はじめに

以下の要素限定の小ネタ・裏技・バグは、それぞれのページをご参照ください。
このページでは主にミリアム操作時に確認した情報をまとめていますが、いくつかの情報は斬月でのプレイにも当てはまる可能性があります。

各コマンド表記は基本的にPS4版のコマンドを記載。
= 攻撃ボタン 
バクステ = バックステップの略

フレームレート = 時間あたりの画面の描画処理頻度のこと(例:60fps = 60 frames per second = 秒間60コマ)


特殊なエントリーネーム

  • New Dataの名前入力欄に特定の名前を入力すると、入力完了時に特徴的な効果音が鳴り、ゲーム内に特殊な変化が起こる。
    • 一度有効にすると、そのセーブデータではその変化を取り消すことはできない。後で名前を変更しても特殊効果は永続する。
  • 「NIGHTMARE」以外のエントリーネームは、一つのセーブデータにつきいずれか一つのみを適用可能であり、複数のエントリーネームの効果を併用することはできない。
  • 特殊なエントリーネームで追加される各装備品は、アーカイブの収集率には影響しない。
エントリーネーム説明
NIGHTMARE難易度ハード未クリアでも、難易度ナイトメアを選べるようになる。
このエントリーネームの効果は一度有効化すると、それ以降の全てのセーブデータ・新規データに適用される模様。
BIGHEADミリアムの顔が巨大になる。

頭部の食らい判定は通常時から変わらない模様。
斬月でのプレイでは効果無し。
8MEGAPOWER
Akuma
ALPHAOMEGASIN
DUNGEONITE
JEPSON
SPONGYVINE
STEPHENPLAYS
TheSpeedGamers
各ネームごとに以下の専用武器を最初から所持している。
8MEGAPOWER : ゲームサックストリップ
Akuma : ドミナス
ALPHAOMEGASIN : ダークネスディセンド
DUNGEONITE : ダンジョナイトソード
JEPSON : クロックワークブレイド
SPONGYVINE : ヴァインソード
STEPHENPLAYS : シチリアンスライサー
TheSpeedGamers : ファイナルアワー
 
各武器はアイテムリスト上では最下段に追加される。
 
各武器の性能は共通で以下の通り。
 ・武器種:剣
 ・ATK 15
 ・斬属性
 ・必殺技「フォースブラスト」を使用可能
 ・その他の特性無し
chuggaaconroy
EGGFARM
INTHEBATHROOM
Jarvis Meower
各ネームごとに以下の専用頭部防具を最初から所持している。
chuggaaconroy : スペースヘルメット
EGGFARM : ガーディアンエッグヘルム
INTHEBATHROOM : ダンピングヘルメット
Jarvis Meower : Mega64ヘルメット
 
各頭部防具はアイテムリスト上では最下段に追加される。
 
各頭部防具の性能は共通で以下の通り。
 ・DEF 5
 ・その他の特性無し
AWESOMEVIDEOGAMES
BULLFIGHTER
Egoraptor
Grumps
swimmingbird
TEAMFAT
各ネームごとに以下の専用アクセサリーを最初から所持している。
AWESOMEVIDEOGAMES : リップウォーマー
BULLFIGHTER : The-Bazマスク
Egoraptor : グランプだよ
Grumps : グランプじゃないよ
swimmingbird : レッドヘロンマスク
TEAMFAT : ファニーマスク
 
各アクセサリーはアイテムリスト上では15番目(「変声マスク」と「お札」の間)として追加される。
 
各アクセサリーの性能は以下の通り。
 ・DEF 5 ※「グランプだよ」と「グランプじゃないよ」と「ファニーマスク」はDEF 0
 ・その他の特性無し
 
「グランプだよ」「グランプじゃないよ」「ファニーマスク」の3つのアクセサリーのグラフィックは3Dモデルではなく一枚絵であり、ミリアムの体の向きに関わらず、常にカメラに対して正面に表示される。

スクリーンショット:追加武器


スクリーンショット:追加頭部防具


スクリーンショット:追加アクセサリー



効率の良い稼ぎ方まとめ

狩り場(経験値稼ぎ・レベル上げ、ドロップアイテム稼ぎなど)

全般
全般的に、シャードや必殺技を使って狩る場合は、料理でMAXMPを底上げしたり、
アクセサリ「魔術師のネックレス」やエンチャントシャード「ウィズダムワーズ」で消費MPを軽減すると効率が良くなる。
最終的にはアクセサリ「ジーベルのメガネ」を装備することで消費MPをゼロにできるので、セーブポイントやワープポイントから離れている場所でも長時間狩りやすくなる。

難易度ハード以上では一部の場所に雑魚敵が追加され、狩り場として利用できる場合もある。

なお、敵や燭台から出現するアイテム袋やお金やマナローズは、出現した瞬間から15秒経過で消滅する。


以下、敵のドロップアイテムの()内に書かれている値段は、そのアイテムの売却価格。

序盤
  • ガレオン「ミネルヴァ」の下層のセーブポイント付近、またはボス手前にいるデュラハンマを狩り続ける。
    • デュラハンマの首元のうに部分を攻撃すると、より大きなダメージを与えられる。
    • 1回あたりEXP+23
    • ドロップアイテム:うに (8%)、青銅 (12%)、デュラハンマヘルム (3%)、鉄 (8%)
    • 最序盤ではオススメのレベル上げ。
  • アーヴァント村の拠点のすぐ右で、モート・ボーンとバットを1体ずつ狩る。
    • 1回あたりEXP+35
    • ドロップアイテム
      • モート・ボーン:溶けかけた骨 (15%)、石仮面 (4%)、溶けかけた頭蓋骨 (5%)
      • バット:小さな飛膜 (15%)、蝙蝠の牙 (5%)
    • 「溶けかけた骨」と「小さな飛膜」でポーションを錬成できる。ポーションの錬成素材を集めたいならここで。
  • エントランス、「血の噴水から真上の横長部屋」または「斬月1戦目後の広場の左下」にてゴースト狩り。
    • 十分な攻撃力があれば、下の部屋からのジャンプ大剣でゴーストを瞬殺すると同時にドロップアイテムを回収して戻る、という単純操作&高頻度で狩れる。
    • 1回あたりEXP+15
    • ドロップアイテム:エクトプラズム (10%)、エーテル (6%)、アルカヘスト (12%)
    • アルカヘスト集めに適した狩り場その1。アルカヘストを買わずに集めやすい。
      アルカヘストを必要数分だけまとめ買いすることを繰り返すと馬鹿にならない出費になるので、
      GOLDエンハンス+アクセラレイターのゴールド稼ぎを確立して荒稼ぎできるようになるまでは、終盤でも有用な狩り場。
  • 斬月1戦目手前のバルバトス狩り
    • 1回あたりEXP+53
    • ドロップアイテム:ホローポイント x3 (12%)、怪人の布切れ (12%)、アーマーピアシング x5 (3%)、綿 (5%)
    • 斬月戦前のレベル上げ。銃弾も集められる。
    • 優秀なシャードである「ストレイトアロー」を入手でき、同シャードのグレード&ランク上げにもなる。
    • 「怪人の布切れ」は、優秀な武器「炎の鞭」の錬成に2個、クエストの依頼品である「ティードレス」の錬成に3個必要になる。
      主な入手手段はこの敵からのドロップなので、序盤〜中盤では積極的に狩っておくのがオススメ。
    • 必殺技でバルバトスを攻撃することで、熟練度稼ぎも可能。MPはセーブポイントで簡単に回復できる。
  • 禁忌地下水洞(右側)のセーブポイント付近
    • ショベルアーマーをストレイトアローなどで狩る。
    • 1回あたりEXP+122
    • ドロップアイテム:ショベル(750G,6%)、鋼鉄 (10%)、ショベルアーマーの鎧 (3%)、サファイア (5%)
中盤
  • エントランスのカヒライスの奥の部屋で、アックスアウトサイダー、シールドアウトサイダー、ブラッドブリンガーを1体ずつ狩る。
    • 1回あたりEXP+426
    • ドロップアイテム
      • アックスアウトサイダー:白金 (960G,5%)、ダマスカス鋼 (540G,12%)、バルディッシュ (600G,4%)、ミスリル (735G,10%)
      • シールドアウトサイダー:溶けかけた骨 (12%)、銀 (375G,10%)、鋼鉄の胸当て (490G,4%)、邪悪な頭蓋骨 (5%)
      • ブラッドブリンガー:銀 (375G,8%)、砕けた魔剣 (259G,5%)
    • 金属系素材が色々手に入る。特に「銀」は1回あたり18%の確率で入手できる。
    • エンチャントシャード「クラフトマスタリー」をランク1→4まで上げるには計27個もの「銀」が必要になる。
  • 双竜の塔(右塔)のセーブポイント付近
    • ケライノーを「テプス・オシウス」などで瞬殺するだけ。
    • 1回あたりEXP+86
      • 敵のドロップを無視すればEXPの時間効率はかなり良い。
    • ドロップアイテム:いちご (10%)、雷鳥の羽根 (8%)、飛魔の肉 (5%)、怪鳥の髪 (6%)
    • 「いちご」を早い段階で集めて、スージーのクエストを進めることができる。
    • テプス・オシウスのグレードを上げられる。
  • 地下魔導研究棟のセーブポイント付近
    • モート・ボマーに接近 → 雷切の必殺技「迅雷」 → もう一度「迅雷」で往復して雑魚敵3体を撃破 → セーブ部屋へ戻る
    • 1回あたりEXP+227
    • ドロップアイテム
      • モート・ボマー:火薬(10%)
      • ポイズン・トード:解毒薬 (8%)、蛙の心臓 (8%)、毒薬 (200G,4%)、邪悪な目玉 (5%)
    • ドロップアイテムを集める場合は2回目の迅雷は使わず、アイテムを回収しながらセーブ部屋で戻る。
    • 必殺技の熟練度稼ぎも行いやすい。
  • ディアン・ケヒト大聖堂(上層)のセーブポイントから左の通路、雑魚4種狩り
    • ランスアーマーに少し接近 → 敵が反応したらジャンプして「テプスオシウス」1回 → 敵との間合いを調整しながら低空ジャンプ炎の鞭を連発して
      エイプ、ガーゴイル、ガミジン、ランスアーマーを1体ずつ倒す。
    • 1回あたりEXP+375
    • テプス・オシウスのランクを上げると狩りやすくなるかもしれない。
    • 別のやり方として、危険度は上がるが、「迅雷」を1回使った後に炎の鞭を連発して雑魚を倒してもいい。この方法だと、奥にいるもう1体のランスアーマーも狩れる。
    • ドロップアイテム
      • エイプ:指輪 (10%)、怪物の血液 (10%)、怪物の毛皮 (8%)
      • ガーゴイル:柔軟剤 (10%)、石像の破片 (10%)、黒曜石 (135G,8%)
      • ランスアーマー:パルチザン (480G,8%)、銀 (375G,12%)、ダマスカス鋼 (540G,8%)
      • ガミジン:ウール (960G,10%)、暴馬の蹄 (8%)、ユニコーンの指輪 (208G,2%)、暴馬の毛 (5%)
  • ディアン・ケヒト大聖堂(上層)のセーブポイントから左の通路、左上のシールドアウトサイダー狩り
    • マクアフティルなどの打属性武器を装備。2段ジャンプでシールドアウトサイダーの背後に回り込み、低空ジャンプ通常攻撃連発で倒す。
    • 1回あたりEXP+133
    • ドロップアイテム:溶けかけた骨 (12%)、銀 (375G,10%)、鋼鉄の胸当て (490G,4%)、邪悪な頭蓋骨 (5%)
    • 「銀」や「邪悪な頭蓋骨」を集められる。邪悪な頭蓋骨はこの敵のドロップアイテムでしか手に入らない。
  • 隠匿されし砂漠のアミー狩り
    • ワープポイントから左にまっすぐ進んだ辺りの場所などでアミーを狩る。
    • 1回あたりEXP+94
    • ドロップアイテム:アルカヘスト x2(12%)、エクトプラズム(10%)
    • アルカヘスト集めに適した狩り場その2。ドロップ率・入手個数共に上。
      敵の能力は高いため瞬殺にはある程度の能力が必要だが、金狙いの青宝箱マラソンやゼパルからのアラドヴァル狙いと併用すれば多くの資材を得られる。
  • 隠匿されし砂漠のワープポイント付近のアロケル狩り
    • アロケルはディレクショナルシャード「ボーライドブラスト」などで瞬殺できる。
    • 1回あたりEXP+111
    • ドロップアイテム:ウール(960G,10%)、絹(1815G,5%)
    • 絹を集めるならここが適している。絹はアビゲイルのクエストの依頼品「シルクのドレス」を作るためにも必要になる。
  • 裏・魔導研究棟のワープポイント付近のダーク・エレメンタル狩り
    • 「呪いの首飾り」を装備するなどして、ディレクショナルシャード「ティス・ロザイン」の威力を上げれば瞬殺できる。
    • 1回あたりEXP+110
    • ドロップアイテム:ダイヤモンド (1815G,4%)、ダークマター (1%)
  • 灼岩炎窟のセーブポイント付近のデス・トラップ狩り
    • 1回あたりEXP+332
    • ドロップアイテム:マホガニー材 (1215G,8%)、ヒノキ材 (,4%)
    • ドロップシャード:LCKエンハンス (4%)
    • デス・トラップを狩るならここがベスト。
    • 必殺技の熟練度稼ぎも行いやすい。

終盤
  • 東洋魔導研究棟、「鳥居地帯を上に抜けた直後」または「鳥居地帯の真ん中左の小部屋」のハーゲンティ狩り
    • 1回あたりEXP+250
    • ドロップアイテム:レンネット (12%)、魔牛の羽根 (6%)、飛牛の肉 (1%)
    • 「魔牛の羽根」はスキルシャード「ハイジャンプ」の錬成に必要。「飛牛の肉」は「シーフードカレー」や「肉鍋」の調理に必要。
  • 巨獣区、セーブポイントの左上の部屋のアビスガーディアン狩り
    • 1回あたりEXP+2661
    • ドロップアイテム:龍の心臓 (5%)、ドラゴンの卵 x2 (10%)、龍の逆鱗 (8%)
    • ドロップシャード:ヴォイドレイ (6%)
    • 優秀なディレクショナルシャードである「ヴォイドレイ」をグレード9まで集めるならここで。
    • 「龍の心臓」は「ドラゴニックレイジ(Lv.7〜9)」の強化に計2個、「ヴォイドレイ(Lv.7〜9)」の強化に計2個必要になる。
    • 「龍の逆鱗」は最強の鞭「アンドロメダ」の錬成に2個、「LCKエンハンス(Lv.7〜9)」の強化に計2個必要になる。
  • 永久氷棺
    • ワープポイントから左にまっすぐ進んだ行き止まりの場所、デーモン・ロードとグシオンシューターとGアックスアウトサイダーを1体ずつ狩る。
      • 「ホルスの目」を装備すれば、部屋を切り替えた直後の地点からグシオンシューターやGアックスアウトサイダーが見えるようになるので、「ヴォイドレイ」などで速攻で倒しやすくなる。
    • 1回あたりEXP+2783
    • ドロップシャード
      • デーモン・ロード:魔王の心臓 (2%)
      • グシオンシューター:ヒノキ材 (2%)
      • Gアックスアウトサイダー:魔王の頭蓋骨 (5%)、オリハルコン (2%)
    • 最終盤でのレベル上げに適した狩り場の一つ。
  • 永久氷棺
    • トレーサーがいる場所の一つ手前の広場。左上から部屋を切り替えた直後の、Gアックスアウトサイダーとデーモン・ロードを1体ずつ狩る。
      余裕があれば左のマップに出るアイス・エレメンタル1体も狩ってから画面を切り替える。
    • シャードの威力重視の装備で、「ヴォイドレイ」や「ティス・ロザイン」などを使えば速攻で倒しやすい。
      ある程度のINTがあれば高レベルの「テプス・オシウス」を連発するのも良い。狙う必要がなく、動き回るデーモン・ロードやアイス・エレメンタルにも確実に当たる。
    • 1回あたりEXP+2382
    • ドロップシャード
      • デーモン・ロード:魔王の心臓 (2%)
      • Gアックスアウトサイダー:魔王の頭蓋骨 (5%)、オリハルコン (2%)
    • 最終盤でのレベル上げに適した狩り場の一つ。「ホルスの目」を装備しなくても狩りやすい。

オート稼ぎ(オートレベルアップ、オートお金稼ぎ)
スパイクブレスト体当たりで放置稼ぎ
  • 実践可能時期:「裏・魔導研究棟」到達後(ドッペルゲンガー戦後)
  • 装備・事前準備
    • 胴体防具「スパイクブレスト」
    • 必要ATK:「無限湧きするタイプの特定の雑魚敵」をスパイクブレストの体当たり一撃で倒せる程度のATK。
      • 無限湧きする雑魚敵:シーマ、デュラハンマヘッド、カースホルダー
    • シーマを狩る場合は、一定以上の防御力とエンチャントシャード「リジェネレーション」による自動回復で、シーマの飛び道具を受けても死なないようにする必要がある。
  • 手順
    • 特定の雑魚敵が無限湧きする地帯にて。
    • 1.固定配置されている邪魔な雑魚敵を排除する。
    • 2.適当な場所に立って、無限に湧く雑魚敵をスパイクブレストによる体当たりで一撃で倒し続ける。
  • 手順が簡単な上に色々な場所で実践できるのが利点。
    • 無限湧き雑魚はいずれも獲得経験値が非常に低く設定されているため、経験値稼ぎの効率は良くない。
    • ドロップアイテム稼ぎや敵撃破数稼ぎ(=シルバーマンリングの攻撃力強化)としては有用な場合があるかもしれない。

8ビットゾンビでオート稼ぎ
  • 実践可能時期:アクセサリー「ジーベルのメガネ」入手後(シャード収集率100%達成後)
  • 装備・事前準備
    • アクセサリー「ジーベルのメガネ」
    • ディレクショナルシャード「フォルド・ターブ」(ランク4以上)
      • グレードとランクが高いほど稼ぎやすい。
    • エンチャントシャード「GOLDエンハンス」
      • 経験値稼ぎには必要ではないがお金稼ぎに必要。
      • グレードとランクが高いほどお金稼ぎの効率がアップ。
      • アクセサリー「シーフリング」でも代用は可能。
    • エンチャントシャード「ディテクティブアイ」(ランク9・スキルシャード化)
      • 経験値稼ぎには必要ではないがお金稼ぎに必要。
    • スキルシャード「インバート」
  • 手順
    • 「8ビットの悪夢」エリアにて。
    • 1.ボス扉手前の8ビットスカルx4体の柱を倒しておく。
    • 2.ボス扉手前、↓の画像1枚目の場所にて、インバートを使い、邪魔な8ビットスカルを倒しつつ画像2枚目の位置に立つ。
       
    • 3.フォルド・ターブを左か右に出し続ける。
  • 上記の手順を踏むと、無限に湧く8ビットゾンビをフォルド・ターブで倒し続けて経験値を稼ぐことができる。
    • 1秒ごとに1体のペース。1体あたりEXP151。
  • 8ビットゾンビが落とすお金もディテクティブアイによって回収できる。
  • あとは何らかの方法で自動的にディレクショナルシャードを出し続ける状態にすれば、ゲームを放置しているだけでも自動的に経験値とお金を稼ぐことができる。

青宝箱回収マラソン

青宝箱はエリアを切り替えれば復活する。
※「セレステの間」などの "鍵を使って入れる特殊な小部屋" も個別のエリア扱いなので、これらの部屋に入ることでもその一帯のエリアの青宝箱は復活する。

売却価格が高めの素材を青宝箱から手に入れて売ることで、ゴールド稼ぎもできる。
移動速度を上げるほどマラソン効率が良くなる。
  • エントランス(上層)
    • 「ディアン・ケヒト大聖堂(下層)のクラフトワーク戦前広場を下に進むルート」からエントランスへ移動し、エリア切り替え直後の場所にある青宝箱2個を回収し、引き返してエリアを切り替え直す。
    • 中身候補:鉄(60G)、黒曜石(135G)、エルム材(15G)、解毒薬(30G)、50G
    • ついでに モート・ボーン x1〜2体 を狩ることもできる。難易度ハード以上ではデーモン1体も狩れる。
    • 鉄と黒曜石は、どちらも序盤の特定武器の錬成素材。序盤の武器は「武器種マスタリー系エンチャントシャード」のランク7までの強化素材としても必要になる。
    • 鉄は弾丸ホローポイントの錬成素材、黒曜石は弾丸アーマーピアシングの錬成素材にもなるので、これらの素材を集めておけば序盤での強力な弾丸を量産でき、積極的に弾丸を消費しやすくなる。
    • 「解毒薬」を1アルカエストで解体すると、「怪鳥の涙 x1」と「蛙の目玉 x1」が手に入る。「怪鳥の涙」は「エーテル」「万能薬」「柔軟剤」の錬成に必要な素材。
  • 双竜の塔(上層)
    • ダブルジャンプ入手後から利用可能。
      最上層のワープポイントから右に行き、進路上にある青宝箱2つを開けたらワープポイントに戻って別の地域に行って復活を繰り返す。
    • 中身候補:銀 (375G)、ルビー・サファイア・エメラルド(各240G)、100G
      銀はクラフトマスタリーの、宝石はレジスト系シャードの強化素材として大量に必要になる。
      また、道中のポルターガイストを倒せばアルカヘストとオーク材(240G)も平行して稼げる。
    • 宝石類はそのまま売却するよりはリィガ・ドイン、ヴァ・スキア、テプス・サレンダに錬成するほうが高額で売却可能。
  • 地下魔導研究棟
    • 青宝箱を2個開けて、ワープポイントか赤扉でエリア切り替え。
    • 中身候補:ウォルナット材(735G)、カレーパウダー、ペッパー、100G
    • 「ペッパー」を集めるならこの方法で。
  • リブリ・エクス・マキナ(上層)
    • 中身候補:ダマスカス鋼(540G)、ミスリル(735G)、ウォルナット材(735G)、にんにく(10G)、100G
    • 「セレステの間」から、「右にまっすぐ進んだ突き当たりの小部屋にある青宝箱1個」までのルートを往復すると効率良く回収できる。
    • にんにくをタダで集めるならこの方法で。全種類の料理を一通り作るためには、計6個のにんにくが必要になる。
  • 終焉の間
    • 中身候補:ミスリル(735G)、白金(960G)、ウール(960G)、スポンジケーキ
  • 隠匿されし砂漠
    • ワープポイントから下に降り、下右の広場の青宝箱まで回収したら少し戻り、時計回りに1周するルートで青宝箱を計6個回収、ワープポイントに戻ってエリア切り替え。
      • 最後の青宝箱を開けたら転送石を使う手もある。
      • 「アクセラレイター」で走り回れば1セットあたり1分掛からない。「ディメンジョンシフト」もあるとより楽かもしれない。
    • 中身候補:クリスタル(1215G)、金、マホガニー材(1215G)、500G、解毒薬
    • 素材の「金」を早い時期から入手したり、タダで手に入れるならこの方法で。ただし「金」の出現確率は低いので、数個入手ならともかく、沢山集めるには根気がいる。
      • 「クラフトマスタリー」のランクを4→7に上げるには計27個もの「金」が必要になる。
    • とにかく「金」を入手したいだけなら、このエリアのセーブポイントでセーブしておき、付近の青宝箱を開けて金が出なかったらリセット、という手順を繰り返すのもあり。
    • 「クリスタル」と「マホガニー材」も売却用として沢山集めやすく、所持金稼ぎとしての有用性も高いマラソン。
  • 裏・魔導研究棟
    • ワープポイント付近の青宝箱2個を開けて、 ワープポイントでエリア切り替え。
      • 「アクセラレイター」や「ディメンジョンシフト」があるなら、近くの赤扉でエリアを切り替え直した方が早い。
      • 「アイギスの鎧」でトラップを無効化するとスムーズに移動しやすい。
    • 中身候補:クリスタル(1215G)、絹(1815G)、マホガニー材(1215G)、ダイヤモンド(1815G,低確率)、500G
  • 東洋魔導研究棟
    • 中身候補:ヒヒイロカネ(2535G)、ヒノキ材(2535G)、醤油(50G)、味噌(50G)、500G
    • ワープポイントのすぐ右の「入り組んだ部屋の右上の青宝箱1個」と、「大工の間」を往復すると効率良く回収できる。最終盤でディメンジョンシフトを入手しておくとさらに効率が良くなる。
      • ただし雑魚敵が邪魔になりやすく、ノーダメージで往復するのは難しい。
  • 永久氷棺
    • 「巨獣区」からこのエリアに来て早々に青宝箱を計3個回収し、「巨獣区」へ行ってエリアを切り替え直す。
    • アイス・エレメンタルの移動にランダム性があるので、ぶつからないように移動するには少々アドリブが必要。
    • 中身候補:クリスタル(1215G)、オリハルコン、カシミヤ、アレキサンドライト、500G


ゴールド稼ぎ(お金稼ぎ)

ゴールドのランダム出現の仕組みについて
  • 簡単に言えば、「LCKを高めて・高ランク 高グレードのGOLDエンハンスを装備して・MP満タンで燭台を壊せば ゴールドを稼げる」ということである。
     
  • MPが満タンの状態で燭台を壊すと、マナローズの代わりにお金が出現する。また全ての敵は撃破時に低確率でお金をドロップする模様。
    • これらの条件で出現するお金は「1G / 5G / 10G / 50G / 100G / 500G / 1000G / 2000G」の8種類。一定の条件と確率でいずれかの金額が出現する。
      • ゲーム開始直後の初期状態では「1G / 5G /10G」しか出現しない。
      • ミリアムの「金運」を上げることで、より高額のお金が出現しやすくなる。
      • ただし上位金額である「500G / 1000G / 2000G」は金運を上げるだけでは出現せず、「GOLDエンハンス」の効果によって出現する可能性が生まれる。
  • 金運について
    • ミリアムには「金運」とでも言うべき隠しパラメータがある。
      金運が高いほど、より高いお金が出現しやすくなり、逆に低額のお金は出現しにくくなる。
    • 金運の算出式
      • 金運 = 素のLCK + シャードによるLCK上昇量 + 食事ボーナスによるLCK上昇量 + GOLDエンハンスによる上昇(後述)
      • 防具によるLCK増減は金運に影響しない。
    • 金運による出現金額変化の詳細
      • 金運8以上で50Gが出現するようになる。(食事無しでレベル13)
      • 金運16以上で100Gが出現するようになる。(食事無しでレベル45)
      • 金運24以上で1Gが出現しなくなる。(食事無しでレベル77)
      • 金運38以上で5Gが出現しなくなる。(食事必須)
  • GOLDエンハンスの効果について
    • ゲーム後半で手に入るエンチャントシャード「GOLDエンハンス」を装備していると、グレードに応じて金運が大きくアップする模様。
      またGOLDエンハンスには、500G以上の額が確率で出現するようになる効果もある。
    • LCK最低値(5)におけるグレード1装備でも、1Gや5Gは絶対に出現しなくなる上に、より上位の金額である500G以上が確率で出現するようになる。
    • LCKが最低値であっても、ランク9・グレード9のGOLDエンハンスを重複装備すれば、低確率で2000Gが出現するようになる。
    • なお、GOLDエンハンス1個装備でもLCKが十分に高ければ、低確率ながら2000Gを出現させることは可能。

金運に関する調査結果

  • 金運とGOLDエンハンスの状態別、各金額の出現確率と出現金額の平均値
    • 金運0&GOLDエンハンス無し:10G(6/32)・5G(16/32)・1G(10/32) 平均4.68G
    • 金運最大&GOLDエンハンス無し:100G(16/32)・50G(14/32)・10G(2/32) 平均72.5G
    • 金運最大&GOLDエンハンス2個:2000G(1/32)・1000G(3/32)・500G(12/32)・100G(16/32) 平均393.75G
  • 補足
    • 金運が適用されない攻撃
      • レイジングゲイル、サモンラット、サモンゴースト、サモンエイプ、サモンギーレムント、サモンショベル
      • サモンサムヒギン、サモンブエル、サモンバグズ、サモントレーサー、エンタングルバインド、グレイトフルアシスト
      • サモンヘルハウンド、8ビットゾンビ、8ビットゴースト、8ビットフレイム
      • リリーストード、サモンプルメパルマ
      • 使い魔の攻撃
    • 「魔が駆ける橋梁」の列車の背景に流れてくる燭台(街灯)からは低額の金額しか出現しない。
    • 特定のシャードや必殺技による時間停止効果中は低額の金額しか出現しない。
      • 該当のシャード・必殺技:アクセルワールド、リフレクションレイ、迅雷、パリィ、土壇場返し、ヴァルキリーソード専用技

効率の良いゴールドの稼ぎ方
序盤
  • 敵からのドロップ品を売る。
    • 特にシャードは序盤から手に入る物も300Gで売れるため、不要なものは手放して金にするのも良い
  • 双竜の塔で青宝箱マラソン
    • 宝石類や銀はシャード強化の素材としても大量に要求されるため、金目当て以外でも有効。
中盤
  • 拠点のヨハネスの部屋の燭台を壊しまくる。
    • 燭台から100G以上のお金が出現するようになっていれば、これだけでもそれなりに稼げる。
    • 燭台はジャンプ鞭か、スパイクブレスト装備のジャンプ体当たりで壊すと早い。
  • 「隠匿されし砂漠」の青宝箱回収マラソンで「クリスタル」や「マホガニー材」を集めて売る。
    • それぞれ1個あたり1215Gで売れる。錬成素材の「金」をこの方法で集めるついでに、余ったクリスタルやマホガニー材を売ると良さげ。
終盤
  • アクセラレイター装備、「禁忌地下水洞」の左方面セーブポイント付近の燭台を左右往復移動で壊しまくる。
     
    • おそらく最も時間効率の良い所持金稼ぎ。
    • 料理でMP回復速度を上げたりウィズダムワーズなどでMPの消費を抑えれば、アクセラレイターの発動中でもMPをほぼ消費することなく、体当たりで燭台からお金を入手できる。
      • 最終盤までゲームを進めて「ジーベルのメガネ」を装備すれば、MP消費量がゼロになるので、稼ぎ効率がさらに良くなる。
    • 「スピードスター」「疾風の書」「覇者の書」で移動速度を上げればさらに効率が良くなる。

ラッキー・ドロップによるドロップアイテム稼ぎ

中盤
  • 装備・事前準備
    • 武器:レイピア
    • エンチャントシャード:ラッキー・ドロップ
    • アクセサリー:セーフリング x1〜2個
  • レイピアの必殺技「百花繚乱」で敵をひたすら攻撃して、ラッキー・ドロップによるアイテムドロップを発生させる。
    • レサージーで敵をスローにしておくのも良い。
    • シャドウトレイサーを併用すると格段に効率が良くなる。
  • レベルを上げすぎたり、食事で攻撃力を上げすぎていると効率が悪くなる。ただし最終的には、後述の無限アクセルワールドでも問題なく稼げるようになる。

終盤
  • 装備・事前準備
    • 推奨武器
      • ルァハ・ヴェラー、オラクルブレード、ダインスレイフ、カラドボルグ、ヤグルシ、鞭
    • アクセサリー:ジーベルのメガネ
    • 推奨トリガーシャード
      • サモン・バット、サモン・サムヒギン、ヒドゥンダート、スロースピアー、スローアックス、ネバーサティスファイド
    • エフェクティブシャード:アクセルワールド
    • 推奨ディレクショナルシャード
      • インフェルノブレス、チゼルバラージ、ルーインビーク、テプス・オシウス
    • エンチャントシャード:ラッキー・ドロップ
  • 「ジーベルのメガネ」による無限アクセルワールド中に、ルァハ・ヴェラーなどで敵をひたすら攻撃。
    敵からアイテム袋が出現したのを確認したら、アクセルワールドを終了してアイテムを回収。
  • 「複数種類のアイテムをドロップする可能性がある敵」に対しては、アイテム袋出現後もさらに攻撃し続けることで、より多くの種類のアイテムをまとめてドロップさせることもできる。
 
  • アクセルワールド中にオラクルブレードなどの飛び道具を敵に重ねた状態で停止させると、飛び道具の攻撃判定が連続ヒットし続けるので、いくつもの飛び道具を重ねれば短時間でより多くのヒット数を稼ぐことができ、アイテムをドロップさせやすくなる。
  • ヒット数稼ぎに適した必殺技は、剣のフォースブラスト(雷 or 闇)か、鞭のクリティカルスウィング。
    • クリティカルスウィングはヒット間隔が短いが、2発以上重ねてもヒット数は増えない模様。
  • インフェルノブレスは炎の先端をかすめるように間合いを取って当てると連続ヒットする。
  • 飛び道具の派手なエフェクトをいくつも重ねると、敵がアイテム袋をドロップしたかどうかが判りにくくなったり、ゲームの処理が重くなるのが難点。


必殺技の熟練度稼ぎ

  • 熟練度は必殺技が敵にヒットするごとに増加する。
    • 一度に複数回ヒットすればその分熟練度が増加する。「空撃斧」や複数の敵が固まっている時の「土壇場返し」などは多段ヒットしやすく、その分熟練度も早く貯まる。
    • 「フォースブラスト」は、雷・闇属性の追加攻撃が多段ヒットするため熟練度を効率的に稼ぎやすい。
    • エフェクティブシャード「シャドウトレイサー」による分身の攻撃がヒットした際にも増加する。
  • 本「鍛錬の書」や「覇者の書」を所持している時は取得熟練度に倍率が掛かる。
    どちらか一方の本のみを所持しているとx1.2倍、両方とも所持しているとx1.44倍になる。
  • 奥義習得に必要な熟練度は技によって異なる。
  • 「セーブポイントから出てすぐ近くにいる敵を必殺技で攻撃し、MPが少なくなってきたらセーブポイントでMPを回復」…という手順を繰り返すと熟練度を稼ぎやすい。
    • 稼ぎに適した場所は、序盤は「エントランス(上層)」、中盤以降は「地下魔導研究棟」や「灼岩炎窟」がオススメ。
      カウンター系の技を狙うなら「静寂の庭園」右側セーブポイントを拠点にブエルアーマーの投擲を相手にするのが簡単。
  • エフェクティブシャード「アクセルワールド」の発動中は敵のHPをゼロにしても撃破にならない。アクセサリ「ジーベルのメガネ」を併用してMP消費量がゼロにすれば、無防備な敵を必殺技で攻撃し放題になるので効率良く熟練度を稼げる。
    • 「フォースブラスト」の雷・光・闇属性攻撃や「クリティカルスウィング」の竜巻部分はアクセルワールドの効果中に攻撃判定が持続するため、連続ヒットにより簡単に奥義習得まで熟練度を稼げる。
      • 「レッドアンブレラ」装備時の「フォースブラスト」の血の弾は、ヒットさせても熟練度は溜まらない。


アクション関連

高速移動方法まとめ

  • スライディング連発
    • 初期状態から可能。
    • 」のスライディングを連発するだけ。普通に走るよりは速い。
    • 中盤以降で手に入るアクセサリー「ストライダーベルト」を装備すればさらに速く移動できるが、その頃には後述のドゥエなどで移動した方が速いかも。
  • バクステしゃがみキャンセル連発
    • 初期状態から可能。
    • 「バックステップ → しゃがむ → バックステップ → しゃがむ …」を繰り返すだけ。
      コマンドは以下の通り。
       ・ ずらし押し ・ ずらし押し

      を押した直後に、一瞬タイミングを遅らせるようにを押す(=ずらし押し)のがコツ。操作にはやや慣れが必要。
    • よくわからない人向け:↓をやや連打しながら、それより早くバックステップを連打。なんとなく連続で成功する。
    • 中盤以降で手に入るアクセサリー「ムーンベルト」を装備すればさらに速く移動できる。

  • 移動速度の上がる装備品を装備する
    • アクセサリー「スピードスター」:x約1.15倍
    • 本「疾風の書」:x1.2倍
    • 本「覇者の書」:x1.2倍
    • これらを複数同時に装備した場合、移動速度アップの効果は乗算される。
      例えば3種全て装備すると、移動速度は x約1.15 x1.2 x1.2 で 約1.656倍 になる。
    • 後述の必殺技中の移動速度には影響しないが、アクセラレイター中の移動速度には影響する。
  • シックルムーン高速移動
    • 大剣の必殺技「シックルムーン」で高速移動する。中盤以降で可能になる。
    • MPコスト:60/SEC
    • 対応武器:グラム、シェダル、デュランダル
    • 初速は遅く、持続時間に応じて速くなっていくので使い勝手はあまり良くない。
  • ペネトレイト高速移動
    • 槍の必殺技「ペネトレイト」で高速移動する。中盤以降で可能になる。
    • MPコスト:60/SEC
    • 対応武器:権堂鎮教、冷艶鋸
    • 移動速度はアクセラレイター(ランク9・移動速度アップ装備なし)とほぼ同等。
    • ファミリア・ブエルを召喚している時は、ブエルにぶつかって突進を止められてしまうのが難点。
  • 迅雷高速移動
    • 刀の必殺技「迅雷」で高速移動する。中盤以降で可能になる。
    • MPコスト:50
    • 対応武器:雷切、三日月宗近
  • 二段ジャンプ急降下キック連発(通称「ドゥエ」)
    • ダブルジャンプ習得以降で可能。
    • 「前進しながら二段ジャンプ → 前斜め下に急降下キック → 着地後すぐに前進しながら二段ジャンプ → 前斜め下に急降下キック …」を繰り返す。
      コマンドは以下の通り。
      (を押し続けたまま)  ・  ・ (着地) ・ 
      • 簡単に言うと、を押しながらをただ連打し続け、二段ジャンプ(羽のエフェクト)を確認したらちょっとだけを入力する、とやるのが手軽。
      • 高すぎる高度から着地すると硬直が発生してしまうので、硬直が発生しない程度の高さで急降下キックを出すことが大事。
    • 平地では低空で急降下キックを出すよりも、ある程度の高さを稼いでから急降下キックを出した方が速いので、「」の2回目のは多少遅めの入力でも大丈夫。
    • ハイジャンプ習得後は「」の代わりに「上方向」または「」のハイジャンプで高度を稼ぐ走法(=ハイジャンプドゥエ)でもいい。
      • ただし方向キー入力だと「」で左方向にハイジャンプを出すことはできても「」で右方向にハイジャンプを出すことはできずバックステップになってしまうので、右方向にハイジャンプドゥエでスムーズに移動したければ、方向キーではなく左スティックを1時くらいの角度に上手く倒しながら操作する必要がある。

  • アクセラレイター
    • アクセラレイター入手以降で可能。
    • ディレクショナルシャードのアクセラレイターで高速移動するだけ。終盤で入手するだけあって非常にお手軽かつ超高速。最終的にはこれで高速移動するのが基本になるだろう。
    • アクセラレイターのランクに応じて移動速度が更に速くなる。
    • 「スピードスター」「疾風の書」「覇者の書」との併用で更に速くなる。
    • なお過去の悪魔城ドラキュラシリーズでは、同様の能力による高速移動中にドゥエを組み合わせることでさらに高速移動できたが、本作では急降下キックの横方向移動速度は固定されている上にアクセラレイターの移動速度よりも遅いので、アクセラレイター中にドゥエる(=アクセラレイドゥエ)のでは逆に遅くなりやすい。

足踏み外し空中ジャンプ(空中で地上ジャンプ)

  • 足場から足を踏み外した直後の約0.25秒以内にジャンプボタンを押すと、空中でジャンプできる。
    • この空中ジャンプは地上での通常ジャンプと同性能であり、スキルシャード「ダブルジャンプ」を装備していれば、この空中ジャンプからさらにダブルジャンプを行うことも可能。
    • ただし、「ダブルジャンプ」非装備かつ、スライディングなどで「下方向を入力したまま足を踏み外した」場合は、この空中ジャンプは行えない。
  • 「リフレクションレイ」や「ディメンジョンシフト」で地上から空中に飛び上がった直後にも、「ダブルジャンプ」非装備であればこの空中ジャンプが可能。
    • これらのシャードの実行直後にダブルジャンプで飛び上がるよりも、この方法で空中ジャンプした方がより高く飛び上がれる。
    • ただしこの方法で空中ジャンプしてからダブルジャンプを装備しても、一度着地するまではダブルジャンプは行えない。

各種キャンセルテクニック

全般
ジャンプ攻撃着地キャンセル
大半の武器やシャードは、空中での攻撃モーション中に着地すると、攻撃モーションが中断される。
これを利用して「ジャンプ通常攻撃 → 着地 → 地上通常攻撃」や「低空ジャンプ通常攻撃 → 着地即ジャンプ → 低空ジャンプ通常攻撃 → 着地即ジャンプ …」といった連続攻撃が可能。
着地しても攻撃モーションが中断されない大剣では、このテクニックは使えない。

「低空ジャンプ通常攻撃連発」戦法は、特に鞭系の武器を扱う上で役立つテクニック。
武足・短剣・剣といった「元々の通常攻撃の動作時間が短い武器」の場合は、一度の低空ジャンプ中に1回武器を振るだけでは逆に攻撃ペースが遅くなる可能性がある。低空ジャンプの上昇中と落下中で計2回武器を振るようにすると、より早いペースで連続攻撃しやすい。


バクステキャンセル
  • 地上での各種行動はバックステップでキャンセルできる。
    さらにバックステップの動作を各種行動でキャンセルできる。
  • そのため「地上通常攻撃 → バクステ → 地上通常攻撃」といった連続攻撃が可能。
    • ただしバクステキャンセル後の行動をバクステでキャンセルすることはできない。

バクステしゃがみキャンセル
  • バクステキャンセル後にしゃがみを一瞬だけ挟んですぐに立ち上がれば、しゃがみから立ち上がった後の各種行動を再びバクステでキャンセル可能になる。
    • 例えば、銃で「地上で通常射撃 → バクステ → 一瞬だけしゃがんですぐ立ち上がる → 通常射撃 → バクステ …」といった連続攻撃が可能。
    • 「バクステからのしゃがみ中の行動」はバクステキャンセルできないので、しゃがみから立ち上がってから次の行動を入力することが大事。操作には慣れが必要。
  • コマンド入力の仕様上、武器によっては、バクステしゃがみキャンセル通常攻撃を連発していると、通常攻撃を出そうとして「 コマンドの必殺技」を出してしまう場合がある。
    • 以下の2通りの操作方法なら、必殺技を出さずにバクステしゃがみキャンセル通常攻撃を何度も連発できる。
      • 「しゃがみ入力後 〜 次回のしゃがみ入力の前」の間に以外の方向キー入力を挟む。
      • 「バクステ入力後 〜 攻撃ボタン入力の前」の間にショートカット画面を開くなどして、「コマンドを入力していない時間」を約0.3秒以上挟む。

通常攻撃キャンセル必殺技
  • 通常攻撃の動作中に必殺技のコマンドを入力すると、通常攻撃の動作をキャンセルして必殺技に繋げられる。
  • 上記の「バクステキャンセル後の通常攻撃」をバクステでキャンセルすることはできないが、必殺技でのキャンセルは可能。ただしその必殺技をバクステでキャンセルすることはできない。

ハイジャンプキャンセル
  • ほぼ全ての通常攻撃・必殺技・シャードの動作は、スキルシャード「ハイジャンプ」でキャンセルできる。
  • この仕様を利用すれば、「空中通常攻撃 → ハイジャンプキャンセル → 即空中ジャンプ(ジャンプボタン一瞬だけ押してすぐ離す) → 空中通常攻撃」といった連続攻撃が可能。
    • 大剣や鞭といった「通常攻撃の動作時間が長い武器」ほど有用なテクニック。
    • うまくいけば、空中でほとんど高度を変えずに滞空しながら通常攻撃を連発することもできる。

ヒットストップバクステキャンセル(HSBC)
  • いくつかの必殺技は、攻撃時の一瞬だけ「ミリアムの必殺技モーションが完全に一時停止するタイミング(ヒットストップ)」がある。
    • このヒットストップは「ミリアムのモーションだけが停止する」という処理であり、ミリアム以外の時間の流れは停止しない。
  • このような必殺技では「ヒットストップの最中に または 」と素早く入力すると、時間経過でヒットストップが解けた瞬間に、必殺技の動作をキャンセルして「通常攻撃orトリガーシャード」に繋げることができる。
    • さらにその通常攻撃orトリガーシャードを「通常攻撃」「トリガーシャード」「必殺技」のいずれかの行動でキャンセルすることもできる。
      • ただしこれらのキャンセル行動をさらにバクステでキャンセルすることはできない。
  • 例えば以下のような連続攻撃が可能。
    • 必殺技 → HSBC → 通常攻撃 → 通常攻撃
    • 必殺技 → HSBC → トリガーシャード → トリガーシャード
    • 必殺技 → HSBC → 通常攻撃 → 必殺技
  • ヒットストップが掛かる必殺技は以下の通り。
    • パワースラッシュ
    • シックルムーン
    • オンスロートスピン
    • 百花繚乱(最終段のみ?)
    • アルティメイトスカーの各段
    • オービタルホイール(最終段のみ?)
    • 蛇伸衝
    • 旋空脚(最終段のみ?)
    • 三刹斬(最終段のみ?)
    • 写し銀月


バクステ着地攻撃をキャンセル
基本解説
  • バックステップの終わり際(着地直後)に出した攻撃は、バックステップ以外のあらゆる行動でキャンセルが可能。
    • 例外的に、剣と鞭の通常攻撃のみキャンセルできない模様。
  • 例えば「バクステ着地 → 通常攻撃 → 通常攻撃」といった2連続攻撃が可能になったり、通常攻撃をジャンプやしゃがみでキャンセルできたりする。
    • 「バクステ着地攻撃の硬直をキャンセルして出した攻撃」をバクステでキャンセルすることはできない。
  • 「バクステ着地 → [ミリアムの向きと反対の方向キー + 攻撃ボタン]の同時押し → 方向キー入力をすぐに離す」という操作で攻撃すると、バクステ着地直後に反対方向に振り向きながら攻撃を行いつつ、その攻撃をキャンセル可能となる。
    ※方向キー入力はバクステ中に早めに押し続けていてもいい。
    • この方法なら、敵に背を向けつつバクステで敵に接近して振り向き連続攻撃… といったことが可能になる。
  • バクステ着地直後に「しゃがみ攻撃」や「スライディング」を行う場合は、下記の入力方法でこれらのアクションを実行した場合にのみキャンセル可能となる。
    • その1. (スライディング用の方法) しゃがみ状態からキーを押し続けたままバクステを行い、そのバクステの終わり際にボタン)を押してスライディングを行うと、そのスライディングもキャンセル可能となる。
      • 例えば、バクステ着地スライディングをスライディングでキャンセルするといったことが可能になる。
    • その2. バクステの終わり際に「キーと攻撃ボタン(スライディングの場合はボタン)をほぼ同じタイミングで同時押しする」と、しゃがみ攻撃やスライディングもキャンセル可能となる。
      キーは攻撃ボタンより若干早く入力してもいい。
      • この方法によるバクステ着地スライディングを「(右向き時)ボタン」という操作で行うと、バクステからの後方への振り向きスライディングをキャンセル可能となる。
  • バクステ着地直後に「コマンドに下方向や斜め下方向を含む必殺技」を行う場合は、下記の2通りのいずれかの入力方法でこれらのアクションを実行した場合にのみキャンセル可能となる。
    • その1. バクステの終わり際に「」のコマンドを最速で入力して必殺技を発動すると、その必殺技もキャンセル可能となる。
      • 操作は非常に難しく、一瞬でも入力が遅れると、このテクニックによるキャンセルはできない(バクステでのキャンセルは可能)。
      • 下方向・斜め下方向を含む他のコマンドの必殺技でも最速入力ならキャンセルできるかどうかは未確認。
    • その2. バクステの終わり際に、メニューを開くかショートカット画面を開き、コマンドの方向キー部分を入力した後、すぐにその画面を閉じて攻撃ボタンを入力して必殺技を発動すると、その必殺技もキャンセル可能となる。
      • その1に比べて操作が簡単なので、やるならこちらの方法がオススメ。
  • 「チェンジバニー」による変身時でもこのテクニックが可能。キャンセルのタイミングは通常時のバクステと変わらない模様。

バクステ迅雷キャンセル
  • バクステ着地攻撃の要領でバクステの終わり際に「迅雷」を発動し、「迅雷」の突進中に何らかの行動で「迅雷」をキャンセルすると、突進の慣性をある程度維持したまま他の行動を行える。
    • 迅雷のコマンド入力は、と入力した後は方向キーから指を離して攻撃ボタンを押すこと。
      「方向キー+攻撃ボタン」の同時押しで迅雷を実行すると、迅雷の動作開始の瞬間に移動入力で迅雷を即座にキャンセルする形になり、実質的に不発になってしまう。
  • 迅雷の突進中に、しゃがみや隙の無いディレクショナルシャードを連発して迅雷をキャンセルすると、超高速で長距離を滑るように移動できる。
    • 迅雷をキャンセルする際に、装備武器をビットコイン武器「ボレアルライムブーツ」に変更していると、さらに超高速で長距離を滑ることができる。

ホールドタイプのディレクショナルシャードを一瞬だけ発動

  • いくつかのホールドタイプのディレクショナルシャードは、「ディレクショナルシャードのボタンを一瞬だけ押す」という操作で一瞬だけ発動する(トリガータイプのシャードのように使う)と、MPの消費を抑えて効率的に使用することができる。
    • 耐久力の高い敵に対しては、ホールドタイプのディレクショナルシャードを持続して攻撃を連発し続けても、同一の敵に対する「連続ヒット間隔」の制限に引っかかるため、MPを無駄に大きく消費してしまいやすい。
  • 以下はこのテクニックが特に効果的なシャード。
    • エイミングシールド
    • レサージー
    • ペトラレイ
    • ヴォイドレイ
    • アシッドガッシュ
    • ヴェノムスモッグ
    • トルネードスライサー
    • ティス・ロザイン
    • フォルド・ターブ


空中必殺技中にディレクショナルシャード

基本解説
  • 空中で特定のディレクショナルシャードを使用中に必殺技を出すと、その空中必殺技の最中もディレクショナルシャードが発動し続ける。
  • 実践可能なディレクショナルシャードは以下の通り。
    • インフェルノブレス
    • ハンマーナックル
    • ゴールドバレット
    • エイミングシールド
    • ヘレティカルグラインダー
    • ヴォイドレイ
    • シューティングダガー
    • ファイヤスロアー
    • ティス・ロザイン
    • フォルド・ターブ
  • その他のホールドタイプのディレクショナルシャードで同様の操作を行うと、空中必殺技の最中にディレクショナルシャードの効果発動はしないが、MPは消費され続ける。
  • 空中必殺技の最中にディレクショナルシャードを解除することはできない。
    • ただし「アサシネイト」の刺突攻撃の直後に、ワープ後の位置で発動を解除することはできる。
      • そのため、「シューティングダガー」などの溜め撃ち(ホールド・リリース)系のディレクショナルシャードを「アサシネイト」のワープ後に放ったりできる。


↓↓必殺ディレクショナルシャード出しっ放し(無限ディレクショナルシャード)
  • 上記の「空中で必殺技中にディレクショナルシャード」の要領で、特定のディレクショナルシャードを使用中に空中で「空撃斧」か「ヴァルキリーソード専用技」を出す(どちらもコマンドは「↓↓+攻撃」)と、そのディレクショナルシャードが自動的に発動しっ放しの状態となり、MPがゼロになっても発動し続ける。
    • 以下のいずれかの条件でディレクショナルシャードが解除される。
      • 通常攻撃を行う。
      • 空中で必殺技を発動する。
      • ハイジャンプを発動する。
      • インバートを発動する。
      • 転送石を使用する。
      • ミリアムが空中からの落下状態になる。(必殺技の動作中の空中落下では解除されない)
      • ミリアムがダメージを受ける。
    • 部屋を切り替えると、ディレクショナルシャードの効果は無くなるが、発動状態は持続しておりMPは消費され続ける。
  • この現象を利用すれば、バックステップやスライディングや各種必殺技の最中にディレクショナルシャードを併用することができる。
  • 「ディレクショナルシャード出しっ放し状態」の時は、走り移動やトリガーシャードは行えない。
    • 移動したい時はバックステップで移動すると良い。左右の方向転換はしゃがみ中のみ行える。
      また少々の段差は、刀の必殺技「鉢金断ち」でのぼれる。
  • ディレクショナルシャード出しっ放し状態の時に「ワープポイントでワープ先を決定する」と、ミリアムが穴に飛び込む演出が始まらず、ポーズメニューを含む一切の操作が利かなくなりゲームが進行停止に陥ってしまうので注意。

画面の拡大・縮小、画面の内外による影響

「拡大メガネ」による画面拡大表示(視野縮小)や、「ホルスの目」による画面縮小表示(視野拡大)は、戦闘などにも影響する場合がある。
  • ミリアムの飛び道具は、画面外に出ると攻撃判定が消える。
    • 拡大メガネを装備している時は敵に接近しないと飛び道具を当てにくく、逆にホルスの目を装備している時は遠距離から飛び道具を当てやすくなる。
  • 敵の中には、「画面にその敵が初めて映る」までは一切行動せず、画面に映ることで行動し始めるものがいる。
    • 拡大メガネを装備している時は、該当の敵に近付くまでは行動されない。逆にホルスの目を装備している時は、該当の敵が遠距離からすぐに行動するようになる。
  • 「ディメンジョンシフト」は、画面外や画面端の辺りにワープすることはできない。
    • 拡大メガネを装備している時はディメンジョンシフトを発動しにくくなり、逆にホルスの目を装備している時は発動しやすくなる。

リフレクションレイ伸ばし画面外移動
画面外の敵に対しては接触ダメージを受けることがない、という仕様を利用した小技。

画面が左右にスクロールする場所にて、「拡大メガネ」と「リフレクションレイ(高ランク)」を装備した状態で、リフレクションレイの光線を画面左端か右端に向かって伸ばし、ミリアムはその反対側に向かって移動する。
すると、ミリアムが画面外に見切れながら移動する形になり、その方向から出現する敵に接触することなく、敵をすり抜けるように移動できる。

リフレクションレイのランクを上げるためには「東洋魔導研究棟」に出現する敵のドロップアイテム「魔牛の羽根」が必要なので、この技を使えるのは通常は終盤からとなる。

ショベルアーマーの鎧関連

ショベルアーマーの鎧で特定の装備品・エンチャントシャードの効果を併用
  • 1.ショペルアーマーの鎧と、エフェクティブシャード「チェンジバニー」を同時に装備した状態で、通常のアクション画面を表示する。
  • 2.ショートカット画面かメニュー画面を開き、ショベルアーマーの鎧は装備したままで、エフェクティブシャードの装備を外すかチェンジバニー以外のエフェクティブシャードに装備変更する。
  • 上記の操作を行うと、ショベルアーマーの鎧装備時にも、装備武器の攻撃力・攻撃属性や、特定のアクセサリーやエフェクティブシャードによるステータス増減効果などが反映されるようになる。
    • この装備効果の反映状態は、ショベルアーマーの鎧の装備を変更して元の姿に戻るか、タイトル画面に戻るなどしてデータをロードし直すまで持続する。
  • エンチャントシャード「○○マスタリー」は、現在装備中の武器に対応するシャードの効果のみ発揮される。
  • 通常のショベルアーマーの鎧装備時と同様、「攻撃速度アップ効果」の影響は受けない模様。

ショベルアーマーの鎧でディレクショナルシャードを併用 / 無限ディレクショナルシャード
  • 1.通常のミリアムの姿の時に、特定のディレクショナルシャードを発動し、ディレクショナルシャードをホールドしたままショートカット画面かメニュー画面を開き、「ショベルアーマーの鎧」を装備する(ディレクショナルシャードの装備は変えない)。
  • 2.ディレクショナルシャードのボタンを押し続けたまま元の画面に戻る。
  • 上記の操作を行うと、ショベルアーマーの姿でありながらディレクショナルシャードを併用することができる(Dシャード併用状態)。
    またこの時、ディレクショナルシャードでMPを消費しなくなっている。
  • 実践可能なディレクショナルシャードは以下の通り(「空中必殺技中にディレクショナルシャード」の対応シャードと同様)。
    • インフェルノブレス
    • ハンマーナックル
    • ゴールドバレット
    • エイミングシールド
    • ヘレティカルグラインダー
    • ヴォイドレイ
    • シューティングダガー
    • ファイヤスロアー
    • ティス・ロザイン
    • フォルド・ターブ
  • 地上・空中でのDシャード併用状態について
    • Dシャード併用状態は、地上と空中のどちらの状況でこの操作を開始するか、また操作のタイミングによって、以下の4つの状態に分かれる。
      • 地上始動:地上でのDシャード併用状態
      • 空中始動:空中でのDシャード併用状態
      • 空中始動:着地後のDシャード併用状態
      • 空中始動:地面スレスレでのDシャード併用状態
    • 地上始動について
      • 地上でこの操作を行った場合は、ディレクショナルシャードのボタンを離しても、ディレクショナルシャードのホールドは終了しない。
      • ただし、1秒程度の経過で自動的にこの状態が解除され、ディレクショナルシャードのホールドが終了する。
    • 空中始動について
      • 空中でこの操作を行った場合、着地するか地面スレスレ(後述)になるまでの間にディレクショナルシャードのボタンを離すと、通常通り即座にディレクショナルシャードのホールドが解除される。
      • 空中でこの操作を行い、そのまま着地しようとすると、操作のタイミングによって「着地した状態」もしくは「地面スレスレで若干浮き続ける空中状態」のどちらかの状態になる。
      • 「着地後のDシャード併用状態」と「地面スレスレでのDシャード併用状態」の2パターンの状態では、ディレクショナルシャードのボタンを離してもホールドは解除されず、また時間経過でホールドが自動的に解除されることもなく、ディレクショナルシャードをホールドし続ける状態にできる。
  • Dシャード併用状態の時に可能な行動
    • 「空中始動:空中でのDシャード併用状態」の時は、通常攻撃を出すことはできるが、通常攻撃を出すと即座にDシャード併用状態は終了となり、ディレクショナルシャードのホールドが解除される。
    • 「接地状態でのDシャード併用状態」の時は「右スティックを回すことによるアクション」のみ可能。
      「地面スレスレでのDシャード併用状態」の時は「右スティックを回すことによるアクション」と「ホッピング攻撃」のみ可能。
      • ディレクショナルシャードの方向指定や、ショベルアーマーの姿の専用技「ショベル風車」は可能。
      • ホッピング攻撃を敵や何かに当てても、跳ね上がることはない。
      • メニュー画面やショートカット画面を開いて装備を変更するといったことは可能。
    • この状態の時に胴体防具の装備を変更すると、この状態が即座に解除され、ディレクショナルシャードのホールドが解除される。

ショベルアーマーの鎧でディレクショナルシャード空中ジャンプ
  • 上記のディレクショナルシャード併用の操作を空中で行い、着地するまでの間に「ショベルアーマーの姿でのディレクショナルシャード」を敵や何かに命中させると、ミリアムがその場で飛び跳ねる
    • 着地するまでの間に一度だけ飛び跳ねることができる模様。
    • この飛び跳ねを行うと、ダブルジャンプが1回分消費された状態となり、空中で元の姿に戻っても着地するまではダブルジャンプを出せなくなる(急降下キックを何かに命中させればダブルジャンプ可能になる)。
    • この飛び跳ね自体はダブルジャンプ未装備時でも可能。
      • そのため、ダブルジャンプ習得前の時点での、高所へのぼるための移動手段として利用できる場面もあるかもしれない。

上押し続けでスローモーション
  • 地上で上方向キーを押し続けている時は、「静止状態のモーション」や「ショベル風車のモーション」が一時的にスローモーションになる。
  • ショベル風車は、スローモーションが掛かると振り回しの効果音が無くなり、スローモーション終了以降も、技が持続している間は振り回しの効果音が無くなる。
  • スローモーション中にショートカット画面を開くなどして、アクションの時間の流れをしばらく止めると、元の画面に戻った時にはミリアムのモーションが終了(リセット)していて、静止状態になっている。

チェンジバニー関連

バクステ中にチェンジバニー
  • バックステップの出始めに「チェンジバニー」で変身すると、バックステップの移動距離が「変身時のバクステの移動距離」よりも若干長くなる。
  • 逆に「チェンジバニー」による変身時のバクステの出始めに変身を解除した場合は、変身解除の入力タイミングによって以下の2パターンにバクステの挙動が変化する。
    • バクステの移動開始前に変身解除した場合:バクステが中断される。
    • バクステの移動中に変身解除した場合:バクステの移動距離が「通常時のバクステの移動距離」よりも若干短くなる。

ボレアルスライディングバク転攻撃
  • ビットコイン武器「ボレアルライムブーツ」を装備した状態でスライディングを行い、スライディングをバックステップ(バク転)でキャンセルすると、バク転のし始めにもスライディングの攻撃判定が一瞬だけ持続する。
    敵との間合いや操作のタイミング次第では、バク転しながら敵を攻撃することができる。
    • 「バク転し始めのスライディングの攻撃判定持続」自体は、「ボレアルライムブーツ」を装備せずとも判定は持続するかもしれない(詳しくは未検証)。

通常攻撃の出始めにチェンジバニー
  • 通常攻撃の出始めに「チェンジバニー」を行うと、その通常攻撃の性能が変化する。
    • 武器が透明になるが、攻撃判定は通常通り発生する。
    • その通常攻撃の威力が、チェンジバニーの変身時の通常攻撃(キック)と同等の威力になる。ATK依存ではなくINT依存となり、またチェンジバニーのグレードに応じてダメージが増加する。
    • 武器の属性・状態異常効果は基本的に反映されないが、「リディル」や「螺旋剣」の多段ヒット効果は発生する。ただし2ヒット目以降のダメージは急激に下がり、ほぼ1ダメージずつしか与えられない。

必殺技中にチェンジバニー / 特殊な外見変化
  • 必殺技の最中に「チェンジバニー」を行うと、その必殺技の性能が変化する。
    • 武器が透明になるが、攻撃判定は通常通り発生する。
    • その必殺技のダメージがATK依存ではなくINT依存となり、またチェンジバニーのグレードに応じてダメージが増加する。
      • 武器のATK・属性・状態異常効果は反映されない。
      • 大半の必殺技はダメージが激減するが、「フォースブラスト(武器部分)」「オンスロートスピン」「鉢金断ち」の場合は実用的なダメージになり、通常時の必殺技よりもダメージが大きくなる場合もある。
  • 「上記の"必殺技中にチェンジバニー"の必殺技の動作が終了する」か、もしくは「リフレクションレイの終わり際に変身する」という操作を行うと、「本来のミリアムの姿」と「チェンジバニー変身時のリリムの姿」が同時に重なって表示されるようになる。
    • 外見が変化するだけであり、性能面は通常のチェンジバニー変身時と同じ。
    • 基本的にはミリアムの通常時の姿をベースにリリムの耳が生えたような外見となる。顔つき・手・つま先の形はリリムと同様。
      • この状態で武器の装備を武足系武器に変更すると、武足の外見は基本的に反映されなくなるが、「ドラゴンシューズ」や「ヘルメスの靴」のエフェクトは表示される。
        また「地獄の断頭台」の、脛(すね)部分の刃は表示されるが、キック時に刃が突き出たりはしない。
    • メニュー画面や会話時はリリムの姿のみが表示される。
    • チェンジバニーを解除すると正常な外見に戻る。

トリガーシャードの出始めにチェンジバニーで短剣投げ
  • トリガーシャードの出始めに「チェンジバニー」を行うと、トリガーシャードが不発になる代わりに、チェンジバニーのランク6以上で使用可能になる「短剣投げ」と同様の攻撃を、チェンジバニーのランクに関わらず発動する。
      • 「ブラッドスティール」や「ヘッドフレイル」では不可能(MPは消費されるがシャードは不発となる)。
    • この時の短剣投げのモーションは、直前のトリガーシャードのモーションをそのまま引き継ぐ。
      短剣はミリアムの手の位置から発射されるため、直前のトリガーシャードによって短剣を飛ばす高さが変わってくる。
      • 例えば「スイングテンタクル」の場合は手を掲げるので高い位置から短剣を飛ばす。「デッド・ハウリング」の場合は手を下ろしているので低い位置から短剣を飛ばす。
    • DLCトリガーシャード「ネバーサティスファイド」でこの操作を行うと、例外的にトリガーシャードは不発にならず、短剣投げとトリガーシャードが同時に発射される
    • この方法による短剣投げでは、至近距離の攻撃判定は発生しない。ネバーサティスファイドはモーションが短剣投げと同じだが、それでも至近距離の攻撃判定は発生しない。

チェンジバニー短剣投げブラッドスティール弾
  • トリガーシャード「ブラッドスティール」を装備している状態で、チェンジバニー(ランク6以上)の「短剣投げ」の出始めに変身を解除すると、MPを80消費して「ブラッドスティール」の掛け声と共に「ティス・レイフ」のようなグラフィックの光弾を1発放つ攻撃を行う。
  • 光弾は以下の手順で飛んでいく。
    • 1. ミリアムの頭上に飛び上がる。
    • 2. 50%程度の確率(?)で、光弾が頭上で8秒間停滞する。8秒経過すると 1. に戻るが、再び停滞することはない。
      • 停滞中は光弾のグラフィックは消え、黄色い線のエフェクトだけが表示される。
      • 停滞しない場合は 3. へ。
    • 3. 前方へと大きなUの字を描くように飛んでいき、最後に後方やや斜め下へと少し飛んで消える。
      • ただし途中で光弾が消える場合も多々あり、光弾が消えるタイミングは不安定。
    • 光弾は敵や地形を貫通する。
    • 光弾は「アクセルワールド」の影響を受けて停止はするが、アクセルワールドの効果中であっても時間経過で消滅する模様。光弾が消えるまでの時間は不安定。
  • 光弾が敵にヒットしている間は、ATK依存の氷属性ダメージを連続で与える(変身後のステータスに表示されるATKではなく、変身前の本来のATKを参照する)。
    • 貫通の性質上、体が大きい敵ほど連続ヒットしやすい模様?
    • 上記の 2. の停滞中でも、触れた敵に連続ダメージを与え続ける。
  • 光弾を放った後は、空中でトリガーシャードのボタンを押すだけの操作で、この攻撃をもう一度行える。MPは通常通り消費する。
    • この「簡易発動可能な状態」は、以下の3通りの条件で元に戻る。
      • 一度簡易発動する。
      • 地上でブラッドスティールを発動する。
      • ブラッドスティールの装備を変更する。
  • この攻撃は、「ドクロの首飾り」装備時の「シャードの消費MPが2倍になる効果」の影響は受けるが「シャードの威力がアップする効果」は得られない。

リフレクションレイ透明化(半永久無敵状態)

  • 手順
    • 1.リフレクションレイの移動によって画面を大きくスクロールさせる。
    • 2.そのリフレクションレイの終了直前の特定タイミングで、「メニュー画面を1〜2秒以上開く」・「ショートカット画面を1〜2秒以上開く」などの方法でアクションの時間の流れを1〜2秒以上停止させ、その後通常画面に戻ってリフレクションレイを続行する。
  • 上記の手順を行うと、リフレクションレイの終了後にミリアムの姿が透明になる。
  • 手順の補足
    • 「拡大メガネ」を装備したりリフレクションレイのランクを上げると、画面を大きくスクロールさせやすく、透明化に成功しやすくなる。
      • ランク1のリフレクションレイで透明化を成功させるためには、十分の高低差のある場所にて、拡大メガネを装備して下から上方に向かって移動する必要がある?
    • 時間停止のタイミングは、リフレクションレイの終わり際の攻撃判定が発生する寸前。
      • 終わり際の攻撃判定が敵などにヒットするように位置を合わせるとタイミングを掴みやすい。
    • 時間停止のタイミングに関わらず、リフレクションレイ終了時のミリアムが「部屋の左右の端付近」や「画面上方の部屋切り替え地点」の付近に居ると成功しない場合がある。
      また「ホルスの目」を装備していると成功しない場合が多く、逆に「拡大メガネ」を装備しているとミリアムの位置に関わらず成功しやすい。
    • リフレクションレイを地形に当てて反射させると、成功しにくい模様?
    • 以下の手順でも、確実にこの現象を発生させることができる
      • 1. ディアン・ケヒト大聖堂(上層)のセーブポイント前広場にて、上方の鐘に向かって「リフレクションレイ(ランク8〜9)」で突っ込む。
      • 2. リフレクションレイの突進中に「鐘の中のMP MAX UP」を取得し、取得時の演出をスキップせずに最後まで見続ける。

この透明化状態には様々な特性がある。

透明化状態の特性
  • ほぼあらゆるダメージを受けず、敵のあらゆる攻撃に当たらない無敵状態となる。
    • アイアンメイデンには挟まれるがダメージは受けない。
    • リブリ・エクス・マキナ(上層)の天井トラップなど、「画面上端の攻撃判定」は普通に食らう場合がある。ただし「拡大メガネ」を装備していれば画面上端でも攻撃に当たることはない。
  • 落ちているアイテム袋を回収できない(マナローズやお金などは拾える)。
  • 以下のアクションなどの攻撃判定が無くなる。
    • 急降下キック
    • 鞭系武器の通常攻撃
    • ルァハ・バラルとルァハ・ヴェラーの通常攻撃
    • (DLC)ソードウィップの伸びた剣部分
    • スパイクブレストによる接触ダメージ
    • チェンジバニー変身中の「通常攻撃」「百裂脚」「短剣投げ」
    • その他、ほとんどの飛び道具(後述)
  • ほとんどの飛び道具などは、本来の位置よりも「1画面分ほど下の位置」からエフェクトや判定が出現するらしく、実質的に効果をほぼ発揮できなかったり、シャードの発動自体ができなかったりする。
  • 以下の「必殺技による飛び道具」や「シャード」は通常通り使用可能。
    • 必殺技による飛び道具
      • クリティカルスウィングの竜巻
    • トリガーシャード
      • ドラゴニックレイジ
      • グレイトフルアシスト
      • サモン・ヘルハウンド
      • ヘッドフレイル
      • サモン・ショベルアーマー
      • アップビート・ヒート
      • ヴァ・イスハ
      • テプス・サレンダ
    • エフェクティブシャード
      • クラフトワーク
      • アクセルワールド
      • ビーストガード
      • ワイルドスクラッチ
      • ヒーリング
      • セイクリッドシェード
    • ディテクティブアイ以外のエンチャントシャード全般
    • 全てのファミリアシャード
  • 以下の「必殺技による飛び道具」や「シャード」は、通常とは異なる性能ながらも実用可能。
    • 必殺技による飛び道具
      • フォースブラストの雷属性効果(雷が本来と異なる位置に発生するが、ミリアムと敵との位置を調整すれば当てることができる)
    • シャード
      • ティス・レイフ(画面下方から上に向かって光弾が飛んでいく)
      • (DLC)ネバーサティスファイド(火柱が画面下方から地形の中を上がってくるように現れる)
      • アクセラレイター(攻撃判定は無いが高速移動は可能)

  • 透明化状態は以下のいずれかの条件で解除される。
    • ミリアムが「部屋の左右の端付近」や「画面上方の部屋切り替え地点」の付近に居ると解除される場合がある。
      また、リフレクションレイの光線を伸ばすと解除される場合がある。
      • 詳細条件不明。ミリアムが「ホルスの目」を装備して視野を広く取っていると解除されやすく、逆に「拡大メガネ」を装備している時は解除されにくい。
    • セーブまたは中断セーブを行い、タイトル画面からデータを再開する。

アクセルワールド関連

アックスストライクとアクセルワールドの併用について
  • 現象その1
    • 詳しい発生条件は不明だが、トリガーシャード「アックスストライク」で斧が出現している間はアクセルワールドを発動できない場合がある。
  • 現象その2
    • 詳しい発生条件は不明だが、アクセルワールドの効果中にアックスストライクを使用すると、ディレクショナルシャードのボタンから指を離してもアクセルワールドの効果が解除されない、という現象が発生する場合がある。
    • この現象によってアクセルワールドが持続している間は、アクセルワールドによってMPを消費することはない。そのため、部屋を切り替えるかアクセルワールドの装備を外すまでは、アクセルワールドの効果が永続する。

アップビート・ヒートとアクセルワールドの併用について
  • アップビート・ヒートの演奏中にアクセルワールドを発動すると、「TAMAKO・DEATHのモーション」は即座に停止するのではなく、時間停止直後に少しだけモーションが進行してから停止する。それに対し、「アップビート・ヒートの持続時間」は時間停止と同時に即座に停止する模様。
  • そのため、演奏中にアクセルワールドの発動と解除をこまめに繰り返すことで、本来はランク9でも見ることのできない、長時間演奏時の特別なモーションを見ることができる。
  • アップビート・ヒートで放つ炎は、「TAMAKO・DEATHのモーション中の特定のタイミングで放つ」という仕様になっている模様。
    そのため、長時間演奏させればさせるほど、炎の連続発射数も増える
    • ランク9の場合、通常は炎を57〜58発程度発射するが、アクセルワールドをこまめに併用すると、77発程度まで発射数を増やせる。

武器持ち替え関連

武器持ち替え通常攻撃
  • 手順
    • 1. 通常攻撃を行う。
    • 2. 通常攻撃の出始め(攻撃判定の発生前)に、メニューを開くかショートカットで、別の武器に持ち替える。
  • 以上の手順を行うと、その通常攻撃のエフェクトが「持ち替え後の武器のエフェクト」に差し替えられ、またその通常攻撃の性能に「持ち替え後の武器の性能」が一部適用される。
    • 例えば「"ブルーローズ"の通常攻撃 → 出始めに"螺旋剣"に持ち替え」とやると、ブルーローズの通常攻撃が螺旋剣と同様一度に4ヒットするようになり、なおかつ1ヒットあたりの攻撃力は「ブルーローズ」のままという、単純計算で4倍の威力になる。
      • 螺旋剣の代わりに「雷切」などでも似たようなことが可能。
    • 銃以外の武器から銃に持ち替えると、銃以外の武器の通常攻撃で銃の発砲音が鳴る。弾丸が消費されたりはしない。

通常攻撃キャンセル持ち替え必殺技
  • 手順
    • 1. 通常攻撃を行う。
    • 2. 通常攻撃の動作中に、メニューを開くかショートカットで「別のカテゴリーの武器」に持ち替える。
    • 3. 通常攻撃の動作が終わる寸前に、直前の武器の「奥義習得済みの必殺技」のコマンドをタイミング良く入力する。
  • 以上の手順を行うと、うまくいけば現在の武器の攻撃力や属性で「直前に装備していた別カテゴリーの武器の必殺技」を発動できる。
    • 例えば「銃の通常攻撃 → 刀に持ち替え → 刀で連射」といったことができる。
  • 持ち替え後の武器によっては、普通に必殺技を使う場合よりも遥かに大きいダメージを与えられたりする。
  • 「連射」を武器持ち替えで行うと、最初の1発目は攻撃判定が無い。
  • 「フォースブラスト」を鞭で行うと攻撃判定が無い?
  • 「ルァハ・バラル」や「シールドウェポン」などの、必殺技が一切使えない武器では持ち替え必殺技も発動できない。

武器持ち替え追加入力系必殺技
  • 手順
    • 1. 武足か刀を装備した状態で、奥義習得済みの「旋空脚 or 三刹斬」の1段目を発動する。
    • 2. 1段目の動作中に、メニューを開くかショートカットで「別のカテゴリーの武器」に持ち替える。
    • 3. 1段目の動作中に、「旋空脚 or 三刹斬」の2段目のコマンドを追加入力し、2段目を発動する。
    • 4. 2段目の動作中に、メニューを開くかショートカットで「別のカテゴリーの武器」に持ち替える。
    • 5. 2段目の動作中に、「2. で装備した武器の任意の必殺技」のコマンドを入力する。
  • 以上の手順を行うと、「4. で装備した武器」の攻撃力や属性で「2. で装備した武器の必殺技」を発動できる。
    • 前述の「通常攻撃キャンセル持ち替え必殺技」に比べて、シビアなタイミングが要求されないので、こちらの方がより簡単かもしれない。
    • 「4. で装備する武器」は、最初に装備していた武足か刀に戻すのでもいい。

ヴァルキリーソードによる特定必殺技の範囲拡大
  • 手順
    • 1.ヴァルキリーソードを装備した状態で、必殺技「パリィ」か「ヴァルキリーソードの専用必殺技」を発動する。
    • 2.必殺技を発動したらすぐにメニューを開くかショートカットで「別の武器」に持ち替える。
    • 3.必殺技でミリアムが上空からの落下攻撃を放つ際に、特定のタイミング(最速タイミング?)でバックステップを行う。
      • バックステップのボタンを連打してもいい。
  • 以上の手順を行うと、バックステップと同時に、この必殺技の攻撃判定が広範囲に発生する。
    • 基本的には前方広範囲に攻撃判定が発生するが、後方への攻撃判定も本来より広くなる場合がある(詳細条件不明)。

仕掛けの可動演出を部屋切り替えでスキップ

  • 特定の場所に存在する「可動式の仕掛け」の可動演出は、可動中に別の場所へ移動して部屋を切り替え直すと、再びその場所へ画面が切り替わった時には仕掛けの可動が完了した状態になっている。
    • 以下の仕掛けが該当
      • 「アーヴァント村」の城入り口の橋
      • 「リブリ・エクス・マキナ(上昇/下層)」の各所の可動式階段
      • 「リブリ・エクス・マキナ(上層)」のドラゴン広場の本棚足場
      • 「双竜の塔」や「隠匿されし砂漠」のエレベーター
    • 特に有用なのはエレベーターで、「エレベーターがプレイヤーの現在位置とは異なる階層に存在している」場合に「エレベーター乗り場 → 直前の場所 → エレベーター乗り場」と移動すると、エレベーターを一瞬で現在の階層に到着させることができ、すぐにエレベーターに乗れる。


特殊な移動方法・特殊なルート開拓関連

全般
レイジングゲイルでアイアンメイデンを閉じさせる

バクステ着地空撃斧ジャンプ・鉢金断ちジャンプ
  • バクステ着地攻撃の要領で、バクステの終わり際に「空撃斧」または「鉢金断ち」を発動し、その必殺技で空中に飛び上がっている時にボタンを押して必殺技をジャンプキャンセルすると、通常のジャンプよりも多少高く飛び上がれる。
    • 必殺技で飛び上がっている時にその必殺技をジャンプキャンセルすると、空中ジャンプではなく地上ジャンプの扱いになる。
      • ダブルジャンプを習得していれば、更にそこからダブルジャンプも可能。
  • 実際の操作は以下のような感じ。
     ・ (バクステの着地直後に)メニュー画面かショートカット画面を開く ・ 入力と同時にその画面を閉じ、方向キーから指を離して ・ 飛び上がり中に


バクステ着地空撃斧しゃがみ大ジャンプ・鉢金断ちしゃがみ大ジャンプ
  • 上記の「バクステ着地空撃斧ジャンプ・鉢金断ちジャンプ」のほぼ上位互換的なテクニック。
  • 「バクステ着地空撃斧」や「バクステ着地鉢金断ち」の上昇し始めのタイミングでしゃがみ入力を行い技をキャンセルすると、ジャンプ入力でキャンセルするよりも高く飛び上がれる。
    • タイミングが早いほどより高くジャンプできる。
    • このしゃがみ入力大ジャンプも地上ジャンプと同様の扱いになるらしく、そこから更にダブルジャンプも行える。
    • これらの必殺技で頂点まで上昇しきった後にしゃがみ入力を行った場合は飛び上がらない。
  • 空撃斧では操作のタイミングがシビアな上に、最大高度はジャンプ入力でキャンセルする場合とあまり変わらない。
  • 鉢金断ちでは、タイミングが良ければハイジャンプより少し低い程度の高さまで大ジャンプできる。
    • ダブルジャンプを併用すれば、アーヴァント村の拠点右隣の屋外にて、階段の辺りから真上の「ワープポイント手前の足場」へと一気に飛び上がれる。


エア踏みつけジャンプ
  • ダブルジャンプ習得以降で可能。
  • 空中ジャンプからの急降下キックが何かにヒットすると自動的に踏みつけジャンプとなるが、実は踏みつけジャンプの発生条件は「急降下キックが何かにヒットすること」ではなく、「急降下キック中にミリアムの攻撃が何かにヒットする」ことが条件となっている。
  • 例えば、事前に放った飛び道具が、急降下キック中に時間差で何かにヒットすると、ミリアムはその場で踏みつけジャンプに移行して飛び上がる。
  • 使い魔の攻撃やグレイトフルアシストのヒットでは踏みつけジャンプは発生しない。
  • 「サモン・○○」系のシャードは、サモン・バットのみヒット時に踏みつけジャンプが発生する?
  • 以下は操作が簡単でオススメのやり方。
    • 空中ジャンプ → リモ・ダートかオラクルブレードを飛ばす → すぐに急降下キック
    • 空中ジャンプ → クラフトワーク(ランク2以上)を発動 → タイミング良く急降下キック
    • 空中ジャンプ → テプス・オシウスを発動 → すぐに急降下キック
  • このテクニックを使えば、より早い時期から高所へ行けるようになったりするかもしれない。
  • 「シャドウトレイサーの影分身による急降下キック」が何かに命中した場合は、必然的にエア踏みつけジャンプ成立となり、ミリアムが空中で跳ね上がる。
  • 「ショベルアーマーの鎧」でショベルアーマーの姿になっている時の「ホッピング攻撃による跳ね上がり」も、急降下キックによる踏みつけジャンプと同様の原理で発生するため、飛び道具などを時間差で何かに当てればエアホッピングも可能。

ヴァルキリーソード専用技で水中に潜る・水中の宝箱を開ける
  • 真下が水中になっている場所でヴァルキリーソードの専用必殺技を発動すると、真下の水中に落下しながらの攻撃となる。
    これを利用すれば、アクアストリームやディープシンカー無しでも水中を潜行できる。
    • 2周目以降の周回プレイにて、本来の攻略手順とは異なるルート進行に利用できるかもしれない。
  • 水中の宝箱の位置に着地するようにヴァルキリーソード専用技を発動し、技の最中に上方向キーを押していると、ディープシンカー無しでも水中の宝箱を開けられる場合がある。

右塔屋外の上り坂を下からすり抜ける
  • 手順
    • 「双竜の塔(右塔 屋外)」の最下部の地面付近にて。
    • 1. 「インバート」で重力反転状態になる。
    • 2. 最下部の BULLET MAXUP が置かれている辺りの「狭い行き止まり」に向かってアクセラレイターやペネトレイトなどで突っ込む。
      • バクステでも可能な場合がある。
      • ウァラク撃破済みで最下部の一部分が崩れ落ちている場合は、ハイジャンプ+アクセラレイターなどで突っ込む方法でも可。
  • 上記の手順を踏むと、ミリアムが右塔最下部の上り坂を一段すり抜けて、一つ上の段に落ちる。
    • バグ技を使ったプレイやランダマイザーモードでは、ウァラク撃破前の時点で金宝箱を開けて「臭化銀」を入手することもできる。
    • ウァラク撃破前の場合は、そのまま右塔を上っていくとウァラク戦に突入する。
      • この場合はウァラクを安全な後方から一方的に攻撃できる。
        またウァラクの「塔を掴んでいる大きな腕」にも食らい判定があるため、一つ下の段から腕を攻撃することも可能。
  • 狭い行き止まりに向かって迅雷で突っ込むと、迅雷で滑るように大きく移動できる場合がある。
  • 上り坂ではなく、頭上の地面をすり抜けられる場合もある。

周回プレイでの「灼岩炎窟」逆走ルート
  • 「禁忌地下水洞(最下層)」から「灼岩炎窟」へと行くためには、高所にある狭い隙間を通過する必要がある。
    基本的にはインバートかディメンジョンシフトを使わなければ通過できないが、ランク7以上のリフレクションレイを使う方法でも、隙間を抜けて「灼岩炎窟」に行くことができる。
    • ※リフレクションレイのランクが高いほど射程が伸び、安定して隙間を抜けやすい。
  • そのため、リフレクションレイのランクを引き継ぐ周回プレイでは、「裏・魔導研究棟」を経由せずに「灼岩炎窟」を逆走するというルートでオロバスを倒してストーリーを進めることもできる。
  • また、この方法で「裏・魔導研究棟」のスタート地点(禁忌地下水洞方面)まで逆走すると、「イベントシーン用の棒立ち状態のアルフレッドとドミニク」に遭遇することができ、そのまま赤扉付近まで行くとイベントが開始される。

ジーベル戦前に「静寂の庭園」の赤い月を斬る
  • 基本的な仕様として、「静寂の庭園」の特定場所にて背景に見える赤い月は、「双竜の塔」でのジーベル等との遭遇イベントを発生させると当分は見えなくなる(ジーベル戦で赤い月を斬ってストーリーを進行させると再び赤い月が出現する)。
  • しかし、各種裏技バグ技を駆使して「双竜の塔」でのジーベル等との遭遇イベントを発生させることなく「斬月刀」を入手すると、ジーベル戦前に「静寂の庭園」の赤い月を斬って「巨獣区」へ行くことができ、ゲームクリアまで進行することもできる。
    • ジーベル戦前に赤い月を斬った後でも、「双竜の塔」でのジーベル等との遭遇イベントや「終焉の間」でのジーベル戦は発生可能。
      また、これらのイベント発生の有無に関わらず、「静寂の庭園」の件の場所は「赤い月を斬った後の状態(「巨獣区」と行き来できる状態)」から変わることはない。
  • 他のモードでの赤い月について
    • 斬月でのプレイでは、「静寂の庭園」の赤い月は最初は出現しておらず、赤い月が出現するには専用の条件を満たす必要がある。
    • ランダマイザーモードでは、「ゴール」の設定条件によっては「静寂の庭園」の赤い月は最初は出現しておらず、特定条件によって出現する?


旋空脚無限ジャンプ
  • 装備・事前準備
    • ダブルジャンプとハイジャンプを装備していない状態でのみ可能。
    • 武器
      • 武足の必殺技「旋空脚」が使える武器を装備(奥義習得済みなら武器装備なしでも可)
    • ディレクショナルシャード
      • 空中でも使えるディレクショナルシャードを装備。後述の「連続発動制限」が掛からないものを推奨。
        連続発動制限が掛からないディレクショナルシャードは以下の通り。
      • アクアストリーム
      • インフェルノブレス
      • ゴールドバレット
      • エイミングシールド
      • ヘレティカルグラインダー
      • レサージー
      • ペトラレイ
      • ヴォイドレイ
      • ペトラブレス
      • アシッドガッシュ
      • ヴェノムスモッグ
      • サークルリッパー
      • シューティングダガー
      • トルネードスライサー
      • ファイヤスロアー
      • チゼルバラージ
      • ティス・ロザイン
      • フォルド・ターブ

  • 手順
    • 1.ジャンプする
    • 2.空中で「旋空脚」を出し()、すぐにバックステップ入力で旋空脚をキャンセルする
    • 3.ディレクショナルシャードを発動後、を押し続けたまますぐにジャンプを入力
       ※厳密にはすぐにジャンプ入力しなくてもいいが、高所に上がりたければすぐにジャンプ入力した方がいい。
  • 以上の操作を行うと、空中でもう一度ジャンプできる。以降2〜3繰り返しで、MPがある限り無限に空中ジャンプできる。
    操作には慣れが必要。
    • Switch版では旋空脚の動作時間が比較的短く、操作がシビアかもしれない。
    • 最序盤から可能で、この無限ジャンプを駆使すれば、本来の攻略手順を無視していろんなルートを進行可能になる。
  • 実際の操作は以下のような感じ。
     ・  ・  ・  ・ 
      • の部分は、入力後一瞬だけ遅らせて入力後一瞬だけ遅らせて、というずらし押しの感覚で操作すると成功しやすい。
        3つのボタンを全部入力し終えるまでは、それぞれのボタンから指を離さずにボタンを押しっぱなしにするのがコツ。


  • 「連続発動制限のあるディレクショナルシャード」について
    • 特定のディレクショナルシャードで旋空脚無限ジャンプを行おうとすると、1回目の空中ジャンプは問題なく行えるが、2回目以降は特定の条件を満たすまではを押しても何も起こらず、空中ジャンプができない。
    • 該当のディレクショナルシャードは以下の通り。
      • サモン・プルメパルマ
      • ハンマーナックル
      • フレイムキャノン
      • ボーンスロアー
      • ストレイトアロー
      • リリーストード
      • チェイスアロー
      • ボーライドブラスト
      • ルーインビーク
      • リィガ・ドイン
      • テプス・オシウス
      • フォルド・シウ
    • 該当のディレクショナルシャードで2回目以降の空中ジャンプが可能になる条件は以下の2通り。
      • 1. 「前回の空中ジャンプから旋空脚を出すまでの間」に一定時間経過させる(「魔神のネックレス」でシャード発動の隙を減らすと所要時間が短くなる?)。
      • 2. 「前回の空中ジャンプから旋空脚を出すまでの間」に通常攻撃を行う。
    • 1の方法は、空中ジャンプ後の旋空脚を遅めに出すようにするだけでいい。操作は比較的簡単だが、ジャンプの上昇効率が悪く、高所にのぼるためにはよりMPを消費するのが難点。
    • 2の方法は操作が難しいが、うまくいけば他のディレクショナルシャードと同等のペースで空中ジャンプを連発できる。
      • 実際の操作は以下のような感じ。
         ・  ・  ・  ・ 


椅子リフレクションレイ地形すり抜けバグ
  • 手順
    • 1.椅子に座る
    • 2.椅子に座ったまま、ルァハ・バラルやリモ・ダートなどの「硬直が無い武器」の通常攻撃を出す
    • 3.すると、椅子に座ったまま右スティックでディレクショナルシャード「リフレクションレイ」のラインを伸ばせるようになるので、そのままリフレクションレイを発動
    • 4.リフレクションレイの発動後、ミリアムが地形をすり抜けるようになる
  • 地形すり抜け状態になると、そのまま何も操作しなければ画面下方向に高速落下していくが、ハイジャンプやインバートや上記の旋空脚無限ジャンプで飛び上がり続けることもできる。
  • マップ切り替え地点の辺りに上手く移動すれば、地形すり抜け状態のまま隣のマップに移動できる。
  • 地形すり抜け状態は「中断セーブ → ゲーム再開」で解除できる。

このバグ技に上記の旋空脚無限ジャンプを組み合わせれば、バティンを倒してリフレクションレイを入手した時点から、いろんな場所に行きたい放題になる。


その他のアクション関連

スライディングで足場から素早く落下
  • スライディングで足場から足を踏み外すと、通常の足踏み外しよりも、少し低い位置から落下し始める。
    • タイムアタックなどで、少しでも素早く足場から落下したい時に有用な小技。

貫通力の無い攻撃を複数の敵にまとめてヒット
  • 「複数の敵が同じ位置に重なって存在している」状況で、その位置に「貫通力の無い攻撃(特定の銃弾やシャード攻撃など)」の攻撃判定を重ねるように発生させると、貫通力の無い攻撃でもそれら複数の敵に同時にヒットさせることができる。

壊せる壁を一瞬で破壊
  • 「ティス・ロザイン」や「ヴォイドレイ」を壊せる壁に当てると、一瞬でその壁を壊せる。
  • 壊せる壁に対しては、特定のシャードの連続ヒット間隔の制限が適用されず、短い間隔で連続ヒットするという仕組みになっている模様。
    • 該当するシャードは「攻撃判定を連続で発生させる」ものに限られる模様(ティス・ロザインやヴォイドレイは、実際には超高速の弾を連続で発射し続けている?)。
      • 「ヘレティカルグラインダー」や「リィガ・ドイン」やスパイクブレスト体当たりなどは「一つの攻撃判定が持続し続けている」のか、普通に当て続けるだけでは連続ヒットはしない。

ファイアブレット攻撃判定残留
  • 弾丸「ファイアブレット」の「爆発部分の攻撃判定」が何にも命中しなかった場合は、その地点にはファイアブレットの爆発部分の「見えない攻撃判定」が残留する。銃の種類は問わない。
  • この現象を発生させる方法は以下の2通り。
    • ファイアブレットの銃弾が何にも命中せずに射程限界に達して消滅する。
    • ファイアブレットの銃弾部分(=1ヒット目)で敵にとどめを刺す。
  • 見えない攻撃判定は、敵や何かに命中するか、部屋を切り替えるまで持続する。
  • ファイアブレットの銃弾が「画面外の敵に重なる位置」で消滅した場合は、敵が画面に映った瞬間に、見えない攻撃判定がその敵にダメージを与える。

アドラステイアのアーマーピアシング弾のヒットエフェクト
  • 銃「アドラステイア」で弾丸「アーマーピアシング」を発射し、その弾が敵や召喚したブエルに命中すると、弾の軌跡上に無数のエフェクトが連なって表示される。


シャードの攻撃属性をアンビバレントの属性に変更
  • ビットコイン武器「アンビバレント」を装備している時は、特定のシャードの攻撃属性がアンビバレントの現在の属性と同じになる。
    • 元のシャードの攻撃属性は無くなる模様。
    • アンビバレントの「物理・打属性」という性質まではコピーされず、ダメージ計算的には元のシャードと同じく魔法攻撃の扱い。

この現象が発生するシャード一覧


連続入力系必殺技の途中に別の必殺技を挟む
  • 「旋空脚」や「三刹斬」といった「コマンドの追加入力で攻撃が3段階まで派生する必殺技(連続入力技)」は、連続入力の途中で一旦別の必殺技に繋げても、連続入力の段階数は維持される。
  • そのため、例えば以下のような連続行動が可能。
    • 武足:旋空脚(1段目) → 旋空脚(2段目) → 空撃斧 → 旋空脚(3段目)
    • 刀:三刹斬(1段目) → 紅吹雪 → 三刹斬(2段目) → 紅吹雪 → 紅吹雪 → 土壇場返し → 三刹斬(3段目)

フォースブラスト落下中に前進
  • 高所から「フォースブラスト」を発動し、飛び退きの動作で飛び降りて長時間落下し続けると、落下中の後退速度が緩やかに減速していき、逆に前方に加速するようになる。
  • エントランスのスタート地点上部などの、長時間落下しやすい場所でやると分かりやすい。

一部のトリガーシャードの立ち・しゃがみ切り替え連続詠唱
  • シャード発動時のミリアムの動作が「手を上に掲げる」ものとなっているトリガーシャードは、立ち状態での発動としゃがみ状態での発動を交互に繰り返すと、より短い間隔で連続詠唱することができる。
  • 該当のトリガーシャードは以下の通り。
    • スイングテンタクル、ドラゴニックレイジ、サモン・バット、ヴァ・イスハ
    • これらのうち、スイングテンタクルとドラゴニックレイジは2体以上(2回分以上)の同時召喚が不可能なので、実質的には無意味。
    • サモン・バットやヴァ・イスハを扱う上では、このテクニックが役立つこともあるかもしれない。

地面スレスレディレクショナルシャード
  • 「走り状態からしゃがんだ瞬間にタイミング良くディレクショナルシャードを発動する」か「しゃがみ状態で振り向きながらディレクショナルシャードを発動する」と、通常のしゃがみ中のディレクショナルシャードよりも更に低い、地面スレスレの位置からディレクショナルシャードを放つことができる。

インバート多段ヒット
  • 「敵を貫通するタイプの飛び道具(召喚攻撃含む)が敵に重なっている時」に「インバート」を発動すると、インバートの上下反転演出中に、敵に重なっている飛び道具が連続ヒットし続ける。
  • 本来は1ヒットしかしない「ドラゴニックレイジ(叩きつけ部分)」や「アックスストライク(斧部分)」や「サモン・ヘルハウンド」を多段ヒットさせたりできる。
    • 「サモン・ヘルハウンド」の直後にインバートを発動するには、着地キャンセルやバクステキャンセルといったテクニックを使う必要がある。
  • 「アーマーピアシング」による銃弾も多段ヒット可能。

アクセラレイターで壁にめり込み上昇
  • 操作手順
    • 「永久氷棺」のグレモリー戦の手前、トレーサーが2体居る通路にて。
    • 通路の右側の山なりになっている辺りの地点から、ジャンプして「アクセラレイター」を発動したまま左へ高速移動し、天井に体をこすり付けるように左へ移動し続ける。
  • 上記の手順を踏むと、ミリアムが天井の壁にめり込むような形で画面上方へ急上昇し、天井の地形をすり抜けて上隣の部屋に瞬間移動する場合がある。
  • 他の場所でも似たようなことができるかは不明。

特殊操作

時間停止演出のスキップ

  • コンフィグの「ヒント表示」の設定が OFF の時に限り、以下の「ゲームの時間の流れが一時停止する演出」の最中にOPTIONS(START)ボタンを押すと、時間停止を即解除することができる(エフェクト自体は消えずに流れ続ける)。
    • レベルアップ時の演出
      • 特定のボス戦にて、ボス撃破直後にレベルアップした場合の演出はスキップできない。ボス撃破直後、「自由に行動する間もなくイベントに移る場合」が該当する。
      • NPCトッドのレベルアップ演出はスキップできない。
    • MAXUPアイテム取得時の演出
    • 奥義習得時の演出
    • 特定のエリアの「初回到達時のエリア名表示演出」
      • 演出をスキップ可能なエリア:ガレオン「ミネルヴァ」、アーヴァント村、エントランス、8ビットの悪夢、セレステの間、巨獣区
      • ランダマイザーモードにて、転送石を使ってアーヴァント村に初回到達した場合は演出をスキップできない。
    • スピードランモードではコンフィグ設定に関わらず、これらの演出中に時間は停止しない。
  • 各料理の初回食事時には、ミリアムが「おいしぃ〜」などの台詞を喋る演出があり、演出中はメニューのカーソル移動などの操作が行えない。
    ただし「演出中にOPTIONS(START)ボタンを押す」と、即座に演出を中断してメニュー画面を閉じることはできる。

メニュー画面などでの特殊操作

  • メニュー画面のミリアムを眺める
    • で縮小・拡大、右スティックで上下移動と水平方向の回転ができる。
  • 悪魔図鑑の敵を眺める
    • (SHAREボタン) で敵のステータスなどのUIを非表示に、敵が画面中心に表示されるようになる。もう一度押すと元に戻る。
    • ミリアムを眺めるのと同じ操作で縮小・拡大、上下移動、水平方向の回転ができる。
  • マップのマーキング
    • 全体マップ表示中にボタンで、カーソルの位置に青いマーカーを設置したり、マーカーを取り除くことができる。最大25個まで同時に設置できる。
    • 後で再び訪れることになりそうな怪しい場所を忘れずに覚えておいたり、価値の高い青宝箱の位置を覚えておく、といった使い道がある。
      • ただしマーカーを置ける数は限られているので、全ての青宝箱の位置をマーキングしておくことはできない。
  • 会話中の特殊操作
    • でメッセージウィンドウの非表示・表示。
    • 4行以上のメッセージは、右スティック上下で文章の表示範囲を上下にスライドできる。

  • デュアルショック4のタッチパッドこすりは、右スティックを倒すのと同様の入力になる。


各種計算式

ATK算出の仕組み

ステータス画面に表示されるパラメーター「ATK」(物理攻撃の攻撃力)の算出方法について。
なお、各武器に設定されているATKとの混同を避けるため、ここでは武器のATKは「武器攻撃力」と表記。

ATKの算出式は、装備している武器が「近接武器(武器無し含む)」か「銃」かで異なる。

ATK算出式(近接武器の場合)
  • ATK = 素のATK + 武器攻撃力 x (0.5 + STR/50) + 装備によるATK増減  (最終的な小数点以下切り捨て)
  • 素のATKについて
    • 武器を何も装備していない時のATK。この数値は近接武器装備後のATKにも加算される。
    • 素のATK = STR/5(小数点以下切り捨て)
  • 装備によるATK増減は、「セーフリング(ATK-10)」や「逆境の指輪(ATK+5)」といった装備品によるATK増減量の値がそのまま計算に用いられる。
    • ATKの下限値はゼロとなっており、セーフリング装備時にのみATKがゼロになり得る。
  • 以下のように考えると分かりやすいかもしれない。
    • STR 25の場合: ATK = 5 + 武器攻撃力
    • STR 50の場合: ATK = 10 + 武器攻撃力 x 1.5
    • STR 75の場合: ATK = 15 + 武器攻撃力 x 2
    • STR100の場合: ATK = 20 + 武器攻撃力 x 2.5

ATK算出式(銃の場合)
  • ATK = (銃攻撃力 + 弾丸攻撃力) x (0.5 + STR/100) + 装備によるATK増減  (最終的な小数点以下切り捨て)
  • 以下のように考えると分かりやすいかもしれない。
    • STR 25の場合: ATK = (銃攻撃力 + 弾丸攻撃力) x 0.75
    • STR 50の場合: ATK = (銃攻撃力 + 弾丸攻撃力)
    • STR 75の場合: ATK = (銃攻撃力 + 弾丸攻撃力) x 1.25
    • STR100の場合: ATK = (銃攻撃力 + 弾丸攻撃力) x 1.5

敵への与ダメージ計算式

物理攻撃の与ダメージ計算式
  • 物理攻撃のダメージ = [(プレイヤーのATK x ATK倍率) - (対象のCON/4)] x クリティカル倍率
    • ATK倍率というのは、各種必殺技などでその攻撃のATKに掛かる倍率のこと。
    • クリティカル倍率とは、クリティカル発生時にそのダメージに掛かる倍率のこと。
      標準で「150%」。
      • アクセサリ「アサシンリング」1個装備につき、倍率に+10%。
        「フェイタルリング」1個装備につき、倍率に+20%。

シャード魔法攻撃のダメージ計算式
  • シャード魔法攻撃の与ダメージ = プレイヤーのINT/20 + シャードのATKx(グレード補正)x(1 + INT/50) - 対象のMND/4(?)
    • 一部のシャードは、これらの計算後の値に「+1」加算される模様。
  • グレード補正 = 通常は「1 + 0.0625x(グレード-1)」。
    • 一部のシャードは、グレード補正の係数(0.0625の部分)が通常よりも小さい。

該当のシャード一覧

  • 例:
    • INT 50・グレード1の場合: 与ダメージ = 2 + シャードATKx2.0 - 対象のMND/4
    • INT 50・グレード9の場合: 与ダメージ = 5 + シャードATKx2.5 - 対象のMND/4
    • INT100・グレード1の場合: 与ダメージ = 5 + シャードATKx3.0 - 対象のMND/4
    • INT100・グレード9の場合: 与ダメージ = 5 + シャードATKx3.5 - 対象のMND/4
    • INT150・グレード1の場合: 与ダメージ = 7 + シャードATKx4.0 - 対象のMND/4
    • INT150・グレード9の場合: 与ダメージ = 7 + シャードATKx4.5 - 対象のMND/4
    • INT200・グレード1の場合: 与ダメージ = 10 + シャードATKx5.0 - 対象のMND/4
    • INT200・グレード9の場合: 与ダメージ = 10 + シャードATKx5.5 - 対象のMND/4

プレイヤーの被ダメージ計算式

  • 物理攻撃の被ダメージ計算式
    • 物理攻撃のダメージ = (攻撃者のATK x ATK倍率) - (プレイヤーのDEF/2)
  • 魔法攻撃の被ダメージ計算式
    • 魔法攻撃のダメージ = (攻撃者のATK x ATK倍率) - (プレイヤーのMND + 防具の隠しMND/4)

マナローズの回復量

各所の燭台から出現する紫のバラ「マナローズ」の取得によるMP回復量について。

マナローズを取得すると、MPが「最大値の5%」回復する。
アクセサリー「バラの指輪」を1個装備しているとMP回復量が6.25%に、2個装備していると7.5%にアップする。

グラフィック関連

色を変更できない血
  • 以下の血の色は、コンフィグ設定の「血」の色には依存せず完全固定。
    • デフォルトの血の色が「赤色」以外の色に設定されている特定の敵からの血
      • モート(黒色)やモコプラント(緑色)などが該当。
    • 「裏・魔導研究棟」の背景の血

モザイクワールド
 
  • 「8ビットの悪夢」エリアをクリアして「終焉の間」に戻ってきた直後、モザイクの掛かった画面が元に戻っていく最中にアクセルワールドを発動。
    すると、アクセルワールドが発動している間は画面のモザイクの掛かり具合が現在の状態でストップし、モザイクの掛かった画面のまま長時間あちこちを動き回れるようになる。
    • ジーベルのメガネを装備していればずっとモザイクのまま動き回れる。
    • マップを切り替えるとモザイクの掛かり具合は最大の状態に戻る。
  • 転送石を使って拠点に戻る際に、ディレクショナルシャードのボタンを押し続けてアクセルワールドを最速で発動し直すと、モザイクの回復を止められずにモザイク状態から元に戻ってしまう。
    拠点に戻ったのを確認してから、一瞬でも間を置いてからアクセルワールドを発動し直せば、モザイクの掛かり具合をストップできる。
  • NPCに話しかけたり椅子に座ったり、ボス登場演出などのイベントシーンになるとモザイク状態から元に戻る。

ヴァルキリードレス装備時の外見をバグらせる
  • 胴体防具「ヴァルキリードレス」を装備した状態で、ショートカット切り替え画面を開いたまま、「他の胴体防具が設定されたショートカットに切り替える → ヴァルキリードレスを設定したショートカットに切り替える」と一気に操作してからショートカット切り替え画面を閉じる。
  • すると、ヴァルキリードレス装備時のミリアムのニーソックス(サイハイブーツ)の見た目が「通常コスチューム時のブーツのカラーリングが混ざったような見た目」になる。

通常コスチュームのメインカラーを赤に設定すると分かりやすい。([+]クリックで開く)

  • 通常コスチュームの姿に戻すと、この状態は元に戻る。

メニュー画面の3Dモデルなどが特殊な見た目になる
メニュー画面でのミリアム、悪魔図鑑での各悪魔、アーカイブの武器のグラフィックなどが、通常とは異なる表示になる現象。
  • 「8ビットの悪夢」エリアへの進入直後やクリア直後の、画面にモザイクが掛かっている状態でメニュー画面を開くと、3Dモデルやメニュー画面の背景もモザイクが掛かった状態になる。
  • 「静寂の庭園」の背景に赤い月が存在する・存在していた場所や、「巨獣区」のスタート地点でメニュー画面を開くと、各3Dモデルも全体的に赤く照らされた状態になる。
    • ゴースト、ウェパル、ミミックの宝箱部分など、見た目が通常時と変わらない部分もある。

ゲーム進行不能関連のバグ

馬車に乗って石像を通過

  • このバグには2通りの方法がある。
  • 方法その1
    • 装備・事前準備
      • 2周目以降の周回プレイ、もしくはランダマイザーモードでのプレイ。
      • エフェクティブシャード「クラフトワーク」・「アクセル・ワールド」
      • 「静寂の庭園」の馬車がある広場にて、馬車にまだ一度も乗っておらず、「クラフトワークで掴める石像」が存在していること。
    • 手順
      • 1. 「静寂の庭園」の橋の左側にて、石像をクラフトワークで掴み、「馬車の座席より少し右側の上空(そこから石像を手放すと座席のすぐ右側に落下する位置)」まで運ぶ。
      • 2. エフェクティブシャードの装備を クラフトワーク → アクセルワールド に変更し、すぐにアクセルワールドを発動して石像を空中に固定し、そのまま座席に座る。
  • 方法その2
    • 装備・事前準備
      • エフェクティブシャード「クラフトワーク」
      • バグ技を使ったプレイまたはランダマイザーモードでのプレイにて、「静寂の庭園」の「橋を渡った先にある岩」を壊すことなく、ミリアムが橋を自力で行き来できる状態を整える。
    • 手順
  • 上記のどちらかの手順を踏むと、馬車が橋を飛び移った後はカメラが石像をアップで写し続けるようになり、プレイヤーの操作は一切受け付けなくなり、ゲームが続行不能に陥る。

双竜の塔でのイベントを左側から発生させる

  • 手順
    • 「双竜の塔(左塔 中層)」にて、「通路でジーベル等と遭遇するイベント」をまだ発生させていないことが前提。
    • バグ技を使ったプレイにて、「リブリ・エクス・マキナ」を経由して「双竜の塔(左塔 中層)」へ行き、そのまま進行して「通路でジーベル等と遭遇するイベント」を "通路の左側から" 発生させる。
  • 上記の手順を踏むと、ミリアムが通路の左端から左側へ延々と走り続ける状態となり、イベントが進まなくなり、ゲームが続行不能に陥る。

ボス部屋進入直後に転送石ワープ

  • アルフレッド戦のボス部屋に入った直後、イベントの会話が始まるまでの間にメニューを開くことができ、うまくメニュー画面を開ければ、「転送石」を使用して拠点に戻ることもできる。
    • ただしこの手順で拠点に戻ると、ボス部屋進入直後のイベントによるミリアムの自動移動の命令が実行され続けるためか、ミリアムが左右どちらかの一方向に延々と移動し続けて操作不能となり、ゲームが続行不能に陥ってしまう。
  • 他のボス部屋でも似たようなことができる箇所があるかもしれない。

バエルが復活しなくなる / バエル戦が終わらなくなる

  • バエル戦にて、アクセルワールドによる時間停止中に「ドミニク非合体時の顔」のHPを一気にゼロまで減らすと、その顔は復活しなくなるという現象がある。
  • また、これにより全ての顔を「復活しない状態」にすると、その後ドミニクがいずれかの顔と合体した状態で現れても「魔法陣足場の形成」以外の行動は一切行わず、またプレイヤーがドミニク合体時の顔にダメージを与えることもできなくなり、ゲームが続行不能に陥ってしまう。

データ選択バグ

タイトル画面からキーボード操作で再開するデータを選択しつつ、操作の途中でコントローラー操作に変更したり、コントローラーの上下方向を入力したり、データ再開時のロード中にキーボードやコントローラーの決定ボタンを押したりすると、不自然なタイミングで決定ボタン入力による項目決定の効果音が鳴り、うまくいけばゲーム途中のステータスや所持アイテムを引き継いだまま、1周目ニューゲーム相当でガレオン船からゲームがスタートしたりする。
スピードランモードじゃないデータなのにスピードランモードとしてデータ再開できたりもする(ちなみに既に到達済みのチェックポイントの到達タイムはちゃんと記録されている)。
具体的な手順は不明。恐らくPC版限定。
割と危険なバグかもしれないので注意。

その他のバグ技

ブラッドブリンガーの武器版とファミリア版を同時装備

  • 以下のA・B 2通りの方法で、武器「ブラッドブリンガー」とファミリアシャード「ファミリア・ブラッドブリンガー」を同時に装備し、併用することができる。
    • A. ファミリア・ブラッドブリンガーを召喚した状態で、「武器ブラッドブリンガーを設定済みかつファミリアシャードを "未設定" のショートカット」に切り替える。
    • B. 武器ブラッドブリンガーを装備した状態で、「ファミリア・ブラッドブリンガーを設定済みかつ武器を "未設定" のショートカット」に切り替える。
      • ショートカットの武器の設定は「武器なし(素手)」ではなく「未設定」でなければならない点に注意。詳しくはショートカットの解説を参照。

インバート中に上空の見えない天井に着地

  • アーヴァント村の屋外などの「天井が存在しない場所」にて、「インバート」で逆さになった状態で空に落ち続けると、通常は「上空の高度制限」に達して自動的にインバートが再発動(解除)する。
  • しかし、インバートで逆さになった状態で、任意の必殺技を発動してから空に落ち続けると、上空の高度制限に引っかからず、上空の「見えない天井」に着地することができる。
  • 一度「見えない天井」に着地すると、インバートを解除するまでは、画面端の「部屋切り替え地点」に到達しても部屋が切り替わることはない。
  • アーヴァント村の城入り口付近にて、「見えない天井」に着地してから「地下洞に通じる穴」にハイジャンプで飛び込むと、画面が切り替わることなく、地面の下を左右に移動できたりする。
    地面の下に潜り込んだ状態でインバートを解除して地下洞に移動すると、ミリアムの現在位置が「地下洞の画面上端」に居る状態となる。
    • この状態では地下洞の正常な位置に移動したり、城入り口付近に正常に戻ることが困難となり、ハマりのような状況に陥ってしまう(仕様上、これらの場所では「ディメンジョンシフト」を使うこともできない)。
    • 正常な場所に戻る方法は以下の3通りを確認。
      • 「転送石」を使用する。
      • ヴァルキリーソードの専用技を駆使する。
      • 城入り口付近にて、画面外を大きく迂回するようなルートで「エントランスとのエリア間通路」へ移動。
        エリア間通路でも画面外付近に居る状態となっており正常な位置ではないが、ここでディメンジョンシフトを使えば正常な位置に戻れる。
    • 「地下洞の画面上端」に居る状態で、右端に移動すると、突然画面が切り替わり、謎の場所の光景が映し出される。
      左に引き返せば元の画面に戻る。

椅子に座ったまま列車を降りると特殊な状態に陥る(ミリアム細長・空歩行バグ)

  • 操作手順
    • 1. グラットン・トレイン撃破以降の「魔が駆ける橋梁」の列車にて、特定の椅子に座ってくねくねを出現させる
    • 2. くねくね出現後も椅子から立ち上がらずに座り続けて、時間経過で列車が停まるまで待つ。
    • 補足
      • 椅子に座って「外の景色を眺めている時」に列車が停まった場合は、この現象は発生しない。
      • サモン・チェアに座っている時に列車が停まった場合にどうなるかは不明。
  • 上記の手順を踏むと、駅に着いた後はミリアムの姿が表示されず、移動も行えない状態となる。
    • 転送石を使って拠点に戻ると、ミリアムの姿は表示されないが、横方向に自動的に高速移動していく。
    • ミリアムの姿が見えない状態でインバートを発動すると、ミリアムが異様に細長くペラペラな外見(細長状態)で表示されるようになり、移動が行えるようになる。
      • この状態でメニュー画面を開くと、ミリアムの外見におけるアクセサリーが不自然に表示される。
    • 細長状態では、ジャンプやハイジャンプでの上昇は行えず、また空中に居ても落下せず「空中に立った状態」となる(空中でもリフレクションレイを発動したりできる)。
      • 接地して地面を移動すれば坂道の上り下りは可能。
      • ダブルジャンプを行うと少しだけ上昇できる。
        ハイジャンプとダブルジャンプを繰り返したり、ディメンジョンシフトを使えば空中をある程度動き回ることはできる。
    • 細長状態の時に地面付近でインバートを発動すると、ミリアムが空中にしゃがんだ状態となり、方向入力による移動ができなくなってしまうので注意。
  • これらの状態は、ゲームを中断するなどして一旦タイトル画面に戻ると元に戻る。

椅子に座ったまま8ビットの悪夢から脱出すると特殊な状態に陥る(ミリアム空中歩行バグ)

  • 操作手順
    • 1. 「8ビットの悪夢」エリアにて、8ビットオーバーロードを撃破する。
    • 2. 8ビットオーバーロードを撃破してから「終焉の間」へと自動的に戻るまでの間に、トリガーシャード「サモン・チェア」で設置した椅子に座り続けておく。
  • 上記の手順を踏むと、「終焉の間」に戻った後はミリアムの姿が表示されず、移動も行えず、画面のモザイク表示が元に戻っていく演出も不安定な状態となる。
    • これは上記の「ミリアム細長・空歩行バグ」と同様の現象であり、この状態でインバートを発動するとミリアムが正常に表示されるが、ジャンプやハイジャンプでの上昇は行えず、また空中に居ても落下せず「空中に立った状態」となる。

列車の初回攻略時限定の場所に再訪

  • グラットン・トレイン撃破以降の「魔が駆ける橋梁」の列車にて、左端や右端の行き止まりで「ホルスの目」を装備した状態で「ディメンジョンシフト」を使えば、行き止まりの壁(扉)を通過して壁の向こう側へと移動することができ、通常は初回攻略時にしか訪れることのない「列車の序盤の場所」や「グラットン・トレインとの戦闘場所」へ再び訪れることができる。
  • カメラは「本来の左端・右端の行き止まり地点」よりも向こう側に行くことはできないため、カメラ外で移動することになる。
    • カメラ外の敵には干渉することはできず干渉されることもないので、敵と戦ったりすることはできない(雑魚敵アサシンがミリアムの接近に反応して喋ったりはする)。
      一応、左端の壁の向こう側にいるアサシンを右のカメラの方へ誘導すれば戦うことは可能。
  • 序盤の場所の左端まで到達すると、列車の下端(地面よりも下)に落ち続けることができる(初回攻略時と異なり、落ちても列車の上に戻されることはない)。
    • 列車の下端に居る状態では、そのまま列車地帯を左端から右端まで自由に移動できる。
  • 列車地帯の左端や右端ではハイジャンプを連発して上端まで上昇することができ、上端まで上昇している状態で中央寄りの方向へ少し移動すると、本来の高度制限よりもさらに高所の「見えない天井裏」に乗ることができる。
    • 見えない天井裏に居る状態では、列車地帯を左端から右端まで自由に移動できる。
  • 「グラットン・トレインとの戦闘場所」の右端の地面の特定地点に到達すると、「魔が駆ける橋梁」の右側の列車乗り場に一瞬で移動する。

8ビットの悪夢のボス部屋を自由に出入り

8ビットの悪夢のボス部屋の扉は、「ホルスの目」を装備した状態で「ディメンジョンシフト」を使えば自由に通過できる。
  • 扉を開けずにボス部屋に入ると、ボスは出現せず何も起こらない。
    • 扉を右側から開けることはできない。
    • ボス部屋から出た後、扉を通常通り開けてボス部屋に入ればボスが出現する。
  • ボスとの戦闘中にボス部屋から脱出することもできる。
    • ボスの攻撃はボス部屋の外までは届かない。
    • 扉の左側で待機し、ボスが扉に近寄ってきたところをリーチの長い武器などで攻撃する…という戦法で、時間は掛かるが安全にボスを撃破可能。

ODを会話中に攻撃

永久氷棺のOD戦が発生する部屋は、入った直後に右に移動すれば脱出できる。
脱出直後に再入室すると、会話中にミリアムを操作でき、ODを攻撃可能となっている。
ダメージも蓄積されており、HPを削り切っていれば、戦闘開始直後に撃破となる。(メダルも獲得可能)


機種別の不具合

NSwitch版について
公式フォーラムによると、NSwitch版はバージョン1.04のアップデート時点でもパフォーマンスの改善は完了しておらず、今後も機能拡張と修正を継続的に展開していくとのこと。
  • プレイ中に携帯モード・TVモードが切り替わると、エラーが発生してゲームが強制終了する場合がある。
    • そのためゲーム起動後はなるべくドックへの抜き差しを行わない方が無難。
    • なお、ACアダプターの抜き差しは問題ないとの情報あり。
  • NSwitch版はフレームレートが30fpsで固定とされており、またゲームの処理が重くなる場面が多いため、「フレームレートに依存する一部のアクションの仕様」が他の機種とは異なる場合がある。

不可解な仕様・設定ミス・不自然な現象など

メニュー・インターフェース関連

  • アイテムの「認証板」と「証明写真」のアイコングラフィックが本来の正しいアイコンではなく、互いに入れ替わっている模様。
  • 「カシミ」と「カシミ装備のレシピ」の表記揺れ。
  • 血濡れ(血塗れ)系アイテムのアイテム名と説明文の表記揺れ
    • れの牙
      • 説明文:恐ろしい血れの牙
    • れの骨
      • 説明文:恐ろしい血れの骨
    • れの頭蓋骨
      • 説明文:恐ろしい血れの頭蓋骨
  • コンフィグの「操作説明」のタブ名称は、「操作設定」の間違い?
  • 各属性のアイコンの並び順が画面ごとに統一されていない。
    • 装備画面左側のミリアムのステータス表示枠では、「"斬突打"」、「"闇光"」という表示順。
    • それ以外の箇所での属性アイコンは「"斬打突"」、「"光闇"」という表示順。
    • TIPSの「用語」→「属性」では、「斬属性 突属性 打属性」、「光属性 闇属性」といった表記順になっている。
       
  • アーカイブの「錬成リスト」における各アイテムの並び順は、装備画面やショップなどでのアイテムの並び順とは異なる、独自の並び順になっている。
  • アーカイブの「錬成リスト」には、スキルシャードの強化に必要な素材は載らない。
      
  • ショップの売却画面にて、「料理アイテム」のカテゴリー(タブ)が存在せず、料理アイテムは「全種類」のタブでのみリスト上に表れて選択・売却できる。
  • 全体マップ表示がおかしくなる
    • 何らかの原因により全体マップ表示画面のエリアを囲んでいる白枠が一部のエリアで消えてしまう。
      • 再度エリアを訪れても白枠は消えたまま。セーブロードやワープ・転送石でも改善はされない。
    • ワープ部屋でのワープ先選択マップ表示でも白枠が消えてしまう、全体マップ表示画面のエリアを塗り潰している青色が消える等のバグも報告されている。
    • PS4版にて発生。その他の機種での発生は未確認。
  • 「禁忌地下水洞(左側)」のリフト地帯を地面に沿って移動すると、全体マップ表示上では「枠線の外側の領域」を移動する箇所があり、そのまま移動し続けると、そのリフト地帯のマップが不自然な埋まり方になる。
  • 一部の宝箱はマップ上にアイコンとして表示されることがない。
  • 「エントランス」や「禁忌地下水洞」における、全体マップ表示上の「ベンジャミンのNPCアイコン」は、その場所でのイベント終了後もアイコンが消えずに残り続ける。
  • セーブを行う際のセーブ画面にて、いずれかのスロットの「画面右下の各種データ表示」が、「他のスロットのものと全く同じデータ内容」で表示される場合がある。詳細条件不明。
  • コンフィグの操作設定にて、コントローラー操作における「ショートカット画面を開く」ボタンをメニューの決定と同じボタンに設定すると、通常のアクション画面にてショートカット画面を開くことはできても、操作の都合上、ショートカットで装備を切り替えることはできない(コントローラーの○ボタンに「ショートカット画面を開く」操作を割り当てることは想定されていない?)。


アクション・戦闘など

  • プレイヤーキャラが致命ダメージを受けてゲームオーバーになる際、プレイヤーキャラが吹っ飛ばされることなく「通常通り自由に行動可能な状態」のままでゲームオーバー画面に移行する場合がある。
    • HPがゼロになる瞬間に特定の操作を行うなど、アクションのタイミングが関係している?
  • 斬月刀入手後のジーベル戦にて、ジーベルを倒してバッドエンド(その2)になると、最後のゲームオーバー演出中にミリアムを操作したりメニュー画面を操作することができる(画面はほぼ真っ暗で何も見えないが、効果音で判断できる)。
  • しゃがみ行動後に↑押し続けでしゃがみ状態維持
    • 各種しゃがみ行動(しゃがみ通常攻撃 or しゃがみトリガーシャード or スライディング)の動作中にを押し続けると、しゃがみ行動後もが押されている限りしゃがみ状態が維持される。
    • この状態でを同時押しすると、プレイキャラクターごとに異なる挙動になる。
  • 「旋空脚」の各段は、攻撃判定が出ている間に「メニューを開く」「ショートカット画面を開く」「全体マップを開く」のいずれかの操作を行うと、攻撃判定が消失する。
  • 「旋空脚」の1段目は、ゲームのフレームレートが低い時、ゲームの処理が重い時には動作時間が短くなる。
  • しゃがみながら「百花繚乱」を繰り出すと、百花繚乱の持続中に、突きのエフェクトが足元にも表示される。この足元のエフェクト部分には攻撃判定は無い。
  • 「迅雷」のコマンド入力後、突進を行う前の溜め動作中にメニュー画面かショートカット画面を開いて装備武器を変更すると、突進中のミリアムのマフラーなどのグラフィックが、長く尾を引くように表示される。
  • レッドアンブレラを装備して「フォースブラスト」を発動し、「フォースブラストの終わり際の着地の瞬間」にフォースブラストのコマンドの再入力を完了すると、ミリアムが「ブラッドサクリファイス!」と喋るが、特に何も起こらない。
  • レッドアンブレラ装備時の「フォースブラスト」の血の弾は、ヒットさせても熟練度は溜まらない。
  • 特定の場所で「パリィ」の反撃または「ヴァルキリーソード専用技」を発動すると、真下の足場をすり抜けてその下の空間に落下する場合がある。
    • 「双竜の塔(左塔 下層 屋外)」の、上方のウルフマンが居る足場にて確認。他の場所でもこの現象が起こる可能性あり。
  • 「ショベルアーマーの鎧」を装備した状態で、歩き移動を止めてすぐに椅子に座ると、椅子の位置に着いたままで歩き移動のモーションを取り続ける。
  • サモン・チェアの効果が途中で無くなる
    • 「サモン・チェア」によって複数の椅子を召喚している状態でいずれかの椅子に座り、椅子に座っている時に召喚椅子がいずれか1つでも消滅すると、現在の椅子に座っている時の「サモン・チェアによるMP回復速度上昇効果」が無くなる。
    • 召喚した椅子が1個でも残っていれば、いずれかの椅子に座り直すことで効果が再発揮される。
  • あさっての方向にネバーサティスファイド
    • 「真下の地面から一定以上の高さの空中にいる時(ハイジャンプの頂点付近など)」に、画面左方向を向いた状態でDLCシャード「ネバーサティスファイド」を使用すると、左を向いたまま画面右方向にグラスを放り投げる。
  • 各種防具には見えない魔法防御力のようなものが設定されている。鎧、胸当て系はDF1ごとに0.125、ドレス系はDF1ごとに0.5魔法ダメージを減らす。アクセサリ、頭装備にも有り(一部にDF1ごとに0.5減らす。スカーフには無い。
  • ボーライドブラスト不発
    • 「ボーライドブラスト」は、バクステしゃがみキャンセルによる素早い連発を何度も繰り返すなどの操作を行うと、ある時点からは「方向指定せずに発動すると不発となってしまう(MPは消費する)」状態となる(詳細条件不明)。
    • この状態はゲームオーバーになるかタイトル画面に戻るまで持続する。
    • バグが発生している状態でも、十字キーか左スティック入力が入っていれば地上使用時も回避できる
  • ハイジャンプ後ディレクショナルシャード自動連発
    • ハイジャンプの上昇中に「ホールドタイプのディレクショナルシャード」をホールドし、ハイジャンプ頂点に達した瞬間にタイミングよくホールドを解除すると、落下中にそのシャードの発動と解除が自動的に高速で繰り返される。
      • この現象は、ミリアムが着地・ダブルジャンプ・インバートなどの挙動を取るまで持続する。
  • 「リィガ・ドイン」のランク効果は、このシャード自体のランクではなく「最後に装備したトリガーシャードのランク」を参照して効果が発揮される。
  • 「チェンジバニー(ランク6以上)」での「短剣投げ」の消費MPは、装備中のトリガーシャードの消費MPと同値になる。
    • トリガーシャード無装備時は最後に装備したトリガーシャードを参照する。
  • チェンジバニーを装備した状態でワープポイントによる移動を行い、移動の演出で画面が真っ白になっている間にエフェクティブシャードのボタンを押し続けると、移動先の場所に到着する演出の時にミリアムが不自然な挙動を行う。
    • エリアの移動自体は通常通り行われる。
  • 「ラッキー・ドロップ」は所持してさえいれば、装備する・しないに関わらず常に効果が発揮される模様。
    • スキルシャード版との重複装備時に効果がアップするかは不明。
  • 「スキルシャード化したエンチャントシャード」と元のエンチャントシャードを重複装備している状態で、メニュー画面を開き、それら両方のシャードを未装備・OFFの状態に変更してからメニューを閉じると、そのエンチャントシャードをまだ装備している状態として扱われ、装備効果が持続する場合がある。
  • ファミリア・ブエルの召喚エフェクト残留
    • 「ファミリア・ブエル」の召喚時のエフェクトが発生している時にNPCに話しかけたり、何らかのイベントが開始すると、会話・イベント終了後も召喚エフェクトがその場に残留し続ける。
    • 使い魔を引っ込めたり再召喚するなどして、召喚エフェクトを再度発生させると、残留していたエフェクトは消える。
  • 「エントランス」の血の噴水を「ブラッドスティール」で吸い上げることによる「吸い上げた血液量(アーカイブの活動履歴で確認可能)」の増加量が一定ではなく、何らかの条件で増加量が変動する。
    • ブラッドスティールの発動位置によって増加量が大きく変わってくる模様?
    • 増加量の変動幅は、最低値が増加なし、最高値は +256.00リットル 程度まで確認。
      • 発動位置によっては噴水を吸い上げた後も大量の血痕が残り、その血痕をさらに吸収することで300リットル以上吸収できる場合がある。
  • 「静寂の庭園」と「巨獣区」を行き来するワープゲートに飛び込んでいく演出の途中でチェンジバニーを発動すると、ミリアムがワープゲートに飛び込む前の地点に瞬間移動すると同時に変身し、その場でワープゲートに飛び込む動作を行う。
    • エリアの移動自体は通常通り行われる。
  • 使い魔の攻撃対象となる岩
    • バグ技を使ったプレイやランダマイザーモードでのプレイにて、「静寂の庭園」の「橋を渡った先にある岩」を壊すことなく岩のそばに移動すると、各使い魔はその岩を敵とみなして岩に攻撃を行う。
    • 仕様上、この岩は内部データ的には敵と同じような扱いになっている模様。
  • 「ホルスの目」の効果が無くなる
    • 「双竜の塔(左塔 屋内)」の「リブリ・エクス・マキナ」方面、「ジーベル等との遭遇イベントが発生する通路」にて。
      「ホルスの目」を装備している状態で、そこから別の場所へ移動すると、ホルスの目の「視野が広がる効果」が無くなり、画面の縮小・拡大率は通常時と同じになる。
    • この状態はホルスの目を装備し直すと元に戻る。
    • なお、ホルスの目ではなく「拡大メガネ」を装備した場合には同様の現象は起こらない。
    • NSwitch版では、この通路に左から入ると、ホルスの目を装備していなくとも「ホルスの目装備時と同じ視野」になり、ホルスの目を装備してから外すまではこの視野が継続する… との情報あり。
  • 右塔の扉前レバーでエレベーターが一時的に作動
    • 「双竜の塔」のエレベーターは、最上部のレバーを操作して作動させなくとも、「エレベーターの上から2番目の階層にある、扉を開けるためのレバー」を操作することでも作動する。バグ技を使ったプレイやランダマイザーモードのプレイにて実践可能。
      • この方法によるエレベーター作動は一時的なものであり、部屋を切り替えるとエレベーターは最上部にて未作動の状態に戻っている。
        なお、この扉前のレバーを先に操作した後でも、最上部のレバーは通常通り操作可能。
      • この方法でエレベーターを作動させた場合、各階層のエレベーター手前の鉄柵は出現しない。
  • 司書室でODの頭上に飛び上がる
    • ハイジャンプでODを真下から突き上げた後、落下して「ODが着地する瞬間」にタイミングよくダブルジャンプを行うと、ミリアムがODの体をすり抜けて、ODの頭上に飛び上がる。
    • その後の落下時もODの体をすり抜けて落下する。
  • ブラッドレスの「空中に飛ばした2本の傘」は、何らかの条件により、傘の食らい判定が無くなってしまうことがある。
    • 食らい判定の無くなった傘は、こちらの攻撃を当てたり、急降下キックで踏むことができない。また「ブラッドレイン」の血の雨も、傘をすり抜けてしまう模様?
  • 敵ドッペルゲンガーは「紅吹雪」を使う際に「散れ…紅吹雪!」という台詞を喋るが、稀に、この「散れ…紅吹雪!」という台詞だけが聞こえて、実際には別の攻撃を繰り出してくることがある。
  • オロバスの難易度ナイトメアでの行動パターンは、難易度ノーマルでの行動パターンと同じの模様。
  • 吹っ飛びベクトル保存
    • 敵の「ミリアムを大きく吹っ飛ばす攻撃」を受けて吹っ飛ばされると、それ以降は特定の敵の特定の攻撃による被ダメージ時にも、本来と違って大きく吹っ飛ばされるようになる。
    • 分かりやすい例としては、「巨獣区」にてアビスガーディアンの攻撃を受けて吹っ飛ばされると、それ以降はジャイアント・バットとの接触時に大きく吹っ飛ばされるようになる。
      • ジャイアント・バットに対して垂直に近い角度からぶつかると、上方向に大きく跳ね上がるように吹っ飛ばされる。
    • この「吹っ飛びベクトル保存状態」は、「吹っ飛びベクトル保存に影響されず吹っ飛び方が一定の攻撃」を受けるとリセットされる。
  • 敵のどの攻撃に対して吹っ飛びベクトル保存が適用されるのか、具体的なところは不明。
  • 謎のサムヒギン・ア・ドゥール
    • 「隠匿されし砂漠」のエレベーターに乗って行ける「青宝箱がある場所」には、出入り口部分の辺りにも実は雑魚敵サムヒギン・ア・ドゥールが配置されており、プレイヤーがこの場所に来た直後にこのサムヒギンは落下して、画面下方へと消えていく。(サムヒギンの配置座標の設定ミス?)
    • この場所に来た直後に、左方向へリーチが長い攻撃を行うと、このサムヒギンを攻撃することができる。
  • ヒビが確認できない「壊せる壁」
    • 灼岩炎窟のボス戦後のゼパル広場にて、左下の壊せる壁(「フェイタルリング」が入手できる壁)は、「ディテクティブアイ」を装備していても壁面に「水色のヒビ」が表示されない。
  • ジャイアント・モコ飛び上がり
    • 巨獣区にて、雑魚敵ジャイアント・モコの上に乗り、ジャイアント・モコの攻撃に対して「パリィ」か「土壇場返し」を成功させると、ミリアムとジャイアント・モコが上空高く飛び上がる場合があり、またミリアムがそのまま天井を突き抜けて画面外の天井裏に到達する場合がある。
    • 成功率は低い。ミリアムの微妙な位置が関係している可能性がある?
    • 巨獣区の上層広場の左隣の部屋、右上のジャイアント・モコにて、この現象の発生を確認。
    • 天井裏に到達した場合は、天井裏から右隣の広場に移動するか、転送石を使えば正常な場所に戻れる。
  • 短剣投げで壊せる壁と壊せない壁
    • 短剣の必殺技「サプライズギフト」や、チェンジバニーでの変身時の「短剣投げ」で投げた短剣が、「攻撃することで壊せる壁」に命中した時に、その短剣投げで壁を壊せる(ヒビが入る)場合と、壊せない(ヒビが入らない)場合がある。場所によって、短剣投げで壊せる壁と壊せない壁が決まっている模様?(詳細不明)
    • 東洋魔導研究棟の「大工の間」手前の場所の「壊せる壁」は、遠距離から短剣を投げると壊せないが、画面の真ん中くらいまで壁に近付いてから短剣を投げると壊せる。
    • なお、上記の仕様とは別に、サプライズギフトやチェンジバニー短剣投げには、至近距離にも範囲極小の攻撃判定が存在し、この攻撃判定で壁を壊すこともできる。
      • 厳密に言えば、この攻撃判定は特定条件でダメージが発生する場合と発生しない場合があるが、ダメージが発生しない場合でも壁を壊すことはできる模様。
  • 落ちると即消えるお金
    • エントランスの血の噴水から真上の横長部屋にて、右端の燭台を壊して出現するお金は、床に落ちると、床にぶつかるタイミングで一瞬で消える。

その他

  • プレイ時間のカウントが異様に早くなることがある(詳細条件不明)。カウントの早さはメニュー画面の「プレイ時間」の秒部分で確認。
  • NEXTに満たない経験値でレベルアップ
    • 敵を撃破して、次のレベルアップまでに必要な "NEXT" の数値までわずかに足りない程度の経験値を獲得すると、NEXTに満たないのにレベルアップできることがある。
  • トッドに「世界のファッション 10号 / 11号 / 12号」を見せた時には、トッドのレベルアップ演出は発生しない。
    • 他の号も同時に見せた場合にはレベルアップ演出は発生する。
  • 「ダークマター」を食べることによる毒状態は、メニューを閉じると一瞬で治る。
  • 「魔が駆ける橋梁」の列車におけるレバー操作で開く扉は、初回攻略時のみ閉ざされており、列車に乗り直した時には常に開いている。そのためレバー操作の意味はほぼ無い。
    • 斬月がいなくても問題なく進行できるようにするための、意図的な仕様と思われる。
  • 「終焉の間」のレバー操作で開く扉は、最初から開通した状態になっている場合がある。詳細条件は不明。
  • バージョン1.15では新たなアイテム(将来的に実装予定のアイテム?)が内部データ的に追加された模様。またこのアイテム追加によってシャードおよびアイテムの収集率を100%にできなくなり、このバージョンではアクセサリー「ジーベルのメガネ」や一部の実績・トロフィーの取得が不可能になった可能性が高い。
    詳細はアップデート履歴のページを参照。

報告いただいた不具合・未確認情報

詳細は該当のコメントをご参照ください。
  • 2020年05月31日:セーブポイントから再開するとHPが最大値の1/4の状態で再開するようになった。MPは最大値で再開。
    ゲームオーバーからの再開・タイトル画面からの再開のどちらの場合でもこの現象が発生する。
    レベルアップ後にセーブし、再開すると、正常な状態に戻った。
  • 2020年05月17日:ODから本の貸し借りを何度か行うと、ミリアムのステータス表示上の数値が実際の数値と異なる表示になる場合がある。その後も本の貸し借りを行うと正常な表示に戻る。 → ステータス(コメント)
  • 2020年05月08日:バティン戦にて、バティンが紫突進攻撃で壁に埋まることがある。
  • 2020年05月06日:ジーベル戦にて、ボス扉のそばでしゃがんでビーストガードを出している状態でジーベルの掴み技を食らうと、ミリアムが壁にめり込み操作不能に陥ることがある。
  • 2020年05月06日:「ビーフカレー」は、「究極のレシピ」や各種材料を所持していても調理のリストに項目が出現せず、入手できない場合がある。 → 全アイテム入手法(コメント)
  • 2020年01月12日:ミミック・チェアに座った状態のまま部屋を切り替えると、ミリアムが画面外に消えて、転送石やゲームの中断などでも復帰できなくなる。NSwitch版の「リブリ・エクス・マキナ」にて確認。
  • 2020年01月03日:タイトルメニューの項目の出現状況が初期状態に戻る現象。

攻略以外の小ネタ

  • 最序盤のガレオン「ミネルヴァ」にて、初めて甲板に出た時に、背景の海に「小舟に乗っている斬月」が見える。
    • これは1周目限定の演出であり、2周目以降では見ることはできない模様(演出のフラグがリセットされていないミス?)。
  • 拠点のヨハネスは、ゲーム機本体またはPCの現在時刻が「23:00 〜 翌03:00」の間の時に話しかけると、「こんな夜遅くに精が出るね」という台詞を喋る。
  • 「双竜の塔」の左塔 上層、ワープポイント手前からすぐ下の部屋では、背景に時計が見える。
    この時計の時刻は、ゲーム機本体またはPCの現在時刻と同じになっている。
  • 永久氷棺のグレモリー戦の部屋の背景には、氷漬けのウァラクが1体存在する。
  • ボスとしての斬月(No.122)のHPは5963(「ご苦労さん」?)
  • ボスとしてのドミニクのHPは4989(「四苦八苦」?)。

旧バージョンの情報

アップデートにより修正・仕様変更がなされた、旧バージョン限定の情報です。

いつの間にか修正されていたもの



バージョン1.15のアップデートで修正されたもの



バージョン1.10のアップデートで修正されたと思しきもの



2019年8月初旬に実施されたアップデートにより修正されたもの

このページへのコメント

PS4版パッケージ1.15
アーヴァント村のセーブポイントからドミニクの部屋を行ったり来たりしてると、エラーが起きて強制終了します。

0
Posted by 名無し 2020年07月12日(日) 18:34:05 返信

Steam版Ver.1.15にて、拠点のドミニクのセリフ「ありがとう いつもで待ってますわよ」の誤植が修正されています。
他の箇所でも誤植の修正が行われている可能性がありますね。

1
Posted by 名無し 2020年07月10日(金) 16:24:55 返信数(1) 返信

情報提供ありがとうございます。
あまり気に留めてはいませんでしたが、バージョン1.10の頃にもこの誤字は修正されていたように記憶しています。
いつの間にか修正されていた不具合として、「旧バージョンの情報」に、確認できた範囲での誤字修正情報を追記しました。

0
Posted by かんりにん 2020年07月11日(土) 14:19:48

アップデート後8ビットファイアの下に????という項目が出来ている
今の所シャードが発見及び確認出来てないそうなのですが、そこが現在埋める事が出来ない様でシャードコンプリート100%にはならない

0
Posted by  2020年07月06日(月) 09:23:23 返信数(1) 返信

アップデート情報にこの内容記載されてましたね失礼しました

0
Posted by 名無し 2020年07月06日(月) 09:25:36

灼岩炎窟の右側、フェイタルリングがある壁はディティクティブアイがあっても光って見えない

2
Posted by 名無し 2020年07月04日(土) 20:46:11 返信数(2) 返信

追記しました。情報提供ありがとうございます

0
Posted by かんりにん 2020年07月05日(日) 14:16:47

他の人もそうだったのか。
「ここだよ」を連れてたから問題無かったけど。

0
Posted by 名無し 2020年07月06日(月) 18:12:21

Steam版Ver.1.15にて、ヴァルキリードレスを着用した状態でセーブしたデータをロードし、服を別のものに変更すると、
ヘアサロンの設定に関わらず服の色が初期状態になってしまいます。

1
Posted by 名無し 2020年07月04日(土) 19:18:43 返信数(1) 返信

情報提供ありがとうございます。
この現象は私のPC版の環境では今のところ確認できておらず、特定の操作手順などの条件があるのかもしれません。
ヘアサロンのページにて、未確認情報として追記しました。

0
Posted by かんりにん 2020年07月05日(日) 13:35:22

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます