Windows上でJWASM(フリーのMASM6互換アセンブラ)と98エミュを使ってのプログラム作成に関するエトセトラ。また、PC-98プログラミング関係の書籍紹介とか自作ソフトの進捗とかも。

前提事項として、私がPC98用プログラムを書き始めたのはごく最近です。
なので当時は名著でもより後により良い内容の物がある、と言った場合、有名な本でも評価は低くなると思います。
また、ゲームプログラムを意識しているので、IOをいじるのに必要な情報がある本の方がBIOS情報の本より評価する傾向にあります。
個人的な感想であることを意識してお読み下さい。

とりあえず本を集めてきて分かったことは
・値段と内容は比例しない
・(電子工作的なガチなのを除いて)ハード、IO系は時代が新しいほど使えることが多い
です。
新しくて知名度がない安い本でも使える奴はかなり使えますし、昔有名で高くても、正直微妙な本もあります。
本が増えてきて感想も前とは変わってきているので、そのうち書き換えも必要かもしれません。

Menu

管理人/副管理人のみ編集できます