BLAZBLUE CROSS TAG BATTLEの情報を集めたwikiです。皆様からの情報をもとに、随時更新中です。


はじめに

原作を知らない…

  • 逆に「BBTAGで知って…」というパターンもあります。そしてキャラクターの設定や原作のストーリーを知ることで、BBTAGを更に楽しむことにも繋がります。
  • ここでは、原作を知らない方でもほんの少しだけ世界観を知ることができる程度に紹介します。
  • BLAZBLUE…窯が暴走しラグナとν-No.13-が融合した「黒き獣」と、黒き獣を倒さんとする英雄達の戦い。しかし、黒幕によって世界が何度も改竄され、輪廻していた。大筋としては、世界を操作して意のままにしようとする黒幕側と、世界を因果から解き放とうとする者達との戦いが描かれている。
  • ペルソナ4 THE ULTIMATE IN MAYONAKA ARENA…ペルソナ4の作中で起きた連続怪奇殺人事件を解決した2ヶ月後。再び八十稲羽市を戦慄させる事件が起こる。「マヨナカテレビ」がまたも放送され、そこではかつて活躍した仲間同士が戦いを繰り広げる様子が映し出されていた。この謎を解き明かすべく、ペルソナ能力をもつ者達が集結する。
  • UNDER NIGHT IN-BIRTH…『虚ろの夜』と言われる怪異の中、超常の力EXS(イグジス)を扱う事のできる偽誕者(インヴァース)に目覚めたハイド。ある日、彼を救ったリンネが、遺言に近い言葉を残して忽然と姿を消した。危機感を覚えたハイドは、単身リンネを追う。時を同じくして、『忘却の螺旋(アムネジア)』を束ねる総帥ヒルダは、ある計画を始動した。それに応じ、様々なEXSの能力者達が集まる事となる。
  • RWBY…科学技術と魔法が同居する世界、レムナント。そこには人類や動物のほか、獣人種ファウナスも共に暮らしている。グリムと呼ばれる凶暴なモンスターが存在するが、グリム討伐・治安維持を生業とする行うハンターの活躍で、比較的平和な生活が保たれていた。ハンター養成学校に飛び級で入学したルビー(Ruby)は、ワイス(Weiss)、ブレイク(Blake)、ヤン(Yang)の4人でチーム『RWBY』を結成し、試練に挑む。

どのキャラクターがいいの?

  • 人それぞれ、手に馴染むキャラクターは違うので一概には言えませんが、
‐しやれば動かせるキャラクター
△笋蠅海瓩亢みを押し付けられるキャラクター
パートナースキルが優秀なキャラクター
ざ貅蠅柄蠎蠅少ないキャラクター
ヌ掬┻擦あるキャラクター
など、強さや使いやすさの基準となる様々な要素があります。このような視点から決めていくのも良いでしょう。
  • BBTAGでは、どのキャラクターにも「リバーサルアクション」という共通の無敵技システムがあります。そのため、イ陵彖任砲茲觝垢聾矯遒鉾罎戮襪箸泙西ない方です。
  • また、どのキャラクターにもA連打のコンボが地上にも空中にもあったり、コマンドもほぼ共通であったりと、操作感にさほど差が生じないように配慮されています。
  • 上記のことから、ここでは,痢崗しやれば動かせるキャラクター」、の「パートナースキルが優秀なキャラクター」という視点から、使いやすいキャラクターという意味でおすすめを紹介します。やりこもうとしている方は、どのキャラクターでも使おうと思えると考え、ここでは「やりこめば強みを押し付けられるキャラクター」は割愛します。

難しい操作の少ない(少しやれば動かせる)キャラクター
  • ラグナ
判定と発生が優秀な牽制技を持ち、触った後の崩し技が豊富。ゲージさえあればコンボ火力も出しやすい。
癖が少なく、突進も飛び道具も強力で扱いやすい。極太ビーム(ジオダイン)を持ち相手の飛び道具に強い。
  • ハイド
優秀な飛び道具と対空を持つ。発生が遅めだが判定が強い5Bもあり堅実な立ち回りに特化。
  • ルビー
機動力があり、発生が早く判定も強い技が揃う。飛び道具が豊富で癖のある技を使ってアクティブチェンジ連携も狙える。
  • ジン
飛び道具・突進・対空技が揃いどの距離でも戦える。236B+Cのディストーションスキルの飛び道具が優秀で一人になっても強気にぶっぱなして逆転を狙える。
  • Es
飛び道具の性能が良い。大振りだが技判定が強めな攻撃が多く相手の攻撃を潰しやすい。
  • ゴルドー
Bボタンの攻撃とグリムリーパーの判定が強く、ペースを握りやすい。
難しい操作の少ない(少しやれば動かせる)キャラクター【DLC】
  • プラチナ
5Aの牽制が強く飛び道具もある。自己強化ディストーションスキルでゲージの使い道が多く無駄にし辛い。
  • マイ
リバーサルアクションの軌道が優秀で飛びを落としやすい。飛び道具と発生の早い突進で緩急をつけた攻めが得意
  • 美鶴
優秀な牽制技と発生が遅いがガードさせて有利の突進技、見切り辛い上り中段を持ち強気に攻められる。
  • バティスタ
優秀な飛び道具を2種類持ち、なおかつリーチの長い通常攻撃もある遠〜中距離戦特化キャラクター。単体コンボルートが少ないので覚えることも少な目。
  • ヤン
早くからガードポイントが付く5Bで強気な地上戦や、優秀な空中飛び道具で待ちの立ち回りができる。体力減少時に自動発動する自己強化による爆発力も魅力。
パートナースキルが優秀なキャラクター
  • Es
6Pが相手の飛び道具を貫通する発生の遅い弾。出せればペースを握りやすい。4Pの判定と発生も優秀
  • ジン
4Pは発生が早くヒット時は受身不能時間が長い対空攻撃。6Pは複数ヒットで弾速の遅い飛び道具で当てると相手を長く拘束できる。
5Pの突進速度が速く攻撃判定も優秀。壁バウンドで追撃も容易。6Pは単発だが飛び道具で使い所には困らない。
  • 雪子
飛び道具を無視する4Pで回復が出来る唯一のキャラ。6Pも画面を横断する大きな飛び道具。4Pは攻撃判定が小さく6Pはしゃがむと当たらないと癖も強い。
  • ワレンシュタイン
5Pの発生が早く攻撃判定も大きい。6Pは発生が遅いもののガードさせると相手を長く拘束できる。
  • オリエ
5Pが屈指の攻撃力・コンボ補正を持ちコンボでフルヒットで組み込むと火力を出しやすい。4Pは発生が遅いものの相手を長時間拘束するバリアを周囲に張る珍しい性能。
  • ゴルドー
5Pのグリムリーパーは弱体化したものの判定と持続が優秀で空間制圧力が高い。6Pは一定距離まで一瞬で届く飛び道具判定の攻撃で潰され辛く発生も早い。
  • ハイド
6Pの弾は発生が遅いものの複数ヒットで相手の弾を無効化しつつ飛んでいくため、飛び道具戦に強い。5P突進の拘束力の高さも魅力
  • ルビー
6Pの弾がとにかく早くヒットを取りやすい。4Pの発生と真上への攻撃判定もとても優秀。
パートナースキルが優秀なキャラクター【DLC】
  • マイ
一瞬で画面端まで届く5P。4Pは発生が遅めだが判定は強い。
  • 獣兵衛
6Pは発生が遅いものの跳ねながら画面をゆっくり横断する弾を出し、画面制圧力がある。
  • バティスタ
5Pの拘束力が長く、6Pで3ヒットの飛び道具も出せる。4Pで斜め上にビームを撃ちジャンプの多い相手へプレッシャーをかけられる。
  • ブレイク
6Pで相手を引き寄せる鎖鎌を投げる。ガードさせたときの拘束力が高くヒット時も簡単にコンボ可能。
  • ヤン
6Pの突進距離が長く、ヒット・ガードさせたときの拘束力が高い。ヤンの自己強化後は6Pも強化され更に高火力になる。

所属作品毎の傾向
このゲームのキャラクターは個性的で、同一作品出身でも全く扱い方が異なります。
ただ、キャラクターに採用されている技やクラッシュアサルトにはある程度似通った傾向もあります。
まずは使いたいキャラクターをトレーニングモードで動かして一通り技を出してみることをお勧めしますが、
技を確認したところでその用途なんてわからないよ!という方は以下も参考にして見て下さい。
詳しい説明は長くなってしまうため閉じていますが、気になる方は読んでみてください。
  • BB(ブレイブルー)
スタンダードキャラクターは動かしやすいが、近距離・遠距離の得意不得意が激しく更に特殊な操作やシステムがあるゲームに慣れた人向け。

  • P4U(ペルソナ4)
強みがはっきりしていて操作も簡単。ペルソナの理解が深まれば特殊な行動も可能。

  • UNI(アンダーナイトインヴァース)
牽制が強く初心者でも扱いやすい。リーチだけでは勝てなくなるとゲームを理解した立ち回り・崩し・パートナースキルの活用が必要になる。

  • RWBY
タイトル独自のシステムがシンプルで必要な技が揃っている。初心者から上級者まで使いやすい。

BB

ラグナ

  • CV:杉田 智和/Patrick Seitz
  • BBシリーズの主人公。過去に右腕を切り落とされたが、「蒼の魔導書(ブレイブルー)」を得て右腕としたことで一命をとりとめた。窯を破壊して回っていたことで、統制機構から指名手配された。
  • 周りのキャラクター達や状況に翻弄されながらも、目的に向かって突き進む。ツッコミ担当になることが多い。
  • ドライブ能力は相手の体力を吸収する「ソウルイーター」。技にも体力を吸収するものが揃う。
  • 近距離/剣/吸収/スタンダード
  • ベリアルエッジからの拾いは慣れが必要だが、5Aが早くてリーチもあり使いやすい。見づらい中段のガントレットハーデスがいつでも打てるが反撃確定なのでパートナーでフォローしよう。

ジン

  • CV:柿原 徹也/David Vincent
  • ラグナの弟。統制機構に所属する衛士。十二宗家「キサラギ家」の次期当主であり、士官学校時代には生徒会長も務めた。
  • 金髪美形で冷静だが、本来は野心家で独占欲が強い。ラグナ相手にはとある事情からヤンデレになる。また、ノエルには異常なほど冷たく当たる。
  • ドライブ能力は相手を凍結させる「フロストバイト」。氷を操る技が多い。刀での牽制が強く、中距離での差し合いが得意。
  • 中距離/刀/氷/スタンダード
  • パートナースキルが強力で、レゾナンス時も削りのある凍牙氷陣がスキも少なく使いやすく高火力コンボも所持。前に出た時は不安要素はあるが、1ゲージ技の強さを引き出そう。

ノエル

  • CV:近藤 佳奈子/Cristina Vee
  • 統制機構に所属する女性衛士。弱気で自信がない発言が多いが、魔銃・ベルヴェルクの所持者であり、士官学校ではジンを抜いて歴代一位の術式適正がある。
  • P4の千枝や雪子と並ぶか、それ以上の料理の腕をもつ。ときにそれは「デスディナー」と呼ばれる。
  • ドライブ能力は連続技で攻めたてる「チェーンリボルバー」。豊富な派生技で崩しやコンボに役立つ。武器は銃だが、実際には中〜近距離で戦うことがほとんど。
  • 近距離/銃/派生技/崩し
  • ボタンを押すだけで連携が出来、見にくい中下段の崩しにもなる。相手のリバーサルアクションを読んで属性無敵を利用し反撃したい。

レイチェル

  • CV:植田 佳奈/Mela Lee
  • 世界の傍観者。吸血鬼でアルカード家の現当主。高飛車で毒舌。特にラグナに対してはきつく当たるが…。
  • お供を連れ歩き、酷使している。戦闘でも大体の技で使われ、武器として振り回されている。
  • ドライブ能力は風を画面全体に発生させる「シルフィード」。崩しや飛び道具の軌道変更など、用途は広い。
  • 遠距離/お供/風/設置/シューティング
  • 火力は少な目だが風を利用した崩しはまず見えない。近寄られないかを考えるより、シューティングを嫌がった相手の行動を読んで崩しにいきたい。4Pも判定が強い。

テイガー

  • CV:乃村 健次/Jamieson Price
  • 第七機関という組織に所属し、ココノエ(今作に参戦している獣兵衛の娘)に付き従う戦士。赤鬼の異名をもつが、紳士的な人物。
  • ドライブ能力は「ボルテックバトラー」。電力と磁力を操り、投げキャラの典型的な欠点である機動力を、「相手を引き寄せる」という方法で補う。BBTAGでは空中版ジェネシックエメラルドテイガーバスターを得た。
  • 近距離/サイボーグ/電撃/磁力/投げ
  • 5Bのアーマーとスパークボルトのプレッシャーは一級品。起き上がりに投げ無敵がないのでコマンド投げは強力だ。ダッシュや二段ジャンプが無い投げキャラ。

ν-No.13-

  • CV:近藤 佳奈子/Cristina Vee
  • 元々はレリウスという科学者によって生み出された素体No.13。基本的には機械的な思考と会話をしているが、同化するために探し求めているラグナ相手になるとヤンデレになる。
  • ドライブ能力は「ソードサマナー」。空間に剣を召喚する。遠距離からのシューティングで一方的に攻めることができる。近付かれても相手を吹き飛ばす技が多く、得意距離を保って戦うことができる。
  • 遠距離/背中の剣/召喚した剣/シューティング
  • ソードサマナーによる牽制は相手のパートナーごと巻き込みやすく強い。そこからアクトパルサーで裏回り崩しにもいける。反面、通常技やリバーサルアクションが遅く、近寄られた時は無理せずリジェクトガードしたい。

ハザマ

  • CV:中村 悠一/Doug Erholtz
  • 統制機構の諜報部に所属する大尉。実態は六英雄テルミ用の器として作られた存在である。飄々とした振る舞いの裏で時折狂気を滲ませる二面性をもつ。
  • ドライブ能力は「ウロボロス」。蛇の頭をもつ鎖を放って遠距離から接近し、近距離では崩しを迫ることができる。キャラクターをよく表した二面性のある能力・戦法と言える。
  • 遠距離/近距離/ナイフ/鎖/ヒットアンドアウェイ
  • ウロボロスの牽制はくらい判定はなく強いが、ぶっぱなしには弱め。ヒット確認しつつ自在に移動出来るようになればとても楽しい。

マコト

  • CV:磯村 知美/Cindy Robinson
  • リス系亜人種で、明るい性格。ノエルとは士官学校のルームメイトで、卒業後もその友情を大切にしている。世界を知るため、士官学校卒業後は諜報部を志望するが、後に疑問を感じていく。
  • ドライブ能力は「インパクト」。力を溜め、タイミング良くボタンを離すと強化された攻撃になる。BBTAGにおいては簡略化されつつ導入されており、失敗してもさほど差が出ないように設計されている。
  • 近距離/拳/力溜め/派生技/ラッシュ
  • リーチは無いが各種突進技を利用して攻め継続が出来る。ヒットした時の見返りも大きく、いかに相手の防御行動を読むかにかかっている。

アズラエル

  • CV:安元 洋貴/D.C. Douglas
  • 「狂犬」や「死を運ぶもの」と呼ばれている。余りの怪力により全力で戦える相手がおらず、自らの力にリミッターをかけているが、強敵と認めた相手に対してのみ強さに応じて段階的に解除して戦う。
  • ドライブ能力は「ザ・テラー」。中段・下段の技を当てて弱点を付与し、再度その弱点を攻撃することで特殊なやられ状態にして追撃できる。BBTAGでは弱点付与はないが、目押しによって「弱点特攻」という効果を発揮させられる。
  • 近距離/肉体/弱点特攻/崩し
  • 1ゲージ技を使った火力が売り。前ステップで画面端でも裏回る事が出来るので、一度捕まえたらそのまま倒しきろう。

Es

  • CV:野村 真悠華/Cherami Leigh
  • 黒球「エンブリオ」の器の予備「エンブリオ(Embryo)ストレージ(storage)」であるホムンクルス。Esとはその略称である。「蒼の門の守護者」として使命を遂行している。
  • ドライブ能力は「クレストアーツ」。紋章の軌跡を描く剣撃を放つ。性能の良い飛び道具をはじめ、素直ながら強力な技が揃っている。
  • 中距離/剣/紋章/スタンダード
  • パートナースキルが使いやすい。ジャンプ攻撃が空振りでも派生出来るのは珍しい特性。登りJBや空中ダッシュからのめくりで相手を崩したい。

プラチナ

  • CV:悠木 碧/Alexis Tipton
  • 普段はルナとセナという2つの人格が並立している人物。アークエネミー雷轟・無兆鈴の中には、第3の人格であり六英雄の「トリニティ=グラスフィール」が存在している。
  • ドライブ能力は「マジカルシンフォニー」。マジカルアイテムを身に付け、それらを駆使して戦う。本作でもアイテムを強化する技「ミラクルジャンヌ」を使うことが可能。
  • 中距離/杖/アイテム/崩し
  • 5A牽制と飛び道具が強い。低空スワロームーンで早めの中段も仕掛けられるので、立ち回りで頑張るか近寄るかどちらかを考えよう。

獣兵衛

  • CV:てらそままさき/Kirk Thornton
  • 六英雄の1人にしてラグナの師。日本出身で、本名はミツヨシ。地上最強の生物とまで言われ、夢刀・六三四(むさし)を手に黒き獣を倒した。その後、ハクメンと共に窯を破壊していくことになるが、その最中で六英雄のテルミに妻ナインを殺されてしまった。
  • ドライブ能力は「不知火」。素早い動きで相手を追い詰め、爪と刀で切り裂いていく。
  • 近距離/爪/刀/スピード
  • 不知火は無敵時間が長くパートナーを利用して接近しやすい。一度捕まえるとコンボ火力も凄まじいが、判定は少し控えめ。

ハクメン

  • CV:柿原 徹也/David Vincent
  • 六英雄のリーダーで、その正体はループの起点で瀕死の重体になっていたジン=キサラギ。スサノオユニットと融合し、一命をとりとめると共にこの姿となる。アークエネミーである斬魔・鳴神を武器に、悪を断つ武人。
  • ドライブ能力は「斬神」。当て身技で相手の攻撃を受け流し、手痛い反撃を加える。これにより相手に「攻めるリスク」を与えつつ、自ら攻めて崩しを迫ることができる。
  • 近距離/刀/当て身/差し合い
  • リバーサルアクションの当身攻撃をとるのに成功すると完全無敵になり、相手の連携に対処しやすい。斬鉄や椿の中段は発生が早く崩しやすいので、火力を取るか崩しを取るかでゲージ運用に悩む。

イザヨイ

  • CV:今井 麻美/Julie Ann Taylor
  • 十二宗家「ヤヨイ家」の次期当主であるツバキ=ヤヨイが、「封印兵装・十六夜」の真の姿「零識・イザヨイ」を纏った姿。
  • ドライブ能力は「スカーレットジャスティス」。増幅陣(ゲインアート)モードという状態に切り替えて攻撃的な立ち回りが可能になる。BBTAGにおいては、常時ゲインアートモードとなっている(通常時の性能も併せ持っている)ため、攻める能力が高い。
  • 近距離/剣/スタンダード/崩し
  • ホバーダッシュからのジャンプ攻撃はリバーサルアクションをガードしつつ崩しにいける。一度のラッシュ能力が高いので、パートナーと連携して状況を作りたい。

マイ

  • CV:早見 沙織/Stephanie Sheh
  • 十二宗家の一つ「ハヅキ家」の跡取りであり、本名をマイ=ハヅキという。男性であったが、魔道書と融合した影響で肉体が女性となってしまった。それが原因でハヅキ家の跡継ぎの資格を失い、統制機構の士官学校に送られたという経緯を持つ。明るく前向きな性格で、他人への思いやりが深く、何よりも友人を大切にしている。様々な葛藤を経た末、現在では女性としての自分を前向きに受け入れている。
  • ドライブ能力は「朱弾(ガリアスフィラ)=アウトシール」。槍を投げて攻撃し、さらに追加入力を行うことで相手をサーチする追撃も発生する。
  • 中距離/槍/強判定
  • パートナースキルが使いやすく、リバーサルアクションも飛びに対して強い。槍を投げて牽制するか突進するかは相手によって変えたい所。

ナイン

  • CV:藤村 歩/Amanda C. Miller
  • 六英雄の一人で「紅蓮の魔女」と呼ばれる。獣兵衛の妻。アークエネミーを発明した暗黒大戦終結の立役者で、強大な魔力を用いて戦う天才。
  • ドライブ能力は持たず、魔法を使いこなす。今作においては、通常攻撃を当てることで溜まる「エレメントゲージ」を消費し、様々な魔法を繰り出すことができる。
  • 中距離/魔法/差し合い/強判定/設置
  • ネフライトの最低保障ダメージや画面端の中下段攻撃がとても強力。攻撃判定も強いが、ダッシュが無いステップタイプのキャラなので人を選びやすい。

P4U

  • CV:浪川 大輔
  • 自称特別捜査隊のリーダーとして、稲羽市に起きた事件を解決に導いた高校生。ペルソナ能力に目覚め、マヨナカテレビに映った被害者を次々に助けた。今作の戦いに巻き込まれたため、日本刀を手に仲間と共に帰還を目指す。
  • ペルソナは「イザナギ」。電撃と斬撃を得意とするペルソナで、悠とイザナギの息の合ったコンビネーションは癖が少なく相手に攻め込みやすい。
  • 中距離/刀/電撃/スタンダード
  • 5Aがコンパクトな割に長くて使いやすい。JCと電光石化は簡単な中下段択になる。ラグナと比べると動きが機敏なスタンダードタイプと言えるか。

陽介

  • CV:森久保 祥太郎
  • 英雄に憧れる陽気なムードメーカーで、自称特別捜査隊の参謀的役回り。悠とは相棒と呼び合う仲で、強い信頼関係を築いている。
  • ペルソナは「ジライヤ」。忍者のような素早さと風によるスキルが持ち味で、相手を撹乱しつつ機会をうかがって攻めるスタイルを得意とする。
  • 近距離/クナイ/風/スピード
  • 体力が少ないが、素早い動きで相手に的を絞らせない。ムーンサルトの表裏択は無敵もあり対処困難。EXムーンサルトによる高速中段もあり対空も強いが、コンボ難度と事故が課題。

千枝

  • CV:堀江 由衣
  • カンフー好きな少女。修行により強力な足技を会得した。自称特別捜査団では直感担当で、それは時に思わぬ糸口を見出だすきっかけとなる。
  • ペルソナは「トモエ」。氷を扱うこともできる武人のペルソナで、千枝と共に相手を逃さぬラッシュを仕掛ける。
  • 近距離/肉体/氷/ラッシュ
  • パートナースキルが特殊だがとても強力。一度捕まえたらJCからの択があり、チャージした時の火力はこのゲーム随一。牽制はいたって普通で対空も強くないので、いかに近寄るかにかかっている。

雪子

  • CV:小清水 亜美
  • 老舗旅館の一人娘で、礼法に精通し頭脳明晰ながらも天然な一面をもつ女子高生。千枝とは幼い頃からの親友であり、拠り所となっている。
  • ペルソナは「コノハナサクヤ」。遠距離からの炎スキルが得意で、自身の扇子による攻撃と組み合わせることで一方的に相手のリーチ外から攻め続けることが可能。
  • 遠距離/扇子/炎/シューティング
  • 炎レベルを上げると凄まじい火力になる。シューティングだけで倒すのは難しいので、崩しにいきやすいパートナーを採用しよう。

完二

  • CV:関 智一
  • 不良として有名であったが、根は優しく純真。また、手先が器用で裁縫を得意とし、子どもにマスコットを作ってあげる場面も。
  • ペルソナは「タケミカヅチ」。電撃を纏った技を振り回す。完二と同様パワー溢れる攻撃が多く、特にリーチの長いパンチや掴み技は大きなプレッシャーを与えられる。
  • 近距離/肉体/パイプ椅子/電撃/投げ
走れる投げキャラ。単体コンボに不安はあるが、対空投げ交代等の多彩な動きも出来る。

アイギス

  • CV:坂本 真綾
  • 特殊部隊「シャドウワーカー」にて活躍する、心をもった人型の兵器。重火器に身を包み、遠距離から攻撃できる。また、オルギアブーストという特殊なダッシュでホバーし、ガードを激しく揺さぶれる。
  • ペルソナは「アテナ」。攻守共に優秀な盾を張ることができ、アイギスをあらゆる面でサポートする。
  • 遠距離/近距離/重火器/ホバー/シューティング/崩し
  • オルギアブーストによる崩しはリジェクトガードされないなら崩せる事が約束されたようなもの。しかしゲージによる制約はあるので、一度捕まえた後に回復するコンボ選択をしよう。

直斗

  • CV:朴 璐美
  • 冷静沈着で大人びており、中性的で端麗な容姿の高校生。実は女性。「探偵王子」の異名をもち、多くの事件を解決へと導いてきた。
  • ペルソナは「スクナヒコナ」。罠を張るスキルで場を整え、条件を満たした上で光・闇の即死スキルによる一撃必殺を狙うという戦い方を得意としている。
  • 中距離/銃/光/闇/即死/設置
  • 二回捕まえたら即死になるムドオン(ハマオン)によるプレッシャーは相当なもの。二連牙によるガード困難連携もあるので、シューティングから上手く近づこう。

美鶴

  • CV:田中 理恵
  • 巨大企業グループ「桐条グループ」の若き総帥。警察と共同で「シャドウワーカー」というと対シャドウ組織を立ち上げており、とある事件の調査のために暗躍していた。
  • ペルソナは「アルテミシア」。鞭と冷気を操るペルソナと、美鶴本人の持つレイピアとの連携が強力。リーチが長く、相手を捕らえ追い詰めていく戦法が持ち味。
  • 中距離/レイピア/氷/差し合い
  • 5AやJA、クー・ドロアによる牽制は殆どのキャラに対して優位に立てるだろう。JBによる高速中段も強力。対空面で若干不安要素があるので上手く位置取りをしたい。

明彦

  • CV:緑川 光
  • 高校時代、美鶴が率いる「特別課外活動部」の一員として活躍していたボクサー。卒業後は武者修業に没頭していたが、美鶴の要請で帰還した。
  • ペルソナは「カエサル」。巨大な剣と電撃を操るカエサルをバックに、明彦は高い突進力とラッシュ力で敵をなぎ倒していく。
  • 近距離/拳/電撃/ラッシュ
  • サイクロンレベルを上げた攻撃力は強大。2B対空がとても強く表裏や高速中段もあるが、下段が2Cしかないので上手く揺さぶりをかけたい。突進系の技が多いのは利点ではあるが欠点でもある。

ラビリス

  • CV: 竹達 彩奈
  • 過去に桐条グループが作った対シャドウ用兵器であり、アイギスの姉にあたる旧型機。ある理由のために意思とは関係なくマヨナカテレビの中に入ってしまい、記憶を失っていた。
  • ペルソナは「アリアドネ」。拘束力のある攻撃を行う。ラビリス本人は、斧を使った攻撃を行うと「アックスレベル」という数値が上昇して攻撃力が上がっていき、最大レベルの一撃は圧巻の一言。
  • 近距離/斧/強化
  • アックスレベルを上げた猛獣や溜めブルータルインパクトのダメージは魅力的。5Aは強いが近寄るのが難しいので、チェーンナックルやパートナースキルを利用していこう。

UNI

ハイド

  • CV:木村 良平
  • UNIシリーズの主人公。本名は城戸(きど)灰都(はいど)。意図せずしてEXSに目覚め、戦いに巻き込まれていく。名の知れたEXS能力をもつため、奪われると危険というリスクも伴っている。
  • 能力は漆黒のEXS「ヴォイドレッド」。相手のガードの上からでも体力を削る力があり、固め自体に圧力がある。技もスタンダードなものが揃っている。
  • 中距離/刀/削り/スタンダード

リンネ

  • CV:佐倉 綾音
  • 夜刀(やと)の姫と呼ばれる少女。封術により人格を保ちながら転生を繰り返してきており、精神年齢は見た目と反して非常に高い。
  • 能力は疾駆のEXS「スピードスター」。素早い身のこなしで接近し、隙をダッシュでカバーしつつ攻めを展開できる。便利な飛び道具もあり、スタンダード寄りな操作感。
  • 近距離/二刀/スピード

ワレンシュタイン

  • CV:石井 康嗣
  • 数百年を生きたという、大柄な老人。リンネに付き従っている。ハイドの家に転がり込んだリンネからは、敵の撹乱を任命されていた。
  • 能力は剛力のEXS「ヘカトンケイル」。爪によるリーチの長い打撃と、ガードを固めた相手への強力な投げとの二択を迫るバトルスタイル。
  • 中距離/近距離/爪/投げ

ゴルドー

  • CV:鳥海 浩輔
  • 常勝の傭兵として恐れられるケンカ屋。『忘却の螺旋(アムネジア)』と名乗り馬鹿げたことをしている昔馴染みのヒルダ達を嗜めるために戦いに参加していた。
  • 能力は強欲のEXS「スナッチャー」。原作では、相手のグラインドグリッドと呼ばれるゲージを強奪する能力をもつ。今作においても、遠くからの強判定技で相手を捕らえていく攻め方を得意とする。
  • 中距離/鎌/強奪/強判定

オリエ

  • CV:早見 沙織
  • 光輪(リヒトクライス)に所属し、虚無の殲滅のために戦う執行官。普段は「原田 織依」という偽名を名乗っている。
  • 能力は純潔のEXS「タナトス」。精霊を召喚し、自らのレイピアによる攻撃と連携して攻めていく。中距離での差し合いからペースを握るバトルスタイルのキャラクター。
  • 中距離/レイピア/召喚/差し合い

カーマイン

  • CV:近藤 隆
  • 戦うことそのものを目的にして殺戮を繰り返す男。強い偽誕者(インヴァース)が現れると聞いて、ヒルダの起こした事件に絡んだ。
  • 能力は命血のEXS「ブラッドスパイク」。自らの体力と引き換えに血を用いた強力な設置系飛び道具を繰り出し、相手を追い詰めていくのが得意。
  • 中距離/血/吸収/設置

バティスタ

  • CV:東山 奈央
  • 古代人が作り出した生体兵器で、自律神経回路(オートノミックナーヴ)と呼ばれる。異常なEXSの変化を感知したために目覚め、原因の究明と解消のために動き出した。
  • 能力は隷約のFLS「レストリクション」。多くの飛び道具を用いて遠距離から攻撃し、その弾幕で空間を制圧する能力に長けている。
  • 遠距離/背中の剣/シューティング

メルカヴァ

  • CV:木内 秀信
  • 虚無と似た姿を持つ、人語を介せる能力と意識を持つ謎の異形。虚無の姿を持つ者は『偽誕者インヴァース』を超える存在である『再誕者リヴァース』の成れの果てとされている。
  • 能力は怪蛇のFLS「ヨルムンガンド」。自らの体を伸ばして自由自在に攻撃することができたり、一定時間飛行したりすることができたりと、人間離れした動きが可能。
  • 遠距離/中距離/肉体/トリッキー

ユズリハ

  • CV:藤村 歩
  • 神社の娘で、飄々とした性格。「夜刀」の家系だが事情があって離反した家系を先祖にもつが故に、ユズリハも虚無や虚ろの夜についての知識がある。代々伝承される剣術「双月一刀流」の継承者でもあるが、過去の因縁や古いしきたりを嫌っている。
  • 能力は散華のEXS「無明長夜エインセルロスト」。居合斬りのように刀を構えた状態の「構え」が可能で、ただでさえ長いリーチをもつ攻撃の威力や発生がさらに強化される。
  • 中距離/刀/構え/差し合い

ミカ

  • CV:洲崎 綾
  • リヒトクライスに所属する執行官で、「ミカ・リターナ」が本名。オリエとは古い友人で、彼女が任務に赴いたところを追い駆けた。「んゆー」という語尾が口癖。荒事は戦って解決と言う戦い好きな面もあり、ワレンシュタインと意気投合することもある。
  • 能力は激進のEXS「ディーゼル」。バッヘルベルカノンという巨大な手甲を武器に、打撃や投げを迫るインファイター。動きも素早い。
  • 近距離/拳/突進/ラッシュ/投げ

RWBY

ルビー

  • CV:早見 沙織/Lindsay Jones
  • 飛び級するほど優秀なバトルセンスをもちながらも幼さが残る、明るい少女。鎌にも銃にも変形する武器「クレセント・ローズ」を駆使して戦う。チーム「RWBY」のリーダー。
  • 特殊能力(センブランス)は「Speed」。目にも留まらぬ速さで高速移動し、相手のガードを揺さぶることができる。
  • 中距離/鎌/銃/スタンダード

ワイス

  • CV:日笠 陽子/Kara Eberle
  • レムナント世界最大手のダスト企業「シュニー・ダスト・カンパニー」の令嬢。気が強く、思ったことはそのまま口にしてしまうところがあるが、相手を思いやり歩み寄ることもできる。
  • 特殊能力(センブランス)は「Gryphs」。魔法陣を生成する。足場にして蹴る、召喚に使うなど、様々な使い道がある。
  • 中距離/レイピア/氷/召喚/差し合い

ブレイク

  • CV:嶋村 侑/Arryn Zech
  • 当初はワイスと揉めることもあったが、後にチームRWBYとしてまとまっていく。ネコの特徴をもつ獣人(ファウナス)で、獣人迫害反対運動に参加。徐々に過激化し、その流れで武装組織に身を寄せたが、離反した。リボンで隠れた部分は猫耳になっている。
  • 特殊能力(センブランス)は「Shadow」。分身を作りつつ、触れると燃える効果や石像として実体化させる効果も付与できる。
  • 中距離/剣/鎌/分身/スピード

ヤン


  • CV:小清水 亜美/Barbara Dunkleman
  • 豪胆かつ好戦的な性格。普段は落ち着いているが怒ると瞳が赤くなり、力を溜めると髪が炎のように輝く。異母姉妹であるルビーを溺愛している。
  • 特殊能力(センブランス)は「Draw Strength from Hit」。ダメージを受けると身体能力が強化され、より強力な攻撃が可能になる。
  • 近距離/拳/炎/強化/ラッシュ

このページへのコメント

ヤンは死ぬほど弱い上に運営から特別贔屓されて弱い。インファイターなのに攻撃は遅いし、攻撃力は強化されてやっと並み。一撃必殺が狙えるわけでもないし、もうみんなヤンのガードは下段と上段効かないってわかってるから大して意味もない。なぜが必殺技は掴まれる。パートナー攻撃は一切当たらない。体力もやや多いくらい、せめて20000は欲しい。
コマ投げは死ぬほど遅く大抵避けられる。掴めても続かない。リバサは当たらない。
総じて弱い

1
Posted by 名無し(ID:0VF2w6kpkA) 2019年10月03日(木) 23:34:11 返信数(1) 返信

ヤンの強みは異常なガードポイントを活かしたラッシュなので、ガードポイントがある技は当身技では掴めない等、うまく噛み合えば敵を画面端で追い込んだ時などに一方的に殺せたりできるからね
パートナー攻撃やリバサが当たらない云々とかはただ単にお前が下手なだけ
というかあれだけガードポイントがあるから普通のキャラよりも打たれ強くて、現状でも平均より高い体力なのにさらに体力を上げろとは馬鹿馬鹿しい意見過ぎる

あえてヤンへの不満を言うなら、ヤンの体力が減ってあれが発動するだけで強制的にBGMを変えてくることかな
こいつのせいでバング殿が出れないんじゃないかと邪推してる

12
Posted by 名無し(ID:0Bn0OqLFEg) 2019年12月01日(日) 15:07:18

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

キャラクター

閃乱カグラ

アカツキ電光戦記

テンプレート

どなたでも編集できます