あにまん掲示板の各種スレッドに掲載されているR-18小説を保管するためのwikiです。

すまない、マスターか。今日も空を眺めていたよ。
竜騎士として、空の守りを担当しているせいでこちらに居る時も気になってね。最も、センチュリア帝国と違ってこちらの世界の空は平和なものだ。

それで、何か用……
マスター、何をしているか聞いても?
アトリィのお尻を触っている……なるほど、見解は一致したな。
ふん、君は何度竜の尾で叩かれたら覚えるんだ?
勝手に触るなと言っているだろう。私が気を許しているからこの程度で済んでいるんだぞ。本気で叩けば腕の骨ぐらい簡単に折れる。
何?なら許可を取れば良いのかだと?そうだが?
……うん、存分に堪能すると良い。
にしても、本当に君は私の尻が好きだな。下から持ち上げるように撫でて、揉んで……
顔を埋めたい?はぁ……良いぞ。
言っておくが、ズボン越しでも鼻息の荒さは分かるからな。そんなに好きか……
鷲掴みしながら顔を埋めて、君はとんだ物好きだな。
私のせいで勃起したから処理してくれ?君が勝手に興奮しただけだろう?ああ待て、ズボンに擦り付けようとするのはやめろ!
少しは待てないのか……ほら、脱いだぞ。高さはこれで良いか?
んっ……!尻尾を勝手に……!やめっ、握りながら陰茎を押し付けるなっ……
ちゃんと言えばやめる……?くっ、仕方あるまい……
わたしの、おまんこに……おちんぽ擦り付けるの、やめてください……
これで良いだろう……っ!?ほんとうにっ、君という奴は……!勝手に入れる、なぁ……!
こんなに濡らして、その言い方はないだと……?仕方ないだろう、君に触れられると、身体が……
くぅ、んっ……そこっ……そうだ……っ、もっと、強く……っ!
あっ、くっ……なんだ、限界か?良いぞ、なら速度を上げろ……
ふぅ、っ……んんっ……くぅ……っ。あ、なかで、跳ねて……っ!

全く、セクハラから中出しまで一切躊躇うことなくやってくれたな。
君の性欲には呆れるよ……今のが誉め言葉に聞こえるのか?
それにしたって、もう少しムードと言うものがあると……
アトリィだって気持ち良かっただろうって?それは……まぁ、認めるが。
ベッドでもバックばっかり頼む……?いやいや、流石にそれは嘘……やめよう、この話は。
私ばかり恥ずかしい目に合っている気がするよ。
ともかく、したいならちゃんと言ってくれ。でないと私も怒るよ。
ん?ずっとそう言ってるけどいつも優しく叩かれるだけ?
はぁ……君は本当に鈍い男だな。女に全部言わせる気なのか?
よろしい。ところで、今日は昼過ぎから出かけるんだろう?デッキは調整済か?
どうせそうだろうと思った。ほら、私も手伝うから準備をしろ。1回出したのだから頭も回るだろう?
全く……君は私がいないとダメだな?ちゃんと付き合ってやるから安心しろ。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

小説一覧

どなたでも編集できます