Windows上でJWASM(フリーのMASM6互換アセンブラ)と98エミュを使ってのプログラム作成に関するエトセトラ。また、PC-98プログラミング関係の書籍紹介とか自作ソフトの進捗とかも。

PC98では、グラフィック画面の上にテキスト画面が表示される、という仕様があります。
これを利用して特殊文字で画面を隠し、その部分を仮グラフィック置き場に転用したり、画面をワイプしたりする技法をテキストマスク、といいます。
詳しくは「マシン語ゲームグラフィックス」辺りを参照してください。

で、この前のコミケで出したソフトにそのテキストマスクを使ったのですが、エミュレータと実機、OSで以下の違いが出ました。
実機:MS-DOSで正常動作
T98-next:MS-DOS、FreeDOS98で正常動作
np21:MS-DOSで正常動作、FreeDOS98でマスクが異常になり、画像が透けて見える
Anex86:MS-DOSでもマスク異常が発生。FreeDOS98は未確認
これが私の使ったコード固有なのか一般的な問題なのかは不明ですが、後進のためにとりあえずの報告としてかいておきます。
コードは「マシン語ゲームグラフィックス」をちょっと変えた程度のものです。

エプソン互換機系と98系のエミュの違いならまだしも、OS次第で文字コードがバグるとなると私のような素人には原因がよくわからないのですが…。

Menu

管理人/副管理人のみ編集できます