にゃんこ大戦争の非公式wiki

画像説明
魔界で活躍するエリート外交官。
笑顔で交わされるパワフルな握手と
物理的交渉術はめっちゃ強い。
好きな相撲の決まり手は悪魔出し投げ。

基本ステータス
体力75,000
攻撃力15,000
射程345 (範囲)
攻撃発生0.2秒
攻撃頻度2.3秒
移動速度8
KB3回
属性悪魔
特性悪魔シールド(耐久力250,000、KB時耐久力50%でシールド復活)
倒されると100%の確率でLv1の烈波(射程450〜1050)を放つ
備考
魔界編の大阪府で初登場した、悪魔化したクマ先生。 黒い敵属性もついているように見えるが、実際は悪魔属性のみ。

250,000(復活後125,000)という、かなりの耐久値を誇る悪魔シールドを持つ上、クマ先生系統でお馴染みのそれなりに長い射程も持ち合わせているのが厄介。
攻撃力も等倍の時点で15,000となかなか高く、それが攻撃頻度2.3秒で繰り出される。
魔界編ではレベルの封印もあり、生半可な射程のキャラはあっさりやられてしまうだろう。
特にアックマ閣下が出現するステージの多くでは、ブラッゴリヘルゴリラーなどの短射程で突破力の高い取り巻きが共に出現するため要注意である。
おまけに、死亡時に烈波を放つ特性も持ち合わせており、こちらの戦線崩壊を招く脅威となりうる。
また、このようにかなりの突破力を持っている上に悪魔シールドの恩恵により一切の妨害やKBが効かないため、シールドブレイクが発動するまでは押し返すことも困難である。

例えば150%に強化されたアックマ閣下が5体も出現する「山形県」は、魔界編の中でも屈指の難所として名高い。
天使ガブリエルでジリジリ詰めていきながら、こちらの大型アタッカーを的確に始末しにかかってくる。
アックマ閣下が複数体重なってしまうとほぼ負け濃厚であり、正攻法ではいかにこのアックマを早期処理出来るアタッカーを揃えられるかが鍵の一つである。
総じて、魔界編で登場した悪魔の中でもとりわけ強力な敵であり、今後のステージにおいても危険な存在となり得るだろう。

一方、体力が75,000と大型の敵にしてはかなり抑えられており、悪魔シールド破壊後に直ちに超ダメージを持つキャラの攻撃が通れば、簡単に撃退することができる。
対策としては、シールドブレイカーを持つ悪魔研究家サトル、烈波無効を持つ天草四郎ルシファーなどが特に有効となるだろう。
他にはアマテラス白ガオウなどもおすすめ。
また、シールドブレイカーの本能を解放したカイは、シールドを破壊しつつ大ダメージを与えることが出来るのでよい。
そして何よりも、十分な数の壁やネコエキゾチックネコサボテンなどを使って、これらのアタッカーが安定して攻撃できるよう守ることが肝要である。
タグ

このページへのコメント

どこぞの神官とか破壊神よりも強い
↑これテストでますよー

1
Posted by (`・ω・´)ヘッ 2022年11月14日(月) 20:54:05 返信

射程勝ってるのになんか遠距離キャラが死んでいく

0
Posted by 名無し(ID:FPinvTnk5Q) 2022年10月15日(土) 15:15:43 返信数(1) 返信

多分烈波だろうな

1
Posted by 名無し(ID:wbIC4Ag9nQ) 2022年10月15日(土) 18:42:55

本能カイいるんですが解放レベル低いのでカイあっさり倒されます。悪魔研究家も取ってないので解放レベル上がるまでは無理ゲーですかね、、、

1
Posted by 名無し(ID:Y8kFgGLeDg) 2022年06月06日(月) 23:58:35 返信

真レジェの☆2以降はゴリ押しも難しくなって更に難敵になりそう

2
Posted by 名無し(ID:UZv8Gzfy8w) 2022年05月28日(土) 17:20:35 返信

カイのおやつ

4
Posted by 名無し(ID:iNgFi0l4kw) 2022年04月26日(火) 18:01:30 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

ステージ攻略

スペシャルステージ

期間限定コラボステージ

発掘ステージ

キャラクター図鑑

味方キャラクター

EX

イベントガチャ

にゃんこミッション

コラボ関連

特殊条件

レア

コラボ報酬

激レア

コラボ報酬

コラボガチャ

超激レア

レアガチャ(シリーズ)

コラボガチャ

伝説レア

レアガチャ(シリーズ)

レアガチャ(限定)

コラボガチャ

敵キャラクター

常設ステージ
スペシャルステージ

曜日・日付開催

月間・季節・記念開催

不定期開催

強襲ステージ

期間限定コラボステージ

コラボステージ

公式Twitter






どなたでも編集できます