AWS認定資格対策ノート

シナリオと例

NAT


NAT インスタンスは、送信元または送信先がそのインスタンスでないときにも、トラフィックを送受信できなければなりません。したがって、NAT インスタンスでは送信元/送信先チェックを無効にする必要があります。
NATインスタンス 送信元/送信先チェックを無効にする

サブネット

デフォルト内で起動するインスタンスパブリック IPv4 アドレスとプライベート IPv4 アドレスの両方、およびパブリックとプライベート DNS ホスト名の両方を受け取ります。
デフォルト以外のサブネット内に起動するインスタンスパブリック IPv4 アドレスまたはパブリック DNS ホスト名を受け取りません。
デフォルト VPC とデフォルトサブネット

主な制限

VPC数5/region
サブネット数200/VPC
CIDRブロック数4/VPC
Elastic IP割り当て5/VPC
ルートテーブル数200/VPC
ルート数50/route table
BGP100/route table
Amazon VPC の制限

注意


Q: サブネットに割り当てる IP アドレスをすべて使用できますか?
いいえ。各サブネットにおいて、Amazon が先頭の4 IP アドレスを確保し、最後の1 IP アドレスは、IP ネットワーキングの目的で確保されます。
Amazon VPC のよくある質問、IP アドレス関連

無効な VPC ピアリング接続設定

フリーエリア

メンバーのみ編集できます