あにまん掲示板の各種スレッドに掲載されているR-18小説を保管するためのwikiです。

一般通過きのこマンの小説



「くぅ……抜け出せない……っ」
「ふふ……ぶざま」

 リトルナイトは、その四肢を少女に押し倒され拘束されていた。
 油断した。
 目の前の少女クラリアが、その矮躯からは想像もできない怪力を持っているとは。

「は、はなしなさいっ。私は早く、彼女のところへ向かわないとっ」
「ん……彼女が誰かは分からないけど、それはやだ。
 だってあなた、とっても美味しそうなんだもん」
「美味しそう……?貴女、何を言って……」
「ふふっ。だって、ここから匂うんだもん。
 普段は使ってないんだろうけど……わたしのだいすきな……雄の匂い」

 そう言ってクラリアの片手がリトルナイトのお股に触れる。
 指示するようにクリトリスを摘まみ上げると、ぷるりとした体のうさぎが、そこへ食いついた。

「いぎっ!?ひぃっ!?」

 呑まれたクリトリスに、舐るような吸い付きが加えられる。
 そしてリトルナイトに、『既知』の快感が流れる。
 本来女子の自分には持ちえない欲望が肥大化し……そして屹立した。

「そ、そんなっ……!私、房中術も使ってないのに……!?」
「すっごくりっぱ……いっぱい苛めてあげるねっ」

 いつの間にかうさぎが離れていた剛直に、クラリアが食いついた。
 リトルナイトの臍にも届きそうな巨大な逸物を、小さな口で懸命に頬張っている。

 じゅぷっ……❤ずぷぷっ……❤じゅぶっ……❤

「んちゅっ……❤れるぅ……❤ぢゅるっ……❤」
「ひゃあああっ❤だ、だめぇっ❤そこはぁっ❤」

 必死に抵抗するも、淫靡な水音と共に興奮は大きくなる。
 とぷとぷと先走りを漏らしながら、それをクラリアに飲ませてしまっている始末だ。

「んっ……❤みんなで、いじめてあげる……❤
 ちゅっ……❤じゅるっ……❤」
「あひゃあああんっ❤そ、そんなっ……❤うさぎさんもなんてっ……❤」

 うさぎたちが群がり、クラリアと共に怒張を苛める。
 竿だけに飽き足らず、玉袋やその裏……女陰も舐めたくる。
 そして、胸・臍・腋・足裏……。

 一匹一匹群がるごとに、リトルナイトはその全身を苛まれていった。

「いっ……❤こ、これっ……❤まずっ……❤」
「ぷはっ……❤もういきそうなんだ?」

 口を離し、問いかける間も手淫による責めをやめない。
 びぐん!びぐん!と渇望を震わせる肉棒は遂に我慢の堰を抑えられず、決壊した。

 どびゅるるるるるっ❤❤❤❤❤びゅぶるるるるるっ❤❤❤❤❤
 どぶっ❤❤❤❤❤どぶぶぶぶぶぶっ❤❤❤❤❤

「ひゃあああああっ❤❤❤いひぃぃいいいいっ❤❤❤」

 くノ一は情けなく、白濁を吐き出す。
 目の前の少女だけでなく、自身をも汚し続けた。
 ちかちかと意識が明滅する快感は、十数分は続いたのではないかと錯覚するほど刺激的だった。

「はぁっ……❤はぁっ……❤」
「んっ……❤ザーメンソース……❤おいしそうっ……❤
 いただきます……っ❤」

 白い汚濁で己を穢してしまったリトルナイト。
 それこそ最高の御馳走と言わんばかりに、クラリアとうさぎたちはそれらを舐めたくる。

「やっ❤やらぁっ❤なっ❤なめないでぇっ❤」

 抵抗の言葉とは裏腹に、くノ一の欲望は一舐めごとに角度を増していく。
 彼女の身体がてらてらとした唾液で綺麗になった時には、怒張は立派に反り経っていた。

「ふふっ……。わたしもそれで、あそびたくなっちゃった」
「な……なにそれぇっ……❤おっき……❤」

 貝合わせをするように、二人の股が向かい合う。
 そして、クラリアのお股からも……それはそれは立派な、雄蕊が屹立していた。

「そんな……っ❤はいるわけっ……❤」
「だいじょうぶ……❤いれるからっ……❤」

 兎の繁殖力を象徴するそれは、リトルナイトのそれ以上に大きい。
 鳩尾など容易に貫き、確実に雌を受粉させる代物だ。

 驚異的な剛直に、怖気が立ってしまうが……それも上書きされてしまう。
 先走りという蜜から香る、香しさ。
 それが鼻を突いた途端、リトルナイトもまた雌としての蜜を分泌してしまった。

「ふふっ……❤乗り気になってきたね……❤」
「ゆるしてっ……❤もうっ❤こわれそうなのっ……❤」
「こわれちゃえ……❤いただきまぁすっ……!❤」

 優し気な言葉遣いと共に開始される挿入。
 しかしそれは獣の性交のように暴力的で……。

 一突きで、その棍棒を最奥まで突き立てた。

「あびゃあああああっ❤いぎぃぃいいいっ❤」
「あなたのザーメン……❤あったかいっ……❤」

 どびゅるるるるっ❤ぶびゅぶぶぶぶぶっ❤

 ただ一度だけで、リトルナイトの欲望は暴発してしまう。
 白濁のシャワーを心地よさそうに浴びながら、それでもまだ自分は満たされてないと、クラリアは連続でピストンする。

「おごおおおおっ❤ぐぇえっ❤ごおおっ❤」
「みんなもたべようっ……?❤ごはんはみんなで……っ❤」

 くノ一の胎が歪む度に、剛直から間欠泉のように吐精される。
 そんなご馳走を、空腹の蟲惑魔が見逃すはずもなく。
 うさぎたちが群がり、一斉に舐め取る。

「びゃああああっ❤らめえええええっ❤」
「どう……?❤わたしのお口おなほ、きもちいい……?❤」

 大半のうさぎは既に撒き散らかされた精液を丹念に舐め取り、リトルナイトの全身を愛撫する。
 しかしそれ以上に凄まじいのは、怒張に食らいつく一体だ。

 ギザ歯の並ぶ口を十字に開いたかと思えば、一気にその欲望を飲み込む。
 止まらない射精を飲み干すために、激しい吸引をし。
 更なる吐精を促すため、舌をぬぢゅりぬぢゅりと絡み付け。
 捕食本能が隠し切れないのか、歯でずぞりずぞりと刺激を与えたり。

 オナホールなど比べ物にもならないほどの刺激に、快感の濁流を吐き出してしまう。

「おぼおおおおっ❤❤❤むりぃ❤❤❤もうむりもうむりぃっ❤❤❤」
「だすほどきゅんきゅん締めてっ……❤いいっ……❤」

 対照的に、オナホールを扱うようにクラリアはリトルナイトを使い続ける。
 膣内の蠕動にさらに興奮したクラリアの雄蕊は最大仰角に至り、くノ一の雌を屈服させんと動く。

「たねづけぷれすっ……❤さいこう……っ❤
 だすよっ❤あなたをたっぷり❤……じゅふんさせてあげるっ❤」
「ごおおおおっ❤❤❤やらやらやらっ❤❤❤しゃせいやらぁっ❤❤❤」

 果たして拒否したのは、無限に続く自分の射精か。
 それとも、蟲惑の種を植え付けようとするクラリアのものか。

 いずれにしても、リトルナイトにもう脱する術はない。
 うさぎからも、咀嚼するような吸い付きによるおねだりを受け。

 最高の瞬間を、迎えた。

 どぶぶぶぶぶぶぶっ❤❤❤❤❤びゅぼぼぼぼぼぼぼっ❤❤❤❤❤
 ぶぼぼぼぼぼぼぼっ❤❤❤❤❤どぼぼぼぼぼぼぼっ❤❤❤❤❤

「いびぃいいいいいい❤❤❤お゛っ❤❤❤お゛なか゛ぁっ❤❤❤」
「ふふっ……❤あなたもおなかいっぱい……❤
 わたしはこれから、おなかいっぱいっ……❤」

 洪水といっても過言ではない量が、胎に注がれた。
 リトルナイトのお腹は、風船のように簡単に膨らんでしまう。
 同時に、リトルナイトの射精は一際激しく続く。

 同時射精。
 その様はまるで、お腹の破裂を防ぐために、蛇口から白濁をどぼどぼと排水しているようだった。

「おぼぉっ……❤ぐぇっ……❤」
「んっ……❤はらにぶんめっ……❤」

 白濁を満たされた胎は、臨月以上に膨らんでいた。
 ずりゅり……と音を立てて雄蕊が引き抜かれるも、残された精は粘度の高さか、膣から噴出する気配など見せない。

 リトルナイトの剛直を咥えていたうさぎも、一滴も零さないように吸い付きながら、ぢゅぽんっ!と音を立てて引き抜かれる。
 くノ一の凄まじい射精のせいか、小さく可愛らしかったはずのうさぎは10倍以上にでっぷり膨らんでいた。

「ぜぇっ……❤ぜぇつ……❤」
「ふふっ……❤あなたにも、ごはんのおすそわけ……❤」
「ごは……んぶっ!?❤」

 疑問を口にするより早く、うさぎの口づけによって塞がれる。
 その口から注がれるのは、黄ばんだ白濁の、汚臭漂う、どろりとした不快感の……己が欲望だった。
 飲み込みたくないという拒否感から、思わずそれを口に溜めてしまう。

「わたしからも……❤さーびすっ……❤」

 うさぎが口を離したかと思えば、クラリアの雄蕊が口を塞ぎ込む。
 その状態からクラリアは、自らの意思で吐精を開始する。

「んん゛っ❤んぶっ❤」

 先ほど口に溜めさせられた自身の精。
 クラリアに新たに注がれる彼女の精。
 それらを攪拌するような勢いで、濁流が流れ込む。

 窒息しそうな勢いで行われるそれに、思わずリトルナイトはそれらを飲み込むしかない。
 自分自身と、クラリアの混ざり合ったミックスミルク。
 汚らわしいそれを飲み込まなければならない事態に……リトルナイトは再び射精していた。

「んぶっ!?❤んん゛っ……!?❤んぐっ❤んぐっ❤」

 利かん坊になった剛直に驚愕しながらも、注がれるそれは嚥下するしかない。
 漏れ出る己の白濁は、幸いなことにうさぎがすぐさま食らいついてくれた。
 リトルナイトもうさぎも、己に注がれる濁流を余すことなく、その喉で受け入れる。

「んぶっ……❤げぇっ❤」
「どう……?❤みっくすざーめん……おいしかったよね?」
「……」

 栗臭いげっぷを吐き出しながらも、注がれた精は一滴も零さなかった。
 そんな彼女を労うように、クラリアはリトルナイトの頭を撫でた。
 もはやリトルナイトにはまともな判断能力もないのか、クラリアの言葉にも返事はしていない。

「それでね?わたし、まだお腹すいてるの」
「うん……」
「あなたも、お腹すいてるでしょ?」
「うん……?」

 そんななか、クラリアは自分の都合の良い言葉だけをリトルナイトに投げかけ続ける。
 虚ろな反応を示すくノ一にも、疑似餌の少女はお構いなしだ。

「だからね?おたがいいっぱい、たべあおう?
 ずっと、ずぅっと……❤」

 その問いかけにどう答えたか、リトルナイトには自覚も記憶もない。
 ただ一つ間違いないのは、この後に森に響き始めたのは、淫靡な肉音と、いやらしい水音と、甲高い喘ぎ声だったということだ。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

小説一覧

どなたでも編集できます