボックス拡張→第二兵舎購入
    • デイリー復刻をやり始めると初回確定ドロップにより兵舎がいっぱいになる
    • どうせいつかは購入する物と割り切り、預り所目当てで第3兵舎まで一気に広げても良い
  • プレミアム召喚で戦力の増強を図る(まずは数回程度)
    • 強力なユニットが出ればラッキー。低レアユニットが出ても初期レベルが高いため序盤が楽になる。
    • 初心者が陥りがちなミスも参照
  • 女神の加護で1ランク上のミッションを攻略する
    • コスパは良くないので、あと一押しが必要な時にピンポイントで発動するのが良い

その他、より詳しく


プラチナアーマーの使い方

基本的には「8倍煮込み」と呼ばれる手法で経験値8000にして使う。合成回数が減るので費用の節約になる。
『ユニットをレベル40程度まで通常合成で上げて、8倍煮込みでレベル50にしてからCCする』などが一般的。
詳細はプラチナアーマー参照。

ブラック交換チケット(配布分)に関して

好きなブラックユニットが選べるが、2018年10月現在では最初の配布2枚以外に入手手段はない。
詳細はブラック交換チケットをご覧ください。

基本的なクラスの運用と編成バランス

ソルジャー、ローグ、バンデット、ワルキューレ、ヘビーアーマー、アーチャー、ウィッチ、メイジ、ヒーラー
以上の9クラスが基本クラスと呼ばれ、ケイティの戦術指南クエストと第一章クリアまでに一通り揃う。
上記以外が特殊クラスと呼ばれ様々な特性を持つがここでは省く。

最初に入手できる基本クラスの銀とバシラケイティを編成に入れて攻略を始めるのが良い。
銅以下は基本的に穴埋めの追加用であり、メインに数えるには力不足。
数合わせや男性限定マップ用に男性ユニットも確保しておきたい。

詳しく

クラスチェンジ(CC)に関して

ユニットはレベル30からクラスチェンジが可能になるが、レベル50でクラスチェンジした場合より能力が劣る(約90%)
基本的にはレベル50まで上げてから行うのが望ましい。
詳しくはクラスチェンジページへ。

好感度の上げ方

要約
  • 全員を均等に上げるのではなく、1体ずつ順に一気に上げる
  • 序盤はヒーラー、アーチャー優先
  • 好感度イベントを優先的に見たいキャラがいるのならばそれを最優先で良い
  • どうせ最終的にはよく使うユニットは神聖結晶を使用してでも100%にする

補足

初心者が陥りがちなミス

序盤で入手した神聖結晶を全力でプレミアム召喚にぶち込む

初期から育成・攻略の方針を決められるので全くの間違いという訳ではない。
運よく強力なユニットを引けば有利なのは間違いないし、課金する量も人それぞれだ。ガチャの目玉ユニットに惹かれることもあるだろう。
だが、全部突っ込むのはおすすめできない。育成や兵舎拡張に使う分は最低限残しておこう。
高レアリティのユニットを何体も抱えたところで育成が間に合わないのでは意味が無いし、ユニットの所持数にも限界がある(兵舎の増築もできるが結晶30個となかなかに高価である)。
また、ほとんどのイベントはよく育ったシルバーユニットでクリアできる程度の難易度である。ガチャ産ユニットで楽にはなりこそすれ、ガチャ産が必須ということはない。
尤も、高難易度の極級や神級を銀ユニットでクリアするのはやり込みプレイの域なので、初心者が自力で達成するのは困難。動画等を真似るか、戦力が整ってから復刻開催を待つことになるだろう。

1ヵ月に神聖結晶を150個以上使うとログインボーナスにより「レジェンド召喚チケット」(プラチナ以上確定排出)がもらえる。
このため、全力でぶち込むにしても150個溜まってからのほうがお得。
150個は遠く感じるかもしれないが、初心者は初回クリアボーナスがもらえるため、意外とあっさり溜まる。
プレミアム召喚は白黒合わせて13%≒1/8であるため、これ1枚でガチャ8回分相当の価値がある。

入手したお金を目的なく全力でベース召喚にぶち込む

極低確率で黒レアが出ることすらあり、マウロなど序盤はベース召喚でしか手に入らないユニットもいるが、
ベース召喚の特性上、出てくるユニットはほとんどが銅鉄ユニットでそのすべてが男。銀以上のユニットは滅多に手に入らない。金などは夢の又夢と思って欲しい。
ベースガチャを57000回回した猛者がいるが、97.5%は銅鉄。銀が約2.5%だったと言う(この時点で、ほぼ100%である)。プラチナ・ブラックを狙える確率ではない。
余程のことがない限り、Gはユニットの合成に使うほうがよい。ユニットのレベルが上がると要求額が増えるため、いずれ足りなくなる。
パイレーツや忍者などの序盤でドロップしないユニットを狙うにしても、大人しく1日1回の無料分をコツコツ引いた方が良い。

入手した銀のダブりユニットを、片っ端からコストダウンに使う

コストダウンは確かに有用だが、銀ユニットはクラスチェンジする時にも必要になる(金ユニットのCCにも使用するし、イベントで入手しやすい白金ユニットの場合は3体必要)。各クラス2人ずつくらいは確保しておきたい。
特にヒーラーとウィッチとメイジはコンプ報酬で入手できる数が限られる*5ので、コストダウンは慎重に。
戦力が整ってくればイベントマップで目当ての銀ユニットドロップを狙うこともできるので、焦らずに行こう。

なんだか強そうだという理由で、忍者とか侍とかイベントのユニットとか、癖の強いユニットばかりを優先して育てる

それらのユニットは使い所を選べば確かに強いが、能力の割にコストが高めでフィールドに出すのが遅れがち。
なので、まずはソルジャー・アーチャー・ヘビーアーマー・ヒーラー・ウィッチ・メイジなど、色々な局面で使える基礎的なユニットから育てよう。
良くわからなければ質問スレで聞いてみよう。

酒をテキトーな銀男に使っちゃう

チャレンジクエストで集められる女性用のプレゼントと違い、酒は入手が困難だ。浪費してはいけない。
ログインボーナスやイベントを除けば曜日限定ミッション男だけの祝杯でしか入手できず、カリスマも消費する。さらに男キャラを育てていないとクリアすらままならない。
覚醒の条件の一つに信頼度100%があるため、貴重な酒はほとんどそちらに回すこととなる。
覚醒を見越せるユニットが来てくれるのを待とう。覚醒を視野に入れずとも、酒を投入するユニットはできるだけ絞って行くべきだ。
ちなみに、逆に好感度を上げずに済むことが、低レア男ユニットのメリットでもある。好感度を上げても女性ユニット程には強さは向上しないのだ。

よく調べずクラスチェンジ前にスキルLvを上げてしまう

金以上のユニットにはクラスチェンジすると『スキル名が変わってスキルLv1に戻る』ものもある。ちゃんとチェックしておこう。
クラスチェンジの条件を満たしていなくてもクラスチェンジ後の状態は見せてもらえる。
クラスチェンジでスキル名が変わらないユニットはスキルLvも引き継ぐので問題ない。

上位レアリティのユニットが手に入ったからと、下位レアリティのユニットを引退させたり合成素材にしたりする。

コスト制というシステムにより、金や白が銀の完全上位互換=銀不要、となるとは限らない(一部例外はあるが)。
レアリティの高いユニットは基礎コストが銀ユニットより高いために、コストが足りず、出撃すらできない場合も多々ある。
特に銀ユニットはイベントマップなどで同じものを複数集めてコストダウンさせやすいため、上位とのコスト差が3〜4くらい開くことも多い。
イベントによっては厳しい出撃制限があるため、そこで必要になることもありえる。
また、前述した通り銀ユニットはクラスチェンジにも必要になる。ユニット所持数に余裕があるうちは温存しておいたほうが良いだろう。
第三兵舎拡張で得られる銀ユニット預り所も活用すると良い。

クラスチェンジできるからと何も考えずLv30でクラスチェンジしてしまう。

前述した通り、Lv30での早期のクラスチェンジは一時的に戦力が飛躍的に向上する場合があるものの、最終的な能力は頭打ちになってしまう。
30CCを行うなら将来的に戦力外になってしまうことを前提に、更に上位レアリティのCC素材にする予定であったり、苦しい時期を乗り越えるための繋ぎと割り切ったユニットのみ実行すべきだろう。
銀ユニットもしっかり育てていれば将来的にも戦力として十分使えるので、お気に入りのユニットはLv50までしっかり育ててあげよう。

敵ユニットとの相性やダメージ計算式等、憶えておくと良い事

仕様・計算式を参照。

おまけ(具体的な進行例)

以下は、あるプレイヤーのプレイスタイルを丸ごと書き起こしたものです。
自分でプレイスタイルを決めたい人は読む必要ありません。
内容は微課金〜無課金向け。また、少々古い仕様に基づいた記述もあるのでご注意を。
参考にする際はその前にこのページや関連ページを熟読し、書かれている行動の意味をきちんと理解することをお勧めします。

どーしても自分の頭で考えるのがイヤな人、参考にしたい人は左の「+」をクリック



このページの編集に関する議論はこの掲示板を使ってください。

このページへのコメント

「よく調べずクラスチェンジ前にスキルLvを上げてしまう」やらかした記念カキコ

5
Posted by 名無し(ID:qnwUQBqdcw) 2018年06月30日(土) 00:39:49 返信

>鉄ユニットで銅ユニットを育て、銅Lv10以上を餌に使う。(Lv10まではレベルが容易に上がるのでそのほうが効率が良い)

銅を育てて食べさせたほうが経験値減るんだけど、こっちのがいいんですかね

4
Posted by   2017年10月10日(火) 02:19:43 返信

銀のCCに鉄ユニが必要だから一概にそうとも言えない
鉄ソルや弓、メイジ等の需要が高いものを掘るカリスマを厭わないならいいが
ベース産やイベント産の低レベル鉄を無駄なく使いたい場合は兵舎を圧迫する一因になる
覚醒餌の需要が高いクラスに限れば、さっさとCCして鉄2枠→銀1枠にしたほうがいい場合もある

そちらの主張を否定したい訳じゃないが例外もあるという話

0
Posted by  2017年09月23日(土) 18:43:54 返信

銀ユニ圧縮は30CC1にするよりLv30銀を銀兵舎に入れて経験値の聖霊化したほうがいいね
聖霊のストック数99までは圧縮できるし、覚醒餌用に戻すときもLv1合成だから200Gしか掛からない
何より戻す時に職種を選ばないから需要に応じた覚醒餌に出来るのが大きい

0
Posted by   2017年09月23日(土) 15:49:31 返信

初心者の人に参考になるかなと思ったので、育成に必要な総経験値について
ゲーム序盤に総経験値37500を入れた場合
シルバー50CC55
ゴールド50CC52
プラチナ50CC50
ブラック50CC47まで育成できる

2
Posted by   2017年08月14日(月) 10:55:21 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

開催中イベント

緊急ミッション

復刻大討伐ミッション

ケイティの再演習
1月10日~2月7日 11:00

復刻ミッション
(月・水・土:刻水晶1.5倍)

竜殺しの剣
 (クローディア)
1月14日(月)00:00~1月20日(日)23:59

お知らせ

定期メンテナンス
 木曜日 11:00 〜 15:00

運営からのお知らせ

どなたでも編集できます