2Dアニメーションが制作できるフリーソフト「AnimeEffects」の*非公式*wikiです。

AnimeEffectsは公式には64bitOS向けの実行ファイルしか配布されていませんが
公開されているソースコードを自分で32bit用コンパイラでビルドすることで、32bitOSでも動くAnimeEffectsを作ることが可能なようです。

Windows 32bit向けにビルドした実行ファイルをここで配布します。
https://ux.getuploader.com/anie_unofficial_uploade...
同梱のreadme.txtをよくお読みの上、自己責任でご使用ください。
Win8.1(64bit)で起動することは確認しましたが、32bitでの動作は未確認です。
正常に動作する保証はありません。何かエラーが出たらこのページのコメント欄までお願いします。


以下、作成時の手順の覚え書き

Qtのインストーラを入手し、Qt5.7.1をインストールする。
https://github.com/hidefuku/AnimeEffectsより、ソースコードをダウンロードする。
QtCreatorで、先ほどGitHubからダウンロードした中のAnimeEffects.pro、すなわちAnimeEffectsのプロジェクトを開く。
QtCreatorのオプション-ビルドと実行より、キット[Desktop Qt 5.7.1 MSVC2015 32bit]のC++コンパイラをMicrosoft Visual C++ Compiler 15.0(x86)に設定する。
左下のモニターのアイコンより、キットを[Desktop Qt 5.7.1 MSVC2015 32bit]、ビルドを[リリース]にセットし、すべてビルド Ctrl+Shift+B。
[build-AnimeEffects-Desktop_Qt_5_7_1_MSVC2015_32bit-Release]というフォルダができる。その中の[AnimeEffects.exe][data][tools]だけ取り出し一つのフォルダに収める。
[AnimeEffects.exe]のアイコンを[C:\Qt\5.7\msvc2015\bin\windeployqt.exe]にドラッグ&ドロップすると必要なDLLファイルなどがコピーされる。
[AnimeEffects.exe]を実行。Win8.1(64bit)の環境で起動することはひとまず確認できた。
いかんせんPCやプログラミングに関しては素人なのでどこか間違いがあるかもしれない…。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!