AWS認定資格対策ノート

【AWS】ELB(Elastic Load Balancing)まとめ

ポイント

  • 1つのAZに対し、1つのサブネットを登録する。
  • 固有の(一意の)DNS名を割り当てる。
    • 複数のAZに配置しても、DNS名は一つ。
  • 独自のドメインを利用するには、Route 53にCNAMEを登録する。
  • DNSで名前解決すると、複数のグローバルIPアドレスが返される。

3種類のロードバランサー

ApplicationOSIモデル、アプリケーション層で機能する。
リスナー・ルールに基づいてルーティングする。
NetworkOSIモデル、トランスポート層で機能する。
有効なAZ間のルーティングを行う。
ClassicEC2-Classicをサポートする。
Elastic IPを利用できない。
Elastic Load Balancing 製品の比較

アプリケーション・ロードバランサー

dualstack
  • ロードバランサーは、IPv4、6両方をサポートする。
  • ロードバランサーとクライアント間はIPv4で通信する。
Application Load Balancer IP アドレスタイプ

フリーエリア

メンバーのみ編集できます