冷戦時代の核実験や民間防衛をめぐるカルチャー

関連ネタ

ネバダ国家安全保障施設のU1aコンプレックスで実施された臨界前実験


米国ネバダ州ネバダ国家安全保障施設のU1aコンプレックス(このあたり)で、臨界前実験が2004年に再開された。その後、断続的に臨界前実験が行われ、2021年に至っている。
Cygnus: Continuous improvements and meticulous operations deliver high-value subcrit data

シグナス: 継続的な改善と綿密なオペレーションにより、価値の高い臨界前データを提供する。

One thousand feet under the Nevada desert, at the U1a Complex in the Nevada National Security Site, is a national asset: the Cygnus Dual Beam Radiographic Facility. Cygnus, featuring two locomotive-size flash x-ray machines, performs stockpile stewardship experiments that reveal the dynamic properties of plutonium. Year round, the Cygnus team tunes, prepares, and practices for these high-performance, high-value subcritical experiments (SCEs), which can take years from planning to execution.

ネバダ国家安全保障施設にあるネバダ砂漠の地下300メートルは、国家資産であるシグナスデュアルビーム放射線撮影施設がある。機関車サイズのフラッシュX線装置を2台搭載したシグナスは、プルトニウムの動的特性を明らかにする備蓄維持実験を実施している。シグナスチームは、計画から実行までに何年もかかる可能性のある、これらの高性能で価値の高い臨界前実験(SCE)を一年中調整・準備・実行している。

In the U1a facility, Los Alamos researchers combine flash radiography, appreciable quantities of high explosives, and plutonium metal to generate essential data that cannot be obtained anywhere else in the nation.

U1a施設では、ロスアラモスの研究者がフラッシュX線撮影と相当量の爆発物とプルトニウム金属を組み合わせて、国内の他の場所では取得できない重要なデータを取得している。

In the past 16 years, Cygnus has contributed to seven subcritical experiments and has completed the confirmatory, a practice shot that uses all of the key components except the plutonium metal, for the next set. It has also been used in many physics experiments, most notably the 12-shot Thermos series.

過去16年間で、次のセットのために、シグナスは7回の臨界前実験を実施し、プルトニウム金属を除くすべての主要部分を使用した練習ショットという確認を完了した。また、シグナスは、多くの物理実験、特に12ショットのThermosシリーズでも使用された。

Cygnus was initially designed for a single focused experiment (Armando) in 2004, yet its history follows two themes: steady improvement to its capability and careful, meticulous operation. On Armando, Cygnus radiography delivered good quality measurements. Since then, consistent incremental improvements have advanced the instrument well beyond its original capabilities. For example, improved optics, more sensitive detectors, rod optimization, and material selection have enabled quantitative density measurements covering six orders of magnitude. The instrument has been used to penetrate thick, integrated experiments such as Pollux and Ediza and returned to make quantitative measurements of low-density ejecta signals for the Red Sage subcritical experiment series.

シグナスは当初、2004年に単一目的実験(Armando)用に設計されたが、その歴史は2つのテーマである、能力の堅実な改善と慎重かつ綿密なオペレーションに従ってた。Armandoでは、シグナスラジオグラフィーで高品質の測定を実施した。それ以来、一貫した段階的な改善により、機器は元の機能をはるかに超えて進歩した。たとえば、改良された光学系、より感度の高い検出器、ロッドの最適化、および材料の選択により、6桁をカバーする定量的な密度測定が可能になった。この機器は、PolluxやEdizaなどの密集統合実験で貫通するために使用され、Red Sage臨界前実験シリーズの低密度イジェクタ信号の定量的測定を行うために再利用された。

The design of the Cygnus system comes with an operational cost. The diode is destroyed and must be rebuilt for every pulse. As a result, each image is created with a new diode, and the performance of the machine is determined by the quality of the build and the skill and practice of its operators.

シグナスシステムの設計には、運用コストが伴う。ダイオードは破壊され、パルスごとに再構築する必要がある。その結果、各イメージは新しいダイオードで作成され、マシンのパフォーマンスは、ビルドの品質とそのオペレーターのスキルと練度によって決定される。
...
Year SCE
2004 Armando
2010 Bacchus
2010 Barolo A
2011 Barolo B
2012 Pollux
2017 Vega
2019 Ediza
2020-2021 Nightshade A-C
>

[ LA-UR-20-25590, Los Alamos National Laboratory, 2020 ]






コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます