やり込みプレイ(特殊プレイ)のアイデアなどの情報を集めるページです。


説明

やり込みとは?
  • このページでは、「純粋にゲームクリアを目指すプレイ以外での、何らかの目的やルールをプレイヤーが自分で決める遊び方」のことをやり込みプレイと定めています。
  • ゲームをクリアする以外にも、やり込みによって色々な楽しみ方ができます。

このページの趣旨
  • このページでは主に「制限プレイ/縛りプレイ」や「特別な記録に挑戦するやり込み」のアイデアをまとめています。
    • あえて制限を設けることで、通常のプレイでは味わえない歯ごたえや、新たな戦略などを楽しむことが可能になります。
  • ※「ゲーム側から用意されたやり込み・収集要素(例:アーカイブの収集率を100%にする、最高難度でクリアする など)」のやり込みについては、このページの趣旨とはやや異なるため除きます。

基本事項
  • 「ゲーム進行上の必須行動」について
    • 「特定の装備や行動を禁止する」タイプの縛りであっても、「ゲームクリアに必須の行動」(フレイムキャノンで大砲の導火線に火を点けるなど)は基本的に例外として容認することになると思います。
    • 最序盤のガレオン「ミネルヴァ」ではごく限られた攻撃方法で戦わざるを得ないため、「冒頭のシーマ戦は例外」「アーヴァント村に着いてから縛り開始」などとする場合もあると思います。
  • MP無強化でのブラッドスティール使用について
    • 素の最大MPを上昇させずにキャンペーンモードを攻略する場合、MPの初期値78のままでは、ルート開通に必要な「ブラッドスティール」(消費MP80)を使用できません。
      • ※シャードと必殺技の消費MPを軽減するアクセサリーやシャードを装備しても、本来の消費量分のMPがないと発動はできません。
    • ザコ敵タイタニアのドロップシャード「MNDエンハンス」をランク1でもいいので装備すると、MP無強化でもMPが80以上になるので、ブラッドスティールを使用できます。
  • 俗に、ニューゲーム(New Game)でのプレイは「NG」、引き継ぎ周回プレイ(New Game+)は「NG+ / NG Plus」と略されることがあります。

やり込みネタ一覧

ゆるい制限系

特定のゆるい制限(ある程度の自由度がある制限)を設けて、その制限を越えない範囲で自分なりのやり方で攻略できるというルール。

メニューを開ける条件縛り
  • 全般解説
    • 一定の条件下でのみメニューを開けるというルール。通常のプレイよりも、歯ごたえと戦略性の高さを楽しめる。
      • 装備を変更せずに進行していく場面が増える分、「どういう装備で攻略していくか」というビルド組みがより重要になる。
    • 「悪魔図鑑やクエスト確認などのためにメニューを開くことはいつでも可」というルールでもあり(メニュー画面での装備設定やアイテム使用のみを制限する)。
    • ショートカットの利用について
      • スキルシャード「ショートカット」を利用すれば、ある程度の装備切り替えやアイテム使用は可能(ショートカット枠に回復アイテムや転送石を設定すれば、メニューを開かずとも回復アイテムや転送石を使用できる)。
        そのため、この系統の縛りは「ショートカットでのアイテム使用」を最大限に活用できる遊び方でもある。
      • 同じショートカット枠に「武器防具シャード」と「消費アイテム」とを同時に設定することは禁止した方が面白味が増すかもしれない
        (「装備を切り替えるための枠」と「アイテムを使うための枠」は完全に分けて作成する)。
        「装備用の枠を何枠作るか、アイテムを使うための枠を何枠作るか」という枠の配分をどうするかは自由。
      • データロード後はショートカット枠の「武器未設定(武器を変更しない設定)」部分が「武器なし(素手)」になってしまう点には注意。
        この問題を解消するため、枠の一つを「現在装備ペースト」で「標準装備用の枠」として作成しておくのがオススメ。
以下はこの系統の縛りの例。↓
  • セーブポイントやアーヴァント村の拠点内でのみメニューを開くことができる
    • 「別のセーブポイントへ向かう道中」や「ボス戦の最中」はメニューを開けないので、ステージクリア型アクションゲームに近い緊張感を味わいやすい。
    • ワープポイントでもメニューを開けるようにするのもあり(ワープポイントに着いた時点で、拠点やセーブポイントに帰還したも同然のため)。
  • 椅子に座っている時のみメニューを開くことができる (椅子メニュー縛り)
    • あちこちの椅子にゲーム攻略上の価値を持たせるルール。椅子を発見したら座りたくなる
      • セーブポイントの重要性もより高まる。
    • セーブポイントやアーヴァント村の拠点では椅子に座らなくともメニューを開ける、というルールにしてもいい。
    • ミミック・チェアに座っている時にもメニューを開ける(敵だと分かっていてもミミック・チェアに座りたくなる)。
    • サモン・チェアの利用を可とするか禁止するかのルールは任意で。

利用できるアイテムやシャードの種類を制限する
  • 全般解説
    • アイテムやシャードが「利用可能なもの」と「利用不可能なもの」に分かれることで、今まであまり使ったことのない武器やシャードで攻略したり、限られた種類のアイテム・シャードだけでうまくやり繰りしていくなど、新鮮な攻略を楽しめる。
以下はこの系統の縛りの例。↓
  • 運要素なしで確定入手できるアイテム・シャードのみで攻略する (固定入手縛り)
    • 入手に運が絡むものは利用せず、固定配置などで確実に入手できるものだけを使って攻略する。
      運要素をなるべく無くしたい場合や、「アイテムなどが運良く手に入るまで同じ作業を繰り返す」のは避けたい人向け。
      • 通常のプレイに比べてボスの固定ドロップシャードが活躍しやすくなる。
    • 利用できないもの
      • 敵がランダムドロップするアイテム・シャード(アクアストリームは例外)
      • 青宝箱からランダム入手するアイテム
    • 遊びやすくするためのルール補足
      • 緑宝箱やボスなどから固定入手したものは、ランダム入手物と区別するため、入手後すぐにお気に入り設定で印を付けておくのがオススメ。
      • 「一度でも固定入手してお気に入り印を付けたアイテムであれば、ランダムで入手した同種のアイテムも利用可能になる」というルールを加えると、同種のアイテムの扱いで混乱しにくくなり遊びやすくなる。
      • 「ランダム入手したものを売却してお金に換えるのは可能」というルールを加えると、不要なアイテムを処分して整理しやすくなり、ショップでのアイテム購入もしやすくなる。
        売却も禁止する場合は、青宝箱は基本的に開けないようにすると混乱を避けてプレイしやすい。
    • 利用可能なものの補足
      • シャード「セルリアンスプラッシュ」と「フレイムキャノン」は、ゲーム序盤で確実に入手するので利用可能。
      • ガレオン「ミネルヴァ」の2つ目の大砲がある通路の青宝箱は、中身がランダムではなく固定(トウモロコシの種 + 種籾 + ポテトの種芋)なので入手・利用可能。
      • アクアストリームはランダム入手だが進行上必須なので、水中では利用可能。地上での利用を許容するかどうかは任意で。
    • その他、ランダム入手したものを「特定の用途にのみ例外的に利用可能とする」など、自分の好みに応じて制限を多少緩和するのも良い。
      • アビゲイルやスージーの一部のクエストを達成するためには「ランダム入手でしか手に入らないアイテム」を用いる必要がある。
      • 「魔牛の羽根」はランダム入手だが、ハイジャンプの錬成素材としては利用可能とした方が終盤の移動は快適になる。
  • 特定の名前の装備品やシャードのみを装備可能とする (名前縛り)
    • 武器や防具は名前に「ひらがなまたは漢字を含むもの」のみ装備可能(=カタカナだけの名前の装備品を装備してはならない)
      • 最序盤のガレオン「ミネルヴァ」での武器は、道中後半で「鞭」を手に入れるまでは我慢。
    • 武器防具シャードは名前に「"" (伸ばし棒)を含むもの」のみ装備可能(ショトソド、カチュシャなど)
    • 武器防具シャードは名前に「"ん(ン)" の音を含むもの」のみ装備可能(カフーシューズ、セルリアスプラッシュなど。螺旋剣らせんけん三節棍さんせつこんなども装備可能)

その他
  • アーカイブの活動履歴の特定の記録が一定数を越えないようにする
    • 「宝箱を開けた回数」を100までに抑える、
      「食した料理の種類」を10までに抑える、
      「錬金を行った回数」を100までに抑える、
      「累計売買金額」を10万Gまでに抑える、
      「悪魔討伐頭数(エネミー討伐数)」を1000までに抑えるなど。
    • その上限を越えない範囲内であれば、どのようにプレイするかは自由。
      限られた回数の中で「どの宝箱を開けて、どの宝箱を開けないのか」「どの料理を食べて、どの料理を食べないのか」「何をどれだけ錬金するべきか」「どの敵をどれだけ倒すべきか」などのバランスを考えながら攻略する。

装備変更の特殊ルール系

  • 武器防具シャードを入手したら必ずその場ですぐに装備する。それ以外での装備変更は禁止(装備を次々に取り替えていくプレイ。ランダマイザーモード向きのルールかも)
    • 下記の「一度装備したものは再装備禁止」ルールとの併用も可。
  • 一度装備した武器防具シャードは、その装備から変更すると二度と装備できないプレイ(一度きりしか装備できない各装備品やシャードをいつ装備するか、いつまで装備し続けるか、という戦略性。一度装備したものはお気に入り設定で印を付けておくと区別しやすい)
  • ボス撃破の度に、そのボス戦で使った武器防具シャードは以後装備禁止とするプレイ(強力な装備品やシャードを後々のボスのために温存するべきか、どのボス相手に使うか、という戦略性。ランダマイザーモード向きかも)

最小記録系

  • 最小マップ踏破率でクリア
  • 最短移動距離でクリア
  • 最低収集率でクリア
  • 最少エネミー討伐数でクリア
  • 最少ジャンプ回数でクリア
  • 宝箱をなるべく開けずにクリア

攻撃手段制限系

  • クリア後の再プレイにて、過去のプレイで多用した(強力な)武器やシャードは使わず、今まであまり使ってなかった武器やシャードを使って攻略してみる(≒強力すぎる武器・必殺技・シャードを禁止してクリア)
  • 装備可能な武器は「ビットコイン系武器」のみでクリア(各種ビットコイン武器をうまく使い分ける戦術などを楽しむ。シールドウェポンは禁止でも良いかも)
  • 通常攻撃を禁止してクリア
  • トリガーシャードとディレクショナルシャードによる攻撃を禁止してクリア(武器および各種必殺技の扱いがより重要になる)
  • 攻撃手段は「特定の武器種による攻撃」のみでクリア(例:足技だけで攻略、銃だけで攻略 など)
  • 攻撃手段は「シャード」のみでクリア(シャードの扱いがより重要になる。ランク2以上のクラフトワークが実質的な通常攻撃になりそう?)
  • 攻撃手段は「悪魔召喚系シャード」のみでクリア(サモン・○○系、エンタングルバインドなど。ファミリアシャードも利用可能)

ステータス制限系

  • 食事禁止でクリア
  • MAXUPアイテムを取得せずにクリア
  • NGナイトメアで食事とMAXUPアイテム取得を禁止してクリア(=最高難度をステータス無強化でクリア)

施設利用制限系

  • 買い物禁止でクリア
  • 錬成・調理禁止でクリア

その他

  • 回復アイテム(食べ物含む)を使わずにクリア(ブラッドスティールなどの利用価値が高まるかも)
  • 一度食事した料理では二度と食事できないプレイ(料理で回復し放題なゲームバランスを抑制。ステータス強化のために早めに食べるべきか、1回きりの回復手段として温存しておくべきか、という戦略性)
  • 特定のボタンを禁止してクリア

斬月でのプレイ

  • 斬月でスライディングバクステループ戦法を禁止してクリア
  • 斬月で刀による攻撃を禁止してクリア(苦無、魂縛、空即是色、足技がより重要になる)
  • 攻撃手段は魂縛のみでクリア

クラシックモード

  • ソードウィップを禁止してクリア(スライディングとサブウェポンの扱いがより重要になる)
    • スライディングによる燭台破壊でのサブウェポンの最速入手は、1面中盤でのルーインビーク。
    • 燭台破壊用にのみソードウィップの使用を許容するのもあり。
  • サブウェポンを禁止してクリア(リザルト画面での全サブウェポンの使用率を「0%」の表示にする)
  • 敵をなるべく倒さずにクリア

やり込み詳細

エネミー討伐数13チャート

解説
  • エネミー討伐数13でクリアを目指す、一部を除きボス戦以外は「セーフリング」×2の装備で不殺プレイ(ボス:ヴァレファール手前のジャイアント・カノンは倒さないと進めないと思う)。
  • 旋空脚無限ジャンプを多用します、セーブポイントで練習要(使用シャードはフレイムキャノン)。
  • スキップ可能なボス戦の討伐タイミングは参考程度にアイテム回収を優先。
  • 終盤は「ウォーカーキング」×2の装備でボス戦に挑む事になるのでマップ踏破率を上げる。

詳細

このページへのコメント

強めな制限プレイやってみました。鬼畜だったけど無事クリアできましたのでご報告。

◇ 強化できない縛りで、ジーベルのメガネ取得を目指す!◇(PS4版1.17)

【基本制限】
・ナイトメア(引継ぎなしの1周目)
・食事NG
・錬成による店の品揃え更新NG(次周回の品揃えに影響を与えない)


【取得禁止】
・MAXUPアイテム(弾丸UPだけOK)
・レシピ全種
・以下の売却不可アイテム(必須アイテム系は除く)

ヴァルキリーシリーズ、レッドアンブレラ、バンディットブレード、ソードウィップ、リモ・ダート、オラクルブレード、
メイドカチューシャ、リサイクルハット、鼻眼鏡、ビットコイン武器全種、特殊ファイルネーム装備、8ビットの悪夢、船の地図
(※ただし、ウォーカーキング、ジーベルのメガネ、世界のファッション誌は取得OK)

↑これらをNGにした理由は、個人的な特殊周回を予定して想定したものなので説明しません。


【錬成関連】
・全てのシャードはランク強化してはいけない(グレードはOK)
・錬成可能なものは、「初期から売られている商品」かつ「ヨハネスがレシピ無しで作れる物」
・派生シャードは品揃えに影響しないのでOK、解体はOK

↑炎の指輪がほしければ、後半の敵ドロップのフレイムメイルを解体して入手するなどヒネリが必要。


【クエスト関連】
・クエストは、「錬成NGに抵触してない」かつ「報酬アイテムが禁止以外」ならやってもいい。
・これにより錬成でしか入手できないアイテムも、ほとんどが入手できない。

↑例えば、アビゲイルはバッドウィングが錬成不可でそれ以降進めない。スージーは最初から無理・・・など。


【バグ技関連】
・MP初期値が78のため、消費80のブラッドスティールが使用できず、それを回避する手段もこの縛りでは無理。
よって、詰み回避目的の時だけ椅子リフレクションの壁抜けOK。

・無限旋風脚(最初の1段目のジャンプだけOK。2回3回と繰り返すとどこでも行けてしまう)
船にあるガルバリンさえ取れれば、なんとか進行できる算段。

・無限ディレクショナルOK。これを利用しないと、中盤以降ボス戦で詰む(エーテル、ハイエーテルが絶望的に足りない)
雑魚にですら一発で殺される弱さなので、これがあっても正直かなり厳しい。


――――――――――――――

結果、恐ろしい難易度で時間はかかったけど、ボスメダル半分くらい、ジーベルのメガネ取得でクリアできました!
ただ、1.17になってからボスが全体的に強くなった気がします。いや絶対なった。技の出が早い、効果範囲が広くなったなど。

1
Posted by 廃人 2020年10月01日(木) 04:13:30 返信数(5) 返信

ちなみにこの制限プレイ中、ODの書の2冊バグが発生し、このサイトにあった回避方法で対処できなかったこともご報告。

2冊バグの具体的な発生条件

以下の3つの条件 A〜C が全て同時に満たされている場合にバグが発生する。
A. 「貸出冊数1冊まで かつ 本を借りている状態」で、エリアを3回以上切り替える。
B. 「ODから列車に乗る方法を聞く特殊会話」をまだ発生させていない。
C. 「魔が駆ける橋梁」の機械で施錠された扉を確認しており、なおかつキーアイテム「証明写真」を未所持。

とありましたが、私の状況は、魔列車の改札を調べず、臭化銀未入手状態でOD初訪問時に本を1冊借りる
→借りたまま、エリアチェンジ3回(上記のA・B満たしてCは満たしていない)
→「お前は信用できそうだ(2冊→3冊の会話)」になってバグ発生

試しに改札調べてから初訪問しても変わらず。(特殊会話を挟んで、お前は信用できそうだ)
2冊バグ状態でこの縛りは厳しいため、泣く泣く最初からプレイやり直して、以下の方法でバグ回避を確認。

・最初にドミニクと写真機の説明イベントを発生させる
・改札をチェックする
・OD初訪問で最初に本を1冊借りる(臭化銀未入手)
・続けてその場で「列車に乗る方法」を聞く
・エリアチェンジ3回→「なかなか読書家のようだ」(バグ回避確認)本をもう1冊借りる
・さらにエリアチェンジ3回→「お前は信用できそうだ」無事3冊借りられた


また、新たなバグ小技を発見したのであわせてご報告。

【ダンタリオン二重バフ】
・ダンタリオンが召喚されている状態で、ミリアムにバフがかかってない状況のとき
→ダンタリオンがバフの詠唱モーションをとり始める
→本を開くくらいのタイミングでセーブ。セーブ中に「汝に祝福あれ」と言われる
→さらにセーブ後に「汝に祝福あれ」と2度目があれば成功。バフが2重にかかってる。

タイミングはシビアではないので、ナイトメアのボス戦前などに使えそうな小技です。

1
Posted by 廃人 2020年10月01日(木) 04:15:19

ご報告ありがとうございます。
アイテム引き継ぎによる何か特殊な制限プレイを行う準備のための、1周目のプレイなのかなと思いました。
解体でのアイテム入手を模索する必要性が高まるのは面白そうですね。

MP初期値ではブラッドスティールが使えない問題について、基本事項に追記しました。

「貸出冊数が2冊までしか増えないバグ」については、同系統のバグは3パターン存在すると考えられ、そのうちのAのバグではなく、Bのバグと同様の現象(「なかなかの読書家のようだな」の会話を飛ばして「ふむ お前は信頼できそうだ」の会話が発生する)が起きたのだと思われます。
このバグについての詳しい発生条件などは不明ですが、ご報告いただいた内容を参考にバグ情報を改訂しました。情報提供ありがとうございます。

ダンタリオンからの二重バフについては、「小ネタ・裏技・バグ」のページの「その他のバグ技」に記載されています。

0
Posted by かんりにん 2020年10月02日(金) 19:26:38

MP初期値ではブラッドスティールが使えない問題についての確認です。
ランク1でもいいのでMNDエンハンスを装備した場合、最大MPが上昇して80を超えると思うのですが、どうなんでしょうか?

2
Posted by 名無し 2020年10月02日(金) 20:57:15

おっしゃる通りでしたので訂正しました。ご指摘ありがとうございます

0
Posted by かんりにん 2020年10月02日(金) 23:18:22

>管理人さん
ダンタリオンからの二重バフ、書いてたんですね。
見逃してたようでスミマセン。

>名無し
MNDエンハンスはランクを上げないと上昇しないものと勝手に勘違いしていました。
たしかにMNDエンハンスで解決できましたね!ありがとうございます。

0
Posted by 名無し 2020年10月03日(土) 01:31:45

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます