冷戦時代の核実験や民間防衛をめぐるカルチャー

関連ネタ>古代核戦争

Steven Parkerの円筒印章


Steven Parkerはテキサス州Austinで活動するアーティスト、ミュージシャン、キュレーターである。彼のアーティスト作品はAcme Clockworksに掲載されている。
​ABOUT

Acme Clockworks represents the work of Steven Parker. As you browse through the site, you will also find pieces that result from collaborative efforts with other artists – the synergy of such creation is incredibly rewarding.

Over the years, Steven Parker has been active in the design and manufacture of product in two industries – toys and jewelry. The work you see here brings together the knowledge culled from that experience with the elements of mechanics, narrative, and an interactive experience woven throughout. Another element present in some of Mr. Parker's work may be apparent in the discoveries documented here of Mr. Parker’s alter ego, Dr. Kent Streaver – a barely perceptible hint of parody.

We hope you enjoy the work shown here, and look forward to adding more to the mix.

Acme Clockworksは、Steven Parkerの作品を掲載している。サイトには、他のアーティストとの共同作品もある。そのような創作の相乗効果には非常にやりがいがある。

Steven Parkerは長年にわたり、玩具とジュエリーの2つの業界で製品の設計と製造に積極的に取り組んできた。ここにある作品は、機械構造や物語の経験から集められた知識と、全体に織り込まれたインタラクティブな経験の要素を結び付けている。Parker作品のいくつかにある別の要素は、Parkerの分身であるDr. Kent Streaverの発見記録である。これは、かろうじてパロディであることに気付けるヒントである。

皆さんにここの作品をお楽しみいただければと思う。そして、さらなる作品が追加されることを心待ちにしている。

[ Acme Clockworks: About ]

「Dr. Kent Streaverが書いた発見記録」という形で添えられた能書きも、そのアートの一部である。そのようなアートでよく知られているのが、バビロン円筒印章を模した作品だろう。これには以下のような、Dr, Kent Streaver名義の能書きが添えられている。
BABYLONIAN CYLINDER SEAL​ From Ancient Babylon, a Discovery of Great Importance
Kent P. Streaver, Ph.D., FNAS, GAA, DMv

And there were voices, and thunders, and lightnings; and there was a great earthquake, such as was not since men were upon the earth, so mighty an earthquake, and so great. On Babylon, from the King James Bible, Revelation 16:18

そして、稲妻、轟音、雷鳴が起こり、また、大きな地震が起きた。それは、人が地上に現れて以来、いまだかつてなかったほどの大地震であった。(ヨハネ黙示録16章18節)
...
The images on this smallest seal depict a powerful scene: King Nebuchadnezzar II, releasing a large constructed form.

A cloud of dust, sending weapons of warfare in all directions accompanied by the eight pointed stars of Ishtar, goddess of war. The same tree, by the same artisan, that appeared on the other seals, but this tree bore no fruit – instead it was dropping its dead leaves as it died (Fig. 8).

この最小の円筒印章の画像はパワフルな光景を示している: >国王ネブカドネザル2世が大きな構造物を放っている。

塵の雲、戦争の女神イシュタルの八芒星とともに、あらゆる方向に戦争兵器が送られる。他の印章にある同じ職人による同じ樹だが、この樹は実を結ばなかった。代わりに、枯れたときに枯れ葉を落とした。


Figure 8. Clay imprint of the innermost seal, King Nebuchadnezzer II with weapon of awesome destruction, actual seal height ~14mm.
I understood. The implications of what I was seeing were far reaching, and I knew what I had to do. On this dreary day in March of 2003 I called my sponsor at the Foundation, explained what I had discovered, and asked if he had any way to bring this information to responsible powers in government. The rest is history. The world is now a safer place, thanks to a government that could respond quickly and surely when presented evidence of a terrible threat, and thanks to the Science of Archaeology.

最も内側の印章であるネブカドネザル2世の粘土の印象。破壊兵器が描かれており、実際の円筒印章の高さは約14mmである。
私はわかっていた。私が見ていたものが意味するところは広範囲であり、何をすべきかわかっていた。2003年3月の陰鬱な日に、私は財団のスポンサーに電話し、私の発見を説明し、彼がこの情報を政府の責任ある人物に持ち込む方法があるかどうか尋ねた。あとは歴史だ。恐ろしい脅威の証拠が提示されたときに迅速かつ確実に対応できる政府と考古学の科学のおかげで、世界は今やより安全な場所になっている。

[ "Babylon Cylinder Seal" by Acmeclockworks ]
いかにもっぽい雰囲気がある。

なお、Cylinder seal(円筒印章)とは、古代オリエント世界で使われた印鑑みたいなものである。
Cylinder seals are engraved, cylindrically shaped objects – usually made of stone – designed to be rolled into clay to leave impressions. The engraved images, and usually text, are carved in reverse, so that when rolled out onto clay they face the correct direction.

Throughout much of the ancient Near Eastern world, from the end of the 4th millennium B.C.E. until the 5th century B.C.E., cylinder seals were used both as administrative tools – functioning much as a signature does on an official document today, or used to mark one’s property and to prevent tampering with sealed doors or containers – and as decorative or protective amulets – often worn on a necklace or a pin. ...

円筒印章は、転がして粘土に印象を残すように設計された、通常は石でできている、円筒形のオブジェクトである。刻まれた画と文字は通常はテキストは逆に刻まれており、粘土の上で転がしたときに正しい方向を向く。

西暦前4千年紀の終わりから、紀元前5世紀まで、古代オリエントの世界の大部分で 円筒印章は行政ツールとして使用されていた。今日の公式文書の署名と同じように使われたり、所有物に印を付けて許可なく扉や箱に触れることを防ぐために使われたり、ネックレスやピンなどの装飾や御守りとして使われたりした。

[ [["Ancient Cylinder Seals" on Johns Hopkins Archaeological Museum>https://archaeologicalmuseum.jhu.edu/the-collectio...






コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます