アイドルマスターシンデレラガールズに登場するゆるふわアイドル、高森藍子を紹介するWikiです。

第2話 白い秋の恵み

あらすじ

秋といえば、牛乳。雫は、珠美と藍子に、近くの牧場
で絞った新鮮な牛乳を振る舞う。実家が牧場の雫は、
牛乳を飲みながら、藍子や珠美に牛を取り巻く環境や
酪農家の現実を話す。それを聞いて心を動かされた
珠美と藍子は、雫と牧場へ撮影に向かう。
こうして、雫の思いやりがPVに収められたのだった。

コミュ本編

合宿所

[雫]
秋と言ったらですが、私にとってはやっぱり、
牛乳の秋ですーっ!

[珠美]
ほう。牛乳、ですか?
珠美は一年中、毎朝おいしく飲んでますよ!

[雫]
珠美ちゃん、素晴らしいですー!
これからも、いーっぱい牛乳を飲んでくださいねー。

[珠美]
はいっ!
毎朝の牛乳で、いつか珠美も雫殿のように……。

[雫]
私みたいにー?

[珠美]
……はっ!あ、いえいえ!
なんでもありませんよ!はははは!

[藍子]
ふふふっ。
秋は旬の食べ物が多いですけど、
牛乳も秋が美味しくなるのかな?

[雫]
そうですねー!
秋は涼しくなって、過ごしやすいですよね。
それから食べ物も美味しい季節ですー。

[雫]
牛さんが元気に美味しいご飯をいっぱい食べる次期だから、
冬に向けて、牛乳も美味しくなるんですよー!

[藍子]
そうあんですねー。
秋は、みんな幸せになる季節ですね。
牛さんも、美味しい牛乳をもらう私たちも!

[珠美]
さすが雫殿……。
おいかわ牧場の娘の名は伊達じゃないですね!
牛乳のことにかけては右に出るものはいないほど!

[雫]
ありがとうございますー♪
というわけで、今日は近くの酪農家さんからわけていただいた、
新鮮な牛乳を用意してもらっちゃいました!どうぞー。

[珠美]
おお、これはこれは!
では、ありがたく。いただきまーすっ!
んっんっんっ……。

[雫]
んぐっ、んぐっんぐっ……ぷはぁー。
コクと甘みが豊かで、とっても美味しいですねー!

[藍子]
うん、本当に美味しい!
やっぱり、土地によっても牛乳の味は違うものなんですか?

[雫]
はいー。土地だけじゃなく、気候やお水、食べ物、過ごし方……。
いろんな要素で変わってきますねー。一番大切なのは、
牛さんが健康で快適に過ごせるかどうか、でしょうねー。

[珠美]
……健全な精神は、健全な肉体に。
美味しい牛乳は、健康な牛さんから、というわけですね!
なるほど!

[雫]
ええー。きっと。この牛乳を作ってくれた牛さんは
とっても大切にされているんだろうなって思いますー。

[雫]
牛さんは、住む場所や生き方は選べませんよね。
だからこそ、牛さんにおいしい牛乳を作ってもらえるように、
元気にのびのびしていてもらいたいって思うんですー。

[藍子]
雫ちゃん、とっても優しいんですねっ。
牛さんのことをそんなに考えて……。

[雫]
いえいえー。
牛さんの理想の環境のためには、お金がいっぱいかかります。
時には、現実的にならないといけないことだって……。

[雫]
だから、設備とかお商売とか、いろいろなところで工夫して、
素敵な牧場にしようと頑張っている生産者さんのことは、
応援してあげたいと思うんですー。

[珠美]
ほぁー……雫殿は立派です!心が大きい!
珠美も微力ながら、たくさん飲んで応援しますっ!

[藍子]
……私も応援しますっ。
それに、せっかくだから、その牧場に行ってみませんか?
こんなに美味しい牛乳を頂いたお礼も兼ねて!

[雫]
監督、いいんですかー?行きましょう、行きましょうー!
牧場で牛さんと一緒にPV撮影ですねー!
とーっても楽しみですー!うふふ♪

(暗転)

[]
こうして、アイドルたちが、牛とふれあう映像がPVに
追加された……

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

翻訳

Menu

デレステ

コミュ

その他

メンバーのみ編集できます