新書・叢書の全巻目録とタイトル一覧、各種のブックリストをあげていきます

 ※2016/08/01現在のリストです 

ジャンプ:No.1〜 No.101〜 No.201〜
No.書名著者
1大伴家持 北山茂夫
2工場の哲学 : 組織と人間 中岡哲郎
3右であれ左であれ,わが祖国 G・オーウェル ; 鶴見俊輔編
4スヴェンボルの対話 : ブレヒト・コルシュ・ベンヤミン 野村修
5マルクスと批判者群像 良知力
6プロレタリア文学とその時代 栗原幸夫
7不条理に育つ : 管理社会の青年たち P.グッドマン ; 片桐ユズル訳
8中国マルクス主義の源流 : 李大,了彖曚叛験 M.メイスナー; 丸山松幸,上野恵司訳
9青年マルクス論 広松渉
10現代の異常と正常 : 精神医学的人間学のために 宮本忠雄
11伝統的革新思想論 市井三郎, 布川清司
12刺青・性・死 : 逆光の日本美 松田修
13古代人と夢 西郷信綱
14考える眼 : 絵画への愛と省察 寺田透
15グラムシの生涯 G.フィオーリ ; 藤沢道郎訳
16芝居 : 見る・作る 飯沢匡
17孤独の考察 : 現代人の心と行動 相場均
18J.B.S.ホールデン : この野人科学者の生と死 R・クラーク ; 鎮目恭夫訳
19禅のこころ 古田紹欽
20経済発展 : 理論と現実 P.シロス=ラビーニ ; 尾上久雄訳
21歴史・科学・現代 : 加藤周一対談集 加藤周一者代表
22狂言 : 落魄した神々の変貌 戸井田道三
23さんせう太夫考 中世の説経語り 岩崎武夫
24ファシズム論 R.デ・フェリーチェ ; 藤沢道郎, 本川誠二訳
25民話の思想 佐竹昭広
26学習権の論理 佐藤忠男
27辺界の悪所 廣末保
28歴史と哲学との対話 : 同時代批判の視座を求めて 小松茂夫
29木下杢太郎 : ユマニテの系譜 杉山二郎
30風土 : 大地と人間の歴史 玉城哲, 旗手勲
31終末と幻想 : 絵画の想像力 坂崎乙郎
32中国近代史 : 1840-1924 胡縄 ; 小野信爾 ほか 訳
33言語と妄想 : 危機意識の病理 宮本忠雄
34コンビナートの労働と社会 中岡哲郎
35原子力の政治経済学 川上幸一
36フランス現代史 海原峻
37忘却について 木下順二
38パロディの精神 富士正晴
39思想のドラマトゥルギー 林達夫,久野収
40聖と俗の葛藤 堀一郎
41変化論 : 歌舞伎の精神史 服部幸雄
42坂本龍馬 飛鳥井雅道
43ルカーチとこの時代 池田浩士
44「面白さ」の哲学 福田定良
45言論の自由の源流 : ミルトン『アレオパジティカ』周辺 香内三郎
46安藤昌益 安永寿延
47ことばの意味 : 辞書に書いてないこと 柴田武 ほか
48柳宗悦 鶴見俊輔
49朝鮮三・一独立運動 朴慶植
50ベンヤミンの生涯 野村修
51朝鮮の攘夷と開化 : 近代朝鮮にとっての日本 姜在彦
52歌枕 奥村恒哉
53神話と国家 : 古代論集 西郷信綱
54翻訳の思想 : 「自然」とnature 柳父章
55酒呑童子異聞 佐竹昭広
56説経浄瑠璃の世界 続・さんせう太夫考 岩崎武夫
57初期万葉 阪下圭八
58無縁・公界・楽 : 日本中世の自由と平和 網野善彦
59仕事の哲学 福田定良
60巫女の文化 倉塚曄子
61中国女性史 : 太平天国から現代まで 小野和子
62樋口一葉の世界 前田愛
63近世病草紙 : 江戸時代の病気と医療 立川昭二
64神道の成立 高取正男
65地名の話 谷川健一編
66ことばの意味 : 辞書に書いてないこと  2柴田武 ほか
67太夫才蔵伝 : 漫才をつらぬくもの 鶴見俊輔
68ガリレイの道 : 近代科学の源流 青木靖三
69山の民・川の民 : 日本中世の生活と信仰 井上鋭夫 ; 石井進解説 ; 田中圭一編・解題
70明治漁業開拓史 二野瓶徳夫
71中世文芸の地方史 川添昭二
72精神史的考察 : いくつかの断面に即して 藤田省三
73ことばの意味 : 辞書に書いてないこと 3柴田武 ほか
74中世の再発見 : 市・贈与・宴会 : 対談 網野善彦, 阿部謹也
75脳と認識 伊藤正男編
76舞台の上の権力 : 政治のドラマトゥルギー G.バランディエ ; 渡辺公三訳
77西鶴の小説 : 時空意識の転換をめぐって 広末保
78古代日本の鉄と社会 東京工業大学製鉄史研究会
79わが愛憎の画家たち 針生一郎
80生類をめぐる政治 : 元禄のフォークロア 塚本学
81常世論 : 日本人の魂のゆくえ 谷川健一
82脳と運動 伊藤正男編
83金牛の鎖 : 中国財宝譚 沢田瑞穂
84政治のことば : 意味の歴史をめぐって 成沢光
85清盛以前 : 伊勢平氏の興隆 高橋昌明
86法と言葉の中世史 笠松宏至
87ロシアの影 : 夏目漱石と魯迅 藤井省三
88脳と意識 伊藤正男編
89中国古代人の夢と死 吉川忠夫
90朝鮮近代史 姜在彦
91中国人の歴史意識 川勝義雄
92ブロッホの生涯 : 希望のエンサイクロペディア 好村富士彦
93愚管抄を読む : 中世日本の歴史観 大隅和雄
94古代の女 : 神話と権力の淵から 倉塚曄子
95スペインを解く鍵 フアン・ソペーニャ
96新世界の日本宗教 : 日本の神々と異文明 中牧弘允
97平安貴族 橋本義彦
98逸脱のアルケオロジー : プロテスタンティズムの倫理と「失敗」の精神 モルデカイ・ローテンバーグ ; 川村邦光訳
99村の遊び日 : 休日と若者組の社会史 古川貞雄
100魯迅 : 「故郷」の風景 藤井省三


No.書名著者
101中世に生きる律令 : 言葉と事件をめぐって 早川庄八
102検非違使 : 中世のけがれと権力 丹生谷哲一
103戦国の作法 : 村の紛争解決 藤木久志
104海の民 : 漁村の歴史と民俗 河岡武春
105三くだり半 : 江戸の離婚と女性たち 高木侃
106江戸幻想文学誌 高田衛
107朱子学と自由の伝統 Wm.T.ドバリー ; 山口久和訳
108鎌倉武士の実像 : 合戦と暮しのおきて 石井進
109韓国の歴史像 : 乱世を生きた人と思想 李佑成 ; 鶴園裕ほか訳
110女の力 : 古代の女性と仏教 西口順子
111遊芸師の誕生 : 碁打ち・将棋指しの中世史 増川宏一
112平家物語、史と説話 五味文彦
113ことばの生活誌 : インド・ヨーロッパ文化の原像へ 風間喜代三
114職人歌合 : 中世の職人群像 岩崎佳枝
115中国の年中行事 中村喬
116板碑とその時代 : てぢかな文化財・みぢかな中世 千々和到
117踊り念仏 五来重
118江戸の罪と罰 平松義郎
119主君「押込」の構造 : 近世大名と家臣団 笠谷和比古
120詩人たちの時空 : 漢賦から唐詩へ 戸倉英美
121俳句の現在と古典 乾裕幸
122くつわの音がざざめいて : 語りの文芸考 山本吉左右
123忘れられた霊場 : 中世心性史の試み 中野豈任
124花押を読む 佐藤進一
125中国古代史論 宮崎市定
126仏教史のなかの女人 高木豊
127中国人のトポス : 洞窟・風水・壺中天 三浦國雄
128クリオの手鏡 : 二十世紀イタリアの思想家たち 上村忠男
129賭博の日本史 増川宏一
130土地問題の起源 : 村と自然と明治維新 丹羽邦男
131「勉強」時代の幕あけ : 子どもと教師の近世史 江森一郎
132古文書の中のフィクション : 16世紀フランスの恩赦嘆願の物語 N.Z.デーヴィス ; 成瀬駒男, 宮下志朗訳
133ことばの身体誌 : インド・ヨーロッパ文化の原像へ 風間喜代三
134続 中国の年中行事 中村喬
135頼朝の時代 : 一一八〇年代内乱史 河内祥輔
136国定忠治の時代 : 読み書きと剣術 高橋敏
137都会と田舎 : 日本文化外史 塚本学
138藤原頼通の時代 : 摂関政治から院政へ 坂本賞三
139たたかいの原像 : 民俗としての武士道 千葉徳爾
140スペインの民俗文化 黒田悦子
141都市と劇場 : 中近世の鎮魂・遊楽・権力 小笠原恭子
142墓盗人と贋物づくり : 日本考古学外史 玉利勲
143日和見 : 日本王権論の試み 宮田登
144穢と大祓 山本幸司
145日本人出稼ぎ移民 鈴木譲二
146言葉のゆくえ : 明治二〇年代の文学 谷川恵一
147歴史のなかの米と肉 : 食物と天皇・差別 原田信男
148壬申紀を読む : 歴史と文化と言語 西郷信綱
149遠い隣人 : 近世日露交渉史 ノルベルト・R. アダミ ; 市川伸二訳
150物語の最後の王 : 日本古代文学の精神史 武藤武美
151東は東、西は西 : 文化の考古学 藤本強
152落語の言語学 落語の言語学シリーズ 1野村雅昭
153負けいくさの構造 : 日本人の戦争観 千葉徳爾
154日本文化と猿 大貫恵美子
155近世日本の医薬文化 : ミイラ・アヘン・コーヒー 山脇悌二郎
156女の信心 : 妻が出家した時代 勝浦令子
157異様の船 : 洋式船導入と鎖国体制 安達裕之
158月と橋 : 中国の社会と民俗 吉田隆英
159風呂とエクスタシー : 入浴の文化人類学 吉田集而
160源氏物語序説 上野英二
161犯科帳のなかの女たち : 岡山藩の記録から 妻鹿淳子
162日記の思考 : 日本中世思考史への序章 龍福義友
163試験と競争の学校史 斉藤利彦
164朝鮮現代史の岐路 : 八・一五から何処へ 李景
165落語のレトリック 落語の言語学シリーズ 2野村雅昭
166大黒屋光太夫の接吻 : 異文化コミュニケーションと身体 生田美智子
167戦国金山伝説を掘る : 甲斐黒川金山衆の足跡 今村啓爾
168海賊と海城 (うみじろ) : 瀬戸内の戦国史 山内譲
169平安朝の家と女性 : 北政所の成立 服藤早苗
170日本中世の百姓と職能民 網野善彦
171声と日本人 米山文明
172スポーツの見方を変える 中村敏雄
173女性たちのアイルランド : カトリックの「母」からケルトの「娘」へ 大野光子
174見えざるユダヤ人 : イスラエルの「東洋」 臼杵陽
175稲作文化の世界観 : 『古事記』神代神話を読む 嶋田義仁
176ティールームの誕生 : 「美覚」のデザイナーたち 横川善正
177「病気」の誕生 : 近代医療の起源 児玉善仁
178「ミシマ」から「オウム」へ : 三島由紀夫と近代 飯島洋一
179ミラン・クンデラの思想 西永良成
180碁打ち・将棋指しの江戸 : 「大橋家文書」が明かす新事実 増川宏一
181キリシタンの文学 : 殉教をうながす声 米井力也
182希望の倫理学 : 日本文化と暴力をめぐって 持田季未子
183新聞小説の誕生 本田康雄
184オーウェルのマザー・グース : 歌の力、語りの力 川端康雄
185レクィエムの歴史 : 死と音楽との対話 井上太郎
186古代人と死 : 大地・葬り・魂・王権 西郷信綱
187東西チャンバラ盛衰記 藤井康生
188日本漁業近代史 二野瓶徳夫
189女性作曲家列伝 小林緑編
190越境者たちのロスアンジェルス 町村敬志
191グローバリゼーションの時代 : 国家主権のゆくえ サスキア・サッセン編 ; 伊豫谷登士翁訳
192「太平記読み」の時代 : 近世政治思想史の構想 若尾政希
193ロマン主義の誕生 : ノヴァーリスとイェーナの前衛たち 今泉文子
194脳が子どもを産む 山内兄人
195生まれたらそこがふるさと : 在日朝鮮人文学論 川村湊
196能と精神分析 金関猛
197女神の神話学 : 処女母神の誕生 松村一男
198パラケルススからニュートンへ : 魔術と科学のはざま チャールズ・ウェブスター ; 金子務監訳 ; 神山義茂, 織田紳也訳
199皇帝カルロスの悲劇 : ハプスブルク帝国の継承 藤田一成
200芸能の文明開化 : 明治国家と芸能近代化 倉田喜弘


No.書名著者
201川とイギリス人 飯田操
202落語の話術 落語の言語学シリーズ 3野村雅昭
203【小さき社】の列島史 牛山佳幸
204アフリカン・アメリカンの文学 : 「私には夢がある」考 荒このみ
205黄金のプラハ : 幻想と現実の錬金術 石川達夫
206「楽聖」ベートーヴェンの誕生 : 近代国家がもとめた音楽 西原稔
207二世の起源と「戦後思想」 : 在日・女性・民族 李順愛
208大衆新聞と国民国家 : 人気投票・慈善・スキャンダル 奥武則
209埴谷雄高と存在論 : 自同律の不快・虚体・存在の革命 鹿島徹
210イスラームと民主主義 : 近代性への怖れ ファーティマ・メルニーシー ; 私市正年, ラトクリフ川政祥子訳
211アメリカ「知日派」の起源 : 明治の留学生交流譚 塩崎智
212先住民族の「近代史」 : 植民地主義を超えるために 上村英明
213ふくろうの声 : 魯迅の近代 中島長文
214見出された「日本」 : ロチからレヴィ=ストロースまで 大久保喬樹
215生きることの近世史 : 人命環境の歴史から 塚本学
216近松母と子、女と男のコミュニケーション 小林千草
217未完のマルクス : 全集プロジェクトと二〇世紀 的場昭弘
218音楽史の形成とメディア 大崎滋生
219アドルノ批判のプリズム 徳永恂編
220朝鮮現代史の岐路 : なぜ朝鮮半島は分断されたのか 李景
221柳宗悦 : 手としての人間 伊藤徹
222インドネシア : イスラーム主義のゆくえ 見市建
223修験と念仏 : 中世信仰世界の実像 上田さち子
224閑居と乱世 : 中世文学点描 佐竹昭広
225兵学と朱子学・蘭学・国学 : 近世日本思想史の構図 前田勉
226兼好法師の虚像 : 偽伝の近世史 川平敏文
227江戸の読書熱 : 自学する読者と書籍流通 鈴木俊幸
228江戸の転勤族 : 代官所手代の世界 高橋章則
229牧民の思想 : 江戸の治者意識 小川和也
230絵草紙屋江戸の浮世絵ショップ 鈴木俊幸
231儀礼と権力天皇の明治維新 ジョン・ブリーン
232江戸の読書会 : 会読の思想史 前田勉
233偽書『本佐録』の生成 : 江戸の政道論書山本眞功

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

書籍目録

新書 収録タイトル一覧
新書の目次

新書御三家

  • 岩波新書(新赤版):
No.1~500No.501~1000No.1001~1500No.1501〜
  • 岩波新書(黄版):
No.1~396
  • 岩波新書(青版):
No.1~500No.501~1000
  • 岩波新書(旧赤版)
No.1~101

  • 岩波ジュニア新書:
No.1~500No.501〜

  • 中公新書:
No.1~500No.501~1000No.1001~1500No.1501~2000No.2001~


  • 講談社現代新書:
No.1~500No.501~1000No.1001~1500No.1501~2000No.2001~











選書・叢書 収録タイトル一覧
選書・叢書の目次



























英語学習書(1件)




全集

古典全集(1件)


美術全集(77件)


文学全集(作成中)


個人全集(作成中)



ブックガイド本の文献リスト













各種の受賞書籍リスト

各賞受賞作の目次










Wiki内検索

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

管理人/副管理人のみ編集できます