アイドルマスターシンデレラガールズに登場するゆるふわアイドル、高森藍子を紹介するWikiです。

4話 Gather for Stage

あらすじ

イベントテーマである「虹」。そのメインステージを
任された9人に、メインとは代表のことだとPは
伝える。多くのアイドル、楽曲、ステージ…すべて
素晴らしいものだが、それらをすべては見せられない。
だからこそのメインであり、この9人なのだ。それを
聞いた9人は改めてひとつの答えを導き出していく。

コミュ本編

[ちとせ]
ふふっ♪

[美嘉]
ん……あれ?
ちとせさん……?

(暗転)

[美嘉]
ちとせさん!
どこいくのー?

[ちとせ]
あ、美嘉ちゃん。ついてきてたんだ。
……なんて、ホントは気づいてたけど♪

[ちとせ]
心配してくれてありがと。
ただちょっと、夜のお散歩に出たくって。
花火をしたとき、この辺り、素敵だったから。

[美嘉]
お散歩かぁ……。
ね、もしよかったら、アタシもいっていい?

[ちとせ]
もちろんだよ♪

(暗転)

[ちとせ]
……魔法使いさんが言ってる「虹」って、なんなんだろうね?

[美嘉]
キラキラしてるもの、って意味かなぁ?
ほら、虹ってカラフルで、綺麗だし?

[ちとせ]
メインステージだから、
虹みたいにとびっきり輝いて、ってこと?

[美嘉]
なのかなーって。
でも正直、まだわかんないなー。

(暗転)

[ちとせ]
ヒントを出すばっかりじゃなくて、
魔法使いさんが答えを教えてくれればいいのにね。

[美嘉]
これもきっと、
「アタシたちの答え」に意味があるものなんじゃないかな。
アタシたちが見せたいって思ったものじゃないと、ダメなのかも。

[ちとせ]
ふうん。

[ちとせ]
アイドルって、ただ歌って踊ればいいだけじゃないんだ。
自分のことやお客さんのこと、
たくさん考えて、背負ってるんだね。

[美嘉]
楽しくない?

[ちとせ]
楽しいよ♪
でも、自分のことを考えるの、苦手だから。

[ちとせ]
……ね、美嘉ちゃん。
私たちと仲良くしてくれて、ありがとう。

[美嘉]
えっ?

[ちとせ]
千夜ちゃんは、誤解されるけど
とってもキュートないい子なの。
可愛がってあげて。

[美嘉]
もちろん!
同じアイドルで、仲間でしょ★

[ちとせ]
ありがと♪
よろしくね♪

[美嘉]
……あ、そういえば。

[ちとせ]
どうしたの?

[美嘉]
この合宿が始まったとき、
たしかプロデューサーが言ってたんだよね。
みんなが仲良くなるのも、「虹」に必要だーーって。

[美嘉]
「虹」ってやっぱ、
ただキラキラ輝くってだけの意味じゃないのかも……。

[ちとせ]
また、みんなで考えようね。
……そろそろ、もどろっか。

(暗転)
翌日
[アナスタシア]
ラードゥガ……「虹」とは、なんでしょう?

[千夜]
レッスンはそこそこ順調に進んでいますが、
こちらはまた振り出しに戻ったようですね。

[藍子]
そんなことないですよ。
LIVEも出店も、私たちっていうアイドルの表現で、
今回はそのテーマが「虹」……。

[藍子]
そうやって整理できただけでも、
だいぶ前に進んだと思います。

[肇]
そうですね。
私たちがメインステージで何を見せるのか……。
それがすべての鍵を握っているということですから。

>メインステージには
>役割があるんだ

[颯]
役割……?
お客さんをいっぱい集めて、サイコーのLIVEをする?

[凪]
わざわざPが得意顔で問いかけてきたということは、
そういうやつではありませんね。

[悠貴]
言われてみれば……
お祭りの出店も、一番がどれかなんて決まってませんよね。

[悠貴]
LIVEと出店を同じテーマで作るなら……
出店にはない「メイン」って、いったい……?

>それは
>「代表」だということ

[プロデューサー]
アイドルの数だけ、楽曲の数だけ、ステージの数だけ、
様々な可能性が生まれる。そこに上下はないけれど、
すべてを同時に見せることはできない。

[プロデューサー]
だから、それら全てを「代表」する……
それがメインステージの役割なんだと思う。
君たちはどんな風に、みんなを「代表」するんだろう?

[千夜]
メインステージが表現するのは、私たち自身だけではなく、
アイドル全員、ということか。

[藍子]
そっか……だから「虹」なんですね。
虹は、七色の光がひとつになって、キラキラしてるから。

[アナスタシア]
では、アーニャたちの「出店」は
他のいろんな「出店」を集めたもの……
アーニャたちが作るのは「お祭り」ですね?

[颯]
夏祭りの出店は、どれも全部楽しかったもんね!

[肇]
アニバーサリーイベントに出演する他のみなさんも、
それぞれが自分自身を表現した、
個性豊かな出店やLIVEを、創ってくれるんですよね。

[凪]
ここにいる人たちは、みんな方向性がバラバラで……
ですが、みんな立派なアイドルでしたね。

[千夜]
これまで当たってきたことの全てが、
答えを示していたのか……。

[美嘉]
アタシたちが見せるのは「虹」……
いろんな個性がひとつになった、
いろんな色があるからこそ作れる光!

[美嘉]
よし!じゃあ、そのカンジで、
アタシたちが本当にやるべきコト、考えていこっか!

[]
用意していた「虹」というカタチに、
互いの個性を尊重しあう、彼女たちの在り方が収まっていく。
彼女たちなりの意味が、見つかったようだ

(暗転)

[]
そこからの話し合いは、順調に進んでいった……


次>>第5話

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

翻訳

Menu

デレステ

コミュ

その他

メンバーのみ編集できます