同人ゲームサークル ちゆうどう作の東方project二次創作ゲーム「秘封ぼうえんきょう」の攻略wikiです。

B-十九章「運命に対峙せし者たち」

ユニットデータ

仲間になるユニット
名前出現条件備考
豊聡耳 神子4ターン目開始時無条件
ボス・要注意ユニット
名前LvHP魔力速さ幸運守備魔防移動武器スキル持ち物耐性備考
Eレミリア35速S
大A
対神特性、金剛
飛行、カリスマ
吸奪、運命
回復
グングニル
特注の日傘
呪い、滅殺
貫通、特攻
射撃
待機型
N52291733402531278
H52412447573644388
Eフランドール34大S対神特性、金剛
恐怖、破壊
激昂
大型光弾
太陽の雫
呪い、滅殺
貫通、吸奪
射撃
索敵型
N40282014221514207
H40402820312120297
Eフランドール
(分身1)
34大S対神特性、金剛
恐怖、破壊
激昂、貫通
宵闇大型弾呪い、滅殺
貫通、吸奪
射撃
フランドール撃破後
突撃型
座標(21,9)
N
H40402820312120297
Eフランドール
(分身2)
34大S対神特性、金剛
恐怖、破壊
激昂
轟炎大型弾呪い、滅殺
貫通、吸奪
射撃
フランドール撃破後
突撃型
座標(23,11)
N
H40402820312120297
Eフランドール
(分身3)
34大S対神特性、金剛
恐怖、破壊
激昂、吸奪
大型吸奪弾呪い、滅殺
貫通、吸奪
射撃
フランドール撃破後
突撃型
座標(25,9)
N
H40402820312120297
Eパチュリー34魔S得物:魔、障壁
精神結界
見切り、貫通
風神弾
神炎弾
氷塊弾
絵巻「障壁」
貫通、射撃索敵型
N3443323131515265
H3464733192121375
Eパチュリー
(強化後)
34魔S得物:魔、障壁
精神結界
見切り、貫通
風神弾
神炎弾
氷塊弾
絵巻「障壁」
貫通、射撃索敵型
N
H3965541272121375
E小悪魔33札S
魔S
対神特性、治癒
吸奪、得物:魔
暴風弾
雷神弾
遠距離回復札
精神の護符
呪い、吸奪
射撃
索敵型
N3792219191516196
H37133227272123276
E美鈴34速S
大A
節約、連続
みがわり、夢柔
必殺無効、貫通
雷神高速弾
遠距離大型銀弾
星の帽章
猛毒、脱力
射撃
索敵型
N482341720622106
H483362428832156
青字は落とす持ち物
緑字は読学可能

拾えるアイテム

アイテム名場所備考
鳳凰のリボンマップ北西
絵巻「全能力+5」マップ南東
月輪追尾弾レミリアから左へ1下へ2の地点要探知
月光術弾座標(28,3)要探知

ステージクエスト

クエスト名詳細報酬備考

イベント

  • 2ターン目開始時、霊夢と紫の会話イベント発生。
  • 4ターン目で美鈴の北西近くに神子が出現。
  • パチュリーがいる状態で美鈴撃破後、パチュリーがパワーアップ。
    • パチュリーを先に撃破することで回避可能だが、イベント不発によりBGM変更の誤動作が生じる(Ver1.26)
  • 小悪魔がいる状態でパチュリー撃破後、その場で即座に復活、および小悪魔と共鳴を行う。
    • 小悪魔を先に撃破することで回避可能だが、イベント不発によりBGM変更の誤動作が生じる(Ver1.26)
  • フランドール撃破後、その場で即座に復活し4体に分身する。

ステージ攻略

深い森の中を抜けていくマップ。ボス格のキャラはもちろんのこと、雑魚敵の装備もガッチガチに固められており苦戦は免れない。
今後のステージでは出撃枠を全て埋める必要は無いのでエース、回復役、盗み・読学・探知役、一輪だけ出したい。
特にここは詰まって進軍が遅れると天狗に狩られる恐れがある。

真っ先に美鈴を撃破し神子と合流するところまでが第一関門。パチュリーの撃破が第二関門。あとはいかにフランを捌けるかだろう。
神子が美鈴のすぐそばに出現するため最初の数ターンはスピードが求められるが、それ以降はじっくり攻められる。
初期位置付近に待機し、召喚札で神子を合流させる手もある。
召喚札の射程14=魔力28(と、札レベルB)を確保出来るキャラが居れば、
神子を下に移動させることで、遠距離弾持ちで突撃してくる天狗の攻撃範囲外に呼び寄せる事が可能。

パチュリー・フランは一撃が非常に重く、レミリアは毎ターン30近く回復する。長期戦は不利なのでそれぞれ1ターンでの撃破を目指す。

パチュリーは低耐久だが障壁と精神結界を持つ。物理で攻めるよりは魔術弾のほうが逆に安定したダメージを出せるだろう。
パチュリー撃破時小悪魔が残っていると共鳴するので、できれば先に小悪魔を撃破したい。
幸い小悪魔もパチュリーも範囲内なら釣れるので地形をうまく活用したい。
アイテム4つ所持でフルポケット法みたいな状態なので絵巻を狙って盗むならリセット連打は確実。

フランの分身は出現位置が決まっている。が、索敵型ではではなくどんどんこちらへ向かってくるので、弱いユニットが狙われないように注意。

右下の絵巻は終章にむけて必ず取っておきたい。回収のため、最後にパチュリーを倒すルートを辿ってもいい。
難易度ハードにおける対ボス考察
ハードで進めていたプレイヤーにとって、この章の難易度はこれまでとは一線を画す脅威に満ち溢れていると思われる。
兎にも角にも、各所に配置されたボスが軒並み強い。
非常に高い攻撃力や、危険極まりないスキルを有しているものが殆どで、いずれも直撃を受ければ屈強なユニットですら一撃で沈む危険性を秘めている。
このため、ここでは各ボスユニット別に危険性、および運要素を極力省いた攻略法について細かく掘り下げていく事とする。

なお、転生を繰り返すことによるユニットの超強化は、本攻略では視野に入れないものとする。ご容赦頂きたい。

【美鈴】
防御面では「必殺無効」を、攻撃面では「連続」と「貫通」を持ち、更に高必殺の雷神高速弾を携えているため意外と侮れない。
見切りや貫通無効を持たないキャラで攻める際には、貫通時のダメージも計算した上で挑まないと痛い目を見るかもしれない。
おそらく、初見プレイ時にとんでもない位置に現れる神子によって、これを実感したプレイヤーも少なくない筈。

技が低く命中がそこまで伸びない為、森林地形と各種支援をフル活用することで命中を0%にできれば安全に戦える。
他の対ボス戦でも言えることだが、森林地形の回避上昇効果は積極的に利用していきたいところ。
どんなに凶悪なダメージを誇る攻撃も、当たらなければどうということは無いと知ろう。

【小悪魔】
他のボス格と比較すれば、まだそこまで脅威度は高くない相手。
しかし、真に問題なのは傍にいるパチュリーに対して支援効果を与えていることである。
行動順は小悪魔よりパチュリーの方が早く、初期配置上パチュリーと小悪魔の攻撃範囲がほぼ被っているため、先に小悪魔を倒すというのも難しい。
これが後に更なる危険を生むことにもなる。詳細はパチュリーの項を参照されたし。

小悪魔自体の対処はそれ程難くはない。「得物:魔」がある為、ステータス表示より実効火力が伸びていることに気をつけるぐらいである。
余談だが、小悪魔の行動ルーチンは妖精のそれと酷似している。
装備している弾より強い武器を持っているのに使わない、間接攻撃可能なのにわざわざ隣接して近接武器による反撃を受ける等、少々可哀想なAIとなっている。
そんなんだからパチュリーさんに毎度ダメ出しされるんですよ

【パチュリー】
攻略手順によっては、後述のレミリアを超える最大の脅威となり得る相手。
この章ではパチュリーに関連するイベントが二つ用意されており、その二つのトリガーを引くことによって圧倒的な強さを得てしまう。
第一のトリガーが、パチュリー撃破前に美鈴を撃破することでHPが+5、魔力、技、速さがそれぞれ+8されるというもの。
第二のトリガーが、小悪魔撃破前にパチュリーを撃破することで、その場で復活し小悪魔と共鳴するというものである。
こうなると実に魔力61、技46、速さ32、守備26、魔防42で、神炎弾を持ったときの攻撃値が78を数えるとんでもないユニットに変貌する。
それが「精神結界」と「障壁」でダメージを通し辛く、「見切り」によって無効化できない「貫通」を仕掛けてくるのだから堪ったものではない。
当然、技の値が高いため貫通発生率は推して知るべしである。

一撃必殺が理想だが、少なくとも障壁が発動したときのことを考えると、戦闘予測だけ見て仕掛けるのは得策ではないだろう。
障壁の発動有無に関わらず物理攻撃で確実に一撃で倒すには、攻撃力104が必要である。当然、現実的な数値ではない。
必殺率の高い武器や、同じく見切りと合わせてのスキル発動狙いという手もあるが、どうしても確率の絡む戦いとなってしまう。
このため、最も安全かつ乱数に頼らない方法は、貫通無効を持つユニット(華扇・聖・萃香)に精神結界を与えて耐える方法だろうか。
おあつらえ向きにも、同マップには読学可能な精神結界を持つ敵ユニットが配置されている。

若しくは、上記二つのトリガーを発生させないというのも戦法の一つとして挙げられる。
美鈴を後回しにし、小悪魔をうまくおびき寄せて先に撃破すれば、初期状態のパチュリーを1回撃破だけでやり過ごすことができる。
パワーアップしていないパチュリーであれば、精神結界が無くとも上記貫通無効ユニットなら一撃ぐらいは耐えてくれる筈。
おそらく想定外の対処法であり、トリガー回避によってBGMがややおかしくなってしまうが、そこは気にしない方向で。

【フランドール】
技は低いが、高命中の大型光弾を携えているうえ、「恐怖」でこちらの回避を下げてくるため油断はできない。
また「破壊」によるダメージ上乗せ効果はすさまじく、たとえ戦闘予測で耐えていても破壊発動で一撃で葬られた、なんて事が往々にしてあり得る。
幸いにして守備は低めなのだが、「金剛」があるためきちんと計算しないとうっかり削り切れなかった、なんてことも。
そうなると、「激昂」によって必殺率アップという更なる危険が生じてしまう等、多数の危険因子を同時に孕んだ厄介な相手である。

また、一度撃破しただけでは安心してはいけない。その場で復活し、2章の時と同じく4体に分裂して再び襲い掛かってくるからである。
分身はそれぞれ得物が異なり、魔力武器で攻めてくる者も存在する。
2章の時と違って全ての分身が同じ能力を保持しているため、純粋に4倍の戦力が同時に襲い来ると思って良い。

実は、破壊は貫通無効で無効化することが可能なため、上記パチュリー戦と同じく貫通無効ユニットを用いるのが良い。
とりわけ萃香は守備が高く、しっかりと育てていれば対フランドール戦の要となってくれるだろう。
但し魔防が極めて低いため、轟炎大型弾を持った分身にだけには気を付けなければならない。
配置を工夫し、1ユニットに全てのフランドールの攻撃が集中しないよう調整できれば理想的。
破壊発動さえ回避できれば、あとは各個撃破で着実に対処していくのみである。

【レミリア】
難易度ハードにおける最大最凶の脅威、それがこの密林のカリスマレミリアである。
まず、ステータスの総合値がこれまでよりも一回り大きい。必要なステータスがほぼ全て40前後という高さである。
特に速さの値が57と、それこそBルート最速を誇る橙が転生してLv40まで育てても、追撃を防げるかどうかという恐るべき数値を誇る。
更に、レミリア専用武器「グングニル」がこれまたとんでもない。なんと威力30、命中100%、必殺10で間接攻撃可能、弾数∞というオドロキの性能。
余程の育て方をしていない限りは、攻撃値74から繰り出される高命中攻撃でほぼ確実に追撃されるということだ。
もし一発目でHPを半分以上持っていかれようものなら、二発目は「運命」のもと確実にその身を貫くことだろう。
レミリアの周囲2マスは平地となっており、森林地形による回避向上も望めない。

驚異的なのは攻撃性能だけではない。
守備44、魔防40(38+2)という高さで「金剛」によるダメージ軽減まで持つという、かなりの防御性能を有している。
飛行特攻も無効で、貫通も通らない。決定打を与えるのが非常に難しいのである。
魔方陣の地形補正は「飛行」により失われているものの、回復効果はしっかり発動し、スキル「回復」効果もある為1ターンの回復量は実に50%。
そのうえ「吸奪」までしてくる。生半可な削りでは到底倒せる相手ではない。
そもそも、レミリアの超火力を受けながら生半可な削りを悠々と続けられるユニットが、一体どれだけ居ようかという次元の話である。

この悪魔のような存在に確実に打ち勝つ為には、現状取り得るあらゆる手段を用いなければならない。
高レベルの武器、酒および杯、絵巻、そしてドーピング等々、魔理沙の帽子をまるごとひっくり返してチャンスを作り出そう。
幸い見切りや必殺無効は持たないため、スキルを使った戦法や必殺狙いは充分通用する。
蓮子主人公であれば、「星見」発動による回避を狙って携帯電話を叩き込む戦法も可能だろう。
だが、それらは運が絡むことには変わりない。
このため、ここで着目すべきは「レミリアの攻撃を二発受けても耐えられるユニット」および「確実に発動するスキルによる撃破」とする。

まず「レミリアの攻撃を二発受けても耐えられるユニット」について。
これは、物理ダメージ軽減スキルを持つユニットが最も望ましい。
境界を持つ紫や藍、金剛を持つ華扇・天子・萃香、幽霊を持つ屠自古・妖夢・村紗が該当する。
共鳴や三位一体、更に上述のアイテム等を駆使して守備を底上げして、なんとか耐えられる数値まで持っていくと良い。
このうち天子や萃香、村紗辺りは、1度転生をしてLv30程度まで再育成を施せば、ユニット単体でも猛攻を耐え凌ぐ程のポテンシャルを秘めている。
特に村紗は「恨み」が隠れたダメージソースにもなり得る為、筆者は強くオススメしたい。
これらのユニットを用いて少しずつ確実にダメージを重ねていき、最後に大きめのダメージでトドメを刺すシチュエーションに持っていければ完璧である。

もう一つは「確実に発動するスキルによる撃破」について。
これには、「怒り」が該当する。
スキル所持者は当該ルートだと華扇・屠自古・星・チルノ・雛・雷鼓・雲山、そして転生CC後の穣子と、数多く存在する。
また、17章において絵巻「怒り」を入手する機会もあるため、ほぼ全てのユニットがこの手法を取れると言って良いだろう。
こちらから手を出さず、レミリアに攻撃させることで反撃時に怒りを発動させ、3倍ダメージで一発撃破を狙うのがこの方法の肝。
最低条件として、レミリアの一発目の攻撃を耐え、かつHPの半分以上を削られる必要がある。ダメージ軽減スキルを持つユニットは計算ミスに注意。
更に追尾・高速・大型弾を用いる場合、攻撃側もレミリアの「金剛」による軽減を計算に含める必要がある。
HP52を一発で削るには、ダメージ26以上で怒りを発動させなければならない。
魔術弾ならば、ダメージ18あれば一発撃破を狙える圏内となるだろう。「信仰」をフルに活用した静葉・早苗・聖辺りが狙いやすい。

運に身を委ねるも、確実性を望むも、全てはプレイヤー次第である。
要は最終的に「勝てば良い」のだ。手段を選ぶ理由があるとすれば、それはプレイスタイルに寄ると言える。
この情報は、あくまでその指標に過ぎない。各々が最も満足できる手段で、難関突破を目指して頂くのが本懐である。

Switch版

ステージクエスト(スイッチ版)
クエスト名詳細報酬備考
咲夜でボスのいずれかを撃破する懐中時計
魔理沙でパチュリーを撃破するマスタースパーク
フランを1ターンで3体撃破するほこほこ焼き芋
霊夢とレミリアの決着をつける霊夢でレミリアを撃破する月光術弾
ステージ攻略(スイッチ版)
PC版ではBルート屈指の難関ステージだったが、レミリアが大きく弱体化したため最初の美鈴とフラン撃破が一番の壁になる。
ノーマルの幸運0はいくらなんでもおかしいので調整ミスかと。
フランは速さ・幸運40でも50%近くは攻撃を当ててくる。反撃で倒すなら待ち伏せか防御25は欲しい。
射程2は必須で特攻武器持たせた主人公や魔理沙・陰陽玉霊夢・三位一体早苗・三位一体白蓮辺りを。
パチュリーの近くにいる白色の西洋妖怪2体からは気絶と滅殺がそれぞれ読学できる。
フランドールの近くにいる白色の西洋妖怪2体からは連続と精神結界がそれぞれ読学できる。
フランドールの近くにいる黒色の西洋妖怪からは絵巻「魔力+7」が盗める。
フランドールの分身のうち1体からは貫通が読学できる。
ほとんどが森林地形なので森棲や飛行を持つキャラを中心に立ち回ろう。
ボス攻略

紅 美鈴

小悪魔&パチュリー・ノーレッジ

フランドール・スカーレット

レミリア・スカーレット

戦闘前会話

  • 主人公×美鈴
  • 魔理沙×美鈴
  • 咲夜×美鈴
  • 魔理沙×パチュリー
  • 聖×パチュリー
  • 魔理沙×フランドール
  • 霊夢×フランドール
  • 霊夢×レミリア
  • 主人公×レミリア
  • 咲夜×レミリア


B-二十章

このページへのコメント

なんで友達なのに戦わなきゃいけないんだ(身ぐるみ剥ぎながら)

そういうとこだぞ魔理沙

0
Posted by 名無し(ID:hsQUwFRLPg) 2020年04月07日(火) 23:56:24 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

どなたでも編集できます