Windows上でJWASM(フリーのMASM6互換アセンブラ)と98エミュを使ってのプログラム作成に関するエトセトラ。また、PC-98プログラミング関係の書籍紹介とか自作ソフトの進捗とかも。

windows10でも外付けFDDを使ってPC98フォーマットのFDを作れるのは有名な話です。
しかし、うちにあるY-E dataのUSB-FDDはクソでして、新品のディスクを入れてそのままformat A: /f:1232 等のコマンドを入れてもフォーマットに失敗します。
で、その回避法ですが、RAWイメージはだめでもFATになってれば通るので、一回1.44でフォーマットして再フォーマットで1.2にするだけです。
コミケ用にこれをかなりの回数繰り返す必要があるので手間で手間でしょうがない、というぼやきをフォーマット作業の合間にネタにしてみました。
不良セクタがあったりすると余計に時間がかかってさらに萎えます。
予備のFDDを買ってこようか、と思わなくもない今日この頃です。

Menu

管理人/副管理人のみ編集できます