冷戦時代の核実験や民間防衛をめぐるカルチャー

関連ネタ>古代核戦争

捏造されたマハーバーラタからの引用と翻訳者のコメント


Brian Dunning (2016)によれば、古代核戦争ネタで次のような形で提示される「マハーバーラタからの引用」と称されるものは、実際には誰かの作文である。
According to one purported rough translation, one section reads:

A single projectile charged with all the power in the Universe…An incandescent column of smoke and flame as bright as 10,000 suns, rose in all its splendor…it was an unknown weapon, an iron thunderbolt, a gigantic messenger of death which reduced to ashes an entire race. The corpses were so burned as to be unrecognizable. Their hair and nails fell out, pottery broke without any apparent cause, and the birds turned white. After a few hours, all foodstuffs were infected. To escape from this fire, the soldiers threw themselves into the river.

ラフな翻訳によれば、ある節には次によう書かれている。「宇宙の全パワーが込められた一発の投擲体は…太陽の1万倍の明るさの白熱の煙と炎が壮大に立ちのぼった…それは未知の武器で、鉄の稲妻で、巨大な死の使者であり、すべてを焦土と化した。死体は誰だかわからないくらいに燃えていた。彼らの髪と爪は剥がれ落ち、陶器は理由もなく壊れ、鳥は白くなった。数時間後、すべての食料は汚染された。この炎から逃れて、兵士たちは河に飛び込んだ。

[ ie. Mysterious Universe (2018/07/24) ]

実際、Kisari Mohan Ganguliによるマハーバーラタの英訳(BOOKS 1 to 3, BOOKS 4 to 7, BOOKS 8 to 12, BOOKS 13 to 18)には、該当する記述は確かに見当たらない。

そして、この「引用元の存在しない引用」とセットで登場することが多い、サンスクリット翻訳家Kisari Mohan Ganguli(1848-1906)のコメントも、Brian Dunning (2016)によれば、ありえない。
A Historian Comments

Historian K. Ganguli says that Indian sacred writings are full of such descriptions, which sound like an atomic blast as experienced in Hiroshima and Nagasaki. He says references mention fighting sky chariots and final weapons. An ancient battle is described in the Drona Parva, a section of the Mahabharata.

“The passage tells of combat where explosions of final weapons decimate entire armies, causing crowds of warriors with steeds and elephants and weapons to be carried away as if they were dry leaves of trees,” says Ganguli.

“Instead of mushroom clouds, the writer describes a perpendicular explosion with its billowing smoke clouds as consecutive openings of giant parasols. There are comments about the contamination of food and people’s hair falling out.”

歴史家K Ganguliは「インド神話にはそのような記述に満ちており、それらは広島や長崎で起きた原爆の爆発のように思える」と書いている。彼は「引用した部分は、空中戦車の戦闘と最終兵器について言及している」と言っている。古代の戦闘は、マハーバーラタの一節ドルパダに書かれている。Ganguliは「この一節は、最終兵器の爆発で、軍全体が壊滅し、馬や象や武器とともに兵士たちが、木々の乾いた葉のように吹き飛ばされる戦闘について語っている。キノコ雲の代わりに、記述者は、連続して巨大なパラソルが開くように、うずくまる煙雲を伴う垂直爆発を記述している。 食料の汚染や人間の髪の毛が抜け落ちることについても描写がある」と言う。

[ie. AncientExplorers ]

1883〜1896年にかけて、マハーバーラタの英訳本を出版したKisari Mohan Ganguli(1848-1906)が、1945年8月の原爆投下について言及していたとすれば、それはそれで超常現象。



初出

Jason Colavito (2011, 2013)によれば、この「引用元の存在しない引用」に近い記述の初出は、Louis PauwelsとJacques Bergierのフランス語の著書「Le Matin des magiciens (1960) 」(英訳: The Morning of the Magicians (1963))である。その部分は...
In the Mausola Purva, we find this singular description, which must have been incomprehensible to nineteenth-century ethnologists though not to us today: “…it was an unknown weapon, an iron thunderbolt, a gigantic messenger of death which reduced to ashes the entire race of the Vrishnis and the Andhakas. The corpses were so burned as to be unrecognizable. Their hair and nails fell out; pottery broke without any apparent cause, and the birds turned white. After a few hours, all foodstuffs were infected. The thunderbolt was reduced to a fine dust.”

And again: “Cukra, flying on board a high-powered vimana, hurled on to the triple city a single projectile charged with all the power of the Universe. An incandescent column of smoke and flame, as bright as ten thousand Suns, rose in all its splendor… When the vimana returned to Earth, it looked like a splendid block of antinomy resting on the ground.”

Mausola Purvaで我々が見出したこの特異な記述は、19世紀の民族学者には理解できないものだったが、今日の我々には理解できる。「それは未知の兵器でである鉄の稲妻であり、ヴリシュニスとアンダカスの一族を灰燼に帰す巨大な死の使者だった。死体は誰が誰だかわからないくらいに燃え尽きていた。彼らの髪の毛と爪は剥がれ落ちていた。明らかな理由もなく陶器は壊れ、鳥は白くなった。数時間後、すべての食料が汚染された。稲妻は細かい塵となった。」

そしてまた、次のように述べた。「強力なヴィマナで飛行するククラは、全宇宙の力に満ちた単一の投擲体を3都市に投げつけた。太陽の1万倍のあかるさの白熱の煙と炎の柱が、素晴らしく立ち昇った。ヴィマナが地上に帰還したとき、それは地上で休むアンチモンの固まりのように見えた。(p. 122)



なお、日本語での初出は、おそらくこれ:
あらゆる武器を用いても、これら3つの都市には効果がなかった。そこで高速の強力なヴィマナで飛んでいた、雷電をあやつる者クルスは、3つの都市に向けて神々すら恐れを抱き、大きな痛みを感じる武器を投下した。太陽が1万個集まったほどの明るい、煙と火がからみあった光り輝く柱がそそり立った。それは未知の武器、鉄の石矢、死を告げる巨大な使者だった。3つの都市の住民は、ひとり残らず灰と化すまで焼き尽くされた。死骸は、だれのものとも見分けがつかなかった。髪の毛や爪は抜け落ちていた。鳥たちは白くなり、すべての食物は毒された。この武器は、それ自体細かな粉となり、崩れ落ちた。クルの軍勢は恐怖にかられて、自らの命を救おうと戦場から逃げ出した。あるものは自分の息子や父親、友や兄弟を戦車に乗せて、またある者はよろいをぬぎすてて流れに飛び込み、体や装備を洗った。[橋川卓也: "人類は核戦争で一度滅んだ" (1982), pp.49-50]




マハーバーラタにある類似した記述

Jason Colavito (2015(によれば、おそらく、マハーバーラタの以下の部分を元に捏造された。
When the next day came, Samva actually brought forth an iron bolt through which all the individuals in the race of the Vrishnis and the Andhakas became consumed into ashes. Indeed, for the destruction of the Vrishnis and the Andhakas, Samva brought forth, through that curse, a fierce iron bolt that looked like a gigantic messenger of death. The fact was duly reported to the king. In great distress of mind, the king (Ugrasena) caused that iron bolt to be reduced into fine powder.

翌日になると、サムバは実際に鉄のボルトを持ち出し、それを使って、ヴリシュニスとアンダカスの一族を灰燼に帰した。確かに、ヴリシュニスとアンダカの破壊のために、サムバはその呪いを通して、巨大な死の使者のように見える残忍な鉄のボルトを持ちだした。その事実は国王に正式に報告された。大きな心痛とともに、王(ウグラセナ)はその鉄のボルトを微粉末に還した。

[ Section 1 in "The Mahabharata, Book 16: Mausala Parva" (translated by Kisari Mohan Ganguli, 1883-1896) ]

Day by day strong winds blew, and many were the evil omens that arose, awful and foreboding the destruction of the Vrishnis and the Andhakas. The streets swarmed with rats and mice. Earthen pots showed cracks or broke from no apparent cause. At night, the rats and mice ate away the hair and nails of slumbering men. ... That chastiser of foes commanded the Vrishnis to make a pilgrimage to some sacred water. The messengers forthwith proclaimed at the command of Keshava that the Vrishnis should make a journey to the sea-coast for bathing in the sacred waters of the ocean.

日々強風が吹き、その多くは、恐ろしい、ヴリシュニスとアンダカの破壊を予感させる邪悪な前兆だった。通りにはネズミが多くいた。陶器は、明らかな原因もなく、ひび割れたり、破損したりした。夜、ネズミは眠っている人間の髪と爪を食べてしまった。... その敵の追跡者は、ヴリシュニスにどこか神聖な水へ巡礼をするように命じた。使者はケシャバの命令で、ヴリシュニスは海の神聖な水を浴びるために海岸に旅するべきだと宣告した。

[ Section 2 in "The Mahabharata, Book 16: Mausala Parva" (translated by Kisari Mohan Ganguli, 1883-1896) ]

この前半部分が、核攻撃っぽい記述に改変され、後半部分からネズミがいなくなって、放射性降下物っぽい記述に改変されたのではないかとJason Colavito (2015(は示唆する。






コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます