アイドルマスターシンデレラガールズに登場するゆるふわアイドル、高森藍子を紹介するWikiです。

メモリアル4


握手会当日

[藍子]
わぁー、はじめての握手会なのに、こんなに人が来てくれました♪
きっと場所がよかったんですねっ。

[藍子]
たまたま、お散歩に来てくれた人が、
立ち寄ってくれたに違いありません。
これもプロデューサーさんの会場選びのおかげ……。

>遠くから来てくれたんだ

[藍子]
え、散歩の途中ではなく、わざわざ遠くから?
どうして……。あっ……アイドルって
思ってたより、ずっとすごいお仕事なんですね。

[藍子]
そうと知ったら、私もできる限りの気持ちで応えないと!
普段ののんびりした調子じゃいけませんね。
よーし!みなさんに、精一杯、がんばりますっ。

(暗転)
握手会がはじまった……

[ファンA]
あの……藍子ちゃん、こんにちは。
自分は、高速バスで西の方から……。

[藍子]
わぁ、わざわざ、ありがとうございます♪
遠くからきていただいて、嬉しいです。
もうすこし地元のお話を、聞かせてもらえますか?

(暗転)

[ファンB]
藍子さん、あの、はじめまして。
私、えっと、藍子さんに憧れてて……。

[藍子]
わぁっ。女の子のファンにお会いできて、とっても嬉しいです。
憧れてるだなんて、なんだか恥ずかしいな……。
どんなところを、好きになってくれたんですか?

(暗転)
>列が全然減らない……

[藍子]
あっ、そ、そうですね。すみません。
でも、わざわざ来てくれた人に、ちゃんと向き合わないと、
申し訳なくって……。

[藍子]
まだ、なにもない私が、ただひとつ返せるのは
誠意だけですから。
なるべく不公平がないように、最後まで……。

(暗転)
握手会は、時間を大幅にオーバーして終了。会場の担当に怒られた……

握手会終了後

[藍子]
ううう、すみません……。
時間をかけ過ぎて怒られちゃって……。

[藍子]
のんびりした調子じゃいられないって、はりきったら……
余計、のんびりすることになってしまいました。

>でも、喜んでもらえたね

[藍子]
はい、それだけは救いです。
でも私、今日の体験を通じて、もっとがんばろうって思いました。
この次、迷惑をかけないようにするには……。

>短く切り上げる?

[藍子]
いえ、長い時間、会場を取れなかったのは、
私にアイドルとしての力がなかったからですよね。
人気や力があれば、もっと長い間……。

[藍子]
私、どんなにたくさんお話しても怒られないくらいのアイドルに……
将来はなりたいです。

>相当な人気が必要だ。

[藍子]
そうですね。でもプロデューサーさん、私、歩くペースは
ゆっくりなんですけれど、決めた道を
最後まで歩ききれなかったことってないんです。

[藍子]
どんな小さな芽もおろそかにしないで、
大切にしていけたら……。ファンのみなさんといっしょに、
いつかきっと、大きな樹になれると信じて……。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

翻訳

Menu

デレステ

コミュ

その他

メンバーのみ編集できます