冷戦時代の核実験や民間防衛をめぐるカルチャー

関連ネタ

CIAによるソビエト連邦の民間防衛の評価(1976)


米国CIAは1976年に、ソビエト連邦の民間防衛について以下のような報告書を作成している
それによれば...


Soviet Civil Defense
by Central Intelligence 1978

ソビエト連邦の民間防衛は国民の防護と経済の防護と核攻撃後の復旧を目標としているとCIAは見ていた。ただし、国民は指導層とエッセンシャルワーカーとそれ以外に分かれ、その順に優先順位がついている。
Civil defense in the Soviet Union is an ongoing nationwide program under military control. The Soviets' strategic writings integrate civil defense into their military strategy. It is part of a general scheme of the likely origins, course, and consequences of nuclear war. The Soviets' experience in World War II and their traditional emphasis on homeland defense reinforce their interest in civil defense. By developing an active and extensive civil defense, in conjunction with their other defensive and offensive strategic programs, they hope to convince potential enemies that they cannot win a war with the USSR. If war should occur, the Soviets seek through civil defense along with other means to assure survival of the homeland and to leave the USSR in a stronger postwar position than its adversaries. Civil defense is meant to contribute to the maintenance of a functioning logistic base for continuing military operations, to help limit human and material losses, and to help enable the Soviets to speed recovery from the effects of nuclear war.

ソビエト連邦の民間防衛は、軍事管理下で進められている国家的プログラムである。ソビエトの戦略的文献では、民間防衛は軍事戦略に統合されている。それは、核戦争の考えられる発端と経過と結果の一般的な計画の一部である。第二次世界大戦におけるソビエトの経験と伝統的な国防重視のために、民間防衛へのソビエトの関心が強められている。他の防御的および攻撃的な戦略プログラムと組み合わせ、積極的かつ広範な民間防衛を発展させることで、潜在的な敵にソビエト連邦との戦争に勝つことができないと納得させたいと考えている。戦争が発生した場合、ソビエトは、祖国の生存を保証し、自らを敵よりも強力な戦後の立場に置くために、他の手段とともに民間防衛を模索する。民間防衛は、軍事作戦を継続するための機能する兵站基地の維持に貢献し、人的および物的損失を抑制し、ソビエトが核戦争の影響からの回復を早めることを可能にすることを目的としている。

The Soviet civil defense program is not a crash effort, but its pace increased beginning in the late 1960s. Civil defense activities are directed by a nationwide civil defense organization consisting of over 100,000 full-time personnel located at all levels of the Soviet government and economic structure. While improvements have been made in virtually all facets of the program, it has been marked by wide variations in implementation from area to area and year to year. Bureaucratic difficulties and apathy on the part of a large segment of the population have retarded implementation in the past, though in wartime such problems would probably diminish. A sustained effort has been made to provide blast shelters for the leadership and essential personnel. Programs to protect industry by geographic dispersal have not been implemented to a significant extent, however, and there is little .evidence of hardening of economic installations.

ソビエトの民間防衛プログラムは集中的努力ではないが、そのペースは1960年代後半から増加した。民間防衛活動は、ソビエト政府と経済構造のすべてのレベルに配置された10万人以上の常勤職員で構成される全国的な民間防衛組織によって指揮されている。プログラムのほぼすべての面で改善が行われているが、地域ごと、および年ごとに実施が大きく異なることが特徴である。これまで官僚組織の問題と、多くの国民の無関心により、実施が遅れてきたが、戦時にはそのような問題は解消するだろう。指導者と不可欠な要員に対爆風シェルターを提供すべく継続的な努力がなされてきた。しかし、地理的分散による産業防護プログラムは、あまり実施されておらず、経済的設備の強化の証拠はほとんどない。

The Soviets regard the specific objectives of their civil defense program to be:
・An ability to protect people—the leadership first, the essential work force second, and the remainder of the population third.
・An ability to protect the sources of economic productivity, to assure the continuity of economic activity in wartime, and to permit the restoration of production following a nuclear attack. >
・An ability to sustain the surviving population in the period immediately following a nuclear attack, and to prepare for longer term postattack recovery.

ソビエトは自らの民間防衛プログラムの目的を次のように考えている:
国民を防護する能力:指導層最優先、続いてエッセンシャルワーカー、そして最後が残りの国民
経済的生産性の源泉を防護し、戦時中の経済活動の継続を保証し、核攻撃後の生産の回復を可能にする能力
核攻撃直後の期間に生き残った人々を維持し、攻撃後の長期的な回復に備える能力


CIAは、国民の防護については、特定できている指導層用のシェルターも直撃には耐えられないと見ていた。さらに、労働者の半数は工業地域の外へ避難させ、エッセンシャルワーカーのみを残留させることを想定して、シェルターを準備していると見ていた。
We have assessed the state of Soviet civil defense preparations with respect to these objectives

我々はこれらの目的について、ソビエトの民間防衛の準備状況を評価した。

Protection of People: (国民の防護)

・Leadership: The Soviets probably have sufficient blast-shelter space in hardened command posts for virtually all the leadership elements at all levels (about 110,000 people). Some of these shelters are harder than those available to the general population. All fixed leadership shelters which have been identified are vulnerable to direct attack, but we assume that alternative arrangements are available to protect at least the top leadership.

・指導層:ソビエトはおそらく、事実上、あらゆる階層の全指導層(約11万人)を収容する強化指揮所に十分な耐爆風シェルターを持っている。これらのシェルターの幾つかは、一般国民が利用できるシェルターよりも強固である。特定できた全指導層シェルターは直接攻撃には脆弱だが、少なくとも最上級指導層を防護が可能な別手段は利用可能だと想定している。

・Essential Work Force: Shelters at key economic installations could accommodate about 12 to 24 percent of the total work force. However, Soviet plans do not call for sheltering the entire work force. In a crisis, nonessential and off-duty workers would be evacuated. Only those required to maintain essential production would remain behind to be sheltered. If one-half the total work force is dispersed, from 24 to 48 percent of the remainder could be sheltered.

・エッセンシャルワーカー:主要な経済施設にあるシェルターは全労働者の約12〜24%を収容できる。しかし、ソビエトの計画では全労働者の防護を定めていない。危機の際には、エッセンシャルでない労働者と勤務時間外の労働者は避難するだろう。不可欠な生産を維持するために必要な労働者がシェルターに収容されるべく残留する。全労働者の半数が隔地避難していれば、残りの24〜48%が防護される可能性がある。

Population: A minimum of 10 to 20 percent of the total population in urban areas (including essential workers) could be accommodated at present in blast-resistant shelters. By 1985, the percentage of the urban population that could be sheltered would rise to 15 to 30 percent, assuming no change in the present rate of shelter construction. Despiie the scope and pace of shelter construction, the absolute number of city dwellers not afforded such protection by 1985 will increase because of the expected population growth in urban areas.

・一般国民:現在、都市部の全人口(エッセンシャルワーカーを含む)の最低10〜20%を耐爆風シェルターに収容できる。1985年までに、現在のシェルター建設率に変化がないと仮定すると、避難できる都市人口の割合は15〜30%に到達するだろう。シェルター建設の規模とペースに反して、1985年までにそのような防護を与えられない都市居住者の絶対数は、都市部で予想される人口増加のために増加するだろう。

The critical decision to be made by the Soviet leaders in terms of sparing the population would be whether or not to evacuate cities. Only by evacuating the bulk of the urban population could they hope to achieve a marked reduction in the number of urban casualties. An evacuation of urban areas could probably be accomplished in two or three days, with as much as a week required for full evacuation of the largest cities. These times could be extended by shortages in transportation, other bottlenecks, or adverse weather conditions.

国民を救うという観点でソビエト指導者が下すべき重要な決定は、都市からの避難を実施するか否かである。都市人口の大部分を避難させることによってのみ、都市の死傷者の数の大きく減少できると思える。都市部の避難はおそらく2〜3日で完了し、大都市の完全な避難には1週間を要するだろう。これらの時間は、輸送力の不足、その他のボトルネック、または悪天候によって遅延する可能性がある。
結局は疎開だのみにならざるを得ないというのがCIAの見解である。もちろん、CIAの想定・推定うあ、米軍がソビエト連邦の非戦闘員を狙って核ミサイルを発射することはないとの前提を置いていた。

そして、経済(あるいは生産基盤)の防衛はあまりうくないかないとCIAは推定していた。
Protection of the Economy: Soviet measures to protect the economy could not prevent massive industrial damage. The Soviet program for dispersal of industry appears to be offset by a contrary tendency for investments in new facilities to be inside or near previously existing installations. The Soviet measures for protecting the work force, critical equipment, and supplies and for limiting damage from secondary effects could contribute to maintaining and restoring production after an attack. We expect some improvements in the level of protection for the economy, but any radical change in its vulnerability to nuclear attack is unlikely.

経済の防護:経済を防護するためのソビエトの手段は、大規模な工業被害を防げないだろう。工業施設を分散させるソビエトのプログラムでは、新施設への投資が既存施設の内部または近くにあるという反対の傾向によって相殺されているようだ。労働力、重要な設備、備品を防護し、二次的影響による被害を抑制するためのソビエトの手段は、攻撃後の生産の維持と回復に貢献する可能性がある。経済の防護レベルはある程度改善されると予想されるが、核攻撃に対する脆弱性が根本的に変える可能性はほとんどない。

何が準備されているかはわかるが、ソビエト政府の継続性や核攻撃の影響から回復するソ連の長期的な能力の可能性を評価できていない。
Postattack Recovery: The operating elements of the civil defense program as well as a substantial number of the civilian population (a number we cannot estimate with confidence) have received training in rescue and recoiery operations such as administering first aid, clearing rubble, decontaminating, and providing emergency repair and restora-tion of power. With at least several weeks to build up reserves and distribute supplies of food and fuel, the Soviets could probably provide adequate supplies to sustain the relocated and surviving urban population in the period immediately following a nuclear attack. Nevertheless, the coordination of requirements with available supplies and transportation is a complex problem for Soviet planners even in peacetime, let alone following a large-scale nuclear attack. We have not evaluated the potential for continuity of the Soviet government or the USSR's long-term ability to recover from the effects of a nuclear attack.

攻撃後の復旧:民間防衛プログラムの運用要素と相当の数の民間人(確度の高い推定はできない)は、救急措置や瓦礫の除去や除染や電力施設の応急修理と電力の復旧などを行うための、レスキュー及び復旧工事の訓練を受けている。ソビエトは、少なくとも数週間あれば、核攻撃直後の期間避難して生存した都市住民を維持するに十分な物資供給を行えるだろう食料と燃料の備蓄を積み上げられるだろう。それにもかかわらず、大規模な核攻撃の後は言うまでもなく、平時でもソビエトの計画立案者にとって、利用可能な物資と輸送の要件調整は複雑な問題である。我々は、ソビエト政府の継続性や核攻撃の影響から回復するソ連の長期的な能力の可能性を評価していない。

そして、CIAはコストを推定しているが、ラフなもの。
Costs: While total civil defense costs are unknown, cost estimates have been made of three major elements of the Soviet program: pay fir full-time civil defense personnel, operation of specialized civil defense military units; and shelter construction. The cost of these elements in 1976 amounted to about 400 million rubles, less than 1 percent of the estimated Soviet defense budget. If these three elements of the Soviet program were to be duplicated in the United States, they would have cost about $2 billion in 1976, with about three-fourths of this representing manpower costs. (These estimates should be considered rough approximations. They are affected by uncertainties both in the quantitative data on civil defense programs and in estimates of prices.)

コスト:民間防衛の総コストは不明だが、コスト推定は、ソビエトプログラムの3つの主要な要素について実施した。すなわち、フルタイムの民間防衛要員への支払い、専門の民間防衛軍部隊の運営、シェルター建設である。1976年のこれらの要素のコストは約4億ルーブルであり、推定されるソビエト国防予算の1パーセント未満だった。ソビエトのプログラムのこれらの3つの要素を米国で再現した場合、1976年には約20億ドルの費用がかかり、その約4分の3が人件費に相当する。(これらの推定りは大まかな概算と見なす必要がある。民間防衛プログラムの定量的データと価格推定の​​両方の不確実性の影響を受ける。)


ソビエトの民間防衛の効果は、その効果を知って対応する米国自体の戦略・戦術に影響を受ける。それでは何も推定できないので、米国にとって「最悪」つまり、うまくいったとしてこれくらいという推定をするCIAは...
Effects of Civil Defense: In analyzing the effects of civil defense on levels of damage and casualties the Soviets might sustain, we simulated a hypothetical attack against high-value military and economic targets. The Soviet population as such was not deliberately targeted. For the purposes of this simulation we assumed a single retaliatory attack immediately following a Soviet first strike. Our analysis in effect tends to present a "worst case" for retaliation. For example, various times were assumed to be available to the Soviets to make civil defense preparations, ranging from a few hours to a week or more, while in each case opposing forces were assumed not to have progressed beyond day-to-day alert. In reality, Soviet efforts to maximize civil defense preparations could lead a potential opponent to place its forces at increased levels of readiness.

民間防衛の効果:ソビエトが被る可能性のある被害と死傷者のレベルに対する民間防衛の効果を分析する際に、我々は重要な軍事及び経済目標に対する仮想敵攻撃をシミュレートした。ソビエト国民自体は、意図的に攻撃目標としていない。このシミュレーション目的のために、ソビエトの先制攻撃に対する一回の報復攻撃を想定した。我々の分析は事実上、報復の「最悪のケース」を提示する傾向がある。たとえば、ソビエトが民間防衛の準備をするために数時間から1週間以上のさまざまな時間を利用できると想定できるが、いずれの場合も、敵対勢力は日々の警戒を超えて進まないと想定した。現実には、民間防衛の準備を最大化するためのソビエトの努力は、潜在的な敵による、それに応じた軍事力の準備を招くことになるだろう。

The effectiveness of civil defense in reducing casualties in the USSR and in coping with the postattack Period would depend primarily on the time available to make final preparations before an attack. (The analysis considered only those casualties that occurred during the first month following an attack and resulted from prompt nuclear effects and early fallout.) Using the results of the hypothetical attack under the assumptions referred to above, we estimate that:

ソ連での死傷者の抑制と攻撃後の期間の対処における民間防衛の有効性は、主に攻撃前の最終的な準備を行うために利用できる時間に依存する。(分析では、攻撃後の最初の1か月間に発生し、核攻撃の直接的効果と早期の放射性降下物に起因する死傷者のみを考慮した。)上記の仮定の下での仮想攻撃の結果を使用して、次のように推定した。

・Under worst conditions for the USSR, with only a few hours or less to make final preparations, Soviet casualties would be well over 100 million but a large percentage of the leadership elements would probably survive.

・最終的な準備をするの数時間かそれ以下のソ連にとって最悪の条件の下では、ソビエトの死傷者は1億人をはるかに超えるだろうが、指導層の大半はおそらく生存するだろう。

・The critical time for preparation appears to be about two or three days, because only by evacuating could the Soviets hope to avert massive losses. With a few days for final preparations, casualties could be reduced by more than 50 percent; most of this reduction would be due to evacuation, the remainder to shelters.

・ソビエトは避難のみが大規模な損失を回避することを望みうる手段であり、その準備のための必要不可欠な時間は約2、3日であると思われる。最終的な準備に数日かけられれば、死傷者は50%以上削減される可能性がある。この削減の大部分は避難によるものであり、残りはシェルターによるものである。

・Under the most favorable conditions for the USSR, including a week or more to complete urban evacuation and then to protect the evacuated population, Soviet civil defenses could reduce casualties to the low tens of millions.

・都市からの避難を完了し、避難した住民を防護するための1週間以上を含む、ソ連にとって最も好ましい条件の下で、ソビエトの民間防衛は死傷者を数千万人にまで抑制できるだろう。

・While many of the essential personnel sheltered at economic facilities would probably survive an attack, the Soviets could not prevent massive damage to their economy and the destruction of many of their most valued material accomplishments.

・経済施設にシェルターに避難するエッセンシャル要員の多くはおそらく攻撃に耐えられるだろうが、ソビエトは経済への甚大な被害と、最も価値のある重要な成果の多くへの破壊を防ぐことができないだろう。
人的被害は疎開を実施するか否かにより大きく異なる。そして、その疎開先を米国が攻撃するか否かにより大きく異なる。ここでは、疎開の実施による効果のみを推定し、それ以上はCIAは言及していない。


そして、おそらくソビエト自身が行っているであろう、民間防衛の効果推定に基づくなら、ソビエトはどうするか?
The casualty levels noted above could be increased if, for example, the attack came while an evacuation was in progress, if the size of the attack were larger, if the attack were stretched out over a longer period, if it were directed against the population as such, or if the evacuation were less expeditious than planned or impeded by adverse weather or transportation deficiencies. In assessing the protection afforded by their civil defenses the Soviets would take account of these uncertainties.

上記の死傷者レベルは、たとえば、避難の進行中に攻撃が発生した場合、攻撃規模が大きかった場合、攻撃が長期間にわたって行われた場合、国民に対して向けられた場合、あるいは、避難が計画よりも迅速でなかった場合、悪天候や交通機関の不足によって妨げられた場合などでは、増加する可能性がある。彼らの民間防衛によって提供される防護を評価する際に、ソビエトはこれらの不確実性を考慮に入れるだろう。

The Soviets almost certainly believe their present civil defenses would improve their ability to conduct military operations and would enhance the USSR's chances for survival following a nuclear exchange. They cannot have confidence, however, in the degree of protection their civil defenses would afford them, given the many uncertainties attendant to a nuclear exchange. We do not believe that the Soviets' present civil defenses would embolden them deliberately to expose the USSR to a higher risk of nuclear attack.

ソビエトは、現在の民間防衛が軍事作戦を遂行する能力を向上させ、核の応酬後のソ連の生存の可能性を高めるとほぼ確実に考えている。しかし、核の応酬に伴う多くの不確実性を考えると、彼らは民間防衛が彼らに与える防護の程度に確信を持てない。我々は、ソビエトの現在の民間防衛によって、ソ連が核攻撃のより高いリスクにさらすような故意に大胆になるとは考えていない。

Present evidence does not suggest that in the foreseeable future there will be any significant change in the Soviet leaders' judgment that civil defense contributes to war-fighting and war-survival capabilities, nor that their uncertainties about its actual effectiveness would be lessened. Thus, we have no reason to believe that the Soviet leaders' perception of the contribution of civil defense to their capabilities for strategic nuclear conflict will change significantly.

現在の証拠は、予見可能な将来に、民間防衛が戦争遂行及び戦時生存能力に寄与するというソビエト指導層の判断に重大な変化がある、あるいははその実際の有効性についての彼らの不確実性が軽減されることを示唆していない。したがって、戦略的核戦争の能力に対する民間防衛の貢献に対するソビエト指導者の認識が大きく変わると考える理由はない。
自国民と自国経済を守れるが故に、攻撃的になると考える理由はないとCIAは述べている。ソビエト指導層はそのような自信を持ちえないからだと。






コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます