Windows上でJWASM(フリーのMASM6互換アセンブラ)と98エミュを使ってのプログラム作成に関するエトセトラ。また、PC-98プログラミング関係の書籍紹介とか自作ソフトの進捗とかも。

IPLプログラミングっぽいものを活用したかったので、ディスクイメージをAドライブに放り込んでエミュを起動するだけで使える超簡易フォーマットソフトを作って遊んでみました。
以前に書き込んだCOMファイルをIPL領域に流し込む手法で作っています。

今回のディスクイメージは以下です。
https://yahoo.jp/box/GI2bIX

DOS要らずでキーボードを押すだけの簡単仕様ですが、T98next限定なら実機BIOSなしでも動作し、最低限の使用には耐えると思います。
とはいえ、空のイメージを作るのにDOSを起動するのが面倒な時とか、FreeDOSしか持ってない人くらいしか使いどころはないです。
(個人的には、MS-DOSでフォーマットしたディスクイメージもIPLなどで多少プログラムの著作権が微妙な気がする⇒完全自作のディスクイメージを配布した方がクリーンでいいかな、という、今後何か作った時用の下地作りでもありますが)

今回の仕様

  • フロッピーディスクイメージ、ハードディスクイメージを初期化可能
  • MS-DOS(確認verは5.00AH)で認識される
  • DiskExplorerで書き込み可
  • FreeDOS98でも認識可能
  • 第一セクタの1024バイトで抑える
  • HDは全体で一つの領域だけ確保
以上の条件で作りました。

が、残念ながらnp2ではバグります。
T98Nextでも確保した容量がMS-DOS付属のものでやった場合と少し違います。
T98で初期化したイメージをnp2に持ってくのはOKでしたが、なんとも歯がゆい感じに。
ディスクBIOSで初期化してFATとかを適当に書き込んで終わりなんで、時間のある時にまた調査しようとは思っていますが。
実機で動かす前提ではないので、どっちの動作が正しいかは不明です。

適当すぎて色々怖いので、コンバートしてMAHALITO経由で実際に実行とかをしにくいようにファイル容量を不足させています。
特にハードディスクに関しては資料があまりなく、動けばいいやというノリなので実機では絶対に動かさないでください。
次回予告
今回はHDイメージが認識されず苦労しました。
バイナリエディタでディスクイメージのシステム領域を除いて色々書き換えしたりした結果、多少見えたことがあったので、次回はMS-DOS(=DiskExplorerも同等)、FreeDOS98で認識される条件の違いとかについて簡単に報告してみたいと思います。

Menu

管理人/副管理人のみ編集できます