ベビーパーク フランチャイズ(FC)で運営する、画期的な幼児教育システムが評判で注目を集めています。子供の能力を引き出す最大のキーパーソンは母親であるとしてベビーパーク フランチャイズ(FC)では親子一緒に成長できる幼児教育教室を展開しています。

ベビーパーク フランチャイズ(FC)で運営する、画期的な幼児教育システムが評判で注目を集めています。
子供の能力を引き出す最大のキーパーソンは「母親」であるとして、ベビーパーク フランチャイズ(FC)では、親子一緒に成長できる幼児教育教室を展開しています。
少子化でありながらも、活気を見せる幼児教育事業にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
「黒字化保証」や「経営委託」などが魅力のベビーパーク フランチャイズ(FC)の収益イメージや開業方法、評判などを含めてまとめてみました。



ベビーパークとはどんなフランチャイズ(FC)なのか


ベビーパーク フランチャイズ(FC)とは、数多く存在する幼児教育教室の中でも、オーナーにとって魅力の多いフランチャイズシステムです。
日本の少子化問題が長期化する中でも、幼児教育市場は衰えを見せず、むしろ、少子化だからこそ「子供の教育にお金をかけたい」という親心が市場への活性剤となっています。
幼児教育市場が高まる中でも、ベビーパーク フランチャイズ(FC)では、日本で初めて親子教室を全国展開した実績があります。
本部への業務委託制により、フランチャイズ(FC)や幼児教育事業未経験のオーナーでも始めることができます。

ベビーパークとは?

「ベビーパーク」とは、日本で初めて「親子教室」を生み出した幼児教室運営企業です。
通常、幼児教室は子供のため教室ですが、ベビーパークでは母親用のカリキュラムが組まれているところが、他の幼児教室にはない特徴の一つです。
ベビーパーク フランチャイズ(FC)では「お母さまが育児を学べる幼児教育」というコンセプトで全国に教室を増やし、グループ全体では約20,000人の生徒を抱えて、その拠点の数は170にも上ります。

ベビーパーク フランチャイズ(FC)モデルと教室開校までの流れ

ベビーパーク フランチャイズ(FC)のフランチャイズモデルと教室を開校するまでの流れについて解説致します。

「新規開校モデル」とは?

ベビーパーク フランチャイズ(FC)は「新規開校モデル」というフランチャイズ制度があります。本部とオーナーの二人三脚で新しい教室を作り上げていく業務委託スタイルが特徴です。以下にその特徴を記します。
  1. 講師の人事育成・労務管理を本部が実施
  2. 教室運営の黒字化まで本部が手助け
  3. 教室開校から3年経過しても黒字化が見込めない場合は本部が教室を買取
  4. 無理のない資金設定と積み上げ型の安定した収入構造

フランチャイズ(FC)契約までの流れ

ベビーパーク フランチャイズ(FC)と契約するまでの流れは次の通りです。

(1)ベビーパーク本部への問い合わせ
 ↓
(2)事業の説明と本部での面談
 ↓
(3)契約内容の解説と収益シミュレーションのレクチャー
 ↓
(4)店舗展開エリアを決定する
 ↓
(5)本部とオーナー予定者との面談
 ↓
(6)ベビーパーク フランチャイズ(FC)のオーナーとして契約

契約前に、事業の説明や契約内容の解説、収益シミュレーションまでレクチャーし、本部とオーナー予定者との面談を重ねた上で最終的な契約を交わします。

教室開校までの流れ

ベビーパーク フランチャイズ(FC)と契約後、教室を開校するまでの流れを見てみましょう。

(7)書類などの準備期間
 ↓
(8)教室の物件探し、物件の内装工事、人材採用や育成活動など開校前の実務的準備を本部で実施
 ↓
(9)生徒の募集活動を本部で実施
 ↓
(10)開校

ベビーパーク フランチャイズ(FC)では、不動産での物件探しや、教室開校のための内装工事を始め、講師の育成や生徒の募集など、開校に必要な実務を本部が一手に引き受ける、
完全委託制となっているので、フランチャイズ初心者でも運営しやすいシステムとなっています。

初期投資額と収益システムについて

ベビーパーク フランチャイズ(FC)の初期投資額や収益システムについて解説します。

初期投資額は?

ベビーパーク フランチャイズ(FC)では約1,850万円の初期投資額で、新規教室を開校することができます。
初期投資額の内訳については、下記の表を参照にしてください。
項目詳細金額小計
加盟金等BP加盟金5,000,000円14,400,000円
KA加盟金400,000
立上支度金9,000,000
物件取得費開業前家賃(1.5ケ月)300,000円1,300,000円
敷金(4ケ月)800,000円
仲介手数料(1ケ月)200,000円
外装・内装費-1,300,000円1,300,000円
レッスン備品-831,000円831,000円
事務所備品・消耗品-669,000円669,000円
合計18,500,000円
*賃料は20万と想定した上の計算です
*物件取得費・外装・内装費は変動します
*開業前家賃は最大1.5ケ月分、初期費用としてオーナーが負担します

収益システムは?

ベビーパーク フランチャイズ(FC)の収益システムは、流行に左右されない長期的な利回りが期待できます。

【例:平均投資額2,000万円の場合】
  • 想定収益率:4%〜18%
  • 年間利回り:年間約240万円(年利回り12%)〜約1,000万円(年利回り50%)
  • 回収目安:5年〜7年

新規開校した場合、収益を出すまでの期間は1年〜2年を見込み、それを見据えての資金設定をします。
初期設定に「黒字化保障費」が含まれているため、黒字化まで追加投資なしで運用できます。

オーナーのメリットとデメリット

ベビーパーク フランチャイズ(FC)のオーナーになると、どのようなメリットとデメリットがあるのかまとめました。

ベビーパーク フランチャイズ(FC)のメリット

ベビーパーク フランチャイズ(FC)には主に3つのメリットがあります。
メリット1:本部への業務委託制
ベビーパーク フランチャイズ(FC)は、本部へ業務を委託できるので、フランチャイズ未経験のオーナーでも安心して運営ができます。
開校前の準備段階である、教室の物件探し、内装工事、生徒募集に関する実務も全て請負ってもらえます。
また、教室の販促活動についてもお任せできるので、営業的なノウハウがなくても教室運営が可能となります。
メリット2:人材育成マネジメントを一任
講師の募集や育成、労務管理などの人材育成マネジメントも本部にお任せできます。
雇用リスクに悩む幼児教室オーナーが多い中、ベビーパーク フランチャイズ(FC)では、そのような心配とは無縁となります。
メリット3:地域への社会貢献
ベビーパーク フランチャイズ(FC)は、母親も子供も一緒に学べる幼児教室です。少子化や核家族化により密室育児になりがちな時代に、親子が笑顔になる幼児教室の運営は、
健全な親子関係への後押しとなります。また、有能な人材を育成することで、地域への社会貢献にもつながります。

フランチャイズ(FC)のデメリット

フランチャイズ(FC)のデメリットは、立地と子供の数の関係があります。
フランチャイズを運営するにあたり、立地と集客の関係性に関するリスクはつきまとうものですが、本部のフォローがあっても立地的に子供が少ない地域の場合、運営がうまくいかないケースもあります。市場に需要があっても、地域的な問題でのデメリットは開校前に考慮するべき点とも言えましょう。

ベビーパーク フランチャイズ(FC)で黒字化しなかったら?

もしも、ベビーパーク フランチャイズ(FC)で黒字化しなかったらどうなるのでしょうか?

ベビーパーク本部による「買取システム」

ベビーパーク フランチャイズ(FC)では、一定期間黒字化が見込めない教室を、最終的に本部が引き受ける「買取システム」が存在します。
また、運営が軌道にのって黒字化するまで、本部のフォローが入るので、オーナーは安心して教室運営に心血を注ぐことができます。

ベビーパーク フランチャイズ(FC)の評判・成功例

ベビーパーク フランチャイズ(FC)の評判・成功例を見ていきましょう。

評判・成功例1:コロナショックの中でも安定した収益を出せた

新規教室がなかなか収益を出せずにいたが、やっと黒字化になったと思った途端にコロナショックに見舞われた。
しかし、ベビーパーク フランチャイズ(FC)本部の保証とフォローのおかげで安定した収益を出せるようになった。

評判・成功例2:都内の新規教室で一年以内の黒字化に成功

ベビーパーク フランチャイズ(FC)新規教室を都内で開校したら、約8カ月で黒字化した。そのお陰で、年間500万円の収益を得ることができた。

評判・成功例3:地方都市でも黒字化に成功した

地方都市でベビーパーク フランチャイズ(FC)の新規教室を開校。なかなか軌道に乗らず1年10カ月かかり黒字化となった。現在は年間270万円の収益を得ている。

ベビーパーク フランチャイズ(FC)オーナーに向いている人

ベビーパーク フランチャイズ(FC)のオーナーには、このような人が向いています。
  • ベビーパークの経営理念に共感できる人
  • 幼児教育事業で社会貢献したい人
  • 副業で幼児教育事業をしたい人
  • 人材育成に興味がある人
  • 子供が好きな人

ベビーパーク フランチャイズ(FC)のオーナーに共通する特徴として「自分の子供を教室に通わせていた元保護者」が多いことです。
実際に通わせているうちに、経営理念に共感し、オーナーになりたいと思った方が各地に存在しています。

画期的な幼児教育システム

ベビーパークの画期的な幼児教育システムには以下のような特徴があります。
  1. 「マザーリンク」という母親のためのカリキュラムで子育てのイロハが学べる
  2. 非接触に対応できるオンラインカリキュラムの導入
  3. 新規開拓向けのYouTubeチャンネルの解説

ベビーパークでは、母親も子供と一緒にカリキュラムを受け、正しい育児や適切なアプローチを学ぶことができます。
子供と一緒に成長するシステムは全国でも初の試みであり、ベビーパーク フランチャイズ(FC)以外の幼児教室では見られない、画期的な取組みと言えます。

【ベビーパーク公式サイト】
育児がもっと楽しくなる親子教室|0〜3歳の幼児教室【ベビーパーク】

経営理念

ベビーパークの経営理念は「無限の可能性を秘めた人間の能力を、最大限に引き出す事は、人類にとって最も崇高な仕事の一つであるという認識の下「心、知、体」が高度にバランスのとれた人物を輩出することを目的として事業を行う」です。その信条の中では「子供の可能性を最大限に引き出すの母親である」という点をとても重視しています。
ベビーパーク フランチャイズ(FC)を、単なる「幼児教室」ではなく「親子教室」を展開している理由とも繋がっており、母親が子供の能力を引き出すことにより、考える力、創造する力、解決する力などを備えた「本当の意味での頭の良い子」を育み、日本の将来を背負って立つような人材を育成することを目標としています。

ベビーパーク フランチャイズ(FC)についてのまとめ

  • ベビーパーク フランチャイズ(FC)は子供だけでなく、母親も一緒に学ぶことができる全国初の「親子教室」です。
  • 業務委託制度なので、実務上のリスクは本部が請負ってくれます。
  • 約1850万円の初期投資額でオープンすることができます。
  • 黒字化まで本部のフォローがあります。
  • 黒字化しない場合は本部が教室ごと買い取る「買取システム」があります。

メリットが多く、本部の保証も手厚いベビーパーク フランチャイズ(FC)で、充実した幼児教室フランチャイズを運営してみるのはいかがでしょうか。

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます