青山清利の経歴やプロフィール、ブログやSNS、生い立ちや実績、どういった人物なのか。青山清利が設立した株式会社a-sense(エーセンス)などまとめてみました。

青山清利の経歴やプロフィール、ブログやSNS、生い立ちや実績、どういった人物なのかまとめてみました。

◆目次◆


青山清利(あおやま きよとし)とは

青山清利(あおやま きよとし)とは、神奈川県横浜市で生まれ育ち、大学は特別奨学生として大学へ進学し、株式会社光通信で全国1位の営業成績の実績を持つ人物である。

青山清利のプロフィール(基本情報)

氏名青山清利(あおやま きよとし)
読み方あおやま きよとし
出身地神奈川県横浜市
居住地東京都
身長165cm
体重65kg
血液型B型
最終学歴拓殖大学商学部 卒業
喫煙健康志向の為吸わない
お酒あまり飲まない
趣味サーフィン・格闘技(柔術)・トライアスロン

青山清利の生い立ち〜家庭環境と幼少期

青山清利は神奈川県横浜市で生まれた。
父親・母親・青山清利の3人家族。青山清利は一人っ子である。

青山清利の父親は、住設工事会社を経営。元プロボクサーでもある。
母親も寿司店を経営していた。

両親ともに経営者だったため、裕福な家庭で育った。

青山清利の学生時代の経歴

青山清利は、中学校と高校は公立高校に通っていた。
元プロボクサーの父親の影響で、高校時代には空手や総合格闘技をはじめる。
大学は数学の学力が認められ、入学金等を免除される制度の特別奨学生として拓殖大学商学部経営学科に進学し、卒業後は海外を放浪しサーフィンなどを楽しんでいた。

青山清利の社会人時代の経歴

海外から帰国後は、光通信に就職。営業成績が全国で1位になった実績があります。その後、支店長を経て2年ほどで退職した。

両親の会社が倒産/4,000万円の借金を抱え、屋号会社a-sense(エーセンス)を起業し社長へ

会社を経営していた両親の会社が倒産し、連帯保証人だった青山清利は4,000万円の借金を抱えることになる。
それがきっかけで、青山清利は独立し、古物の買取業をはじめる。
28歳で屋号会社a-sense(エーセンス)を起業。

屋号会社a-sense(エーセンス)から有限会社へ

青山清利が設立した屋号会社a-sense(エーセンス)は、1年目から軌道に乗り、初年度の売上高は1.5億円を叩き出し、資本金300万円にて有限会社a-sense(エーセンス)を設立した。

事業規模拡大〜株式会社a-sense(エーセンス)へ組織変更

青山清利が設立した有限会社a-sense(エーセンス)は事業拡大を続け、2004年に資本金を1,000万円に増資し、株式会社a-sense(エーセンス)へと組織変更を行った。

アーリーリタイア〜投資家としての活動

青山清利は30歳でアーリーリタイア。
その後は投資家として数十社の会社や海外のベンチャー企業への投資をしている。

青山清利の趣味(サーフィン・柔術・トライアスロン)

青山清利の趣味はサーフィンと柔術。その他にもトライアスロンやロードバイクなどもやっている。
幼少期はバイオリン、学生時代は空手や総合格闘技を習っていた。

株式会社a-senseの会社概要

会社名株式会社a-sense(エーセンス)
所在地〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-1-3
AIGビルB1(サーブコープ内)
代表取締役会長青山清利
取締役社長前田健
設立2003年5月15日
資本金4,000万円
業種分野流通・卸業

株式会社a-senseの5つの事業部

株式会社a-senseでは下記5つの事業を展開。

ホールセールス事業部

wholesale事業部は元来、株式会社a-senseのブランド製品、エレクトロニクス製品、金券類を取扱う小売店様へ卸すことをメインとした部署でありました。 しかし小売店様のロジスティックを担うトップパートナーとして、より一層のサービスとクォリティーを高めるべく今期ロジスティック部門を専属とした「JUMBO」が設立されました。 「JUMBO」が得意とすることは、Purchase Serviceや、Drop Shipingといった新しいロジスティックサービスをいち早く導入し、小売店様へ提供することであります。 扱う商品やジャンルを今後増やしていき、様々な業界業種と多岐に渡り、私共のサービスが提供していけるよう、またロジスティックにおけるコンセプトそのものの変化を目指していくのが、JUMBOであります。

マーケティング事業部

当社事業各セクションの要として、マーケティング事業部があります。 情報産業に立つ者はあらゆる状況と情勢そして、あらゆる想定と危険を予知し、その者にとっては優位な状況に立つため、またそうなる為の綿密な情報をもとに統計的に判断する必要性があります。 マークスにおいては、 メディア媒体・エリア・集計(市場・現場)リサーチに始まり、仕入卸においては流行や海外メディアなどの情報を逐一に判断する。 あらゆるメディアチャンネルに対して情報やリサーチを徹底し、市場とユーザーのニーズを統計的に把握する。 これらの作業を行なうことにより、1事業の方向性を大きく決定する事となります。

アウトソーシング事業部

日本の多くの企業はバブルの崩壊以降、生産コストの削減や生産性の向上に努めてきました。そして、その 過程にて、製造派遣や業務請負を利用した「人件費の削減・人件費の流動費化」に取り組む製造メーカーが 登場し、多くの成功事例がみられてきました。アウトソーサーは、「人を集め、配置する」という、いわゆる派遣 型アウトソーシングにて、お客様のニーズに合致することができたわけです。 しかし、今日、企業を取り巻く環 境は大きな変化をみせております。 これはアウトソーサーのサービスがあり溢れ(アウトソーサー企業、人材)、消費者の嗜好やライフスタイルの 多様化により、配置する人の能力や技術が重視される時代が到来しております。 互いがWINWINの関係を築けるよう肥大化したクライアント様を統合的にコンサルティングすると共に、スタッフ 一同にライセンスを独自に発行し、能力やスキルを細分化し総合的に判断することで、プラス面とマイナス面を 把握しつつ、クライアント様のニーズがマッチすることに努めております。

メディア事業部

今日、国内外のさまざまな要素がこれまでにも増して多様かつ緊密に絡み合っていく経済・社会構造が構築される中、的確な洞察力が求められる時代を迎えています。 広告の世界においても、IT革命の進展によって情報ルートの多様化・複雑化が尚一層深まる今日、的確な洞察に基づく効果的なプロモーションが成否を分ける時代といっても過言ではありません。 IT技術を駆使して行われるプロモーションは今後ますます業界のシェアを増していき、ここ10年で主要媒体(TV・ラジオ・紙面・WEB)の比率は目まぐるしく刻々と変化している状況ではあります。 しかし、今一度我々が活動を営む環境にこそ一番効果的なプロモーションが出来ること捉えると同時に、アナログの重要さを再確認することが非常に重要となます。 いかなる手段や手法を用いてターゲットとするお客様へ、コミュニケーションというツールを活用しプロモーションするかがクライアント様における最大のキーポイントであります。 お客様のニーズに応えるべく広告を。 視聴者の方々へロイヤリティーを高めるべく広告作成を。 そして当事業部が果敢に挑むべく斬新な広告を。 広告業界のパイオニアとして私共「DASH」の今後のご発展を見守って頂きたく存じ上げます。

不動産事業部

2001年9月に始まった日本版不動産投資信託「J―REIT」によって、東京の不動産取引が活性化、一部の都内の土地は狂乱と言えるほどの地価上昇をしている事を知る方も、少なくないでしょう・・・ そのような流れの中で不動産の収益力が、不動産価値を決める大きな要因となってきております。 当社はビル・マンションの再生を行い、収益性を高めユーザーの皆様に安心して購入頂ける事業をスタートさせました。 現在、茨城県石岡市のビルを第一段物件として購入し、改修し、再生中です。 今後は、事業の幅を拡大し、ユーザーの皆様とよきパートナーとしての絆をもてるよう、心懸けてまいりたいと思います。 今後の事業内容は、次の通りです。 ○ ビル、マンション、アパート、ホテル、再生事業 ○ 区分所有分譲マンション 再生事業 ○ 土地の有効活用の提案及び買取、分譲事業 ○ マンション用地開発事業 ○ 区分所有分譲マンション販売業務 その他、不動産よろず相談所として、当社を利用頂けたら幸いです。

株式会社a-senseの沿革

2002/11神奈川県横浜市西区自宅において屋号会社「a-sense」を設立
2003/05神奈川県横浜市西区において「有限会社a-sense」を資本金3,000,000円を以って設立
2003/08神奈川県横浜市西区ニッセイビルに横浜本社開設
2003/10事業拡大に伴い、10名に増員
2003/12東京営業所開設
事業拡大に伴い、20名に増員
2004/04沖縄営業所開設
2004/06事業拡大に伴い、本社を東京都中央区フォレストタワーへ移転
資本金10,000,000に増資、株式会社a-senseへ組織変更を行う
2004/11事業拡大に伴い、30名に増員
2004/12名古屋営業所開設
2005/10東京都渋谷区マークシティーに本社移転
2006/04福岡営業所開設
2006/07東京都新宿区新宿三井ビル二号館に本社を移転
2006/08大阪営業所開設
不動産事業部を「株式会社A・Bパートナーズ」として独立化
2006/09メディア事業部を広告製作・代理店「DASH」として独立化。
2006/10資本金を40,000,000円に増資
ホールセールス事業部を「JUMBO」として独立化
2007/08新宿営業所開設
新橋営業所開設
2007/09横浜営業所開設
2007/11青山清利 代表取締役会長に就任
前田健 取締役社長に就任
2008/05東京都千代田区丸ノ内AIGビルに本社を移転

株式会社a-senseの売上高

  • 第1期 平成15年5/15〜平成15年10/31  147,332,250円
  • 第2期 平成15年11/1〜平成16年10/31 1,418,981,827円
  • 第3期 平成16年11/1〜平成17年10/31 1,784,022,999円
  • 第4期 平成17年11/1〜平成18年10/31 2,051,796,517円
  • 第5期 平成18年11/1〜平成19年10/31 3,081,420,787円
  • 第6期 平成19年11/1〜平成20年10/31 4,935,466,433円

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます