日本のAR.Droneユーザーのためのwiki


\8,400
屋内フライト必須アイテム。壊れやすいので予備を購入しましょう。
室内でフライトする際に家具などにダメージを与えず、安心して練習するための必須アイテムのボディです。


\3,780
連続して遊ぶ方は2~3個追加購入がオススメです。
飛行の為の電源はこの軽量なバッテリーのおかげです。15分もの長時間フライトの要で、消耗部品です。連続して遊びたい方は、複数個そろえておきたいアイテムです。


\788
ボディの簡単な補修なら、このセットにお任せ下さい。テープで簡単リペアーです。
上下のボディが少々痛んだ場合でも、リペアーシールがあれば安心です、目立たないシールで簡単補修が可能です。


\945
スペアーで持っておくことをオススメする主要交換部品です。
飛行に欠かせないプロペラです、左右で異なる形状をしており、固定のクリップも付属する親切なセット内容です。


\1,680
AR.Droneを修理するときの便利なメンテナンス ツールのセットです。特にギヤをシャフトに固定するためのEリング用のツールはとても便利です。


\5,145
1機に4個使用している高性能なブラシレスモーターと基盤のセットです。モーターが故障した場合には基盤と合わせて交換してください。
配線とつなぐための基板と一体になっているので、簡単に交換ができます。


\525
AR.Droneに使用されているネジのセットです。修理中にネジをなくしてもこのセットがあれば安心です。
万が一ネジをなくした場合でも、機体に使用しているネジを1パックにした便利なセットのおかげで安心して整備が出来ます。


\1,260
ギヤやシャフトが破損した場合の交換パーツです。墜落した場合にダメージを受けやすいパーツのため、予備で持っていることをお勧めします。
ハードな墜落時には、このシャフトが曲がります、頻繁に交換することが予想される、主要パーツです。


\6,510
ノーズカメラやボトムフレームが破損した場合の交換パーツです。
フロントのカメラを壊してしまってもこのパーツの交換で完全に直ります。
先端にはカメラも付属した、発泡製のフレームです。基板を振動から守るフローティングのマウントも含まれます。


\3,360
軽量で強靭なカーボン製のチューブを使用したセントラルクロスです。
AR.Droneのモーターのマウント部分やチューブが壊れたときの交換パーツです。


\7,875
高度をコントロールするセンサーも兼ね備えています。
高度センサーも組み込まれた、最新技術の結晶です。10cm単位の高度制御はこの基板のおかげです。


\13,125
AR.Droneを制御するParrot CPUと垂直カメラを搭載したマザーボードです。マザーボードや垂直カメラが破損した場合の交換パーツです。


\4,515
AR.Droneのリチウムポリマーバッテリー専用の充電器です。バッテリー同様、長時間フライトをされる方は充電器も複数個所有していると便利です。追加コンセント形状に合わせた4種類のアダプターが付属しています。充電時間は約90分です。
※安全のため他の充電器は使用しないでください。


\2,625
純正で同梱されていたブルーの屋外フライと用のボディです。
屋外フライトの際に取り付けるボディで純正品のブルーを主体としたボディです。


\2,625
仲間と飛ばす際に、違うカラーのボディが視認性バツグンです。
屋外フライトの際に取り付けるボディで純正色とは異なる鮮やかなイエローのボディです。


\2,625
屋外飛行用のハル(グリーン)です。

このページへのコメント

jkXkYl Muchos Gracias for your blog article.Really looking forward to read more. Great.

0
Posted by check it out 2014年02月06日(木) 00:08:18 返信

I80izx Very good article post.Really thank you! Much obliged.

0
Posted by check it out 2014年01月21日(火) 17:08:48 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます